ブログ

クレイジスト!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


外国人がつかう悪い意味での「クレージー」だけではなくてていい意味での「クレージー」があるのはみなさんご存じのことだとおもいます。とくにひとつのことに熱中している姿は愛するあまりにクレージーになる。そんな微笑ましい姿をクレージーと形容しているのでしょう。どこか愛しくて少年っぽさをのこした巷のクレージーたち。そんなクレージーなひとたちが集う銭湯「武蔵小山温泉」立ち消えゆく銭湯の昨今、

残っていく銭湯はこういった熱い気持ちをもった銭湯クレージストたちにいかに支持されるかが重要になってくるのでしょう。またいかにクレイジストを創出するかは銭湯の命題でもあるのです。小手先だけではなかなか結果の出ない銭湯稼業。いかにクレイジストが集うかが勝負の分かれ目になることでしょう。

武蔵小山温泉 若旦那談。

湯魔女!(武蔵小山温泉雑談系ブログ)


湯魔女、美魔女、温魔女、武蔵小山魔女。魔女にもたくさんあるけれど・・。武蔵小山温泉に毎昼、毎夜出没する美しくも魅力あふるる魔女たちにはきっとどこの銭湯にかなわないでしょう。なぜならそれは美しさの代名詞「湯上り美人」なのですから。美しさの定義に二度見美人があります。すれ違う時に一度見るそしてつい振り返って二度見するそれが本当の美しさの定義となっています。

その美しくも怪しくも美オーラを発する美魔女が日々の美を研鑽し美を競い合う銭湯「武蔵小山温泉」は現代における美魔女の巣窟なのであります。美魔女そして「湯魔女」街の発展はまさにこの湯魔女とともにあることでしょう。

武蔵小山温泉 若旦那談。

遣湯使!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


西暦600年から900年ごろまで続いた遣唐使。当時先進国だった唐の文化また仏教を伝播するために20年に一度の割合で交易外交をしていました。そう考えると三国志時代は広義では黄巾の乱の蜂起(184年)による漢朝の動揺から西晋による中国再統一(280年)までを指しているから中国の歴史は壮大といわざるを得ないでしょう。

さてその遣唐使いいものはいいと当時の日本は求道心のかたまりだったのかもしれません。いいものはいい!そうまさにいいものはいいのです。時代の波に飲み込まれていく毀誉褒貶。諸行無常の日々。明日やろうは馬鹿やろうなのです。武蔵小山の地に湧き立つ奇跡の天然温泉。悠久の天然温泉だからこそ時空を超えてでも今この時に湯船につかり人々に伝播していく遣唐使ならぬ遣湯使になって奇跡の温泉を流布して以降ではありませんか。

武蔵小山温泉 遣湯使リーダー(笑)

生き甲斐型銭湯!(武蔵小山温泉心の健康ブログ)


永遠のテーマそれが「人生の生き甲斐」人それぞれ何を目的に生きているのでしょうか?美味しいものをたべることが生きる目的なのでしょうか?キレイな人と出会うことが生きる目的なのでしょうか?海外旅行に行くことが最高の目的なのでしょうか?家族の幸せだけをかんがえることが最善の目的なのでしょうか?自分の幸せだけ?または他人の幸せのため?答えはどこにあるのでしょうか?その答えが見つからないまま死んでいくのでしょうか?今なんとなくわかったのは死ぬ間際まで自問自答しながら死んでいくのが大半ではないかということ。目的でも目標でも行動し続けることは何よりも大切で何よりも輝き続けていけるのではないでしょうか。

子供に将来の夢を聞くのと一緒で生涯の目標もじつはただの欲望の欲求だけだったりするのですから。「貪瞋痴」仏の教えで「とんじんち」と読みます。実際は欲しがるだけの人生。その煩悩まみれの人生は三毒まみれの貪瞋痴まみれの人間が真の姿といわれているのですが僕の解釈ではそんな欲望こそが行動の原動力であったり転じて人のために生きる高尚な人生まさに生き甲斐になるのではないでしょうか。そんな心の転換地点にもなりえる心のオアシス武蔵小山温泉。今日も人々の生き甲斐を気付かせてもらえるなにか温かな源泉が湧いたっています。

武蔵小山温泉 若旦那談。

湯st!(武蔵小山温泉美活ブログ)


妻の愛読書であり「美st」巷では美魔女の愛読書となっております。美のベストなら湯のベストは湯st。武蔵小山温泉に集う美魔女たちの美の競演。きっと武蔵小山温泉の美人温泉内では美しさに切磋琢磨、磨きをかけているのでしょう。

ただの美ではあきたらない本物の美にとりつかれた美しい美魔女たち。美ではなく美erでもな美stを究極の美作りのできる最上級美活銭湯「武蔵小山温泉」を選ぶのは宇宙の必然だったのです。「美、美er、美st」どうせなら貴女の美しさの可能性を最大級に飛びぬけることのできる美st温泉で輝き続けてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 若旦那談。

武蔵小山温泉ワッツエルス!(武蔵小山温泉ブログ)


