ブログ

ラブラブラブ♪さんきちラバー!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


♪愛ラブYOUラブさんきちラバー♪ムサコっ子なら今日もさんきち♪愛ラブYOUラブYOUラブME♪なぜか武蔵小山温泉の自宅側の玄関をでて右に細い私道を突き当りに左にまがったあたりからの「さんきちで今日なに食べようかなうれしいな」的な脳内ドーパミンが湧出してくると、心のなかでハミングしだすこの歌、自称「さんきち食前歌」どうやら心から愛してしまったようです。

そうなぜならムサコっ子は「さんきち」を愛しているのです。必ずついてくる玉ねぎどっさりの付け合せそれでご飯が食べれる美味しさ、さんきちドレッシングが嬉しい新鮮野菜のサラダ、まじ美味豚汁!そしてボリューミーなメインデッシュ!さんきちにないものはないとまで言われている豊富なメニューそして何よりものご馳走は女将さんのいつまでも変わらぬ優しい笑顔&ご主人の寡黙だけどただ真面目で時おり見せる優しい笑顔、さんきちには全てが揃っているのです。武蔵小山ウオーキング&ショッピングでお腹がすいたら「さんきち」でしょう!ラブなハートでさんきちの美味しい料理を頬張るさんきちラバーは今日もハートマークの瞳でむしゃむしゃと頬張っていることでしょう!

武蔵小山温泉 若旦那談

さんきち

03-3787-0124

東京都品川区小山3-12-10

営業時間

11:30~14:00
17:00~22:00

金曜・第3木曜
<strong.▼清水湯からのアクセス

武蔵小山の心。大好き!さんきち(武蔵小山温泉グルメ散歩)


子供の頃から通い続ける「さんきち」いつもかわらない女将さんの優しげな笑顔、そして丁寧な接客、数あるメニューのなかから今日のおすすめ、セットメニューの組み合わせを教えてくれる。一度食べると病みつきになる「さんきち」のサラダ。そして必ずついてくる「豚汁」この豚汁は真似できないレベルの美味しさ、寡黙そうだけど優しくて時おり見せる笑顔がとても素敵なご主人。ここ「さんきち」には素敵な空間とさんきちしか流れない素敵な時間の流れがあるのです。どこの街でも心許せる、そして落ち着く空間があると、その街を心から愛することが出来るのです。

心を奪われたのと同時に胃袋まで奪われているのです。「さんきち」夫婦で暖簾を守り続ける心安らぐ素敵な空間。とんかつ、ステーキ、カレーにスパゲッティ―、漬物にいたるまで、僕たちの心を鷲掴みにする「さんきち」のうまうま美味しいメニュー群は大空に浮かぶ、宝石のような星々のような輝きを放っているのです。いつまでも元気で健康で灯を守り続けてくださいませ。いつまでも通い続けるさんきちファンより。

さんきち

03-3787-0124

東京都品川区小山3-12-10

営業時間

11:30~14:00
17:00~22:00

定休日 金曜・第3木曜
▼清水湯からのアクセス

名店のあとも名店なんです。(武蔵小山温泉グルメ紀行)


名店ヤナギヤさんと言えば武蔵小山が誇る洋食の名店でした。そのあとを受け継ぐようにはいった「キッチンDファクトリー」さんも名店ではないでしょうか。おなじ洋食系のお店ですが、味も最高、値段も良心的でおすすめです。武蔵小山温泉が東口なのであまり西口方面に行かないのですが、お取引している牛乳屋さんの林牛乳店がすぐ隣にあるのと、車の修理工場の「オオバンモーター」さんがその先ににあるのでたまに利用させていただいています。

DSC_1785DSC_1783DSC_1786DSC_1788

この日は愛する妻と一緒に来店、妻はガッツリステーキ系。僕はランチをたのみました。ちょっと一口食べさせてもらったお肉はジューシーで柔らかくてご飯がすすむくん間違いないんです。シチューもビーフがふわふわで口の中でとろける感じなんです。日本人にとっての洋食はもはや定番の国民食なんじゃないでしょうか。それも自分にたいしてのご褒美にもちかい特別な時にも食べれて、普段の時も食べたい時に気軽に食べれて、どんな時も裏切らない美味しい洋食。そんな感じです。武蔵小山西口の26号線に面していて、ご夫婦で美味しさを守っているそんな感じの名店「キッチンDファクトリー」温泉帰りにでも是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。カラダも胃袋も喜び、素敵な一日を過ごせることはまちがいないでしょう!

