ブログ

びわ大金持ち10年計画!(武蔵小山温泉石の上にも10年ブログ)


房総千葉。そしてそのなかでも南房総の特産と言えば・・・。そう「びわ」!なのです。第一位の長崎の1400トン(年間)、そして500トン(年間)の千葉が栄えある第二位!次は鹿児島だそうです。よく南房総、大原を超えて、御宿を超えて、部原(へばら)海岸にサーフィンに行くのですが、その帰り道、たわわに実っ房総産のびわはとってもオレンジ色でふくよかで大きくて皮もつるっと剥けて程よく甘く、種が大きくてきれいに実を食べることができるのです。そんな国産の房総産のびわは結構お高めでなかなか勇気がないと買い物籠の中に入れられないのですが、奮発して買った日は家族で愛おしそうにゆっくりと味わいながら食べるのです。そんな貴重なびわ、いつか宝くじが当たったら食いまくりたい妄想が高まってくるにしたがい、「そうだ!自家栽培すればいいじゃないか!」と気がついてしまったのです。埋めてしまいました。びわの種・・・。すると芽が出るじゃありませんか!

ああ、なんかこの感覚なつかしいみたいな、子供の頃銭湯のドブの横に土があってそこにジャガイモを埋めて育てたことがあった子供時代を思い出しました。この感覚なんか命を大切にする感覚、植物を育てる感覚は人としてすごく大切な感覚ということを思い出したのです。その前に食べ終ったびわの種が一本だけ大きくなっていましたが、肥料の配分を間違えて枯れかかっていますが、今、植え替えて蘇るのをまっています。そして新たに植えた種は順調に育っています。きっとこの子達が僕をびわ長者にしてくれることでしょう。いつか、「武蔵小山温泉」の番台でびわが売っていたら種から育てた、「びわ大金持ち10年計画」の縁起物のびわだと思いだしてくださいませ(笑)

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

楽園べいべー@アヤノヤ(武蔵小山温泉楽園ブログ)


この世に楽園はあるのだろうか。もとよりあの世にも楽園はあるだろうか。いやきっとあるに違いない。そんな微かな望みを・・・。いや希望を・・・。生きる力を・・・。人は時に道に迷い、苦しみ、嘆くものだ。芥子粒程になった微かな希望の光を胸にいだきながら生き続けてきた。だがいつまでも闇の中にただ独り・・・。生きる曙光はどこにあるんだろう。一筋の光はどこにあるんだろう。誰にもわかってもらえないこの心の苦しみ。いっその事、あてのない、そして出口の見えない旅に出かけようそう思った。歩きはじめた。駅が見えた。荏原中延・・・だ。夢遊病者のように歩いていた。なんで隣町の荏原中延にいるんだろう。しばらく歩くと昔の武蔵小山の面影が懐かしい雰囲気の商店街に出会った。こんなところがまだあるんだ。なんだか嬉しくなった。昔に置き忘れていたものを想いだしたような、どこか懐かしい胸の奥がチクっとする郷愁を呼び起こす感覚が襲ってきた。

海を見たかった。遠く遠く歩いて海に行きたかった。心の隙間に吹きすさぶ冷たい風はきっと海の温かくて眩しい光の波紋がきっと心を埋めてくれるとおもった。でも何故かその場から動けなくなった。何故だろう。さっきから心地いいメロディーが聞こえてくる。何の曲だったか。そうだ「楽園ベイベー」だ。リップスライムの名曲じゃないか。どこか優しげな声。その声に誘(いざな)われるように路地裏に入っていった。ここだ。ここから聞こえる。看板を見た。「アヤノヤ」こんなところに酒場があるんだ。しばらく佇んだ。いつまでも聞こえてくる。僕の耳朶にはどこか海のさざ波のように心地いい。つい誘われるように気がついたらドアノブに手がかかっていた。ドアを開けてみた。一瞬微かに瞳孔が開いたような気がした、明るくて弾ける笑い声と輝く笑顔に包まれていた。そこには、どこか飲み屋にありがちな淫靡さと暗さとは無縁だった。はじめてみる光景だった。健康的で清潔感に満ちた老若男女の集う、まさに地上の楽園だった。優しさを見つけた。自分の居場所を見つけた。ついに見つけたのだ自分だけの楽園を、そうみんなの楽園を。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

*初の飲み屋系のブログ。今回は1010編集部の皆様と今後の方針を語らいながら楽しい飲みの時間でした。相当酔っぱらってしまって写真を現場で撮っていたのですが常連さんが沢山映り込んでいたので使えないと判断、店主に直接お願いして写真データをいただきました。ありがとうございました。食べて美味しい、飲んで美味しいを書いても面白くないのでポエム風にしました(笑)

