ブログ

いつかアッサンブラージュ温泉!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


最近フランス語の勉強をしているふりをしている若旦那です。さてアッサンブラージュとは寄せ集め、積み上げる、貼り付ける、結び付けるなどの意味なんです。昔からあるアイデアがあります。二種類の天然温泉が沸きたつ武蔵小山温泉。じつはもう一本天然温泉を掘ろうと目論んでいるのですが、それよりももっと簡単にNEW温泉を手に入れる方法があることに気がつきました。それはアッサンブラージュすること。そうなのです。天然黒湯温泉と黄金の湯を混ぜちゃうこと。

想像するだけでも激ヤバ温泉が出来あがります。そうなのですむしろハイブリット温泉「ゴールデンブラックメタル温泉」メタルはなんとなくイントネーションがいいので付け足しました。いつかきっとはじまる第三の温泉「ゴールデンブリッジブラックマヨネーズ温泉」(ん?笑)もうすでに天下無敵銭湯のモーゼの海がぱっくり道が出来てる状況ができあがってるかもです。常に独走!並走を許さない銭湯。まだまだイケイケでいきますよ~。

武蔵小山温泉 若旦那太郎。

バイブス銭湯!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


若者言葉で「ノリ」「気合い」「フィーリング」を「バイブス」というそうです。なかなか50歳になると「超バイブスとか「バイブスじゃん」なんて使うことは無いのです。でも超気持ちいいことや、なんか気持ちがあがってくることを「バイブスがあがる」というのはありだと思うんですね。

まさに武蔵小山温泉の天然温泉はバイブスマジック!老若男女もバイブス上がりまくりのクリスティー!OK!バイブス!チェケラッチョ!ちなみに湯船にあるのはバイブラです・・・。

 

武蔵小山温泉 若旦那太郎

みんな大好き愛してる「とんきち」(武蔵小山温泉グルメさんぽ)


ひかりかがやくさんさんさんきち♪さんさんさんきち♪さんさんさんきち♪さんさんさんきち♪さんさんさんきち♪さんさんさんきち♪さんさんさんきち♪さんさんさんきち♪さんさんさんきち♪さんさんさんきち♪さんさんさんきち♪さんさんさんきち♪今日も明日もさんきちです♪題名大好きさんきちの歌を口ずさみながらスライドドアを開くとまばゆく輝く女将さんの笑顔、奥の厨房では生真面目なご主人の顔。

でもふっと優しげな瞳で微笑んでくれる心のオアシスそれが「さんきち」壁一面に貼られた無数のメニュー。組み合わせ自在で一生かけても食べきれない珠玉の数々。ここはきっと武蔵小山の桃源郷。さくっと噛まずにきれるフライ。ピッカピカに光った銀シャリ。特製ドレッシングのかかった新鮮サラダ野菜。ああ、こんなこと書いてるとじゅわっとヨダレがでちゃう!今日も明日もさんさんさんきち♪

さんきち

03-3787-0124

東京都品川区小山3-12-10

11:30~14:00
17:00~22:00

金曜・第3木曜
▼清水湯からのアクセス

フロマージュ銭湯!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


美味しいチーズケーキをみてフロマージュが効いてるね豊かだねといいます。これチーズがいいねと言う意味らしいです。ドゥーブルフロマージュとはダブルのチーズを使っているということらしいです。意味はあくまでもチーズですが、フランス語の「フロマージュ」なんだか風呂つながりのようなきがしてなりません。想像力竹之内豊な僕。

濃厚なチーズは武蔵小山温泉の濃厚な温泉とどこかつながってるような気がするのです。想像力竹豊な僕。ふたつの温泉のあるドゥーブルフロマージュ温泉まさにドゥーブル温泉。想像力尾崎豊な僕。チーズケーキ大好きみんな大好き。武蔵小山温泉も大好きみんな大好き天然温泉の風呂。フロマージュ。ああ、どこか人気者の味わいがしますフロマージュ銭湯武蔵小山温泉。今日もどこかたゆっています。

武蔵小山温泉 若旦那談。

第一亭!愛してます(武蔵小山温泉グルメさんぽ)


愛してやまない第一亭。最近ではおばちゃんに顔を覚えてもらって笑顔で迎えてもらえます。お店の人はみな立ち忙しいそうだけどみなさん気づかいしてもらえる優しい人ばかり、名店の中の名店。「第一亭」まずはホルモン系の超絶美味しいこと!

ここの臓物系をたべたら帰りの道すがらでまたいつ行こうか、またいつ食べに行こうかと後ろ髪をひかれるレベル。にんにく生姜が効いたやわらか臓物まじで虜(とりこ)です。第一亭さんまじで2号店を武蔵小山で出店してください。あまった土地お貸ししますから(笑)今日も明日も活気あふれる第一亭!マジ愛してます。

第一亭

045-231-6137

神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20

11:30~13:30(昼営業休止の日あり)
16:30~21:00(入店は20時が目安)

火曜日 連休(月火等)不定期で休みあり

▼清水湯からのアクセス

ゴールデンフローザ!(武蔵小山温泉雑談系ブログ)


「お見せしましょう…私のさらなる進化を!!」お決まり文句です。そう武蔵小山温泉もさらなる進化をつづけてまいります。銭湯が斜陽な時代。複合的な原因が内在していて複合的でもあり、さらに末期的でもあります。銭湯の未来は明るいのか・・・。まちがいなく厳しい時代に入っています。そんな中、銭湯サポーターのみなさま。そして銭湯クリエイターさん達の温かな励ましのお蔭で銭湯の世界もいまだに存続することができていて感謝の思いで日々一杯でございます。