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

キッチンDファクトリー

03-3716-3148

[火~日]
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:30~22:00(L.O.21:00)

定休日 月曜日
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

ムサコの故郷の味といったら「さんきち」でしょう!(武蔵小山温泉グルメ紀行)


オフクロの味、忘れられない味、思い出の味、人にとってはいろいろあることでしょう。僕にとってムサコ(武蔵小山)の味は「さんきち」さんなんです。10代、20代とあまりお金がない時も比較的安い金額で鱈腹(たらふく)お腹いっぱい美味しいセットメニューが食べれて、しかも必ずついてくる、豚汁にさんきちサラダこれは本当に貧乏人だったぼくの心とお腹を満たしてくれました。今でも子供3人に大食漢の夫婦計5人のエンゲル係数超高めの家族で外食なんて日には本当にいくらあっても追いつきません。

DSC_0347 (1)

牡蠣は冬限定です。

牡蠣は冬限定です。

このジャンボとんかつはお得すぎます!

このジャンボとんかつはお得すぎます!

ドレッシングだけの販売もあります。

ドレッシングだけの販売もあります。

行くべし!食べるべし!

行くべし!食べるべし!

そんな時でもさんきちさんは嬉しいコスパで美味しくて量多くて、ご主人と奥様の笑顔最高のお出迎えで、僕にとっての故郷、武蔵小山の味は断然「さんきち」なんです。時代は回ると言いますが、だんだん量が若いころより食べられなくなってくるものですが、その分子供たちが食べるようになってくるので、いまでも平気にジャンボとんかつににんにくステーキも頼んで家族でシェアできるのでさんきちさんのものすごく沢山あるメニューもいまでもかたよらずに美味しくいただいています。とにかく、フォーエバーさんきちさんで末永く暖簾(のれん)を守っていってほしいお店のひとつです。おじさんおばさん大変だですが、長生きしていつまでも美味しい「さんきち」を続けていってください!

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

03-3787-0124

東京都品川区小山3-12-10

11:30~14:00
17:00~22:00

定休日

定休日 金曜・第3木曜
▼清水湯からのアクセス

名店小さなフライパン。テイクアウトのマカロニグラタンもおススメですよ~。(武蔵小山温泉グルメ紀行)


いつごろからでしょうか。僕がはっきりと、グラタン好きになったのは・・・。子供の頃からなじみの料理で美味しいと思いながら食べていましたが、スパゲッティでもないし、チーズフォンデュでもないし、ましてやオジヤでもないし、でもなぜか美味しいグラタンでも母親が作るグラタンはなんとなくグラタン。とりあえずグラタン、こんなもんかグラタンといった感じだったんです。それが、グラタン専門店の、武蔵小山の名店、「小さなフライパン」さんのグラタンを食べた時に、なんとなく美味しいと思っていた、グラタンが完全にメインディッシュのグラタン様になったのを今でもはっきり覚えています。それほど美味しさが際立っているんです。僕のもともともっていたグラタン大好きの潜在意識が完全に引き出された瞬間でした。

すんごく美味しい!

すんごく美味しい!

是非ご賞味を~。

是非ご賞味を~。

チーズがとろ~りですよ~。

チーズがとろ~りですよ~。

武蔵小山パルム商店街の一番駅から遠い位置にあっても、いつも満席状態、一度こちらのグラタンを食べたら虜になってしまうほどで、地域の方がたのみならず大人気状態なんです。たまに混んでいることが予想できるので、そんな時は僕たち家族は躊躇なくテイクアウト用のグラタンを持って帰り、家でチン!ゆっくりと落ち着いて絶品グラタンを堪能しています。当然、お店でイートインするのも良し、テイクアウトで家でゆっくり食べるのも良し、選ぶのは貴方しだいです。(笑)テイクアウトのいいところは、たくさんの種類を堪能できることと、簡単にレンジで美味しくいただけることなので、お店でいただくのと同じくらい美味しいですよ~。武蔵小山にお越しの際は是非、「小さなフライパン」さんで絶品グラタンを食べて、清水湯の「天然温泉」で心もカラダもお腹も満足してみてはいかがでしょうか。きっとクセになってしまうことでしょう!

