ブログ

不思議!なぜかどんどん美味くなるラーメン!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


何故でしょう。初めて食べた時は、今まで食べたことないラーメンだなあ~と思いながらも「美味しい」とすんなりおもったラーメン。カラダが無化調にできているので何でも食べただけで無化調と見分けがついてしまうのです。「一途」のラーメンはカラダが喜ぶラーメンだと感じたのは一発目の出会いでした。コラーゲン的な肌がキレイになりそうなスープにこだわりの製法、素材、ご主人曰く、美味しさの追求のため希少な塩に変えてみたとか、どこにもないラーメン、飽くなき追及をこの一杯のラーメンに全生命力を傾けられていることがビシビシ伝わってくるんです。

まさに「一途」さんのラーメンは珠玉のラーメン、宇宙を凝縮した眩く輝く星々の欠片を凝縮したようなこだわりの美味しさのラーメンなのです。率直にいうと完成形がどこにあるかわからない、まだ発展途上の未完のラーメンなのかもしれません。それは食べるほどにどんどん美味しく感じてしまう、不思議なラーメンなのです。それって素晴らしいことですよね。物事には成長か後退しかなく、それ以外はそのどちらかに動いている慣性しかないのですから、一途さんのラーメンは常に成長、ほかのラーメンには到達不可能の高い領域を昇っている常に美味しくなる本物の珠玉のラーメンなのでしょう。食べるとわかる、心もカラダも喜ぶ最高の一杯!一途のラーメンにぞっこんラブなんです。

一途

食べログ https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13161190/

03-6426-8428

品川区小山2-17-30

【平 日】11:30~15:00  18:00〜22:00(L.O)

【土日祝】11:30〜22:00(L.O)

無休
▼清水湯からのアクセス

心からの・お・も・て・な・し最高峰のケーキ屋さん。(武蔵小山温泉グルメ散歩)


パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥさん。武蔵小山にある超高級ケーキやさん。店名の由来は「心からのおもてなし」そう2020年に東京オリンピックが決まる何年も前から「おもてなし」を標榜していたのです。流行に乗っているというよりすでに流行を創っている。その前衛的な雰囲気はケーキ作りにも脈打っているような気がします。どこまでも拘りぬいた美味しい逸品たち、デコレートされた眩く輝いた毎月限定のお皿に乗ったデセール、新作のケーキコレクション!どれも50近いオジサンの目からみても宝石のように見えてしまうのです。

今日は特別な人と、特別な時間を特別な美味しい逸品で過ごしたい時は武蔵小山の心からおもてなしをしていただけるパティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥさんでひと時を過ごされることをおすすめいたします。きっと美味しさとともに思い出がケーキのように重なっていくのではないでしょうか。武蔵小山温泉にお越しの際は通り道ですので是非お立ち寄りくださいませ!

パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ

03-3785-0052

東京都品川区小山3-11-2

営業時間 11:00~20:00

無休
▼清水湯からのアクセス

くずもちたべた~い!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


昔「あなたってクズね!」っていわれたことのある若旦那です。ぼくは「ゆず?」と聞こえないふりをしてその場をとりつくろう姑息なクズでした(笑)さて、けっこう創作で話し始めてしまう癖のある若旦那ですが、お正月の単調なおせち料理にも飽きてくるとだんだんと美味しいものが食べたくなつてくるものです。そんな時、無性に食べたくなってくるのが「くずもち」なのでした。いまだに昔の佇まいを残した、情緒趣の心の琴線に鳴り響いてくるような船橋屋さんの外観、中に入るとそこは完全に昭和の良き時代の時間が凝縮して残っていて、出来ることならイートインであんみつに黒蜜たっぷりのまめ寒天を口いっぱいに頬張ってみたいのです。

最近読んだ「路傍の石」にも出てくるのですが亀戸の天神様の藤をみに次野先生と少年が訪れる店も「船橋屋」さんではないでしょうか。未完の書にに終わった名作ですが、昭和の戦前、戦中、そして戦後の皆が貧しい厳しい時代に1人生き抜いていく少年吾一。そんな古き良き時代をも伝統のくずもちはセピア色の懐かしさとともに心をも一杯にさせてくれるのです。伝統と歴史、そして変わらぬ美味しさ。価格もこの美味しさに反比例して「なんでこんなに安いの!?」とおもえる価格。妻の実家のお義母さんに贈るとマジ喜ばれるのもこの「船橋屋」さんのくずもち!最高級の材料に、どこまでもオーガニックな日本伝統のスイーツ!なんだか良いことづくめのくずもち!なんだか縁起がいいや!(笑)

