ブログ

おばあちゃんのおもひで養命酒ばーじょん(武蔵小山温泉思い出ブログ)


おばあちゃん歌子は清水湯の実質番長でした。オヤジもおじいちゃんもましてやオフクロもだれも逆らえなかった永遠の番長。本当の創業「菊太郎」が手塩にかけて育てた本物の銭湯の娘であり女将であったおばあちゃんは番台がとても似合っていた。多くの常連さんのお客さまをその笑顔で虜にしていたおばあちゃん。戦前10軒以上銭湯をもっていた菊太郎ひいおじいちゃんの後ろ姿を見て育ったおばあちゃんはどこか威厳があって頭の切れもよくて、オヤジがおじいちゃんより怖がっていた。おばあちゃんは毎日牛乳をコップ一杯飲んでいた。

そして夜寝る前に黒っぽいビンをおもむろに取りだしてキャップをコップにしてとくとくと注いで一気に喉に流し込んでいる風景をよく目にした。すると「太郎のみなさい」といわれておばあちゃんの飲んだ後のその赤っぽいキャップを手渡されて大事そうに注いでくれる濃い琥珀色の液体、ボトルには漢字で「養命酒」と書いてあったのを覚えています。命を養うお酒。子供なのにお酒飲んで大丈夫なのかなと思いながら一口含めるとものすごく甘くて漢方薬のような味。そんないつまでもおじいちゃんのために若くも美しくありたいと思い続けたおばあちゃんはどこか養命酒の味がするのでした。先日アマゾンで買った養命酒。今のんでもあまり美味しいものじゃないけど、パブロフの犬のようおばあちゃんの顔を思いだせるから今度銭湯の事で悩んだらまたキャップになみなみ満たして飲もうかなと思ってます。創業者菊太郎、初代じつきおじいちゃん、歌子おばあちゃん、二代オヤジそして三代俺。銭湯の血脈にはいろんなものが思い出の一ページになるものなんですね。

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

全身持久力がガンを撃退する!(武蔵小山温泉健康ブログ)


撃退!・・・。ま、予防と言いかえときましょ(笑)さて面白い文献を見つけてしまいました。全身持久力がガンを予防することが出来る!アメリカのナンタラカンタラというコホート研究論文によると、20年近く追跡調査をしました。それは持久力のある人の消化器系のガンによる死亡率について。年代別に最大酸素摂取量をもとに低体力群、中体力群、高体力群、の3群に分け、高体力群になるほど死亡率が少なかったというのです。

その他に大腸がん、肝臓がんも全身持久力が高い人は死亡率が低いという追跡調査の結果が!やはり運動はいい!ガンは日本での死亡率第一位!3,5人に一人がガンになると言われている昨今。全身持久力すなわち「走る」「泳ぐ」「温泉?」がガンにならない最高の良薬なのは間違いないでしょう!健康!最高!ガンふざけんな!あっちいけ!運動でさらに健康に!そしてグッバイ「ガン」フォーエバー!な健康生活をおくってまいりましょう!

武蔵小山温泉 清水湯 健運士の若旦那談。

参考文献 健康づくり2016年6月号 運動・身体活動のエビデンス。

 

ふるさと納税をしよう~♪(武蔵小山温泉ふるさと納税ブログ)


最近、CMでもよくみる「ふるさと納税」CM.「さ・と・ふ・る」♪とか聞いたことありません?人間って一度聞いただけじゃ腹にストンって落ちない生き物らしく、つい最近になって「ふるさと納税ってなんなんだ?」って自我の目覚めのように気になりだしたのです。納税って普段から高額納税者なのにさらに地方に納税ってバカじゃない!なんておもっていたのですが顧問税理士にきいてみたら「若旦那、ふるさと納税いいですよ!」なにー!税理士っていう生き物はなんで聞くまで答えないのかとすこしプンプンしながらグーグル先生でさらに調べてみるとな!な!なんと!どうせ納税するならオマケ(返礼品)がつく納税だということじゃないですか!普通は税金払ってもオマケはつきません。せいぜいここ儲けてるから申告漏れないだろうかと目をつけられて査察がはいるぐらいなものです(笑)さてまずは自分の控除額をしることからはじまります。さとふる控除額シュミレーション http://www.satofull.jp/static/calculation01.php