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

小さなフライパン

03-5702-6587

東京都品川区荏原4-4-3 大塚ビル2F

[火〜金]
11:30〜15:00(L.O.14:30)、17:00〜22:00(L.O.21:30)
[土・日・祝]
11:00〜22:00(L.O.21:30)

定休日 月曜
▼清水湯からのアクセス

武蔵小山西口の小山台高校裏路地の地下にあるハンバーグ&レストランはいい!(武蔵小山温泉グルメ紀行)


むさブラをはじめて、早2年が過ぎ去ってしまいましたが、武蔵小山にある美味くて、お客様にご紹介したい料理をたべているのにあまり太らないのは(というより体重をキープしつつも筋肉質になっている)温泉&岩盤浴そしてスロージョギングのおかげかな~と実感しているところなんです。とくに最近では食欲の秋ということもあり、美味しいものがさらに美味しく感じてしまい、むさブラするのが楽しくてしょうがないんです。ちなみに最近発行された武蔵小山ウオーカーも非常に参考になり、地元民でも知らないことが載ってたりとなかなか取材力があるなと感心してしまいましたが、清水湯の若旦那ネットワークも負けてないかなと思うところがあるのですが、このミューさんもかなりおススメのお店なんです。(ウオーカーに出ていたかは確認してないのですが・・・。)「ミュー」さんは店名にもあるようにハンバーガー&レストランというだけあって、超がつくほどのハンバーグ好きの若旦那がいいなーと感じたナイスなお店なんです。

 

美味しいもの全のせのプレートランチお得です。

美味しいもの全のせのプレートランチお得です。

入り口がわかりずらいのですが、駅のすぐ近くにあります。

入り口がわかりずらいのですが、駅のすぐ近くにあります。

肉料理がいいですね~。

肉料理がいいですね~。

 

しかも駅のほぼ目の前にある好立地にありながら、地下一階ということで看板がわかりづらいのですが、階段を降りていくだけで、美味しいレストランのオーラが美味しい匂いとともに感じてくるので、間違いないんです。今回も奥様とランチを食べにいったのですが、カウンターとテーブルの店内は細かく気を利かせてくれる、お店の人と、雰囲気のいい笑顔をむけてくれる、ご主人がきびきびと立ち働いていました。僕はハンバーグには必ずデミグラスソースときめているで、奥さまには違うものを注文してもらって、一度で2度美味しい注文の仕方をしているんです。奥様は大根おろしの乗っかったハンバーグ。それにフライやタンシチューが食べれる贅沢なランチになってしまいましたが、どれもおススメなので迷わず注文しました。

美味しそうでしょう。

美味しそうでしょう。

とにかく食うべし!笑

とにかく食うべし!笑

 

この冷製スープもうまかった~。喜

この冷製スープもうまかった~。喜

ハンバーグは肉の香りがよくて、肉汁もじゅわーわーと出て最高!タンシチューもハンバーグなみにおススメということだけあって、とろ~りとして口の中で溶けてしまいました。美味しいものを食べると生きててよかった~と思いますが、この瞬間もやはり幸せ波動がおそってきました・・・。(笑)武蔵小山西口の丁度、小山台高校の裏手の細い道の入り口のビルの地下一階にある名店を清水湯のアフター温泉の小腹がすいた時に食べ行ってみてはいかがでしょうか。また新しい武蔵小山の楽しみ方のレパートリーが増えるのではないでしょうか。

ハンバーグ&レストラン ミュー

03-3760-7557

東京都品川区小山3-2-9 島田ビル B1F

11:30~15:30(L.O.15:00) 18:00~22:30(L.O.22:00)

定休日 火曜日
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

やっぱ小さなフライパンさんでしょう!絶品グラタンのお店(武蔵小山温泉グルメ紀行)