アヤノヤ

03-6421-6299

東京都品川区東中延2-7-18

15:00~23:00

定休日 水・日曜日
▼清水湯からのアクセス

武蔵小山の心。大好き!さんきち(武蔵小山温泉グルメ散歩)


子供の頃から通い続ける「さんきち」いつもかわらない女将さんの優しげな笑顔、そして丁寧な接客、数あるメニューのなかから今日のおすすめ、セットメニューの組み合わせを教えてくれる。一度食べると病みつきになる「さんきち」のサラダ。そして必ずついてくる「豚汁」この豚汁は真似できないレベルの美味しさ、寡黙そうだけど優しくて時おり見せる笑顔がとても素敵なご主人。ここ「さんきち」には素敵な空間とさんきちしか流れない素敵な時間の流れがあるのです。どこの街でも心許せる、そして落ち着く空間があると、その街を心から愛することが出来るのです。

心を奪われたのと同時に胃袋まで奪われているのです。「さんきち」夫婦で暖簾を守り続ける心安らぐ素敵な空間。とんかつ、ステーキ、カレーにスパゲッティ―、漬物にいたるまで、僕たちの心を鷲掴みにする「さんきち」のうまうま美味しいメニュー群は大空に浮かぶ、宝石のような星々のような輝きを放っているのです。いつまでも元気で健康で灯を守り続けてくださいませ。いつまでも通い続けるさんきちファンより。

さんきち

03-3787-0124

東京都品川区小山3-12-10

営業時間

11:30~14:00
17:00~22:00

定休日 金曜・第3木曜
▼清水湯からのアクセス

積極的平和温泉学(武蔵小山温泉平和ブログ)


古き良き時代。それは昭和。昭和は別名戦争の時代と言われています。そんな時代に生まれた名作「はだしのゲン」子供時代にこんな悲惨な時代があったのかと心が怖さで震えた記憶があります。それと同時に、「火垂るの墓」いつの時代も一番の被害者は「こども」そして「女性」。一部のエゴのために罪のない人々が悲しい環境に置かれることを為政者はもっと自覚しなければいけないのです。実際、戦争体験した人は平和主義になると言われています。それはあまりにも酷い時代残酷な行為。どんなに正当化してもしきれるものではありません。環境、時代は巡るといいますが、喧嘩を知らないケンカの仕方が分からない、そもそもケンカは弱い奴がするものだとわかっていない。信じる前から眼鏡が曇っていて偏っている、喧嘩の原因などそもそも小っちゃい理由がほとんどです。そして戦争も同じなのです。そこに金やしがらみ(利権)が絡んでくるから訳が分からなくなる。

いずれにしてもあの時代にもどしてはいけない、そう強く思うのです。時代は激動の時代に突入していくかもしれません。歴史の本流の中に巻き込まれても、平和への判断力、思考力、そして他者への包容力、優しさを決して忘れない、常に軸を確固としてもった積極的平和実践者になっていくことが大切でしょう。目の前にある小さな行動でもいいのです。それがポッと心を温める種火になればいいのですから、そしてまずは自分の心から温めましょう。冷え切った心には思いやりの心も灯りづらいですから。今日も平和への狼煙のごとく「湯けむり」が天に舞っています。皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております!

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

昭和の原風景。美味しさの原点。平和軒よいつまでも。(武蔵小山温泉グルメ散歩)


昭和の原風景・・・。頑固おやじが赤い暖簾を守っている。その頑固おやじを支える笑顔の優しい女将さんがいる。そんな、時間が止まっているような素敵な空間をいつまでも残ってほしいと思って通い続ける素敵な常連さんに守られている、平和軒の赤い暖簾には頑固おやじの汗と涙が染み込んでいるのでしょう。平和軒・・・。じつはとても優しい頑固おやじ。これが武蔵小山クオリティーと納得される究極の美味しさ。

定番のラーメン!

かつ丼好きには、少し甘系のつゆが最高なんです。

ただの街のラーメン屋ではない一口食べればわかる幸福感!そしてお一人様なら唸り、心の中つぶやく「マジ美味い」そして二人出来たなら「うま!」「うま!」塙兄弟のうまうま感嘆詞が出まくるのです。「移り変わりは浮世の習い」と言いますが時代も人も変わっていく中で頑なに美味しさの原点を見失わない、奇跡の「平和軒」ラーメンはどこまでも美味しく、かつ丼は揚げたてカツをふんわりとろとろの玉子とタレに包まれていて最高の一品。チャーハンも餃子もここに求めていた味があったのかと狂喜乱舞する美味しさ、サー今日も武蔵小山がどんなに変わろうとも「平和軒」の味だけは変わらず沢山の方方の胃袋を鷲づかみにすることでしょう!