大体2通りです。年収を入力する方法と確定申告、または源泉徴収票で調べるタイプになります。僕ら家族で年150万程度。【一万の寄付額なら150回の買い物(?)けっこうなふるさと納税オペレーションです(汗)】単純に家族でアカウントをそれぞれ持ち、自分の控除額の中で「ふるさと納税」をすればいいのです。そうこれはオマケつきの納税なのです。そのオマケがハンパない!見てください僕は使い勝手のよさから「さとふる」を利用していますが楽天のふるさと納税もなかなか使いやすいです。ふるさとチョイスは使いづらいのでアカウント消しました。さとふる人気ランキング http://www.satofull.jp/static/ranking.php うなぎにさくらんぼにお米に肉!一万円の寄付で3キロの三元豚の返礼品なんか風が吹けば桶屋が儲かる的に超素敵!黄金プリンはうますぎてリピートしちゃいました!そのほかに30年前たべて死ぬ前にもう一度食べたかった「からすみ」これも歯にまちゃくちゃ詰まりながらも子供たちが学校から帰ってくるまえに内緒で全部食っちゃいましたげへへへ。さて、こんな素敵な納税方法!しかも地方再生に貢献が出来て応援が出来てある意味、返礼品は入りません的な感じで被災地にも寄付できる「ふるさと納税」僕的には万々歳納税じゃないでしょうか。今日からはじまるふるさと納税讃嘆ブログ!今日の返礼品はコレ→

武蔵小山温泉 しみずゆ 若旦那談。

 

運動してますか?温泉してますか?(武蔵小山温泉健康ブログ)


生活習慣病の減少、そして介護予防での運動の重要性。今、まさに「運動」の重要性がクローズアップされています。運動お嫌いですか?僕は大好きです。真夏の焼けたアスファルトを汗ダラダラでスローランニングする心地よさと太陽に焼き殺されるんじゃないかと思えるほどの充足感、ほんの2,30分の毎日のルーティンなのに一日のはじまりにあるかないかでは雲泥の違いが出るのです。まず心身の溌剌感が違う、運動後の温泉が沁みこむようで違う、水風呂の天国感が違う、そのあとのホットブラックコーヒーが最高に違う、昼オープンから夕方までの創作時間の頭の切れが違う、その後の夕飯の美味しい事っていったとんでもなく違う、子供たちとの会話が違って、仕事に対してのビジョンが勝手に天から降ってきて、風呂の掃除が終わってからの夫婦水入らずが違う。

そう運動こそこの病みかけた日本を救うことのできるひとつの希望ではないでしょうか。例えば生活習慣病の慢性期でも運動することによって適応が認められ、改善することされています。長生きはいい事ですが、理想は「健康的にイキイキポックリ」なのです。晩年は病気がち、これ本人も家族もキツイし、財源難の日本の介護財源もキツイ。カーブス通うのもいいし、僕みたいにお金をかけずにひたすら道を走るのもいいし、まずは始めてみませんか?「運動」そしてその後の「天然温泉」温泉入浴があるから頑張れるそんな単調でキツイ運動もご褒美があれば楽しくなるのさwww

武蔵小山温泉 清水湯 健運士の若旦那談

参考文献 健康作り2016年6月号 日本医師会「健康スポーツ医学委員会」の答申について

糖尿病は運動でしょう!そしてついでに温泉!(武蔵小山温泉健康ブログ)


インシュリン注射うってる身内がいました。見てて辛くなりました。「健康」って本当に大切!結局って結局運動、そして規則正しい生活、そして食事なんじゃないかなと思います。糖尿病で苦しんでいたのは僕のオヤジ。結局人工透析することになって生きる屍状態としか見れなかった晩年でしたね。でも身近で見ていた僕からはあれはどー考えても自業自得。食生活も運動生活も睡眠生活もてんでバラバラ病気にわざわざ自分からなっているようにしか見えませんでした。ちなみに大切な「運動」は糖尿病や脂質異常症の予防またすでに罹っている治療に効果があります。

その理由(機序)は骨格筋のインスリン抵抗値が改善されるとされています。霜降り肉のような骨格筋は食べると美味しいのですが、じつは牛、豚の霜降りはメタボ飼育から出来上がった脂肪肉といっても過言ではないでしょう。そんな運動不足の霜降り肉はそのままインシュリンを使い切り、糖尿病にまっしぐらなのです。だから今赤身肉が流行ってるのかも(笑)と、こんな霜降り肉をもっている自分自身だとしても「運動」は間違いなく骨格筋のインシュリン抵抗値を向上させ、血糖値を下げることができるのです。特別な運動など必要ありません。そもそも歩くことからはじめましょう!心拍数の目安は50から60拍。話しながら続けられる程度。バディーがいなければ自分自身と心で対話できるぐらいの軽い運動。一日20分程度でいいのです。運動後はご褒美に温泉これですよ!心と体の解放!これが健康に糖尿病に寄与しないわけないじゃないですか!

