ブログ

憂鬱なあたたへ。深部温度に着目!(武蔵小山温泉健康ブログ)


カラダを温めることが健康の直道!といっても過言ではないのです。「死」はいわゆる硬直であり、冷たくて硬くて動かない。当たり前の事ですが、その逆が生きているということに繋がるのです。生き生きと若々しく、きびきびと活動的で明るく、温かく、健康的で輝くオーラに溢れている。まさに死とは相反する温かくて柔らかでよく動く、事なのです。動けば活動すれば体温は深部から温まり、健康の諸悪の原因である「冷え」予防になり、健康の直道に繋がるのです。さて、カラダを動かす、運動するそして温泉でカラダを温める、現代の運動療法、運動の効能効果のエビデンスでははっきりと入浴と健康を科学的にエビデンス(証明)されているわけではないのですが、運動後の温泉入浴または生活活動による基本的動作の運動強度プラス温泉入浴の相乗効果ということであれば、十分体温上昇活動ととらえても差し支えないと思われます。

めんどくさい言い方ですが健康運動士の僕からは温泉は運動とは当然言えないのですが温泉入浴の効能効果は机上の論理よりも銭湯経営者また毎日2回入浴している実体験からくる確信のほうが優れていると思っています。さて深部体温があがるといいことがあるのです。いわゆる「うつ」その一種で産後うつはスクリーニングでEPDS(エジンバラ産後うつ病質問票)が広く活用されています。それだけで診断できるものではないようですが、もし疑いがある場合は早めの予防が必要になってきます。またまたエビデンスの話になってしまいますがテレビの視聴時間の長い人、運動をしない人はうつの発症リスクが高い。ということは運動は発症リスクを抑える効果があると考えていいのではないか、その運動の効能は楽しさ、ストレス解消、そして運動をすることによる深部温度の上昇がうつにたいしての改善への効果的なアプローチではないかと思えるのです。また産後うつと一般のうつには大きな違いは無く、有酸素系、スローランニングも含む運動は効果的なのです。まだまだ研究段階のようで確たるエビデンスを示せない段階ですが、運動イコール体を温めることは何らかの「うつ」改善効果を期待できる可能性を秘めているといえるでしょう。

武蔵小山温泉 しみずゆ 健康運動指導士若旦那談

ビバ!スローランニングのすすめ!(武蔵小山温泉健康ブログ)


健康運動指導士の若旦那が贈る健康ブログ。最近、気がつきました。銭湯に健康運動指導士の資格もってても意味ないし、更新がめんどくさいからもうやめちゃおうと思っていたのですが、合計一カ月3クールに分けて3か月所得するのにかかった苦労をかんがえるともったいないオバケがでてくるのでついついやめられずだらだらしていたのですが、最近、ちょっと面白い講座をみつけてしまい俄然やる気がでてきた若旦那。その講習はメンタルトレーニング。メンタリストダイゴさんが使ってるあれです。そのうちぼくの目からすべての嘘が見破れる日も近いのではないでしょうか(笑)さて健康運動指導士にも特権があって「健康づくり」という機関紙を半値で購入できるのです。30ページほどの小冊子ですがなかなか中身が充実していて健康オタクな僕はサラッと読めて知識の貯金にもなるので重宝しています。2017年4月号に「スローランニング(ジョギング)」の特集が載っていて「ああ、これは僕がいつも実践していることが明文化していると思いました。まず、スローランニングの効能はウオーキングより消費カロリーが高い、そして誰でも手軽に出来る、大切なことは「ニコニコペース」で走れること、僕も常に言っているのは自分のペースでまわりを気にしないで自分と対話しながら走ること。一致しています。そして直地する足の裏の位置ですが、「フォアフット」と言われています。ここはいわゆる中足、指の付け根の部分にあたります。僕は空手をしているので軸足になる親指の中足で着地するようにこころがけいりのですがそれも考え方としては同じでしょう。イメージとしてはつま先で走る感じ、さきにつま先、そして踵(かかと)僕が妻に始動するとき踵はベタッとはつけないである意味クッションの役目をもたせるようにと言っています。「健康づくり」に何点かポイントがあったので記しておきます。

