ブログ

ウエイウエイ~♪おかゆ食べ放題!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


世界の至宝二胡奏者ウェイウェイ・ウーさんのお店がなんと武蔵小山にあるのです。武蔵小山温泉からも至近のウエイウエイさんのカフェ。中国茶が最高におススメですが、さらにリコメンドなのがなんと!おかゆの食べ放題!
美味しいうえにヘルシーこういうのを武蔵小山の民はまっていたのです。

そしてさらに最近人気急上昇中なリコメンドが「葱油拌麺」これにもランチにはおかゆ食べ放題がついてきます。そしてウエイウエイさんのお母さん直伝の「ちまき」もう最高です!いよいよ夏本番!灼熱の武蔵小山の熱帯雨林の季節を健やかにためにウエイウエイカフェが武蔵小山にあるのさ(^0^)
今日も青空、みんなでウエイウエイカフェにレッツゴー。

ウェイウェイズ カフェ (WeiWei’s Cafe)
03-6426-9628
営業時間

<通常日> 昼営業のみ 11:30~15:30
<特定の土日のみ> 昼+夜営業 11:30~22:00
定休日

毎週火曜日
▼清水湯からのアクセス

生き甲斐型銭湯!(武蔵小山温泉心の健康ブログ)


永遠のテーマそれが「人生の生き甲斐」人それぞれ何を目的に生きているのでしょうか?美味しいものをたべることが生きる目的なのでしょうか?キレイな人と出会うことが生きる目的なのでしょうか?海外旅行に行くことが最高の目的なのでしょうか?家族の幸せだけをかんがえることが最善の目的なのでしょうか?自分の幸せだけ?または他人の幸せのため?答えはどこにあるのでしょうか?その答えが見つからないまま死んでいくのでしょうか?今なんとなくわかったのは死ぬ間際まで自問自答しながら死んでいくのが大半ではないかということ。目的でも目標でも行動し続けることは何よりも大切で何よりも輝き続けていけるのではないでしょうか。

子供に将来の夢を聞くのと一緒で生涯の目標もじつはただの欲望の欲求だけだったりするのですから。「貪瞋痴」仏の教えで「とんじんち」と読みます。実際は欲しがるだけの人生。その煩悩まみれの人生は三毒まみれの貪瞋痴まみれの人間が真の姿といわれているのですが僕の解釈ではそんな欲望こそが行動の原動力であったり転じて人のために生きる高尚な人生まさに生き甲斐になるのではないでしょうか。そんな心の転換地点にもなりえる心のオアシス武蔵小山温泉。今日も人々の生き甲斐を気付かせてもらえるなにか温かな源泉が湧いたっています。

武蔵小山温泉 若旦那談。

天才餃子マイスターのいる街!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


日本人の大好き定番料理のひとつに「餃子」があるでしょう。晩御飯に餃子があるとなんだかウキウキハッピー。そんなみんな大好き餃子の超おいしいお店が自分の街にあったらなんて最高ハッピーなことはないのではないでしょうか。そう愛する町武蔵小山にはそんな超絶美味しい焼き餃子に水餃子にしそ餃子にニンニクにら餃子に麻婆餃子にパクチー餃子まさに天才餃子マスターのいる奇跡の餃子店なのです。

その他にも僕が愛してやまない胡瓜と茗荷の「塩昆布和え」とピリ辛もやし。餃子専門でありながら一品一品が最高に美味しいふく肉さん。そして〆の煮干し中華そばこれマジ絶品です。これだけで行列人気ラーメン店のチェーン展開が可能でしょう。愛する町に愛するお店。武蔵小山の民はどこか幸福度が高くて、福々しいオーラが漂っています。

肉汁餃子 ふく肉

03-6426-4484

東京都品川区小山2-6-16

【月〜土】
18時〜24時(LO23時30分)

【日曜祝日】
18時〜23時(LO22時30分)

日曜営業
清水湯からのアクセス

湯st!(武蔵小山温泉美活ブログ)


妻の愛読書であり「美st」巷では美魔女の愛読書となっております。美のベストなら湯のベストは湯st。武蔵小山温泉に集う美魔女たちの美の競演。きっと武蔵小山温泉の美人温泉内では美しさに切磋琢磨、磨きをかけているのでしょう。

ただの美ではあきたらない本物の美にとりつかれた美しい美魔女たち。美ではなく美erでもな美stを究極の美作りのできる最上級美活銭湯「武蔵小山温泉」を選ぶのは宇宙の必然だったのです。「美、美er、美st」どうせなら貴女の美しさの可能性を最大級に飛びぬけることのできる美st温泉で輝き続けてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 若旦那談。

晩杯屋は武蔵小山が発祥の地!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


武蔵小山から大企業になるという摩訶不思議な土地であることは昔から有名でかのイトーヨーカドーは1番最初は羊華堂(武蔵小山温泉グルメ散歩)ヨーカドーが始まりでその後一部上場の大企業に発展していきました。さらに東証二部上場のベリテさん。ここが発祥といわれています。

そして我らが晩杯屋!庶民のためのせんべろ。昼間から武蔵小山のバンパイアどもが我さきにと晩杯屋本店めざして吸血鬼のごとく祝杯をあげているんです。人が幸せになる商売なんだか武蔵小山温泉の人々が喜ぶ商売と相通じているような気がします。幸せを呼ぶそして成功者が生まれる土壌がある武蔵小山。これからも発展し続けることでしょう。

晩杯屋

03-3785-7635

東京都品川区小山3-24-10

[立呑み]
11:00~23:30(フードL.O.23:00)
[テラス席]
~22:00

定休日

無休
▼清水湯からのアクセス

武蔵小山温泉ワッツエルス!(武蔵小山温泉ブログ)


