ブログ

昼下がりのうなぎ。貪欲になる私。名店西村のうなぎ。


この心はすでに恋心。ああ、旦那以外の人を愛してしまった私・・・。ほの暗い、2階に続く急峻な階段。そこは誰にも邪魔されない私とあなただけの空間。ほんとうに罪深い人ね。こんがりと焼けた肌がとてもそそられるの・・・。心臓の鼓動が早く脈打ち、そして強くなっていくことを感じながら両手でそっとそえるように開いてみると照り輝く肢体。それだけでオートマチックのようにじゅわわーっと垂れてきます。そしてもう止まりません。それはふかふかでほくほく身がふっくらしていて、今にもむしゃぶりつきたい、この世の至福のすべてがそこにあるように、今いる二階の畳敷きの部屋には一筋の燦と降り注ぐ太陽のひかり。目の前にはあなたの焼けた肌が其処だけに輝くように、居るのはあなたと私だけ。そして美味そうに熱をもち湯気がでていた。ついに濡れる唇に触れるように頬張った瞬間、こらえきれず声を出してしまった私。「ああ!」本当の感動は感嘆詞となりそれは母音になってしまうもの。そして「本当に止まらない」心が支配されそうになりながら気がついたら焼けた肌はすべてが口の中に・・・。

DSC_1295 (1)DSC_1294

いけないとわかりながら落ちていく私。昼下がりのひと時。全てが終わり、余韻を楽しむようにしばらく呆然自失としながら一人ごちた私。「美味しかったわ。今度はうな重の松にするわ。あ、ナツメうなぎも食べてみたいわ♪」いけないとはわかってはいてもやめられない昼の営み、どこまでも落ちていく私、今日もそして胃袋の中にすべてが落ちていった。・・・。食(しょく)は色(しょく)とも言いますが最高の食は最高の色を生み。不老不死につながり、子孫繁栄にもつながるのでしょう。西村のうなぎには美女がお似合いなのです。ある日の昼下がり妻とうなぎを食べていて西村さんのうなぎを愛おしむように貪る妻を見ながら妄想してしまった若旦那より(笑)

うなぎ西村

03-3713-6548

東京都目黒区下目黒3-13-10

[店頭販売]
10:00~19:00頃
[店内お食事]
11:00~14:00

定休日 水曜日
▼清水湯からのアクセス

SIA(simizuyu Intelligence Agency)を立ち上げました!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


アメリカの諜報機関はCIA。イギリスの諜報機関はMI5。一応日本の諜報機関は公安となっております。僕は大沢在昌先生のファンなんです。「新宿鮫」キンドルで全巻読破。その他の警察物のサスペンスもほぼ読んでいます。アメリカのテレビドラマもジャックバウアーの「24」からはじまって、「ハワイファイブオー」、そしてこれ最高といえる「ホームランド」、ちょっと指向がちがうけど最近好きなのが「アウトランダー」これ映像美とともにキャストが魅力的で最高におすすめです。さてスパイもの、諜報機関もの、権謀術数、サスペンスもの、その先にある真犯人を誰よりもさきに推理して当てる快感は何者にも代えがたいものなんです。そこでかねてからの懸案であったグルメ諜報活動を広域武蔵小山でも行うことになりました。

DSC_3906

SIA(simizuyu Intelligence Agency)ありとあらゆる美味しいお店をポケットマネーで食べ歩き、お店の良さを発見していくという重責をになった活動をすることになります。諜報部員はなんとよくある1人社長に1人諜報部員。俺社長に俺スパイ!みたいな感じで「領収書をもらわない」のがこのSIAの掟となっています(笑)今日も市井の人いきれのなかにまじってボンドカーならぬ愛車の白いママチャリ1号で颯爽と広域武蔵小山の街を駆けめぐっていることでしょう。きっとあなたの街にも出没するはずです。

