ブログ

やっちゃえおっさん!永ちゃん風(武蔵小山温泉雑談ブログ)


やっちゃえ日産!CM日産の永ちゃんの名セリフです。あー!永ちゃん最高です。本当に生き様がカッコ良すぎる選ばれて生まれ選ばれて生きているそして皆に選ばれている。この時代にですよ。情報が氾濫していて善悪道理の判断基準がボケボケの時代にですよ。燦然と輝いているのは永ちゃんぐらいじゃないでしょうか。永遠のロックスター矢沢永吉辛い時は永ちゃんならどーするだろう?

そんなこと考えながら生きてる若旦那こと若ちゃんです。さてやるときはやる若旦那。武蔵小山温泉もやるときはやる。そー今あることはあるいみ色んな必然が集まり、ある意味偶発的に武蔵小山の片隅に佇んでいるだけなんです。脆くも儚い銭湯の灯。永遠はないけど永遠をもとめる。やっちゃえおっさん。今こそ銭湯にいくときだぜい。

武蔵小山温泉 若旦那太郎談

ギンギラギンにハブ酒バー♪(武蔵小山温泉プロポーサルブログ)


ハブ酒バーなんて響きのいいワードでしょう。沖縄のハブこれにはものすんごいパワーがあるといわれています。お酒好きの若旦那一時ハブに憑りつかれてたことがあります。といっても憑依されたわけではなく、寝しなに飲む一杯の美酒。それは時には焼酎であり、日本酒であり、ラム酒、ビール、テキーラ、ありとあらゆるお酒をたしなむのです。やはり一日の銭湯稼業がおわり、風呂掃除をしてすべてがおわりまったりと夫婦水入らず・・・。おそらく一日のなかで一番いい時間ではないでしょうか。

そんな中、沖縄にいるサーフィン仲間から送られてきた「ハブ酒」ちょっとハブ臭いのですがそこはなんとも滋養強壮臭だとおもって口に含んでみると思いのほかまろやかで、芳醇な味わい、飲み進めると最初に感じたハブ感も全然感じなくなってくるのです。そしてしばらくすると何だか夜中なのに元気になってくる感じう~んハブ酒恐るべし。いまだに都内では見たことのない新業態「ハブ酒バー」またはハブ酒一杯売りのハブ酒スタンド。これは新たな多店舗展開の予感がビンビンです。まずは武蔵小山温泉イートスペースで販売するか検討中。ハブ酒は人類を救う・・・。

武蔵小山温泉 若旦那談。

むさこデラックス!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


マツコデラックス好きです。なんか優しそう。さて、都市開発、税収増を目論むムサコの都市開発、高層マンション化を躍起なく進めています。暗躍するディベロッパー、取り組むその手先たち。金が舞うムサコのまさにアンダーグラウンドは今、あの時のバブルを彷彿させるような時代が到来しています。そう今まさにムサコはバブルなのです。路線価は上がり商圏として価値が高まり、不動産価格は上がり続けています。

でもなぜかシンブルチックなものを建てた途端、崩壊滅亡していく今はなき文明の多かったことか。そんなに簡単に楽観していていいものなのでしょうか。ハードよりソフト!ムサコの人々の心根の温かさがムサコの街を創っていることを夢寐にも忘れずにマツコデラックスのように辛口でも優しいそんな「ムサコデラックス」(ん!?笑)な街になってほしいものです。

武蔵小山温泉 若旦那太郎談

九十九里にはイワシがあう!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


銀鱗きらめく九十九里。そう太平洋につらなるここ千葉の外海、九十九里は豊かな魚影飛び交う豊かな海なのです。ゆるやかな弓なりをした九十九里、潮の流れがそこそこあり、遊泳い適しているとはちょっといえない荒々しさがありますが、海水はどこまでもキレイ。ただ荒れていることも多いので砂を巻き上げて気がつくと耳に砂がはいっていたなんてことも・・・。

そんな男性的な雰囲気の荒海九十九里にある数ある特産のひとつが「いわし」なのです。まさにこの豊かなイワシの魚影をもとめて中型の魚が集まり、それを追って大型の魚も集まってくる。お魚パラダイス九十九里。その砂浜の砂も風で吹き付けるほどの近いところにある「いさりび食堂」外観からは想像できないクオリティーの高いイワシ料理群。そして地のものハマグリここには九十九里の海の幸のすべてがつまっています。身がぷりぷり、ほくほくそして味が濃い!この海で育ち、獲れた九十九里さんの新鮮魚介類!千葉に行くことがございましたら是非に!