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

船橋屋 亀戸天神前本店

東京都江東区亀戸3-2-14

03-3681-2784
▼清水湯からのアクセス

大大大好き丸一!のランチ!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


同じ夕焼け3丁目にある「丸一」さん。3丁目が誇るちょっとエグゼクティブの高級和食です。法事や大切な打ち合わせなどにもよく利用させていただいていますが、奥にちょうどいい広さ(襖で区切って広さを調節可能)の座敷きがあり、日本情調を堪能しながら落ち着いて食事、会話を楽しめます。予算も多少相談に乗ってくれますので非常に使い勝手がよくて重宝しています。品の良い日本情緒たっぷりの外観、座敷の奥には坪庭があり、さらに趣を深めています。揚げ物良し、刺身良し、吸い物良し、和食のオンパレードがすべて手の込んだ逸品となっているのです。

それなのに武蔵小山価格といえるでしょう。非常にコスパがよくて、ランチ時などはほぼ満席状態!季節の料理も楽しめて、いつでも新鮮な雰囲気で食事を楽しめるのです。たまには大切な人と一緒に素敵な和の雰囲気で食事をしたいときは「丸一」がおすすめです!

 

丸一

03-3781-3969

品川区小山3-7-10

昼11:30~14:00
夜17:00~20:30

定休日 水曜日
▼清水湯からのアクセス

うなぎ食べたーい!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


うなぎと言えばいわずとしれた「八つ目うなぎにしむら」さんでしょう!ちなみに昔の画像ですがこれが八つ目うなぎのかば焼きです。学術的にはうなぎではなくやつめうなぎ目に属しています。ちょっと知らなかったので調べてみましたが、最近TOKIOのダッシュ島で捕獲するヌタうなぎなのかなとおもったのですがそれとはまったく別もので、あくまでも河川に生息する円形の顎と無数の歯をもったちょっと見た目怖いエイリアン顔のうなぎ似の生き物なんですね。昔から珍味、滋養強壮に富んでいて漢方薬になったりと珍重されていました。食味もいわゆるふかふかのうなぎよりも食感が強くて味が濃くて脂が強く感じます。さて、うなぎ好きには土用のうなぎの日もなにも関係なく一年中食べたいうなぎですが、夏だけとおもわれがちな土用のうなぎの日ですが、じつは四季をまたいで結構あるんですね。ちなみに2017年は

  • 冬:1月26日(木)
  • 春:4月20日(木)、5月2日(火)
  • 夏:7月25日(火)、8月6日(日)
  • 秋:10月29日(日)

なんと1月26日にもあるではないですか!うなぎ好きにはたまらないうなぎルーティンの日になりそうです。武蔵小山が誇る、(じつは最寄駅は不動前ですが・・・)うなぎの名店「にしむら」さん今日も店先ではめちゃくちゃ美味しいうなぎを焼く香ばしい煙が早春の微風にのって天に舞っています。(注、ぼくはその煙の匂いだけでご飯を食べる自信があります)

にしむら 本店

03-3713-6548

東京都目黒区下目黒3-13-10

[店頭販売]
10:00~19:00頃
[店内お食事]
11:00~14:00

水曜日定休日
▼清水湯からのアクセス

愛ラブモンブラン♪(武蔵小山温泉グルメ散歩)


もうなにも語ることは必要がないほどに有名な逸品。それが自由が丘のモンブラン。その商品名自体が店名になるほどの名品。じつは僕はケーキはお子様並みにイチゴがのっかったショートケーキしか食べれなかったのです。ケーキ偏食主義者。ケーキと言えばショートケーキそんな40も過ぎた男がある日、知り合いに頂いた「モンブラン」最初見た時ああ、「ああ、あれねなんか茶色いくるくる渦巻の目立たないやつ」みたいな感じだったのですが、そのお土産の箱の中には僕の大好きな赤いワンポイントのかわゆいイチゴちゃんはどこにも見当たらなく、そこには整然と並んだ茶色い物体だけだったのです。