武蔵小山温泉 清水湯トムユルーズ談。

肉食原人@武蔵小山温泉の若旦那の肉生活。


最近、肉が好きすぎてほぼ半生で食べている若旦那ですが、これって昔見た映画にあったあのシーンじゃないかとなんだか背筋がぞっとする思いにかられていまっす。それはいつまでも若くいたい願望が夜な夜な若い女の人の行き血を吸って何百万年と生きながらえている物語。そうあの吸血鬼ドラキュラ伯爵の物語なのです。ああ、ついに僕もドラキュラの域に達してしまったかとおもうと、悲しいのか嬉しいのかちょっとわからんなくなります。ちなみに武蔵小山の名店居酒屋は「バンパイヤ」(晩杯屋)さんですが・・・。さて、そんな肉食原人化した若旦那が最近、はまりにはまっているのが肉の聖地、目黒にある「ステーキハウスリベラ」ここは原始人並みのプロレスラーも通う、ステーキ屋さんの名門、店内には所狭しと有名人の写真が貼りつけられています。

DSC_1265DSC_1264

なんのサービスか分かりませんが妙にほそっこい覆面レスラーが入り口で微笑んでいるのか覆面していて分かりませんがお客様を出迎えてくれます。(記念に写真も撮りました笑)さて、ステーキリベラさんの肉むちゃくちゃ美味しいのです。そして玉ねぎがベースの醤油テイストのタレ。このタレ最高に肉に合うのです。なんだかメキシカンな異国情緒も感じさせてくれる「ステーキハウスリベラ」さん、これからも自転車で武蔵小山から家族5人自転車暴走族となってイナゴの襲来のように定期的に肉を喰らいに行っちゃうことでしょう。

ステーキハウスリベラ

03-3793-9955

東京都目黒区下目黒6-17-20

17時から24時

月曜日定休日 第3月曜の次の火曜日≪定休日が祝日の場合は、翌日が休業日
▼清水湯からのアクセス

腎臓病・・・。この難敵とどう戦うか!(武蔵小山温泉健康ブログ)


久しぶりの健康ブログです・・・。じつは父親は糖尿病から腎臓不全となり人工透析となりました。ちょうど建て替えの時期にあたり、千葉の東金に引っ越していたのですが、(父母)たまに遊びに行ったときは、週3回の送り迎えを母の代わりに東金の透析病院まで連れていきました。扉を開けるとそこには、ほとんど肌の色がくすんだ色をしていたのです。いわゆる土気色という色です。その色の濃淡はある程度の差はあるとはいえ一種の同系色に見え、また、ベッドに行く前の待合室に座っている人たちの年齢はまちまちで、それでも中年以降でしょうか年配の方が多い印象、女性の方もいるその待合室で隣室の蛍光灯が必要以上に真っ白に煌々としている透析室で看護士さんの準備が整うまで父が虚ろな目をしながらじっと待っていた姿を今でもはっきりと覚えています。思いのほかその待合室は談笑の場になっていて、友達になる場でもあるようでそこは微笑ましい気もしましたが、隣に座る父に腕のシャントを見るたびに、自分はここには来たくないと思いました。人工透析。それは思いのほか自由だと聞いています。旅行もできる、運動もできる、当然温泉も入れる、普通と変らない。

DSC_3938

でもある一定の自由は奪われてしまうのも事実でしょう。なぜこんなことを書き始めたかというと妻のお義母さんが「人工透析」になってしまったのです。父のみならず妻のお義母さんまでも。だからこの腎臓病にだけはなりたくない。その思いが強くなったのです。いつまでも美味しいものを食べたい。いつまでも美味しいお酒を飲みたい。いつまでも家族で旅行に行きたい。いつまでも健康でいつまでも笑顔でいつまでも家族を笑顔で満たしたい。それなのに自分が「人工透析」・・・。すこしの健康のために知識、すこしの健康のための運動、少しの健康のための食事、日々のほんの少しの摂生、教養、行動が何年、何十年のあいだに大きな差を生むことを身近で見ていた僕に出来ることは家族を守ることであり、自分の健康に全責任をもつことであり、今より「腎臓病」についてむちゃくちゃ勉強しようと決意しています。忘れていましたが僕は「健康運動指導士」であり、健康の源泉、武蔵小山温泉の3代目だということを。出来ることは勉強したことを啓蒙することしかできないかもしれませんがやれるだけのことはやろうと決意しています。それが身近の人間、そして家族を守ることにつながるのですから。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

五反田の名店!ミート矢澤!


