ブログ

泣いて馬謖を斬る(泣)(武蔵小山温泉場所取りブログ)


「泣いて馬謖を斬る」ぼくの好きな三国志(吉川英治)の一節です。みなさまも一度は聞いたことがあると思いますが、その意味は「(蜀漢)の武将・馬謖が、街亭の戦い諸葛亮の指示に背いて敗戦を招いた。この責任をとり馬謖は処刑されることになるが、愛弟子の馬謖の処刑に踏み切るにあたり諸葛亮は涙を流した」とウイキにあります。馬謖(ばしょく)ちょっと馬謖って10回いってみてもらえませんか?ばしょくばしょくばしょくばしょくばしょくばしょくばしょくばしょくばしょくばしょくばしょくばしょとり♪いっちゃいますよね「ばしょとり」って、そうなんです。リニューアル10周年にあたり場所取り禁止追放キャンペーンをCIAの世論操作並みに強化したのもつい先日。「もうこないわ」と言われてしまいました。なんで誠意が伝わらないのだろう、なんでただお風呂に入るときに洗面道具をちょっと移動するだけのことなのに・・・。

悲しくなりました。おそらく常連様も長年来ていてなんで私だけ、なんでちょっとだけじゃないと思うところもあると思うのですが、常連様も一見さまもルールは一緒なのです。常連様が滞在時間3時間ほどですがその3時間ずーっと場所取りしていたらどうなるのでしょう?それがカラン数18しかないのに3人、4人と場所取りしたらどうなるのでしょう。「泣いて馬謖を斬る」「泣いて場所取りのお客様を切る」本当に悲しい限りです。ただ、場所取り、または「そこは私の席よ」と言われて悲しい思いをさせてしまう横柄なマナーは今後も取り除いていく所存です。素敵なお客様、心の優しいお客様が心から楽しんでいただけるそんな愛に溢れる銭湯を今後も築いてまいります。

武蔵小山温泉 風呂サーファー太郎(こんなペンネームはいかがでしょう?)

参考文献 ウイキぺデイア

かくにかくにかうにくうに~♪(武蔵小山温泉角煮の詩グルメブログ)


武蔵小山の界隈は所せましと名店がひしめいているのです。最近では人気チェーン店も進出そのうちハワイ好きな僕が思うに「アロハテーブル」さんあたりが進出してきたら自由が丘に競り勝ってしまうかもです(笑)さて名店にはキラーコンテンツ的な名店ならではの名品があるものです。誰しも勝者には必殺技があり、それをキラーテクニックまたはキラーコンテンツといっていいでしょう。そんなキラーな逸品それが楼蘭さんの角煮(かくに)なのです。このトロトロ角煮、超ウマウマトロ味がのっかっていて、やわらかほうれん草を白いパン(ハナマキといいます)にはみ出る角煮を挟んで食べる瞬間口元で一瞬とめるのです。

「いまからこの抱腹絶倒の空前絶後の古今東西のなんだかわからないけど超絶美味しい角煮をロックンロール」と心で念じてがぶりつく!その幸せ、幸福感、エクスタシーなのであります。これ銀座あたりで食べたら1万円ぐらいしちゃうんじゃないでしょうか。武蔵小山だから1980円!でたべれちゃうじゃないでしょうか。美味しい本格中華のある街は幸せです。お腹には第二の脳があると言われていますが、お腹が幸せになるから心までハッピー!そんなハッピー角煮、是非ご堪能くださいませ。

武蔵小山温泉 若旦那談。

楼蘭

03-3785-8315

東京都品川区小山3-23-9

11:30~15:00(L.O)
17:00~21:15(L.O)

月曜休み
▼清水湯からのアクセス

俺たちはただの風呂屋になってしまう。(武蔵小山温泉雑談系ブログ)


「飛べないブタはただのブタだ」宮崎駿監督の映画ワンシーンの名言です。そう僕たち銭湯のオヤジたちはどこかで飛びたたないといけないのです。なんでもいいのです。嫌われたっていいのです。信念さえあれば、銭湯が人々のお役に立っているそんな確信を信念にかえて、今、自分に出来ることを実践する、そこにただのブタではない飛べるブタでもない、飛ぼうと足掻いているだけかもしれないけど、そんな一生懸命さがどこか人々の心を打ちつける、心のひだのどこかに素敵な印象として残る、どこか行ってみたくなる銭湯になるのです。銭湯でよくないのは付和雷同、護送船団方式、寄らば大樹の陰、長いものに巻かれろ的な現状維持から下り坂に耐えきれなくて転がっていきます的な経営精神状態。失敗してもいいのです。

自分が納得しているのなら、人じゃないし、隣の銭湯じゃないし、自分に生きるしかないのです。いいじゃないですか!自分がはいりたい風呂であれば。自分が気に入っていれば。自分らしい風呂とともに自分らしく生きていくことの方が大切なのです。一歩前に出るか出ないかそれがただの「飛べない銭湯のオヤジはただの銭湯のオヤジ」になるか「飛べる銭湯のオヤジ」になるかの違いなのです。勇気・・。その違いかもです。今日も勇気凛凛いい湯が沸きだっています。皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております!