①ニコニコペースで走る

②フォアフット足の付け根で走る

③あごは上げて目線は遠方

④口は開けて呼吸は自然のままに

⑤一日の目安はトータル30分~60分

⑥足の運びは肩幅

他の効能として、メタボ解消、高血圧、糖尿病、生活習慣病の予防、改善、認知症、認知機能の向上、善玉コレステロールの増加、前頭葉機能の向上(意欲、創造、実行をつかさどると言われています)筋肉の増加、年齢性別運動の得手不得手に関係なく誰にでもできるそして手軽にできる「スローランニング」ウオーキングよりも2倍消費量が高いとされるスローランニング。健康長寿、生活習慣予防の医療費削減、国の健康プロジェクトからしても大いに役立つのは間違いないでしょう。

武蔵小山温泉 しみずゆ 健康運動指導士の若旦那談。

参考文献 「健康づくり」特集スロージョギングを科学するより。

毛細血管って大切♪(武蔵小山温泉健康ブログ)


日本地図をみると大きな高速道路そして幹線道路そしてそこから枝分かれしてまるでコマの目のようにまた、生き物のように隅々まで小路が広がり、網羅しているのがわかります。そも道から道をつたわって人が物資が文明が伝わっていくのです。人のカラダも同じこと。太い動脈は高速度道路、上りと下りは動脈と静脈の関係でしょうか。そして路地裏のような小路は毛細血管。どちらにしても無くてはならない大切なもの、路地裏の小路がなくなると街の魅力が半減するようにカラダの毛細血管の流れが悪くなると免疫機能が落ち老化がすすむと言われています。

毛細血管の隅々まで栄養をいきわたらせることで冷え症予防にもなり、アンチエイジングにも効果があるのです。そして毛細血管を生き生きと若返らせる入浴法はすこしぬるめの(一節には40度ぐらいと言われています)お風呂に10分程入浴することによ血管が拡張して毛細血管もひらき、カラダの隅々まで栄養分を運ぶことができ、アンチエイジングを促進することが出来るのです。道路もメンテナンスが必要。血管も入浴というメンテナンスが必要なのかもしれませんね。あなたの血管を若返ることのできる若返り温泉が沸きに沸いています。皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております!

武蔵小山温泉 しみずゆ 健康運動指導士の若旦那談。

健康運動指導士の使命(武蔵小山温泉健康ブログ)


もともと健康オタク。20代の頃カラダを壊したことがあるので健康の大切さは今でも身に染みてわかっているつもりです。健康運動指導士もそんな中所得したので思いも強いのです。お金じゃ変えない健康。日々の健康作りには実は運動だけではな正しい知識も大切なんだと実感しています。その正しい知識を常に吸収することができる「健康運動指導士」の必修単位講習は常に自分の知識をブラッシュアップし、時代の流れに乗っていけるのだと確信しています。本流は変わらなくても主流が変わっていく、時代は流れているのですから当然ですが常に進取の気概で進むことも要求されています。さてそんな健康運動指導士は基本理念は「健康日本21」要約以下、健康増進法に基づき策定された「国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針(平成15年厚生労働省告示第195号)」は、国民の健康の増進の推進に関する基本的な方向や国民の健康の増進の目標に関する事項等を定めたものです。本方針が全部改正(いわゆる「健康日本21(第2次)」)されました。(平成24年7月10日厚生労働省告示430号)とされています。そして「健康増進法」とは、我が国における高齢化の進展や疾病構造の変化に伴い、国民の健康の増進の重要性が増大しており、健康づくりや疾病予防を積極的に推進するための環境整備が要請されている。このような中、平成12年3月31日に厚生省事務次官通知等により、国民健康づくり運動として「健康日本21」が開始された。また、平成13年11月29日に政府・与党社会保障改革協議会において、「医療制度改革大綱」が策定され、その中で「健康寿命の延伸・

生活の質の向上を実現するため、健康づくりや疾病予防を積極的に推進する。そのため、早急に法的基盤を含め環境整備を進める。」との指摘がなされた。これを受けて政府としては、「健康日本21」を中核とする国民の健康づくり・疾病予防をさらに積極的に推進するため、医療制度改革の一環として平成14年3月1日に第154回通常国会に健康増進法案を提出し、6月21日に衆議院、7月26日に参議院で可決され、成立に至り、8月2日公布された。とされています。わかりやすく言えば自分の住む地域において心もカラダも健康な人々を創出していく使命を担っているということ。まさに銭湯のオヤジの使命と合致しているのであります。そんなこんなでコピペで文章が長ったらしくなってしまいましたが今後も健康長寿の啓蒙活動、また銭湯においての健康活動を実践してまいりますので宜しくお願い申し上げます。

武蔵小山温泉 しみずゆ 健康運動指導士若旦那談。

温活のすすめ!(武蔵小山温泉ビューティーブログ)