「もーショートケーキないし、なんだか甘いもの食べたい気分だったし、しょうがないからこのくるくる渦巻食べてやるか」的な感じでフォークでひとすくい取り、なんの期待もしないまま口に入れた瞬間、「恋に落ちました・・・」そう恋に落ちてしまったのです。ああモンブランああモンブラン。ごめんなさいかわゆいイチゴのショートケーキちゃん。歳とともに色白でかわゆいイチゴのショートちゃんより、熟女のように謹まやかであえて主張もしないけど確たる芯があって知れば知るほどに美しさに魅入られてしまう、ああモンブラン!あなたはきっと私が求め続けていた人なのですね。なんてモンブランがついに出会ってしまった愛する人の擬人化した恋愛妄想小説が脳内で繰り広げられてしまうのでした。愛ラブモンブラン♪自由が丘に行くことがございましたらモンブランも必須ですよ~♪

モンブラン (TOKYO JIYUGAOKA MONT-BLANC)

03-3723-1181

営業時間10:00~19:00

東京都目黒区1-29-3

 

▼清水湯からのアクセス

心もカラダも温まりたいならユッケジャンスープでしょう!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


季節というのはすべからず平等にやってくるものですね。いちもヌクヌク銭湯からあまり外に出ない若旦那はたまに外に出ると明らかな季節のかわりようを実感してしまうのです。そういつまでも秋とおもっていたら外界はむちゃくちゃ寒いじゃないですか!そんな冬の季節だからこそ、有難味と美味しさを同時に味わえる逸品があるのをご存知でしょうか。そうそれが韓国を代表するスープ「ユッケジャンスープ」なのです。その最高峰に美味しいユッケジャンスープが武蔵小山にあるのご存知ですか?楽天市場では最高に売れまくっている知る人ぞ知る「アンガ食品」の沢山ある中のひとつですが、そのなかでも安さんがつくった最高に美味しい「ユッケジャンスープ」は飲む人の心を虜にする本格的で病みつきになる究極のカラうまスープなのです。

いえいえ夏に飲んでも発汗作用でむしろ涼しく感じますし、冬は間違いなく旬の激ウマスープ!韓国人に美男美女が多いのはきっと「食」にあると思うのは僕だけではないでしょう。そう武蔵小山は温泉町のグルメタウン。今日も湯けむりが天にたちこめています。そしてユッケジャンスープも美味しいそうな湯気を天に昇っています。武蔵小山にお越しの際は是非ご賞味くださいませ!

武蔵小山温泉 清水湯 三代目若旦那談。

世界で一番美味しいでイイでしょう!(武蔵小山温泉グルメブログ)


日本人の美徳、「謙遜」・・・。でも時には正直本当のことを言ってもいいのです。そう「日本一」だと。いえ「世界一」だと。そうあらゆる尺度は主観なのですから自分がナンバーワンと思うならそれでいいのです。ナンバーワン温泉ナンバーワンです。そう思ってはじめて2位か3位をやっと獲れるんじゃないでしょうか。そして質実剛健、外見も中身も兼ね備わっているそれが理想なのです。美しくて優しいそして負けじ魂。突き進む姿に共感し、そして感動してそれらも一つの調味料となって美味さが混然となり、最後に幸福感が押し寄せてくるのです。そうそんな幸せを呼び、一度食べると病みつきになる世界一のメロンパンが自由が丘にあるのです。

その名も「世界で2番目に美味しい焼きたてメロンパンアイス」さんなのであります。もと宝塚の美人オーナーが焼きたての美味しいメロンパンにはさむ美味しいバニラアイス。メロンパンのサクサク感がたまらないのに、そこに美味しいバニラをサンドまさにメロンパンとバニラのアロマージュ!きっと自由が丘まで買いに行く理由にオーナーの笑顔を見たいという人も多いんじゃいかな。そんな世界一にメロンパンアイス!是非自由が丘にお越しの際はご堪能くださいませ!

世界で2番目に美味しい焼きたてメロンパンアイス

 

最近、メロンパンの食パンも新発売!こちらも是非!