武蔵小山温泉 三代目若旦那談。

愛ラブ船橋屋!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


最近、天気予報みていたら今年の夏はとんでもなく猛暑になるそうです。あまりに暑いと出歩く人々がすくなくなって、しかも車は灼熱地獄、暑いのに熱いお風呂に入ろうとする人はその時こそ本当の銭湯ラバーじゃないかと思う今日この頃、そしてそんな灼熱の夏がやってくることを思うだけで名店「船橋屋」さんのところてんとあんみつを愛しくおもってしまうのです。毎年やってくる灼熱地獄、都会のムシムシ地獄、間違いなくアフリカより熱く、いったことがあるので間違いのがハワイやバリ島よりも熱いのが日本の夏!このドロっドロの汗をさっぱりさせるのは目黒区民のプールか武蔵小山温泉の天然温泉ぐらいなものいでしょう。

そして心をうるわせて、カラダを健やかにさせるのは「船橋屋」さんの昔懐かしい日本の伝統スイーツ!「あんみつ」と「ところてん」なのです。今日もいい湯が湧いています。温泉を愛する心は、どこか日本の良さを愛する心に通じているもの。日本の誇り「船橋屋」さんへレッツゴー!

*船橋屋さんはもちろんくずもちも最高に有名です。

船橋屋 亀戸天神前本店

03-3681-2784

東京都江東区亀戸3-2-14

無休
▼清水湯からのアクセス

お風呂の聖地(武蔵小山温泉雑談ブログ)


巡礼の地。武蔵小山。ついに孤高の高みまで到達した感のある勝手に言ってるブログ(笑)武蔵小山温泉もメッカのようになると日本中から人々が集まってくるかもしれません。普段から新聞各紙、ネット系ニュース、気になるブロガー、またはテレビなどで社会情勢、ニュース等をチェックしているのですが、なんだか人々がかかえている闇は深まるばかりのような気がしてなりません。悩み、不安、などは誰もが抱えるもの。そしてそれを克服する力も誰もが持っているもの。世界が混沌としようが、日本が混沌としようが、家庭が混沌としようが、心が混沌としようが、誰もが帰る場所があればいいのです。心が安心する場所があればいいのです。心が温まる場所があればいいのです。

すべてには原因と結果が備わっています。なりたい自分になる、そう思えるだけでその時点でほぼ結果を生みだしているのです。あとはただ行動を起こすだけ、そして乗り越えていくだけ。必ず結果は出る。それが因果律なのです。そしてすべては人の営みから生じているのです。悪も善も不安も安心も、社会が悪かったら自分の心を良くしましょう。社会が気に入らなかったら自分の心を好きになりましょう。社会が暗闇だったら自分の心に火を灯しましょう。誰のせいでもないのです。すべては自分の心から生まれているのです。その心と心の集まりが社会の写し鏡となっているのです。だらか温かくなりましょう。そして優しくなりましょう。それが出来るのが聖なる銭湯・武蔵小山温泉なのです(字余り・・・笑)

武蔵小山温泉 若旦那談。

コストコのはちみつ&キウイフルーツは最高に美味しいっす(武蔵小山温泉コストコブログ)


コストコラバーの僕こと若旦那。コストコに買い出しに行く名目で九十九里に行ってサーフィンするのが僕の習慣になっています。そう平日にただ海にいってサーフィン!ということは一切していないのです。さて、そんなコストコですがはちみつ好きな僕からすると非常にコストパフォーマンスに優れたはちみつが売っているのです。その前にちょっと話はかわりますがハワイにも沢山の種類のはちみつがあるんですが、あたたかい国のはちみつは気温が下がると固まる率が高くて使いづらいのです。でもコストコのはちみつ何故か固まることがない、いつもとろり簡単に垂らすことが出来るのです。そんな比較的安くて大容量、そして美味!そんなはちみつをつかって一品作ってみました!

 

それははちみつヨーグルトキウイたっぷりバージョン!って感じです。これ子供たちにも人気であっという間になくなっちゃうんです。はちみつって高価なイメージがあるじゃないですか?でもコストコはちみつはお買い得です。なのでふんだんに使えます!そしてヨーグルトにこくが増すのです。もしよかったらお試しください!マジでハマりますよ~♪

武蔵小山温泉 若旦那談

むさぶら散歩(武蔵小山温泉散歩ブログ)


武蔵小山の定番の散歩道といえば「パルム商店街」でしょう!全長約800メートルのなかに約250店舗が軒をひきめきあっています。駐車場はなんと132台分も確保!日本最大級の屋根付き商店街となっているんです。僕が思うにパルム商店街とてつもないパフォーマンスを秘めている気がしてなりません。是非、そうめん流し世界ギネスをまずは挑戦していただきたい。

その天然水の供給元は武蔵小山温泉が受け持ちますのでご安心を!さて武蔵小山はある意味ハブ的な立地条件を兼ね備えております。渋谷、六本木、品川、また湘南方面、千葉方面どちらにいくにしても非常にアクセスがいい!近場の目黒川の桜なんてお散歩圏内。近くには林試の森公園!緑が沢山!目黒区に隣接しているのでどこか高級住宅街が目立つ!武蔵小山温泉界隈は木造低層住宅の密集地で路地裏だらけですが、住んでいる人が温かい!パルム商店街の端と端と武蔵小山温泉を結んだ黄金トライアングルには名店がひしめいている!とにかく武蔵小山の散歩はいいのだ!