いさりび食堂

0475-76-2646

千葉県山武郡九十九里町不動堂451-23

[日~水・金・土]

10:30 -20:00

定休日 木曜日

▼清水湯からのアクセス

ユーボーイプレゼンツ!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


僕の3本指にはいる名映画集!「ランブルフィッシュ」登場人物にマットディロン、ミッキーロークが出演してます。ミッキーロークなんで整形してしまったんだー!!!この映画見てください。超かっくいい!ですから。改悪整形反対!整形するんだったら銭湯細胞活性化で体質改善、見た目改善した方がいいっすよ!この時のキャスト名が「モーターサイクルボーイ」マットディロンの兄貴役です。超かっくいい!青年が成長過程で今のままでいいのかと葛藤している姿が描かれています。水槽の中で殺し合うランブルフィッシュを見ながら。そう決意するんですね。

こんなちっちゃな世界にいるからケンカし、殺し合うんだって。海に逃がしてやろう!それは自分をもこの小さな世界から解き放つそんな描写なんですね。フランシスFコッポラ青春映画撮らせたらマジ最高監督です。さてそんな僕は「ユーボーイ」小さな湯舟だけどひたっと首まで浸かれば心は天に心は深海に心は宇宙に虹の上、雲の上、青空と砂浜と遠くに富士山そんな広がる世界に旅立てる・・・。そんなユーボーイプレゼンツ銭湯を日々お楽しみください。

武蔵小山温泉 若旦那太郎談。

万歳!マルハ北海道はでっかいどー!(武蔵小山温泉グルメブログ)


銭湯稼業をはじめて25年。リニューアルから10年。その前は申し訳程度ですが会社員やってました。毎日50件の飛び込み営業。根性だけは培うことができました。会社員のひとつの楽しみって同僚、上司との飲み会。あっちこっち連れていってもらったものです。僕的に間違いなく楽しいのは下町系のキャバクラ。これは完全に盛り上がります。なんというかお姉さまたちが情が深い系なんですね。気取ってないところもグー。ああ、今からでも会社勤めをしたい50のおじさんです。さて自営業者が飲みの場っていうともー町内会のじーさんばーさんの飲み会オンリーです。そんな寂しい人生を吹っ飛ばすために僕はサーフィンコミュニティーにたまたま誘われたのでひとつ返事ではいりました。いよいよ飲み会だー!

というので勇んで行ってみるとなんとそこには真っ黒いオジサンしかいないではありませんか!「ああ、オイラのイメージしていた飲み会パラダイスとはちがう・・・」でもそのオジサンたちと話し始めるとなんと旧知の友のように話が止まらないじゃあーりませんか。そう僕たちオジサンは波乗りオジサンたちだったのです。あそこの波はいい、ニアス(インドネシアの有名な波乗りスポット)ちなみにここは僕が波乗り始めるきっかけになったサーフィン雑誌にでていて切り抜きずーっとトイレに貼っていたサーフィンポイントです。さてボーイミーツサーファーガールのサーフィン倶楽部をイメージしていた若旦那。波乗り話に花が咲き。最高の時間を過ごすことができたこのお店。北海道マルハ酒場さん。なにげに入ったお店かとおもいきや、なんと参加者のジンさんのお店。やり手のジンさんはその他にも数十店の飲食オーナー。美味しくて新鮮は北海道の道産子食材、そして期待を裏切らない料理。どれをとっても最高、コスパもよくてこれで人気がでないわけないでしょう!是非武蔵小山にも新規出店おねがいします!御徒町にある最高北海道食材のマルハさん!是非お立ち寄りを~。

これからの季節忘年会、新年会もいいかも。

北海道マルハ酒場

東京都台東区上野5丁目25-8 御徒町グランディアビル1F

TEL 03-5816-2911

営業時間/11:00~24:00□定休日/なし□席数/38席

▼清水湯からのアクセス

ついにキタ―。ほんやくこんにゃく発売に関して。(武蔵小山温泉雑談ブログ)


いよいよドラえもんの「翻訳こんにゃく」が発売されました。というか海外20言語に対応した音声翻訳デバイス「IU」!うーん日本の科学力はやはり高いと言うべきでしょう。しかしこれで全てのコミュニケーションが円滑ないし満足できるのでしょうか!そう満足サディスファクション!そー!満足感を得ることができるのでしょうか!?そー!完全ではないんです。かりにドラえもんがいようがドラミちゃんがいようが万年のび太である僕はわかってしまうのです。それは本当のサディスファイコミュニケーションではないことを!