ツイッター

東京都目黒区自由が丘1丁目27−2

営業時間:11:00~19:00

▼清水湯からのアクセス

葉山にいくなら「日影茶屋」でしょう。(武蔵小山温泉グルメ散歩)


夏どこにいってしまったんでしょう。あんなに僕だけを直射日光が抱きついてくれたのに。今ではたまに雲の隙間から微笑んでくれるだけで、思わせぶりな優しげな微笑をたまに見せるだけ。「つれないじゃない」なんてちょっと淋しいおもいをしている今日この頃です。でも実は秋の海じつにいいのです。真夏の太陽は真上にあってただ旋毛(つむじ)だけを焼き焦がしているのですが、秋の太陽はやや斜め上、視界にはいってきて眩しさも感じるのです。ああ、まだ太陽光線という愛情を降りそそいでくれているなんて、「もう気分屋なんだから」なんて俺の太陽に向かって語ったりしている太陽じじいがたまに出没するのが神奈川県葉山の一角なのです。その一角にある名店「日影茶屋」は誰もがしっている懐石日本料理の老舗であり名店、

dsc_4478-1dsc_4475-1dsc_4472-1

そんなお店で食事なんてまだまだ僕には敷居が高くて無理なので、隣にある和菓子の暖簾をくぐっているのです。当然和菓子も名店「日影茶屋」さん。子供たちも大好きな「日影大福」「らんとう」という名のカステラ、季節の水菓子、どれもむちゃくちゃ美味しい!酒のみだけど、甘いのも大好き若旦那としては葉山に遊びにいったら必ず水着のままでも買いに行く大好き「日影茶屋」なのでありました。武蔵小山からすこし遠いですが、海に行きたいと思ったら千葉より茨城よりも断然近い「湘南」の葉山。絶対おすすめです!

日影茶屋

046-875-9110

神奈川県三浦郡葉山町堀内16

営業時間10:00~16:00

定休日 水曜日(祝日の場合は営業)
▼清水湯からのアクセス

シューマイ弁当は子供時代の思い出。(武蔵小山温泉グルメ散歩)


白いタイルがただキレイだった清水湯。いつももうもうと湯気を上げていて人々を近寄らせない閑古鳥が出すオーラがあった清水湯。お客様がいないから普通に浴場が汚れなかったし、二代目のオヤジが塩素だけはふんだんに投入してたからお湯も汚れなかった清水湯。少ないお客さまの中に混じって毎日このクソ熱い風呂に入りに来てくれていた「スズキのとっつあん」がいた。夜8時になると必ず二つある浴槽の端の半畳ほどの風呂屋の俺も何のためにあったのかしらないスペースに腰かけて風呂に入ったり出たりを繰り返して体中に大粒の汗をかきながらたまに浴槽のお湯をくんで汗を流す、そのとっつあんの時間に合わせ毎日俺も風呂にはいっていた。たまの日曜日の休みの日は一緒に横須賀の安浦という埠頭まで行って釣りをしに行った帰り道、お互い釣れなかった横浜駅の赤い看板のまえで小銭を数えて、黄色い包みの弁当を一つ買ってくれたことは当時小学生だった俺の記憶にいつまでも忘れることなく刻み付けられているのです。

dsc_4677

そんなとっつあんも俺が中学に上がってだんだん悪くなるのを苦々しく見ていてしばらくして自宅に風呂を作ってしまって、そのあとは道でたまにすれ違うだけとなってしまったけど、ある日、「太郎、ちょっと家にこいよ」といわれて行ったとき、釣り道具を仰山もらったあとポックリといってしまったとっつあん。いまでもあの頃、北風が強い中、2人で海に向かって小便したとき、それが逆風だったために出た途端全部U字型になって小便が戻って来てびちょびちょになってしまったこと、なんとなく喧嘩っ早かったとっつあんにケンカの仕方を教えてもらったこと、「崎陽軒のシュウマイ」をたべる度に思いだすよ。その後、孫の未来くんに空手を教えて黒帯になるのまではあの頃はちょっと想像もできなかったけどね(笑)崎陽軒のシューマイ弁当はどことなくほろ苦い思い出の1ページを思いださせてくれる優しくて、温かい隠し味が隠されているのだと思う。おごってもらうだけで何も恩を返せなかったとっつあんを偲んで。

武蔵小山温泉しみずゆ若旦那談。

崎陽軒のシューマイ弁当の思い出。

崎陽軒シューマイ弁当 http://www.kiyoken.com/products/obento/shiben.html

1 2 3 4 5 6 36