ブログ

ひつひつひつひつじなんだよ~♪(武蔵小山温泉グルメ散歩)


ひつひつひつじ~♪ひつひつひつじ~♪ひつひつひつじ~♪ひつじなんだよ~♪そう今完全にきているのはひつじちゃん。あのめんこいふわふわのひつじちゃん。ちなみにおじいちゃんの名前はじつきちゃん。韻はあってます(笑)そんな大好きひつじちゃんは普通スーパーにはないんです。

 

そーあるのは「ふるさと納税」地場産のタレに使ってない生のラムまたはマトンってやっぱり北海道から仕入れないと美味しくないんですよね。それがふるさと納税では捌きたての新鮮ひつじちゃんのラム肉が届けられるって最高じゃないですか!ひつひつひつじ~♪ひつひつひつじ~♪ひつひつひつじ~♪ひつじなんだよ~♪美味しいジンギスカンたべたかったらふるさと納税でしょう!ひつひつひつじ~♪ひつひつひつじ~♪ひつひつひつじ~♪ひつじなんだよ~♪

家ジンギスカンのすすめ

武蔵小山温泉 若旦那談

乙ちゃん降臨!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


焼肉の名店「乙ちゃん」がついに広域武蔵小山。山手通りかむろ坂下の最近、特に素敵な飲食店が立ち並び始めたお洒落飲食山の手通りゾーンについに降臨!といっても2018年5月にオープン!噂で不動前にできたと聞いていたけどまさかこの山の手通りグルメゾーンに乙ちゃん!じつは本店の鮫洲本店は出来立てのころ毎週のようにかよっていた銭湯家族フェイバリット焼肉。そんな垂涎の乙ちゃんがまさかほぼ地元不動前のかむろ坂下にやってくるなんて超うれぴー。

相変わらずの卸専門業者ならではの貴重希少部位のオンパレードそして超絶新鮮A5ランクの見事な刺し。乙ちゃんはマジ最高なのです。ますますアラウンド武蔵小山は焼肉の玉手箱状態。栄える街武蔵小山。そして燎原の火のように広がる武蔵小山の名店たち。ワンダーランド武蔵小山。いよいよ住みたい街ナンバーワンの道を歩み始めたようです。

乙ちゃん

050-5595-5506

営業時間

[月~金]
11:30~14:00(13:30 L.O)
17:00~23:00(22:00 L.O)
[土]
11:30~14:00(13:30 L.O)
16:00~23:00(22:00 L.O)
[日・祝]
11:30~14:00(13:30 L.O)
16:00~22:00(21:00 L.O)

東京都目黒区下目黒2-13-10

清水湯からのアクセス

ムサコナンバー1お洒落カフェ(武蔵小山温泉グルメ散歩)


その名も「パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ 」さん。ふ~噛まずに言えた(笑)ここが武蔵小山でナンバーワンのお洒落カフェだと間違いなくいえるでしょう。店内に入るとシックなファニチュアーに落ち着いた間接照明。何となく武蔵小山というより南青山あたりのお洒落カフェに来てしまった錯覚に陥りそうな感覚。値段もちょこっと武蔵小山プライスではない気が、でも納得の美味しさ。

ちょこっと大人フレーバーはラムなどのリキュールが入っているのでしょうたぶん。イートインは半地下の階段を下りていくとまたまたこんなお洒落な空間が武蔵小山にあるのかとびっくりするほどの落ち着いた地下空間。落としたい娘がいたらここにつれていったら間違いなく貴方のお洒落株価指数は跳ね上がること請け合いでしょう。武蔵小山なのにこのゴージャス。だからこそここにエスコートできるかできないかでできる男できない男の差がうまれてしまうのです。さてパティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥさん。今日も燦然と武蔵小山の空の下、輝きわたっています。

パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ武蔵小山本店

営業時間

11:00~20:00(カフェL.O.19:30)

日曜営業

定休日

なし

03-3785-0052

東京都品川区小山3-11-2

▼清水湯からのアクセス

武蔵小山のオアシス「カフェグラブ」武蔵小山温泉グルメ散歩)