そんな中銭湯人各人が心得ながら、常に実践していかなくてはいけないことそれはただ一つ、銭湯の灯を守り続けること、ただ銭湯の心から染みわたる心の滋養、温かい湯舟のそそぐあたたかな「湯」それを沸かし続けることなのです。じつに簡単簡潔ではありますが、単純だからこそ湯を沸かし続けけ、釜に向き合う行為は今、そしてその先、本当にするべきことを教えてくれる啓示のような釜の炎が心に照り染み渡ってくるのです。釜を開くたびに照らされる黄金色に染まる自分自身。それはまさに「ゴールデンフローザ」つねに進化をしつづける戦う銭湯人の姿なのです。銭湯よ永遠に。武蔵小山温泉は一騎となっても駆けつづけてまいります。

武蔵小山温泉 若旦那談

稲村ヶ崎がよんでるぜいレストランメイン(武蔵小山温泉グルメ散歩)


フロサーファー若旦那太郎・・・。趣味サーフィンのみ。博打も五反田あたりの遊びも皆無の妻だけ愛する51歳ピュアサーファーです。そんなオヤジサーファー子供を一人前のサーファーにしたくてあれやこれやと策を講じています。それがサーフィン後の美味しいご飯作戦。不思議と子供って想像力が豊かで海には必ずサメがいると信じて疑わないのです。

いまいち怖がって海にいってくれない。だから美味しいご飯作戦!今回はサーフィン後に有名な稲村ヶ崎にあるレストランメインさんいゴ―インオン!目の前は湘南鎌倉の海が広がり、小さ目の岬、稲村ヶ崎が湘南の潮騒を涼しげに聞いています。こんな最高のロケーションで食べる最高ランチはどこか「俺って湘南ボーイ」と勘違いしてしまう最高シチュエーションなのです。今日も太平洋の水面無数の煌めきが輝いています。湘南に行くときは是非訪れてみてください。なかなかの人気店。早めの時間が無難かもです。

メイン

050-5594-5853

神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-16-13

平日
11:00~16:00(L.O15:00)
15:00~17:00カフェタイム
17:00~22:00(L.O21:00)

土日祝
11:00~22:00(L.O21:00)

無休
▼清水湯からのアクセス

ふろしょはっと!(風呂諸法度)武蔵小山温泉雑談系ブログ


世の中にはしてはいけないことが必ず現存しています。それは人に迷惑をかけてはいけない。ただそれだけなのです。人に迷惑をかけることそれさえいなければ協調性が保たれ。無事故でまわっていくものなのです。自分勝手な人はいずれ協調の輪からはずれそのままはぐれ流れ星のようにもなり、結局は孤独になってしまうもの。人との和とは常識人であることを指すのです。笑顔であいさつ、そしてどこかこの武蔵小山温泉を愛しているそのオーラが共通の深層意識が通じて風呂友にもなり風呂つながりともなって、銭湯大好き仲間の輪に自然となっていくのです。

銭湯とは心のつながり、そして古来より続く温かな人間模様。そこには本当の人としての自由があり、楽しくも嬉しくも、自由に自分を解き放すことのできる銭湯には、皆が楽しめることが出来た時が本当の意味での諸法度(禁止条項)はなく、ただ喜びしかないのです。思いやりとゆずり合い、そして常識的な銭湯人とのコミュニケーション、そこに愛のある銭湯が現存するのでしょう。

武蔵小山温泉 若旦那談

街中華のキング!万来軒(武蔵小山温泉グルメ散歩)


奥武蔵小山に位置する「万来軒」きょうも赤い暖簾が風にたなびき、太陽の光に照らされています。時代は個人店から大企業店へ。どんどんいい店が淘汰されていくなか我ら「万来軒」は燦然と光り輝いています。輝くうまうまオーラのラーメン。いま捌いたのかと見まごう新鮮レバー炒め。シャキッと美味しいう野菜炒め。一粒一粒が立ちまくっている黄金色のチャーハン。

旨味汁がほとばしるギョーザ!こここそがまさにTHE街中華のキング!「万来軒」なのです。万来軒よ永遠に!そしていつも笑顔で出前そして子供たちに飴玉あのサービスありがとうございます!むさこのソウルフード!それが万来軒フードなのです。今日も輝く太陽に誘われて歩いていこう!万来軒。今日も清々しい青空に導かれてチャリンコをこいで行こう!万来軒。今日も明日も万来軒。ぼくたちはとりこです。

万来軒

03-3781-8247

東京都品川区荏原1-15-1

 11:00~15:30
17:00~20:30

▼清水湯からのアクセス

こんこんこんこんふろのにこん!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


きのうもきょうもあすもあさっても「こんこん」と湧き出る天然温泉。地球の恵、大地の恵み、宇宙の恵。まさにメグミルク・・・。

地球が体内で育てた滋養豊富な生命力あふるる体液そのこんこんとあふるる天然温泉がなんと二つも湧き出ているというこの最高でごきげんな銭湯が東京の片隅のすこし高台の人びとが活気に華やいで人情の花咲かせながら人も空も大地も輝いている武蔵小山で「こんこん」と湧きだしている奇跡の街に佇む銭湯「武蔵小山温泉」どこか幸運の上昇気流がオーラのようでもありそこに集う人々をも幸福境涯にしてしまいそうなパワフル銭湯のようでもあり不老不死のそして永遠の美しさを手に入れたクレオパトラの美しさの泉のようでもあり、おそらく人知ではおよぶことのできない、最高銭湯の境地に達してしまったのかもです。こんこんとあふるる幸せのリズムそれは武蔵小山温泉の幸福の泉があふるる音色なのかもしれません。

武蔵小山温泉 若旦那談

 

1 2 3 4 5 6 121