昔、目黒川はアユも遡上する清廉な川でした。死んだおばあちゃん目黒川のカッパと言われていたとかいないとか・・。そんな目黒川のほとりにある肉の殿堂また大人気店。五反田といえばここ「ミート矢澤」さんなのです。最近の五反田の肉フィーバーは凄まじく、東京で肉ナンバーワンの名誉を欲するなばまずは五反田を制覇する必要があるとまで言われています。そんな超肉の激戦区・五反田。その五反田でナンバーワンの誉れ高い称号をかくとくしているのが「ミート矢澤」さんでしょう。いえ、お金は一切いただいていません・・・。

DSC_1221DSC_1226DSC_1220

先日、いつものごとく行列に並んでいたところ空手の昔の生徒に会いました。社交辞令で「おう、一緒に肉喰うか?」と冗談で軽く言ったところ「ええ!いいんですか!ここで食べれるなんて夢みたいです!」即座に「おう、冗談だ」といい。あぶねーあぶねーと心の中で思ってしまったことは語るに及ばずなのでした。夫婦二人で最高のお肉に舌鼓を打ち、昼下がりのステーキ&ハンバーグを堪能した僕たちは一日ずっと幸せな気もちで過ごすことができました。こんなにも人を幸せにすることができるミート矢澤さんの超美味しいお肉!五反田にお立ちよりの際は是非、ご堪能くださいませ。

ミート矢澤

03-5436-2914

東京都品川区西五反田2-15-13

[平日]
ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:00)
ディナー17:00~23:30 (L.O.22:30)

[土日祝]
ランチ 11:00~16:00
ディナー16:00~23:30 (L.O.22:30)

無休
▼清水湯からのアクセス

ガラス製品の持込みは禁止です。


ガラス製品の持ち込みを禁止いたします。
一切の事故、責任は持ち込んだ方の責任とさせていただきます。

ふろばな!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


世の中には沢山の何バナ(話)があります。会話は人生を潤し、お互いの友情を深め、また自身の見識を高めくれるものでしょう。恋バナもいいし、愛バナもいいですし、真面目バナもいいでしょう。僕も風呂の掃除終わりにかならず妻とお風呂に入りながら、とりとめのない話し(バナ)を日夜繰り広げています。そう僕と妻は大の仲良しなのです。銭湯の楽しさはお風呂に入ってカラダを温め、カラダを洗って、髪の毛を洗いキレイにするただそれだけではないのです。見ず知らずの人たちが自然と集まり、一つ屋根の下、一つ同じ湯船のなかで着飾るものをすべて取っ払って、肩書も地位も名誉も関係なくただ湯浴みをする、その何気ない行為がとてつもなく尊い行為なのです。

DSC_3897

それは誰もが尊い存在であり、誰もが平等であり、誰もが価値がある存在だからです。それを実感できるのが銭湯であり、そこで毎夜繰り広げられる「ふろばな」なのです。いえ、きっと「ふろばな」がなくとも一つ湯船のなかで同じ温泉を共有しているだけで平和の心が育まれていくものなのです。銭湯それは人類の宝。そしてそこで生まれる会話(ふろばな)はきっと人類共栄、人類共存の平和の道を創る源泉になることでしょう。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。(思いのほか書いてたら真面目な話(バナ)になってしまいやした(笑)

若旦那が描く。小説風「俺の銭湯」のご紹介。


小説風「俺の銭湯」は毎月第1、第3日曜日に武蔵小山温泉フェイスブックにてアップしています。

双極性障害でじわじわアルツハイマーにおかされるオヤジ(清水湯2代目)を支えながら、閑古鳥が泣く清水湯の興亡、断崖絶壁だった昔の清水湯。そして起死回生から現在に至るまでを、面白可笑しく、ときには切なく、清水湯3代目の若旦那が描いています。