「石の上にも三年」。「ローマは一にして成らず」と日々の努力を推奨する格言がありますが、銭湯活動、温泉活動なかんずく体温を上げる活動「温活」は何よりもはじめやすく、続けやすい活動ではないでしょうか。だれもが美しくなりたい、健康になりたいと思って日々を過ごしているのです。それは仕事で美しくなりたい。余暇で美しくなりたい。生き方で美しくなりたい。何かしらの習慣や行動のなかで凛としながらも自然と美しくなれればそれが一番いいのです。

疑心暗鬼、不安神経症のひとの人相はやはりあまり美しいとはいえません。やはり心の美しさが外面にあらわれてしまうのは致し方ないことではないでしょう。であるのなら毎日簡単にそして効果的に続けられる「活動」が必要になってきます。「安近短」この要素もありつつ、汗をかけること、心もカラダも温められること、そして誰でも簡単に継続できること。そうすると「温泉」しかないでしょう!身近な銭湯の暖簾をくぐるとそこは輝く未来がまっている「温活道場」きっと日々のストレスがキレイに流れ去っていく「美を創造する源」となることでしょう。しらずしらず生活の一部になっている温泉入浴。なぜか若旦那家族はどこか若若しいのは「温活習慣」のせいかもしれません(笑)

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

湯美人!(武蔵小山温泉ビューティーブログ)


最近、肉が流行っています。そう武蔵小山は最近「肉」の街。僕も家族も肉大好きラバーですが、灯台下暗しで自分のカラダについた肉およびその周辺についた脂肪についてはあまり気にしないのかもしれません。カラダの「肉」いわゆる筋肉は骨格筋でありカラダの運動機能を支える重要な筋組織になります。なので熱量を発します。だから筋肉量が多ければ多いほどカラダは熱を発し燃えやすいカラダとなり、一面では痩せやすいカラダとなるのです。ですが脂肪はあくまでも脂肪、それ自体は燃えることはなく(厳密には有酸素運動をすることで脂肪は燃えだします)ただ冷えた状態でカラダに過剰に蓄積された脂肪はメタボの動脈硬化や心筋梗塞の原因となるリスクがあるのです。横道にそれちゃいますが、「高血圧」「高血糖」「高脂血症」が血管系の循環器能を侵していくのです。

dsc04157

やはりそこで大切になってくるのが「運動」でしょう。運動それじたいはカラダを温めることであり、カラダの筋肉量を増やし、脂肪を減らして温まりやすいカラダに変えていくことが大切なのです。有酸素運動それ自体はけっこうしんどくてなかなか続けられないこともありますが、その一環として位置付けてもいい天然温泉を活用した「温活」はこれからもカラダを温めるということの健康の大本流という意味ではいつまでも誰もが実践しやすく誰もが長続きしやすい簡単ヘルシーな温泉につかるだけで誰もが「湯美人」になれる温活健康法じゃにでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯 三代目若旦那談。

アスユート!(武蔵小山温泉雑談系ブログ)


飽食の時代は不健康との戦いになります。病気の原因はあきらかに食の乱れ、また食べ過ぎにあるのはまちがいないでしょう。昔の日本人には糖尿病も痛風もいわゆる成人病といわれる疾患は皆無といわれています。それは摂取カロリーと消費カロリーのバランスがよかったこともありますが、すべてにおいてカラダを動かさないことには何も始まらない生活スタイルにあったのではないでしょうか。常に動く、常に運動している。

DSC03662-2

そう運動しているのです。だから健康でいられる。カロリーの高い食事を何不足なくする毎日、そして食べたらテレビを見る。動くのはトイレに行くときだけ。これはあきらかに運動不足なのです。運動は「メッツ」という指数で表すことが出来ます。軽い散歩が3メッツ。じつはこの軽い散歩習慣が健康習慣につながることが多いのです。そして入浴は運動ではないのですが、運動強度にすると1~3メッツ。入浴もある意味運動に匹敵する消費量を伴っているのです。運動は健康の源、そして入浴も健康の源。アスリートならぬ明日への健康の道を進むことのできる「アスユート」を目指して健康入浴を習慣化してまいりましょう!