*すでにインシュリン注射をしている場合は医師の指導が必要になります。糖尿病は1型、2型そして予備軍がいます。それぞれ医師の指導に則ってください。

武蔵小山温泉 清水湯 健運士の若旦那

参考文献 健康づくり2016年6月号(糖尿病の運動指導)

いま注目をあつめるアクアフィットネス!(武蔵小山温泉健康ブログ)


いわゆる「水中運動」アクアフィットネスは温泉を利用した「水治療法」も含まれるのです。「水治療法」看護用語辞典から。『を使った理学療法の一種である。 をそのまま利用したり、蒸気や氷などに形態を変えたり、温水、冷水など様々に温度を変えて患部を刺激する 。 の浮力や水圧、流体抵抗などを利用した水中運動も水治療に含まれる。 運動機能を回復させるためのリハビリテーションを行う上で、重要な治療法の一つ』この水治療法の4つの特性が「浮力」「抵抗」「水圧」そして「水温」なのです。「浮力」は陸上の30パーセントから40パーセント。首まで浸かれば10パーセントから20パーセントに体重が軽くなる。無重力状態での状態は心身に与える寄与度はかなり高い。「抵抗」液体は空気より抵抗がデカイ。水中での筋肉の収縮運動は等速性(アイソキネティックス)なのでジムで専用器具を使わないでもいい運動をすることができる。(基本風呂の中で運動は禁止ですけど、可能性の話として)「水圧」は全身の血流が向上する。

とくに下半身に滞りがちな血液をカラダの上方に押し上げる作用に優れている。また、水圧は肺を圧迫して呼吸筋が鍛えられることで心肺機能が向上することも期待できる。水圧は血圧を下げる効果もあるため普通運動で血圧が下がらない血圧高めのハイリスク高血圧者の水治療法はパラダイムとなっている。「水温」水中運動の適温は30度から32度とされている。温泉は40度前後高めだがカラダを冷やさないという効果がある。適度な運動のあとの水風呂その冷温浴が自律神経を刺激して免疫力を向上させるため温泉を使った「アクアフィットネス」は今後注目されると思います。すなわち「水治療法」が今後のトレンドになるでしょう。未来預言者の若旦那より(笑)

武蔵小山温泉 清水湯 健康運動指導士の若旦那

参考文献 健康づくり「アクアフィットネスによる健康作り」、看護用語辞典

*今後の課題 アクアキネシスの考察、高齢者の水中運動、健運士のアクアフィットネスの役割、健運士の「まちづくり」運動後の楽しいコミュニティーつくり。

袋入り焼きそば万歳!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


今回のグルメブログは散歩ではなくお取り寄せ~。でもお取り寄せからの食べながら散歩はいいかも~♪かもです。さて秘密のケンミンショウの大好きな若旦那。目から鱗の地方の美味しいもの情報満載でふるさと納税の目安にもしてもらっています。そんななかで心のソウルフード焼きそば、昔、原宿を歩いていたらテキヤのおじさんに焼きそば屋やらないかと声をかけられローラー(ロックンローラー)どもに焼きそばを売りまくったことがあるのでした。たいがい一口たべてそのまま捨てられてしまいましたが・・・。さてそんな大好きな焼きそばを袋からすこし取りだしてファーストフードのようように食べる。こんな食べ方普通あります!?マジ斬新です。さっそくお得意のアマゾンで調べてみたらあるじゃないですか。

北海道美唄市名物グルメ。袋入り焼きそば(ソース味×8袋)

これです!

既に味付けされていて、手を汚さずお皿も汚さず、気が向いたらさくっと食べれるこの焼きそばマジ美味くて最高にクールなのです。まだご賞味されていないのであれば今すぐゲット!是非ご賞味して感動の嵐を五臓六腑に沁みこませてくださいませ!

 

角谷の焼きそば

ホームページ http://xn--ogt727h.com/

デイストレス!(武蔵小山温泉ストレスブログ)


日々の生活の中で蓄積される「ストレス」仕事、生活、子育て、通勤通学、家庭内の問題、気候、気がつかないうちに「ストレス」が溜まっていくものです。ピンポン玉も過度のストレスが当たり続くと元にもどらなくなってしまいます。逆に適度なストレスは小気味良く弾みしっかり元に戻るのです。そんなピンポン玉のように生きることにおいて降りかかるストレスは適度な圧力であれば心地いい人生の風波となって人生の帆にたくさんの風を集めて大海原を疾走するこもできるのです。ですが暴風雨のような風はへたすると海の藻屑になってしまう危険性も・・・。

ピンポン玉ではへこんでしまうストレスも軟球の球、硬球の球、それこそ砲丸投げの球に自分自身が変化するとびくともしなくなってくるのです。ピンポン玉で優しげな風で生きていくか、砲丸投げの球で暴風雨をもびくともしない強さを求めて生きていくかは人それぞれでしょう。日々の生活のなかで絶え間なく吹き続ける風。どんな風が吹こうと恐れない悠々自適の境涯で生きて生きたいものです。そしてストレスは必ずあるものその理不尽だけどストレスをも味方に変えていける生き方こそ、日々の「天然温泉」健康法じゃないでしょうか。日々のデイストレスを湯舟に流してしまう。常に蓄積されるならテトリスのようにそしてムーディー勝山の詩のようにどんどん右から左、上から下へと流してしまう。ストレスはたまりません。絶え間ないストレスとの戦い、その解決方法こそ温泉入浴なのでしょう!