気がついた時には、武蔵小山の名店として大人気店になっている、グラタンで有名な「小さなフライパン」さん。武蔵小山商店街(パルム)の一番駅から遠くて、2階に店舗を構えているにもかかわらず、地元武蔵小山住民の胃袋をわしづかみにしている、超人気店です。清水湯の若旦那としても勝手に清水湯の前の道路を「温泉通り」などとよんでいるその突き当りになるのでなぜか親近感がわいてくるんです。(おそらく誰も温泉通りでつながってるなどと考えもしないですが・・・。)武蔵小山には、有名店、人気店、取材拒否の店、和洋中問わずいいお店が沢山あるのですが、僕個人のなかでも5本指に入る僕のマイフェイバリット店なんです。

大きめのハンバーグは肉汁がじゅわ―です。喜

大きめのハンバーグは肉汁がじゅわ―です。喜

パンとごはんから選べます。

パンとごはんから選べます。

 

とくにトローリとしたチーズがふんだんに使われたグラタンは種類も多く、シンプルなコーングラタンから、ズワイガニのグラタンと何となくメイン料理の脇役に甘んじることの多いグラタン(ペンネパスタ)が、一度食べると病みつきのメイン料理になるのは、ここ小さなフライパンさんだけではないでしょうか。しかも何と言っても、お店の雰囲気もいいですし、スタッフの方、またそこに集まってくるお客様もいい感じの方がたが多いのは、何と言っても店主の人柄なんでしょう。料理は人、そして絶品料理と揃っていればこれ以上ないのではないでしょうか。さて、今回も仲良く奥様と一緒に再訪してきました。奥様はお決まりのグラタン、僕はハンバーグ。いつもはグラタンなんですが、ちょっと気が変わって、頼んだのが良かったです。地元武蔵小山でハンバーグランチをたのむことが多いのですが、小さなフライパンさんのハンバーグも絶品でした!すこし多きめのハンバーグで肉のうまみが凝縮していてまた、デミグラスのソースが美味しいこと!一口で恋してしまいました。

死ぬ前に一度は食べておきたいおすすめグラタン。グラタン好きになるのはまちがいありません。

死ぬ前に一度は食べておきたいおすすめグラタン。グラタン好きになるのはまちがいありません。

ドレッシングも美味しい~。

ドレッシングも美味しい~。

 

普段はランチを食べにいってもご飯のお替りはしないのですが、お替りと、奥さまが残した、フランスパン(ソースをふき取るようにして食べました。)までたいらげてしまい、仕上げにグラタンのお土産まで買い込んでしまいました。武蔵小山駅から最長の場所にありますが、目の前には鳥勇本店さん、また、武蔵小山庶民の台所「フジマート」さんもあり、鳥勇さんとフジマートさんの間の道をひたすらまっすぐにいくと清水湯があるのですが、昔から武蔵小山の駅とこの小さなフライパンさんの角と清水湯の角を結んで武蔵小山トライアングルなどと勝手に呼んでいたのを思いだしました。ひょっとしたら有名なバミューダ海域の魔のトライアングル(昔ムーという摩訶不思議な本にのっていましたが。)みたいに美味しいお店と超人気店のちがった意味での有名なトライアングル地域になるかもしれませんね。笑せいぜい美味しいものを食べすぎて遭難しないように気を付けたいものです。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

小さなフライパン

03-5702-6587

東京都品川区荏原4-4-3 大塚ビル2F

[火〜金]
11:30〜15:00(L.O.14:30)、17:00〜22:00(L.O.21:30)
[土・日・祝]
11:00〜22:00(L.O.21:30)

定休日 月曜日
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

美味しい大人気店!さんきちは永遠に不滅です。(武蔵小山温泉グルメ紀行)


なぜか子供たちが、クスリがきれたように「さんきち行こう。」、「さんきち行こう。」ってこわれたレコードのようにいうので、そういえば最近さんきち行ってないなーなんて気が付いて家族そろってお店の定休日の月曜日に仲良くおててをつないで行ってきました。あいかわらず、さんきちさんのおかみさんの笑顔をみるとなんとなくホッとしますし、寡黙(かもく)だけどたまにお店のそとで門前の掃除をしているご主人にあうとニコって笑顔であいさつしてくれるので、なんて素敵なご夫婦なんだろうといつも思っているんです。それに「さんきち」さんのメニューの多さも僕たち家族にはいろんな組み合わせができるし、すこし何にしようかな~なんて楽しみながらメニュー選びができるのがなんとなく楽しいんです。