光り輝く二つの天然温泉。一つは「天然美人黒湯温泉」そしてもう一つは「黄金の湯」(おうごんのゆ)美肌、夏の肌トラブルにも最高に効果的な黒湯は二代目が掘り吹き出させた遺産でもあります。実際、はじめてあった人に実年齢を伝えるとたいていの人が「若い」「なにかやってるんですか?」といわれます。どちらも否定しません。ただなにやっているか?という質問にはその場ではなかなか答えられません。それが心の中では「毎日美肌温泉はいっているからなんです」と思っています。

 

そんな美肌温泉が湧き続ける武蔵小山温泉。温泉以外に美肌活動に最適とされている「美人岩盤浴(女性専用)は併用されています。この岩盤浴韓国産の貴重な天寿石が敷き詰められていて床から健康波動を発しているため尋常ではない汗がほとばしります。そして天然黒湯のキンキンに冷えた水風呂でしめる。最高の美肌向上スパイラルにくるくると巻かれていくその先には最高の美肌を手に入れることができるのです。温泉だけではない美肌向上化銭湯「武蔵小山温泉」今日も明日も最高天然温泉&岩盤浴が皆様をお待ち申し上げております。

武蔵小山温泉 若旦那談。

心のオアシス銭湯(武蔵小山温泉心の健康ブログ)


世知辛い世の中が出現してしまったような一種の錯覚さえ感じてしまう昨今。皆様いかがお過ごしでしょうか?最近のなんとも自分勝手また防ぎようのない目を疑うような事件の度重なるニュースには驚きのうえにさらなる驚きが多いかぶさってくるようなあたかも当たり前のような錯覚にさえ陥りそうになってしまいます。なぜこんなに生命軽視なのでしょうか。またなぜこんなに自分勝手な解釈なのでしょうか。理由はどうあれ心に余裕がなく、またきっと愛情を注がれることもなく、どこか心に荒廃然とした心の殺獏さが横たわっているかのような気がします。

恵まれる恵まれない出生からの環境は人によっては環境のせいにもできれば環境をも凌駕できる人もいることから環境ではなく人で決まるそう思います。その人間力の違いとはなんなのでしょう。実際は些細な人と人の温かな励ましであったり、心の縁(よすが)であったり、どこか信じてもらっているという心の安堵があったのかもしれません。プロファイリングは出来ませんがAIでも機械でもない僕たち人間にはきっと心のつながりでもある温かな何かがきっと必要なのでしょう。どこの街にもある銭湯ここはきっと砂漠のような都会に合って心のオアシスにきっとなるでしょう。

武蔵小山温泉 若旦那談。

読書感想「全裸監督」(武蔵小山温泉書評ブログ)


世の中ギラギラしていたバブル前夜。街にあふれていたビニ本をバターでこすったモザイクが消えたとおもったら印刷自体が消えていたという悲劇に見舞われた黒木かおると同い年だった18の夏。どうもあの独特なトークが苦手で村西作品は見たことがなかったAV作品。でも昨年読んだ「全裸監督」は度肝を抜かされました。借金50億(矢沢か!?)、当時また逮捕されたよ的な報道をよく目にして別世界の人と認識していた村西監督。

きっと性的趣向も違うんだろうなと。そんな監督の自伝的小説「全裸監督」読むほどにはちゃめちゃなAVの世界。そして芸能界とのつながり、村西監督の元から巣立っていった今をときめく人材群。ただほら貝を吹かせていただけではなかったのです。今、ネットフリックスでも絶賛放映中の「全裸監督」AV革命をおこした時代の寵児「全裸監督」書籍もネットフリックスも最高です。

武蔵小山温泉 若旦那談。

「全裸監督」

慢性炎症を考える!(武蔵小山温泉健康ブログ)


老化、ガン、動脈硬化、の根本原因とされる「慢性炎症」最近ためしてガッテンなどでも取り上げられたように注目されています。どうやら体内の炎症が慢性的に続くことが諸々の疾患の原因になっているらしい。それはストレス、肥満、加齢が原因で起こる慢性炎症。であればそお原因を取り除いてあげることが大切になってきます。

規則正しい生活、運動、食事どれをとっても大切になってきます。そしてストレスを緩和する一つとして温浴活動も効果的だと考えられます。日々の生活習慣の中でストレス等が起因となって慢性炎症状態になっているのであれば普段の生活習慣のなかで温熱習慣を取り入れストレス防止、肥満防止、そしてアンチエイジングに役立つ温泉入浴を実践するのも効果的ではないでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

 

銭湯バカ!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


かの有名な「釣りキチ三平」(昭和なおじさんには有名)も一つのことにただキチガイのようにまたバカのようにひたむきに向き合ったおかげで秀でた釣り師になったのです。また有名な空手バカ一代も常人では成し遂げられない日頃のただバカではないかと思うほどの鍛錬が世界一の空手家になることができたのです。ちなみに稽古のし過ぎで血のしょん便がでるのは漫画の世界だけのことではなく本当に血のしょん便がでるのは太ももの毛細血管が切れて染み出るように血のしょん便が出るといわれています。

漫画中の講道館柔道の期待の新星佐藤氏は僕の師匠ですが、血のしょん便がでるまで稽古をすることが一つの目安にしていたといわれています。さてそんな中銭湯を愛する銭湯バカは今日も増殖中!きっと銭湯バカは銭湯でカラダも心も磨いて世のため人のためにお役に立っているのでしょう。

武蔵小山温泉 若旦那談

1 2 3 4 5 6 74