武蔵小山温泉 しみずゆ 若旦那談。

すべての人が温泉にはいる理由。(武蔵小山温泉健康ブログ)


最近の健康トレンドは誰にでもできて長続き出きるもの、できることなら生活の一部、そうライフスタイルの一部として無理なく続けられるのがなおベターなのです。そうなると呼吸や背伸び、ストレッチ系、食事系、簡単な運動系とありますが、やはり楽しいほうが良いに決まっています。でもなかなかそういうのって無いし、せいぜい負担感のないもので継続できるものを選ぶしかないのでしょう。そうなると一日一回は習慣としていること、そうお風呂にはいる(入浴する)というこういが最適だと思うのですがいかがでしょうか。最近注目されている、あのグーグルでも実践しているそうですが、「マインドフルネス」言ってみればただの瞑想です。瞑想それは目をつむること。ただそれだけのことです。

番傘2

お風呂に入るということだけでも十分、自分の心を観ずることができるでしょう。それに目をつぶってさらに心の奥にあるなにかと対話するような心境になる。なれるかなれないかではなく、「そのような心境になる」その行為自体が正しいのです。普段はスマホを見続けてしまう、本を見続けてしまう。妻を見続けてしまう(笑)だからこそたまには心頭滅却をして心を観ずることがほんの少しでもできれば、それは即ち「マインド風呂ネス」なのです。気がつくと気がつかないとにかかわらず、武蔵小山温泉で気持ちよく入浴している人は、自身のパフォーマンスを最大限に発揮できる状態にマインドをフルチャージしていることでしょう。健康は間違いなく銭湯入浴で創られていくのでした。

武蔵小山温泉 しみずゆ 若旦那談。

マインド風呂ネス!(武蔵小山温泉健康ブログ)


最近当たり前田の健康法が花盛りのような気がします。背伸び、瞑想系、呼吸系、どれも健康にいいに決まっているのです。それぞれに意味があり、食事の時に背筋を曲げていれば胃が圧迫されてしまい健康によくない、普段背筋を伸ばしていれば、背骨の中にある神経が圧迫されないので健康にいい、呼吸も丹田を意識すれば換気量が増えて健康にいい、循環器能力があがるからです。健康は特別なことをしなくても十分に健康になると言われています。ごくごく当たり前田の健康法が長く続けられて良いのです。そんな中、最近注目されているのが「マインドフルネス」これは仏教的な瞑想を基につくられた健康法です。ヨガにも通じ、人間の本源的な心とカラダのつながりを利用した健康法といえるでしょう。その実践方法は、

(1)丹田を意識しながら背筋をのばす。座りながらが効果的。
(2)鼻からゆっくり呼吸。吸い、吐くをロングブレスでおこなう。
(3)この動作を非常にゆっくりとおこなう。
(4)その時の脳に浮かんでくるイメージを呼吸の吸う、吐くに集中する。
(5)雑念をコントロールできるようなることに気がつく。

DSC_5097

正直これ毎日しています。それもお風呂にはいりながら(笑)ひょっとしたら銭湯好きのひとはみな知らず知らず「マインド風呂ネス」をしているのかもしれませんね。グーグルの社内研修でしているマインドフルネス。手軽だし、さらに効果的な気のする「マインド風呂ネス」を銭湯健康伝道師の若旦那は推奨します♪

武蔵小山温泉 しみずゆ若旦那談。

今日も元気だ!一日一湯!(武蔵小山温泉ブログ)


僕は一日二湯です・・・。さて若いころはあまり感じない病気や寿命。さすがに50近くになってくるとあと12年たてば還暦だよ!と気がついたらもうなの!なんて感慨深いものが襲ってきます。自分で言うのも笑っちゃいますが見た目は若い、カラダもまだまだ若い、いつジジイになるのかこんまま奇跡の人みたいにどんどん若くなってしまいには子供に戻っちゃうんじゃないかと思ってしまうほどです。そうなぜか若さや元気の源をもっていることにも気がついたのです。

DSC04379-4

毎日温泉に入っている自分以外の兄弟は年相応かそれ以上に老けている驚愕の事実、やはり武蔵小山に噴出しているこの「天然温泉」が僕の若さの源であることは疑う余地はないようです。かの楊貴妃も不老不死の秘薬を彷徨い求めたとか、でも期せずして二つの天然温泉がある種の不老不死の源泉だったのは武蔵小山という福福しい土地だからこそ湧き出たラッキー温泉だったのかもしれません。論より証拠、元気になりたかったら、綺麗になりたかったら、いつまでも若さを持続していきたかったら、武蔵小山温泉のふたつの天然温泉で「一日一湯」きっといつまでも10歳は若く見られることでしょう!

武蔵小山温泉 しみずゆ 若旦那談。