むしろ言葉が通じないから心が通じる。むしろ今伝えたいから言葉より目の強さ、輝き、色、が求められる。そー!正直言葉なんかいらないのです。むしろ母音だけのほうがいいじゃないですか。そーでしょだってあの時だって言葉なんていらない。むしろ狂おしい母音だけなんですから(笑)

夫婦円満銭湯 武蔵小山温泉 若旦那太郎談。

マジヤバイ!古都鎌倉の肉汁したたるステーキ!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


中一の息子を連れて鎌倉由比ヶ浜で親子サーフィンな青空広がる湘南の休日の昼下がり、親子そろって「腹へったなー」と鎌倉鶴岡八幡宮に至る若宮大路を北上しながら腹をぎゅーぎゅー言わしながらさながら湘南ロコボーイからみたら鬼気迫る餓鬼親子状態の銭湯親子の嗅覚はその時ハンパなく左方向から「カンカン」と鳴る江ノ電の踏切信号の方角を見た途端、ズン!と視覚に飛び込んでくる縦桟のはいった壁にナマコ壁の腰壁。ここは間違いなく只者じゃない!という腹ペコボーイ親子は早速入店。通される個室はなんだか高級店の佇まい!

こりゃまちがいなく高コスパ!でも頼んじゃいました。息子にオーラ漂う最高級肉店でメンチカツを食べさせるわけにはいかず、ちょっと声のクターブをワントーン下げてちょっと宇宙戦艦やまとい歌ってる「ささきいさお」風の声で「好きなものくえよ」とささやいてやったら一番高い肉くいやがるうちの長男でした。さて肉汁したたる「肉の石川」さんの厳選最高級和牛!瀟洒な鎌倉レストランの多いこの地において一際輝くオーラを発している超絶おすすめ「肉の石川」さんアフター鎌倉詣でに是非ご堪能くださいませ。

肉の石川

食べログ https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14051870/

0467-22-2941

神奈川県鎌倉市御成町2-2 1F

 9:00~19:00
水曜定休

<strong.▼清水湯からのアクセス

マインドフロネス能動的瞑想の果てに。(武蔵小山温泉健康ブログ)


マインドフルネスまたの名をマインドフロネス。そんなまたの名をマイドフロネス「毎度風呂ねす」!(笑)これなんなのかというと最近銀座青山当たりのエリートビジネスマンあたりが毎日実践している「ストレス軽減」「集中力アップ」の実践方法なんです。なんとなく「禅」にも似ていて大昔海外で精神修養に禅が流行ったように怪しげな宗教臭を取り除いてある意味ヨガ化したのがマインドフルネスといわれています。

これほとんど瞑想に近い。そしてこれを風呂で実践するところにこの「マインドフロネス」の醍醐味があるのです。ただでさえアルファー波が脳内ホルモン的に天から降ってくるように満たされていくのに、能動的にマインドフロネスをすることで今の自分が風呂にはいることによってアップローディングされていくとなるともー何でもできる自分を獲得できるということ何ではないでしょうか。マインドフロネスまじで今後の科学的解明が必須となってきます。

武蔵小山温泉 若旦那太郎談。

儚い個人経営…。西海がなくなって今(武蔵小山温泉経営ブログ)


織田信長が好んで詠んでいた敦盛(幸若舞)は「思へばこの世は常の住み家にあらず草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる南楼の月を弄ぶ輩も 月に先立つて有為の雲にかくれり『人間五十年、化天[1][2]のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり一度生を享け、滅せぬもののあるべきかこれを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ』」とカギ括弧の部分が特に有名です。そう儚すぎます。個人経営。武蔵小山の名店がどんどんなくなっています。自慢亭、西海・・・。

今ある姿がいつまでも続くとかんがえるのは間違いのようです。今ある姿がそして暖簾が風でそよいでいる姿が当たり前だとかんがえるのはどうやらまちがっているようです。店主突然の死、それに伴う相続問題、蓋を開けてみたら見えた現実の経営実態、創立者と従業員の心のかい離、どれ一つとっても大きなファクター。ひとつの舟である個人店を継承、継続、発展させていくのは本当に大変なのです。再開発の波これも間接的には絡んでいます。井門さんがまさにそう。いったい武蔵小山の老舗の店を潰して発展するこの流れは何かを暗示しているように思えてきました。舵取りを今だからこそしっかりもちましょう!武蔵小山温泉丸は永遠に続きます。

武蔵小山温泉 若旦那太郎談。

1 2 3 4 5 6 119