武蔵小山温泉 若旦那談。

万歳!ふるさと納税!(武蔵小山温泉ふるさと納税ブログ)


あー!納税してます感が最高な「ふるさと納税」みなさん!ふるさと納税してますか?セコムするよりふるさと納税!というか所得税、住民税、消費税全部に返礼品つけたらどうでしょう?脱税者がへって納税額がふえるんじゃない(笑)さて今日もぞくぞく返礼品がとどいておりまする。地方の行政もふるさと納税に力を入れているところは写真ひとつとってもよく考えています。ぼくも風呂の写真はフォトショップで加工しまくっていますが「いいのです!」心の映像がそう写ってしまったら、それが「心の風景」なのですから。インスタが全盛なのはまさにそこでしょう!

一枚の画像が醸しだす、訴えかけてくる思い。同じ肉でも美味しそうに写っている写真とそうでない写真。やはり美味しそうな方をクリックしてしまうのです。まだまだふるさと納税ノルマがたんまり残っている我が控除額♡。今日はこんな素敵な返礼品が我が家にやってまいりました。ただ単に税金払うだけが国民の義務じゃいでしょう!ふるさと納税オーマイふるさと納税フォーエバー!

武蔵小山温泉 しみずゆ 若旦那談。

オヤジを忍んで(ことしは七回忌)(武蔵小山温泉若旦那ブログ)


2011年はとんでもないでっかい地震が来た年。そしてその後、寿命だったのかオヤジが死んだ年にあたります。そして今年が7回忌の年。ひいじいちゃん(清水湯の創業者)は北陸三県から東京にやってきておばあちゃんの歌子とともに田園調布に住んでいたらしい。そしてオヤジが生まれ育ったところは隣町の奥沢。地域の尾山台小学校。そしてそのまま田園調布高校、明治大学商学部、大学時代は民謡倶楽部を立ち上げて初代部長だったと聞いています。大学の近くでは雀荘を開いてけっこう羽振りがよかったらしい。その他に今も残っているらしいが銭湯ご用達の消毒剤(塩素系?)の会社を立ち上げてけっこう儲けたらしいが人に譲ったとのこと。こどもの頃から走るのが早くて毎日勉強を小刀で鉛筆が3センチになるほど削るまでしていたとよく聞いてました。速読で読書家でたしかに頭が良かった。オヤジの若いころを知っている人に話を聞くと大体オヤジが自分を称賛するように話していたことと寸分たがわない話がでるのでたしかに「神童」と呼ばわれていた節があります。

そんなオヤジ中晩年は「そううつ病」でずっと苦しんでいました。いやあまんじて苦しんでいた節があります。お天道様しか信じていなかったオヤジ。この一族に降りかかる「病魔」は自分一人が受けきってそのまま持ち去ってしまおうという慈愛に裏打ちされた思いがあったのではないでしょうか。生きることの素晴らしさ、努力の大切さ、その反面、病気の苦しさ、辛さ、切なさ、その両方を身をもって受け切っていたからこそどんな姿であれ「オヤジは偉大だな」と感じ入ってしまうのでしょう。オヤジがいなくなって7年。今、銭湯の直道を進んでいるぼくの姿をどうみているのでしょう。今思うことは病身でありながら有形無形にオヤジに守られていたなと気が付き、ただただ感謝の思いがふつふつと沸いてくることなんです。誰しもが生まれて死んでいく当たり前の時の流れの中、親と子という不思議な深い縁(えにし)は今もオヤジの優しげな笑顔がふっと瞼の裏っ側に浮かんでくるときなんだか熱いものまで溢れそうになるのはやはりぼくはオヤジの子供なんだなあとつくづく思うこの頃です。「オヤジみててくれ」なんて恥ずかしくていえないけど、ひょっとしてまたいつか会えることがあったときにすこしは褒めてもらえるような「銭湯のオヤジ」になろうと思いを新たにしています。

武蔵小山温泉 しみずゆ若旦那談

 

1 2 3 4 5 6 64