自身の体験を通しながら、無学で無鉄砲だった少年時代から銭湯を舞台に少しずつ大人になっていくそんな成長の軌跡も描いています。

家族愛、夫婦愛、親子愛、そして消えゆく銭湯の灯を必死の思いで残していこうとする姿をお時間のあるときにでも是非お読みください。

 

俺の銭湯 WEB1010 http://www.1010.or.jp/category/mag/oreno-sento/

(毎月第1,3金曜日に寄稿しています。こちらからは武蔵小山フェイスブックページより2日ほど早く読めます)

 

討ち入りでござる!吉良そば!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


歴史大好き銭湯のオヤジこと日本が熱かった時代、明治維新が1868年頃は尊王攘夷の荒が吹き荒れ、江戸から明治になる黎明の時代でした。僕はその100年後に生まれ。人は輪廻転生をくり返すといわれていますが、すぐ生まれかわる人と、100年もたって生まれるのとだいぶ差があると何かの仏典に書いてあるのを児童書で読んだ記憶があるのですが、僕はきっと明治維新になにかしら立ち会ったことのある過去世をもっているのではと、当時、薩摩であった鹿児島生まれの妻と親友も鹿児島出身をかんがえると芋ばかり食ってオナラばかりしていた貧乏田舎藩士だったのかとあまり喜べない過去世を想像してしまうのでした。

DSC_0607DSC_0608

さてそんなこんなで歴史が好きになってしまった若旦那が春になると特に食べたくなるお蕎麦屋さんがあります。それが武蔵小山で大人気店の「吉良」さんなんです。名前からして赤穂浪士の討死の日に食べに行きたくなる名前じゃありませんか。じつは吉良上野介は決して悪人ではなく松の廊下で切り付けられるのも他に理由があった。定説は吉良が悪者のように書かれている時代劇も多いのですが、もっと深いところに原因がある、浅野内匠頭が即日切腹も考えてみたらおかしい、そこに何かしらの真実が隠されている。と諸説あるようです。さて武蔵小山に来たら、討ち入りの如く大入りの「吉良」さんで最高に美味しいお蕎麦を堪能してみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

吉良

03-3787-6665

品川区小山3-26-3

[月・水・木・金]
11:30 ~16:30
[土・日・祝日]
11:30 ~19:00(15:30 ~17:00休憩)

定休日 火曜日
▼清水湯からのアクセス

蒲田といえば美味しい中華でしょう!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


テレビでもかなり見ることのある蒲田の有名中華料理店!羽根つき餃子がかなり有名ですが、なにを食べても超美味い!価格もコストパフォーマンスがよくて庶民的!昔武蔵小山が目蒲線で緑色のおにぎり電車が走っている時は、目黒から蒲田を行ったり来たりしている、ローカル線だったのです。そんな武蔵小山からも馴染のある蒲田。その大田区のビッグシティーにある有名中華店に家族そろっていってまいりやした(笑)全員で沢山の種類の品々を食べたいので注文しまくり、そして来る端から食べまくり~。

DSC_1111 (1)DSC_1113DSC_1115DSC_1116DSC_1118DSC_1120DSC_1121

本店が消毒清掃日ということで休館だったので、支店の方に行ったのですが全然、美味しい!中華は出来立て炒めたて熱々中華が最高なんです!美味しいのは餃子だけではありませんでした!マジで何を食べても美味しい!頼みすぎて何を食べたか忘れちゃいましたが、超美味しいということが心の中に刷り込まれてしまうほどの絶品中華でした!今回は有名店の一つ中国大衆料理 歓迎 別館さんでしたが、これからも何店か攻めてみようと思っています。いつも満席大混雑店のようです。蒲田にいったら是非お立ち寄りくださいませ。

歓迎 別館 (ホアンヨン)

03-6424-5279

東京都大田区蒲田5-45-1 YMビル 1F

営業時間 11:30~14:00 18:00~23:00

定休日 月曜日・火曜日
▼清水湯からのアクセス