ブログ

ウエイウエイ~♪おかゆ食べ放題!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


世界の至宝二胡奏者ウェイウェイ・ウーさんのお店がなんと武蔵小山にあるのです。武蔵小山温泉からも至近のウエイウエイさんのカフェ。中国茶が最高におススメですが、さらにリコメンドなのがなんと!おかゆの食べ放題!
美味しいうえにヘルシーこういうのを武蔵小山の民はまっていたのです。

そしてさらに最近人気急上昇中なリコメンドが「葱油拌麺」これにもランチにはおかゆ食べ放題がついてきます。そしてウエイウエイさんのお母さん直伝の「ちまき」もう最高です!いよいよ夏本番!灼熱の武蔵小山の熱帯雨林の季節を健やかにためにウエイウエイカフェが武蔵小山にあるのさ(^0^)
今日も青空、みんなでウエイウエイカフェにレッツゴー。

ウェイウェイズ カフェ (WeiWei’s Cafe)
03-6426-9628
営業時間

<通常日> 昼営業のみ 11:30~15:30
<特定の土日のみ> 昼+夜営業 11:30~22:00
定休日

毎週火曜日
▼清水湯からのアクセス

天才餃子マイスターのいる街!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


日本人の大好き定番料理のひとつに「餃子」があるでしょう。晩御飯に餃子があるとなんだかウキウキハッピー。そんなみんな大好き餃子の超おいしいお店が自分の街にあったらなんて最高ハッピーなことはないのではないでしょうか。そう愛する町武蔵小山にはそんな超絶美味しい焼き餃子に水餃子にしそ餃子にニンニクにら餃子に麻婆餃子にパクチー餃子まさに天才餃子マスターのいる奇跡の餃子店なのです。

その他にも僕が愛してやまない胡瓜と茗荷の「塩昆布和え」とピリ辛もやし。餃子専門でありながら一品一品が最高に美味しいふく肉さん。そして〆の煮干し中華そばこれマジ絶品です。これだけで行列人気ラーメン店のチェーン展開が可能でしょう。愛する町に愛するお店。武蔵小山の民はどこか幸福度が高くて、福々しいオーラが漂っています。

肉汁餃子 ふく肉

03-6426-4484

東京都品川区小山2-6-16

【月〜土】
18時〜24時(LO23時30分)

【日曜祝日】
18時〜23時(LO22時30分)

日曜営業
清水湯からのアクセス

晩杯屋は武蔵小山が発祥の地!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


武蔵小山から大企業になるという摩訶不思議な土地であることは昔から有名でかのイトーヨーカドーは1番最初は羊華堂(武蔵小山温泉グルメ散歩)ヨーカドーが始まりでその後一部上場の大企業に発展していきました。さらに東証二部上場のベリテさん。ここが発祥といわれています。

そして我らが晩杯屋!庶民のためのせんべろ。昼間から武蔵小山のバンパイアどもが我さきにと晩杯屋本店めざして吸血鬼のごとく祝杯をあげているんです。人が幸せになる商売なんだか武蔵小山温泉の人々が喜ぶ商売と相通じているような気がします。幸せを呼ぶそして成功者が生まれる土壌がある武蔵小山。これからも発展し続けることでしょう。

晩杯屋

03-3785-7635

東京都品川区小山3-24-10

[立呑み]
11:00~23:30(フードL.O.23:00)
[テラス席]
~22:00

定休日

無休
▼清水湯からのアクセス

いきなりきになるすてきなステーキ!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


いきなりステーキを少しでも安く食べたくて株主になった武蔵小山温泉の若旦那です。年間3000円の商品券が送られてきます。家族5人で食べに行くとヒレステーキ600グラム計3キロ注文すると600グラムで5400円なので何だかんだで3万円ほど請求されます。

その時にこの3000円株主商品券を渡してささやかながらコストダウンをはかっている肉食家族なんです。新たなる日本人の肉食文化をつくり、さらに低コストで美味しいお肉を気軽に素敵に食べれる肉食スタイルを確立したいきなりステーキ。肉大好き若旦那家族はこれからも通い続けるでしょう。