武蔵小山温泉 若旦那談!

ラーメンは爆発だ!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


ちゃくちゃくと人々の心を虜にしてはなさない「爆龍」ラーメン!中学に通うようになった息子が唯一、大人の階段を上りたくなってきたのか、一人でラーメン屋みたいなちょっと思春期の入り口にあるものすごく小さな冒険心。それが26号線を渡ったところにある昔懐かしいアライアンス幼稚園の前の小路をはいったところにある爆とかいて「はぜ」爆龍さんのラーメンをぼっちラーメンすることなのです。店内には可愛い老犬のフレンチブルドックちゃんもいてそれが目当てで息子はいってるのもありますが、すくすくと純粋にラーメン好きなナイスキッズに成長しているのは親としても嬉しいよころです。

さて、爆龍さん、最近ではメニューも増えてきて、冷やし中華(期間限定)、まぜそば、塩ラーメン、なども大人気!さらに人々の心を鷲づかみにする珠玉の逸品が目白押し状態になっています。ラーメンは「爆龍」さん。武蔵小山にお越しの際は是非、ご堪能くださいませ。天然温泉と美味しいラーメン!武蔵小山の黄金散歩コースでございます。

爆龍

03-6338-9333

東京都品川区小山4-8-5

【平日】
11:30~15:30(L.O)
17:30~21:00(L.O)
【土・日・祝】
11:30~20:00(L.O)

定住日 月曜日
▼清水湯からのアクセス

銭湯の人間模様(武蔵小山温泉人生ブログ)


今はなき番台・・・。現在ではフロントになっています。そんなお客様との最前線。風呂屋なりの出来うる限りの接客を心がけています。お客様商売とひとことで言いますが、本当に番台(フロント)という舞台にいると沢山の人生模様を覗うことができるんです。いつもくる常連さんでも今日は機嫌が悪いなとか今日は疲れ気味だなとか、今日はなにかいいことがあったのかなとか、人と接する基本的な仕事が実はいい刺激となってるのです。「いい湯だったよ」「いい温泉だね」とか言って帰っていく姿はかすかに湯気を帯びていて清潔感と颯爽とした後ろ姿に希望の光明が射しているように見えることがあります。そして番台から聞こえてくるお客様の話し声は時おり心温まる会話もあるんです。

ぽつんと誰かを待っている老年の婦人。温かそうな半纏(はんてん)を着てどこか楽しそうにしている。時間を約束していたのでしょう。上気だった血色のいい顔のご主人が「まった?」といって隣にちょこんと座った。首をふる婦人。「おとうさん、ラムネのむ?」嬉しそうに頷きながら「のみたいね」と答えるご主人は、フロントにいた僕に声をかけてきた。「太郎くん、ラムネちょうだい」おもむろに足元にある冷蔵庫から一本のラムネを手にとった。ビー玉の栓を専用の栓抜きで力一杯押すとシュワってビンの中の気圧が抜けて発泡しながら注ぎ口から溢れてきた。「おじさんおばさん。はい、どうぞ」といって手渡した。近所の常連さん。毎日やってくる。いつも決まったように風呂上り夫婦で一本のラムネを仲よく分け合う。こんな仲の良い老夫婦になりたい。そう思った。

武蔵小山温泉 湯旦那(いまペンネームを検討中)

武蔵小山が誇る!中華の井門(武蔵小山温泉グルメ散歩)


いやー、行ってきました。昨年開かれた70周年記念同窓会!じもと区立中学校の荏原第一中学校!創立70周年!その35期の幹事を今回う承りまして、70期の中で最大に同窓生が集まったのはやはり僕のお蔭なのでした(笑)そしてそのお疲れ様会が武蔵小山の名門中華料理店「井門」さんで開催されることになり、なんと!ただ飯だと言うので行ってまいりました。やはり井門さん美味しいっす!普段は麺類の安い系しか頼めない若旦那ですが、ここぞとばかりに喰うわ飲むわの酒池肉林状態。中華の王道食スタイルの丸いテーブルがくるくる回る、永遠に料理が取れない何てこともなく、本当に楽しい、満足のお疲れ様会でした。

次回は10年後還暦ですよ。10年ごとにやる同窓会って本当に激渋!歳の取り方劣化のしかたがハンパない。でも地元の中学の同窓の方方のお役に立てることはとてもいいこと。中学時代に出会ったのも何かの「縁」ひょっとしたら同窓会長になってしまうかもです。さて、そんな「井門」さんのコースフルな中華料理を楽しめるのは10年後。長生きしなくちゃ!

井門 武蔵小山
▼清水湯からのアクセス