光り輝く二つの天然温泉。一つは「天然美人黒湯温泉」そしてもう一つは「黄金の湯」(おうごんのゆ)美肌、夏の肌トラブルにも最高に効果的な黒湯は二代目が掘り吹き出させた遺産でもあります。実際、はじめてあった人に実年齢を伝えるとたいていの人が「若い」「なにかやってるんですか?」といわれます。どちらも否定しません。ただなにやっているか?という質問にはその場ではなかなか答えられません。それが心の中では「毎日美肌温泉はいっているからなんです」と思っています。

 

そんな美肌温泉が湧き続ける武蔵小山温泉。温泉以外に美肌活動に最適とされている「美人岩盤浴(女性専用)は併用されています。この岩盤浴韓国産の貴重な天寿石が敷き詰められていて床から健康波動を発しているため尋常ではない汗がほとばしります。そして天然黒湯のキンキンに冷えた水風呂でしめる。最高の美肌向上スパイラルにくるくると巻かれていくその先には最高の美肌を手に入れることができるのです。温泉だけではない美肌向上化銭湯「武蔵小山温泉」今日も明日も最高天然温泉&岩盤浴が皆様をお待ち申し上げております。

武蔵小山温泉 若旦那談。

祝!初歌舞伎&歌舞伎グルメ!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


先日人生で初めて歌舞伎を鑑賞することが出来ました。感激の歌舞伎鑑賞。実は武蔵小山温泉のご常連さんから無料のチケットをいただくことができたのです。しかもその席は花道のすぐ隣、役者の迫力のある登退場をすぐ近くで見ることができるレア席です。見てて思ったのは舞台にでている役者以外にもたくさんの裏方さんがいて大舞台である歌舞伎の演目を支えているということ、そして満席のたくさんのファンがこの伝統芸能を支えているということに歌舞伎をみながら感動しきりの状態でした。

歌舞伎は映画のように1時間半では終わりません。途中休憩をいれて4時間から5時間もかかります。なので観劇のあいだ食事ができるんです。相撲のように。歌舞伎グルメがじつになんだか遠足のようで花見のようでもありじつに楽しい。そしてじつは庶民の楽しみでもある「歌舞伎」&歌舞伎グルメを堪能しに歌舞伎座にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

歌舞伎座

HP https://www.kabuki-za.co.jp/

〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目12−15

03-3545-6800

清水湯からのアクセス

心のオアシス銭湯(武蔵小山温泉心の健康ブログ)


世知辛い世の中が出現してしまったような一種の錯覚さえ感じてしまう昨今。皆様いかがお過ごしでしょうか?最近のなんとも自分勝手また防ぎようのない目を疑うような事件の度重なるニュースには驚きのうえにさらなる驚きが多いかぶさってくるようなあたかも当たり前のような錯覚にさえ陥りそうになってしまいます。なぜこんなに生命軽視なのでしょうか。またなぜこんなに自分勝手な解釈なのでしょうか。理由はどうあれ心に余裕がなく、またきっと愛情を注がれることもなく、どこか心に荒廃然とした心の殺獏さが横たわっているかのような気がします。

恵まれる恵まれない出生からの環境は人によっては環境のせいにもできれば環境をも凌駕できる人もいることから環境ではなく人で決まるそう思います。その人間力の違いとはなんなのでしょう。実際は些細な人と人の温かな励ましであったり、心の縁(よすが)であったり、どこか信じてもらっているという心の安堵があったのかもしれません。プロファイリングは出来ませんがAIでも機械でもない僕たち人間にはきっと心のつながりでもある温かな何かがきっと必要なのでしょう。どこの街にもある銭湯ここはきっと砂漠のような都会に合って心のオアシスにきっとなるでしょう。

武蔵小山温泉 若旦那談。

いきなりきになるすてきなステーキ!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


いきなりステーキを少しでも安く食べたくて株主になった武蔵小山温泉の若旦那です。年間3000円の商品券が送られてきます。家族5人で食べに行くとヒレステーキ600グラム計3キロ注文すると600グラムで5400円なので何だかんだで3万円ほど請求されます。

その時にこの3000円株主商品券を渡してささやかながらコストダウンをはかっている肉食家族なんです。新たなる日本人の肉食文化をつくり、さらに低コストで美味しいお肉を気軽に素敵に食べれる肉食スタイルを確立したいきなりステーキ。肉大好き若旦那家族はこれからも通い続けるでしょう。

いきなりステーキ 目黒

03-6455-6929

東京都品川区上大崎2-13-22 シーアイマンション白金 1F

営業時間

11:00~23:00(L.O.22:45)
ランチ 11:00~15:00(月~金)
清水湯からのアクセス

読書感想「全裸監督」(武蔵小山温泉書評ブログ)


世の中ギラギラしていたバブル前夜。街にあふれていたビニ本をバターでこすったモザイクが消えたとおもったら印刷自体が消えていたという悲劇に見舞われた黒木かおると同い年だった18の夏。どうもあの独特なトークが苦手で村西作品は見たことがなかったAV作品。でも昨年読んだ「全裸監督」は度肝を抜かされました。借金50億(矢沢か!?)、当時また逮捕されたよ的な報道をよく目にして別世界の人と認識していた村西監督。

きっと性的趣向も違うんだろうなと。そんな監督の自伝的小説「全裸監督」読むほどにはちゃめちゃなAVの世界。そして芸能界とのつながり、村西監督の元から巣立っていった今をときめく人材群。ただほら貝を吹かせていただけではなかったのです。今、ネットフリックスでも絶賛放映中の「全裸監督」AV革命をおこした時代の寵児「全裸監督」書籍もネットフリックスも最高です。

武蔵小山温泉 若旦那談。

「全裸監督」

1 2 3 4 5 6 127