いきなりステーキ 目黒

03-6455-6929

東京都品川区上大崎2-13-22 シーアイマンション白金 1F

営業時間

11:00~23:00(L.O.22:45)
ランチ 11:00~15:00(月~金)
清水湯からのアクセス

ムサコ最高カフェ!38(みつばち)武蔵小山温泉グルメ散歩


カフェの街武蔵小山。いい街には必ずいいカフェがあるものです。そう当然武蔵小山にもいいカフェが切磋琢磨しのぎをけずっています。そしていいカフェには必ずといって必殺技があるものです。力道山の空手チョップ、猪木の卍がため、ロック様のロックボトム。さて遠い昔、武蔵小山一の名店がありましたその名も「珍宝」ちんぽうと読みます。満員電車のなかで「あー、珍宝くいたい」というのはNGワードですからお気を付けください。その名店珍宝には名物オヤジがいました。暖簾をくぐり店にはいるといらっしゃいというかわりに「ラッシー」といわれます。名犬ラッシーかい!とおもいました。またメニューの札には円のかわりに元とかかれていました。

そんな名店ラッシーいや名店珍宝の最強必殺技であるメニューが「手羽」今でも思い出すあのうまみが濃縮されたすこし硬めの食感の冷えたビール瓶が最高のセットで夏の野球中継をみながら食する幸せなひと時。あの至福な時を珍宝ですごした青春時代はいまでもセピア色の思い出となって忘れることはありません。何度珍宝の夢をみたことか。20年前やめてしまって珍宝ロスの激しかったこと。そして今、一子相伝いや独学で珍宝の手羽を復活させたカフェがあるのです。それがなんと「38」さんなのです!あの時あの日あの思い出の味が今また味わうことのできる幸せ。武蔵小山には必殺技を蘇させることのできる独創性と独自性、不屈の創造性がある街なのかもしれません。「カフェ38」さん。(みつばち)名店珍宝の味を復活させた心意気をいついつまでも永遠に残し伝えていってくださいませ。

カフェ38(みつばち)

03-3710-4630

東京都品川区小山3-5-7 フラワーマンション 1F

営業時間

[月~土] 12:00~22:00(L.O) [祝] 18:00~22:00

定休日

日曜日

▼清水湯からのアクセス

肉の街五反田のモンスターグリルステーキ!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


子供たちが「MARVEL」がいいアベンジャーズがいいとヒーロー総出の映画にはまっているようです。そんなアベンジャーズたちの中にいるあの緑色のヒーロー。それが超人ハルク。その超人ハルクが五反田にいるの後存じでしたか?そうそれが僕たち銭湯家族が足しげく通う「モンスターグリル」なのです。ちなみに1ポンドは16オンスでつまり453.592グラム。つまり2ポンドは32オンスで約1キログラム。ここはマックス2ポンドのドデカステーキをミディアムレアで普通に焼いてくれるんです。

そしてここでも焼きが甘い時は追加で増し焼きしてくれます。オズソースなどオリジナルソースも含めて5種類のソースにマジ旨赤身肉。僕は生醤油をもらいます。そして最初に緑のジュータンを胃袋にひいたら本能の赴くまま赤身肉を頬張る幸せ。ここには肉の街五反田の肉肉ウマウマアベンジャーズなみの肉ヒーローが勢ぞろいしています。肉を心おきなくガツガツしたくなったら「モンスターグリル」緑色のモンスターが目印です。

モンスターグリル五反田

050-5571-6513

東京都品川区西五反田1-25-2

【月~金】
ランチ  11:00-16:00
ディナー 16:00-22:00

【土・日・祝】
11:00-22:00
▼清水湯からのアクセス

武蔵小山にはサルバトーレがあるじゃないか!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


人は巷で武蔵小山を「ピザの聖地」と呼んでいるとかいないとか・・・。実は武蔵小山&広域武蔵小山にはピザの名店が引きめしあっています。そんな中とくに光彩を輝き満ちているサルバトーレさん。店内に入ると元気なイタリア語で「いらっしゃいませ」そして帰る時には「ありがとうございました!」と活気に満ちた挨拶をしてくれるんです。

 

なんといっても焼き立てピザの美味しいこと。薄めの生地にたっぷりチーズ、豊富な前菜、パルマ産の生ハム。そしてこだわりパスタ。死角がない食べたいものがすべて揃っていて気軽に通えう本格ピザ屋さん。美味しいピザを食べたくなったらサルバトーレにレッツゴー!