平和軒

03-3783-3956

東京都品川区小山3-13-1

営業時間

11:30~14:30
17:30~24:00

定休日 火曜

▼清水湯からのアクセス

温泉連鎖(武蔵小山温泉心もホットするブログ)


世の中にはいろんなスパイラルがあります。いつまでも闇の中から抜け出せない、不幸の連鎖、いつまでも憎しみ合う不審の連鎖、いつまでも満足することが出来ない心の貧しさの連鎖、そしていつまでも四面楚歌の状態で首も回らない生き地獄のような悲しい連鎖、どれも心の置き所で変革することができる連鎖ではないでしょうか。心に錦をといいますし、病も気からともいいますが、すべては心の持ち方、置き方だけでも今いる立ち位置を変えることは簡単にできるのではないでしょうか。ある本にありましたが、原因と結果は一体で「よし決めた!」と思った瞬間にすでに結果は決まっているといわれています。あとはただ行動するだけ、ならば決める!言い換えれば「決意」する前向きな心の持ち方、そのたったそれだけの小さな違いだけで結果が伴ってきて、思った通りの結果を得ることができるのなら、そんな安上がりないい話はないのではないでしょうか。当然、行動の中に、試行錯誤や、血の小便のでるような努力があるのは当然ですが、ここで大切なのはそもそも自分自身を信じて疑わないその心の定まり方が大切なのです。

突き詰めていってしまえば、世の中の誰が自分を信じなくても、誰よりも自分の存在をしっている自分自身が「俺はできる!」と信じればいいだけの事なのです。そして見事結果を出す!この「負けない」そしてじりじり少しずつでも上向きに前向きに自分の立ち位置を持ち上げていけばいいではないですか。その心の強さの源また元気の源となる「天然温泉」で心を鍛え、休めて、常に前進のスパイラル(連鎖)を繰り返し進んでいきたいものです。さー今日から決めましょう!不幸の連鎖を断ち切り、絶対に幸せになると決めた幸福スパイラルを進んでいきましょう!

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

ちりん。ムサコの美味しいお蕎麦。(武蔵小山温泉グルメ散歩)


武蔵小山の数あるお蕎麦の名店のなかでも指折りの名店!「ちりん」日本酒とお蕎麦って無茶苦茶合うのですが、ちりんの厳選された美味しい日本酒と打ちたてのお蕎麦の風味最高のコンビネーションは日本人として生まれてきて最高と再認識させていただけるほどの衝撃的な美味さなのです。本当のはまると毎週のように小粋な暖簾をくぐることが続きます。そしてそこには昭和に戻って来たような心地のいい空間が広がっているのです。

打ち立て、茹でたて、それをキュッと冷水で〆て食味と風味、サイドメニューが素晴らしい!まぐろ、かつお、季節の食材を舌鼓を打ちならすことのできる幸せ。名店ちりんは四季折々いつ行っても美味しさを裏切ることはないのです。さて、今日も湯釜から立ち昇る湯気が食欲をそそります。そして湯舟からも湯けむりが立ち昇っています。風呂上りの蕎麦最高の取り合わせ。素敵な週末をお過ごしくださいませ!

ちりん

03-3719-3778

東京都品川区小山3-5-20

12:00-15:00(金土日祝)
18:00-25:30(L.O.)
*蕎麦がなくなり次第、閉店

ランチは金土日です。
▼清水湯からのアクセス

オンリー湯(武蔵小山温泉ポエムブログ)


今日も輝く太陽が昇ってくる。武蔵野の東の丘陵にある、僕の愛する街、武蔵小山。

竹の子の産地としてその昔、江戸の庶民の糊口を潤していた。

昔から江戸の外れ今も、昔も変らぬ太陽の運行リズムに照らされて青々した竹林が人々の笑顔とともに輝いていた。

今も、変らぬ笑顔が輝いている。

その輝きは武蔵小山に突如、湧きだした人々を幸せな心にかえる不思議な二色の慈しみに溢れた湯なのかもしれない。

社会は厳しい、矛盾だらけかもしれない、殺伐とした世相が広がっている、不信と憎悪が渦巻いている、何を信じ、何を守れば、本当の自分に生きられるのか、答えは誰もわからない。