温泉通りの一番後地交差点寄りにいい雰囲気が溢れるように佇んでいるカフェバー「グラブさん。武蔵小山温泉とはお隣さん同士です。実際カフェが立ち上がるとき今か今かと期待に胸高鳴りながら待ちに待ったものです。そんなグラブさんには笑顔の似合うご主人そして優しい笑顔の奥様がいらっしゃいます。普段使いに最適なグラブさん。お店に入る前からお二人の笑顔が見れるのが楽しみでたまらないそんなハートウオーミングカフェ。ここはきっと武蔵小山の神様が賜ってくれたムサコ民のオアシスなんでしょう。

一年を通して季節折々のメニュー。そして定番の引き立て入れたて美味しいコーヒー。夏は懐かしいガシガシかき氷。温故知新。ここにも人々の心を癒し、迷える人々を救ってくれる一筋の曙光が差しこんで店内を明るく温かくそしてご夫婦の人柄も訪れるすべての人々を慈しみ癒されるのでしょう。武蔵小山の来たら「グラブ」さん。今日も明日も変わらぬ笑顔が迎えてくれることでしょう。

カフェ グラブ

03-6426-4357

東京都品川区小山3-8-4 遠藤ビル 1F

営業時間

11:00~23:00

 

日曜営業

定休日

月曜日 (月曜が祝日の場合は翌火曜日定休)
<strong.▼清水湯からのアクセス

たまには家たこ焼き!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


家族で自営業を営んでいると必然的に奥様の仕事量が増えてきます。なので週2,3は外食または僕ができる料理を作ることが多いのです。でも結局は洗い物で奥様が働いてしまいますが・・・。そんな僕のレパートリーい粉ものがあります。そう小麦粉系の料理。というよりお好み焼き、たこ焼きです。鉄板焼きが多い我が銭湯家族。鉄板もちょっと厚めのいい奴そろえています。そしてたこ焼きもたこ焼き専用の鉄板焼き。どうせならくるくる銀だこみたいに回したいじゃないですか!タコは湘南腰越漁港から買ってきた地のもの真蛸これは贅沢噛むほどにタコのうま味が湧きだしてきます。

お好み焼きにしてたこ焼きにしても出汁が美味さを左右します。そして基本思いのほか小麦は薄く溶いて高温で軽くサクッと焼くのがコツなのです。できたらソースも鉄板の上に垂らしてソースも焼いちゃう。そして大量のマヨネーズとともに罪悪感を感じながら食する。たまには奥様孝行しながら家タコを楽しんでみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 若旦那談

もはやムサコのソウルフード!こうげつ(武蔵小山温泉グルメ散歩)


数多のムサコ飯の代表格「絋月」。ここにはおそらく日本一美味しい逸品があるのをごぞんじでしょうか。そう知る人ぞ知る大人気「餃子」なのです。日本人で餃子嫌いな人います?まさに国民食!そんな超絶美味しい餃子がひっそりつつしまやかに陳列されているのですが数多の美味しい品品のなかでとくに若旦那の僕が好んで食するのが「餃子」なのです。

時には餃子&ライスのみまた餃子10人前の出前(現在は出前は中止しています)たっぷり醤油にたっぷり浸してタッチアンドゴーオンザライス!むしゃぶりつくとたっぷり野菜のなかにごろごろはいっているニンニクが口の中で広がり、ごはんが超絶すすむくん放心状態。まさにここはムサコソウルフード!ムサコ餃子激戦区のなかでも日本一の餃子じゃないでしょうか。大ぶりの皮もちもちニンニクてんこ盛り餃子はムサコ民垂涎の餃子だったのでありました。

絋月

03-3784-1199

東京都品川区小山2-6-14

営業時間

[火~金]
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~24:00(L.O.23:30)
[土]
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~翌1:00(L.O.翌0:30)
[日・祝]
11:00~翌1:00(L.O.翌0:30)

月曜定休(祝日の場合は翌日)
▼清水湯からのアクセス

愛しき「第一亭」!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


よこはま桜木町の少し先、日ノ出町にある。超人気店にして超庶民的な若旦那フォーリングラブオールウエイズの第一亭さんがあります。知らなかったのですがこの辺は知る人ぞ知るディープエリア酒池肉林なんでもあるとかないとか。たしかにいつも車止めてるところの前に五反田でしか見ないお店から綺麗なお姉さんがでてきたのを見た気がします。さてそんなますます若旦那好みの土地柄に家族5人第一亭さんに訪問いつも笑顔で迎えてくれる女将さん。