サルバトーレ武蔵小山

03-5498-6765

品川区小山3-6-15

[月~金]
Lunch 11:30~15:00(L.O.14:30)
Dinner 17:00~23:00(L.O.22:30)

[土・日・祝]
11:30~23:00(L.O.22:30)
▼清水湯からのアクセス

アンガさんの家焼肉(武蔵小山温泉グルメ散歩)


焼肉っていいですよね~。お店で食べる焼肉もいいけど、家で焼肉もいいものです。なんとなく家族が近くなる気がする「家焼肉」我が家では月一開催しています。そんなときに必要になってくるのが美味しい素材。とくに美味しい肉は必需品となります。そして肉を買いに行くとい決まっていくのが「アンガさん」ここのやわらかハラミそしてカルビ。名店ぞろいの焼き肉の街武蔵小山のなかでもトップクラスの肉が揃っているんです。

もーそれだけでも武蔵小山の民でいてよかったといえる身の幸福。武蔵小山は本当に素敵な街です。肉だけではなく豊富な韓国総菜もマッコリも何でも揃う「アンガ食品」ここで美味しくて新鮮な肉を大量買いして家族団らん肉祭りを開催しちゃいましょう!

アンガ食品

03-3786-3875

東京都品川区小山2‐6‐20

[月~土]
11:00~19:00

定休日

日曜日、祝日

▼清水湯からのアクセス

名店ちりん。ここの蕎麦は最高だよ~♪(武蔵小山温泉グルメ散歩)


ちょこっとそばつゆをつけて肺活量8000CCのバキューム掃除機なみの吸い込む音をたてて一気に吸い食うその至福感のいいこと、悶絶です。春夏秋冬四季折々の桜の借景もちりんさんの名店を際立たせています。

鼻からぬける蕎麦のかおり、二階の蕎麦打ち部屋で打ち立て切りたてゆでたての新鮮そばはまさに究極の蕎麦といえるでしょう。武蔵小山に可憐に咲く花のようにひっそり佇む武蔵小山の名店は今日も心ときめく蕎麦の香りが寿いでいるようです。

手打蕎麦  ちりん

03-3719-3778

東京都品川区小山3-5-20

 【月~木】
18:00~25:00
【金~日 祝日】
12:00~15:00(L.O)
18:00~25:00

▼清水湯からのアクセス

地元民に愛されてる名店「ホルモン道場みやこや」なんと閉店!?(武蔵小山温泉グルメ散歩)


どこか哀愁を感じざるを得ない赤ちょうちんがまず目に入ると同時に心がほんわかする、そのまま年季のはいった暖簾をかるく両手で押し広げながら店内にはいるとまず目に飛び込んでくるのがびっしりカウンターに座っている常連さんの面々。どの顔もどこかえびす顔。幸せオーラが漂っています。厨房の中には店主と若旦那。テキパキと注文の品をさばいています。そうここは武蔵小山が誇るホルモン道場「みやこや」さん。今までもこれからも永遠に残り続けなくてはならない武蔵小山の珠玉の名店です。

焼肉あり、もつ焼きあり、モツ刺しあり、美味しいホッピーありと千ベロと焼き肉店のあいのこのようなまさにホルモン道場なのです。そしてカウンター席の奥の急階段をあがると広がる昭和な座敷スペース。ここには今、なくなりかけている希少な面影がすべて揃っているのです。古き良き赤ちょうちんの名店「みやこや」さんいつまでも武蔵小山の地で繁栄していくことを願っています。

ホルモン道場「みやこや」

なんとブログを書き終わった時、「みやこや」さんが閉店してしまった情報が飛び込んできました。

みやこやさんを偲んで称えるグルメブログをあえて掲載します。「あ~武蔵小山ちょっとおかしいでしょ!」再開発で老舗の名店がどんどんやめていっています。これが僕の率直な感想です。

1 2 3 4 5 6 47