だけど、きっと、その輝く太陽が知っている、そしてその眩い光が降りそそぐ、

その湯は、人々のかたく絡まった心の鉄鎖をも、優しげな心のひだに変えることが出来るだろう。

希望、その忘れかけた言葉、思い出させてくれる、鉄鎖の奥底に沈んで見つからなかった心の羅針盤。

その明滅する灯はきっと消えかけた火種となって、今まさに燃え上がろうとする。

思いだして、忘れかけたあの時の希望と強さと優しさに満ち溢れたその心に湧き上がる迸る命の輝きを。

今日もビルの陰影を映し出す東の地平線から金色の希望しかない太陽の輝きを全身に受けながら(浴びながら)

陽が中天に射しかかるころ、眩い光の星屑を振りまきながら天使のような湯煙が太陽に向かって昇っていく。

詠み人知らず(笑)

武蔵小山温泉 若旦那談

愛してる!自慢亭。なんどもいうよ♪ASKA風(武蔵小山温泉グルメ散歩)


なんどもいうよ♪君をあいしてる~♪武蔵小山の駅近グルメタウン。ちょっと西小山方面に歩いて10秒ほどのところ、名店がひしめく一角があるんです。そこには「牛太郎」「みやこ屋」「ネモベーカリー」「パティスリーツゥルーモンド」名店揃いです。そんな一角の入り口にあるのが名店であり、老舗の「自慢亭」さん。店内はいつも清潔!カウンターの無垢の木はいつも真っ白に輝いています。若旦那がいつも驚くのは、ご主人と女将さんのご夫婦の商売熱心なバイタリティー。年齢は存じ上げていないのですが、本来ならば次の代に任せて、悠々自適の生活に溶け込んでしまうものですが、きっと愛しているのでしょう。自分の築きあげてきたものを、そしてきっとそれは正しい選択なのだと僕hが思うのです。

それは僕のおばあちゃんが番台から引退した日からほんのわずかな時間の間に痴呆が進み、あんなに元気で足腰も強かったのがみるみる衰えていったのを目にしていたからなのです。人は死ぬまで働き続けるほうがじつは「健康的」なのかもしれません。だから僕は自慢亭にいくと美味しい焼きそばやラーメンだけでなく、そんなところもよく見ているのです。きっと夫婦仲もいいのでしょう。優しさや、愛情もきっと自慢亭さんの逸品にはエッセンスとして入っている気がします。心もカラダも喜ぶ自慢亭の美味しい逸品。是非ご賞味を!

自慢亭

食べログ https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13045686/

03-3781-5103

東京都品川区小山4-3-15

11:30~14:00(13:30頃L.O.)、17:00~19:30(19:00頃L.O.)

火曜日、第一月曜日、第三月曜日

定休日を間違えやすいので事前にお電話で確認した方がいいですよ。
清水湯からのアクセス

風呂馳走!(武蔵小山温泉雑談系ブログ)


飽食の時代。ある有名人などの豪勢な食事のシーンをテレビで見ていると煌びやかに着飾って、何万、何十万もする食事を大してうまそうな顔もせずに食べているのをみていると、めぐりめぐって、ただ臭いうんこしかしない人なのではと思ってしまうのは僕だけでしょうか。あの豪勢な食事のほんの少しでも貧しい人に施してあげる心があればそれだけでもかなり貧困貧食問題が解決できるのではないでしょうか。経験上、一番簡単なことが喧嘩すること。本当に誰でもできるのです。そこを堪えてケンカしない知恵が人として高貴になり、内面から輝ける一因になるのではないでしょうか。基本、知っている者同士ならケンカはおこりません。

知らない者同士、突き詰めれば「不信」がケンカの原因なのです。他国とのケンカも「不信」顔が見えない、会ったことがない、ただ第三者のまわってきた話しか聞こえない。悪口が情報として操作されていたら、不信感で一杯の人ならすぐにケンカです。ケンカしたことあります?勝ってもたいして嬉しくない。それがケンカです。ちっとも心が晴れないそれがケンカです。鏡に映ったバカな自分と言い合っているような錯覚に陥るのがケンカなのです。安くても美味しい怖いけど優しい妻がつくってくれる心のこもったご飯をたべましょう。一部の特権階級しか食べれないものなど、くっさいうんこの原料にしかならないのです。平和。それは毎日の心温かいものに含まれているでしょう。きっとそれは温かな温泉にも心の滋養となり、物事の本質がくっきりと見えてくるのです。だから愛情あふれる食事、そして心も温まる温泉活動。平和を希求する温かな心は毎日の何てこともないごく当たり前の中に存在しているのです。風呂もご馳走、心の栄養源なのです。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

1 2 3 4 5 6 101