話題のジャンボとんかつこれで1000円!ご飯とキャベツがお替りできます。

話題のジャンボとんかつこれで1000円!ご飯とキャベツがお替りできます。

息子の好きなサイコロステーキ。ステーキ系もおすすめです。

息子の好きなサイコロステーキ。ステーキ系もおすすめです。

 

とくにさんきちさんの特製ドレッシングがかかったサラダと豚汁はだいたいの料理についてくるのですが、普段野菜をたべない子供たちもよろこんで食べますし、豚汁はお替りするほど旨いんです。最近では子供たち自分の好きなさんきちメニューがあるらしくてメニューを見なくても「サイコロステーキとエビフライください!」とか、とくに娘のお気に入りの「ジャンボとんかつください!」みたいな感じでかってに注文しているところをみると、順調にさんきちフリークになっているなと、目をほそくしてよろこんでいるところなんです。(笑)さて、その最近、娘がはまっているジャンボとんかつをもうすこし詳しくせつめいすると、一人前の柔らかい上質なロースのとんかつが2枚特盛のきゃべつの上に堂々と鎮座(ちんざ)していて食べるところもはさくさくでお肉はジューシーこれで1000円なんてありえないとおもっちゃうんです。

 

たぶんスタミナ丼です・・・。汗

たぶんスタミナ丼です・・・。汗

なんといってもさんきちの豚汁は絶品です!

なんといってもさんきちの豚汁は絶品です!

 

さらにごはんとキャベツがお替り自由なんてフードファイターもビックリです!でもあまりに量が多いのでお替りしたことありませんが・・・。(笑)そんな価格的にも庶民の味方で地元武蔵小山で長年地元民の胃袋をわしづかみにしてきた「さんきち」さんは永遠に胃袋とともに心までわしづかみにされつづけたいとおもうのは僕だけでしょうか・・・。(笑)親子二代さらに子子孫孫(笑)まで胃袋と心をわしづかみにしちゃってください。♪

さんきち

03-3787-0124

東京都品川区小山3-12-10

11:30~14:00
17:00~22:00

定休日 金曜・第3木曜
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

池波正太郎が通った戸越の名店・洋食ブルドック(武蔵小山温泉グルメ紀行)


池波正太郎というと戦後を代表する時代物の大小説家ですが、有名な「鬼平犯科帳」や「剣客商売」なんかテレビなどでも皆さまにとっておなじみではないでしょうか。じつは僕の池波正太郎さんのイメージというと、中学時代の悪友の家が池波正太郎さんの家の前にあったんですが、ある日、何かの理由でその友達のお父さんが池波正太郎さんの家に怒鳴り込んでいって「お偉い作家さんかなんだかしらねーけどな、俺は鮫洲のゴッドなんだ。」とかちこんだのは有名な話です。(ちなみに鮫洲とは、鮫洲自動車教習所のことで、ゴッドとは神のことらしいのですが、バスの運転手か整備士だったお父さんは鮫洲あたりでゴッドと呼ばれていたらしいんです。・・・・・汗)

美味しそうでしょ?かなりデカいです。

美味しそうでしょ?かなりデカいです。

ふわふわ、さくさく、ソースも美味しいです。

ふわふわ、さくさく、ソースも美味しいです。

昭和のたたずまいも最高です!

昭和のたたずまいも最高です!

 

 

さて、地元の与太話(笑)はこれくらいにしておいて、かの有名な池波正太郎さんが足しげく通っていた一見普通の洋食屋さんなんですが、絶品タンシチューやさすがと思えるくらい美味し洋食を作り続けている隠れた名店があるんです。その名も、洋食ブルドックさん。外観は普通の洋食屋さんですし、中に入ってもすこし頑固そうなご主人がもくもくとお仕事をされているそんな雰囲気が漂っているんですが、まさに洋食屋の必殺仕事人そんなオーラを感じるのは僕だけでしょうか。末席ながら空手をしているせいか、後ろからも殺気を感じることのできる若旦那ですが、こちらのご主人にはなにか職人として仕事人としての居合いの達人のような鋭さを感じるんです・・・(笑)(おそらく、普通にはおっとりしたただのおじちゃんに見えることでしょう・・・・。)と勝手に妄想しながら、僕が頼んだいつものタンシチューと奥様が頼んだメンチカツを待っていました。