もう完全に顔見知りです。そんな5人で座るテーブルも注文する品数が乗り切らないほど。来たらイナゴの襲来のごとく胃袋におさめて、また来たら胃袋におさめる如くほぼ30分。ほくほく顔で元気よく「ご馳走様~♪」「いつも誰よりもたくさん食べて誰よりも早く帰るのよね(笑)」女将さんの笑い声。ここは武蔵小山の次に好きな街。「日ノ出町」そんな川沿いにある第一亭。名前のごとくナンバーワンお気に入り店です。

武蔵小山温泉若旦那談

第一亭

045-231-6137

神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20

11:30~13:30(昼営業休止の日あり)
16:30~21:00(入店は20時が目安)

日曜営業

定休日

火曜日

(月火等)不定期休業
▼清水湯からのアクセス

珍宝デジャブ!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


ついにこの日がやってきたようです。武蔵小山の幻の名店「珍宝」あの懐かしき味。まさに武蔵小山のソウルフードだったのです。絶賛大人気中に閉店してしまった珍宝なんど珍宝のおじさんのうちにお百度参りして珍宝の焼きそばのレシピを聞きに行ったことか。そんな中同じようなことを考える人がムサコにいたんですね~♪もともと人気のカフェをやっていたあのミツバチさんですよ。研鑽を重ね努力に努力を重ね、ついに到達したオリジナル珍宝の美味しさ!

まさに珍宝オヤジのあの懐かしの味が復活したのです。夢にまで見た珍宝の懐かしい味!焼きそば、手羽、きくらげ、あの時の珍宝レパートリーはすべて揃っています。あの日のセピア色にかすみ始めていた愛する珍宝。今完全復活!ムサコに来たら是非ご賞味ください。そしておなかが満たされたら天然温泉で最高の一日を楽しんでくださいませ。

武蔵小山温泉 若旦那談。

みつばち38

03-3710-4630

[月~土] 12:00~22:00(L.O) [祝] 18:00~22:00

定休日

日曜日

品川区小山3-5-7フラワーマンション1F
▼清水湯からのアクセス

名店うち田(武蔵小山温泉グルメさんぽ)


まさに名店中の名店「うち田」ひとくしひとくしに魂が注入されているかのようなダイヤモンドをたべているかのような錯覚におちいる焼き鳥。ちょっと普段たべたことにない焼き加減そして塩加減、ご主人の渾身の腕加減が冴えわたっている珠玉の焼き鳥。ここうち田では一週間以上前に電話予約しないとまず食することはできない超人気店なのであります。

もともとは武蔵小山の駅前通りに構えていた店舗当時からなかなか簡単に予約なしに店内に入ることはできなかったのですが、駅からかなり離れた現在の店舗でも予約なしにははいれません。超が付く人気店でありながら超が付く最高品質最高美味しい焼き鳥群。迷わず今すぐ予約のお電話を。ここはマジ最高です!

うち田

03-5749-3455

予約可

1週間前より受付
オープン時間~18時まで予約可

東京都品川区荏原3-4-10

営業時間

【月~金】
17:30~
【土~日】
17:00~
▼清水湯からのアクセス

最高!焼きとん@みやこや(武蔵小山温泉グルメ散歩)


おそらく武蔵小山最古参のひとつであろう、また武蔵小山の生き字引であろう焼きとんの名店みやこやさん。もともとは武蔵小山が目蒲線の緑色のおにぎり電車が走っていたあの昭和のころ、電車の車窓からみえる線路越しのみやこやさんには老若男女の昔から変わらずみやこやを愛する人々が楽しそうにそして幸せそうに串に刺す焼き立ての肉を頬張る姿がセピア色の彼方に移ろっていくのでした。

そして令和の時代になってみやこやあ武蔵小山パルムの一角に移転してさらに栄華を極める昨今、街並みが変わろともみやこやのあのあつあつ焼き立てたれにつけたての焼きとんは永遠に幸せ製造機の焼きとんを焼き続けてくれることでしょう。幸せの街武蔵小山。あまりにも人々を笑顔にするお店がありすぎます。

牛豚もつ専門店 みやこ屋

03-3782-2950

東京都品川区小山3-25-15

営業時間

10:00~19:00

日曜営業

定休日

火曜日
▼清水湯からのアクセス

1 2 3 4 5 6 50