名物タンシチュー。池波正太郎氏のおすすめなんです。

名物タンシチュー。池波正太郎氏のおすすめなんです。

 

こちらのタンシチューは箸(はし)で切れるんです。メンチカツも普通の2倍ぐらいはあるでしょうか。肉汁もじゅわーで、長年、たくさんの人々に愛され続けてきた味がするんです。先客のかたも少し年配の方でしたが、身なりもきちんとされていて、味のわかる品のいいお客様が足しげく通う名店となっているようです。こちらブルドックさんは戸越の端っこ、限りなく武蔵小山に近い戸越の入り口に当たる位置にお店を構えていますが、武蔵小山温泉からは歩いても5,6分のところにありますので、途中の池波正太郎さん宅(場所は教えられませんが・・・。)の脇を抜けながら名店洋食ブルドックさんで仕事人の逸品を堪能してみてはいかがでしょうか。

洋食ブルドック

03-3785-3605

東京都品川区平塚3-1-10

11:30~14:30 17:00~22:00

ランチ営業、日曜営業

定休日 火曜日
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

やっぱ【さんきち】だな~。とんかつのさんきち。(武蔵小山温泉グルメ紀行&地元の名店紹介)


なんだかんだ、家族で食事というと清水湯のすぐ近くにある、【さんきち】さんに行くことが多いんです。なんといってもおかみさんの笑顔が良いですし、ご主人も物静かな感じですが、すごく優しくて、休みの日なんかにたまに店先で会うとほんとうにいい笑顔で挨拶してくれるんです。実は、嫁いだ娘さんも僕の妹の同級生ということもあり、そういえば、妹さんきちさんでアルバイトもしてたっけ。そうとう使えない奴だったからご迷惑をおかけしたと思います。さんきちさん、その節はすみませんでした。

さんきちサラダは本当に美味しいです。

さんきちサラダは本当に美味しいです。

お肉もやわらかー。

お肉もやわらかー。

じつはさんきちのミートスパゲティーも隠れた名品なんです。

じつはさんきちのミートスパゲティーも隠れた名品なんです。

 

 

ところで、僕たち家族が行くときになぜかさんきちさんのある食べ物が食べたくなるんです。それは、サラダなんです。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、大体セットものを頼むと付け合せとして、最初にサラダがでるか、プレートにオニオンの炒めたのが出るかなんですが、このサラダのドレッシングが本当にサラダに合うんです。なぜかこのサラダ目当てに肉料理メインのさんきちさんで美味しくまたバランスよく野菜も摂取できるからさんきちさんが、長年にわたり人気店なのもうなずけます。

息子の大好物、でも高いです・・・汗

息子の大好物、でも高いです・・・汗

最近このCPの高いどでかとんかつにはまっています。

最近このCPの高いどでかとんかつにはまっています。

さんきちのカキフライは最高です。

さんきちのカキフライは最高です。

お替りしちゃうくらい美味しい豚汁なんです。

お替りしちゃうくらい美味しい豚汁なんです。

 

さて、毎回、子供たちはステーキ系の親の財布な中身も考えずに高いものばかり頼みますが、なるだけそれぞれが違うものを頼んで、みんなで分け合えるように最近ではしています。量が多いので、一品でお腹が一杯になっちゃうからなんですが、家族でくると子供が頼んだちょっと高めのメニューもつまめるからいいものです。さんきちさんのサイドメニューのもう一つの逸品は豚汁なんですが、これも子供たちもお替りするくらい美味しいんです。どこを切り取っても美味しい料理ばかりの【さんきち】さん、地元の名店としていつまでもご夫妻とも健康でお元気で繁盛店を切り盛りしていっていただきたいと思います。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

さんきち

03-3787-0124

東京都品川区小山3-12-10

11:30~14:00
17:00~22:00

ランチ営業、日曜営業

金曜・第3木曜
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る