ブログ

清水湯で湯治を♪


昔日本には武士がいて、武士道があるように昔から日本には温泉があって温泉道があったのかもしれません。(笑)それは、各地の温泉場でその温泉にあった温泉の入り方で、その温泉に最適な方法で効能をだしていたのではないかと思うんです。たとえば、秋田県の田沢湖の玉川温泉などは、地熱を利用した岩盤浴や、強酸性ならではの温泉の入り方があるんですが、玉川温泉は何と言ってもpHが1,05という強酸性ですので、50パーセントに薄めてみたり、それこそ100パーセントの酸性度で入ることにより、不治の病が治ったなんてこともあるらしいのです。

玉川温泉の光景。

昔テレビでみましたが、医者から見放された方たちが最後の希望として玉川温泉の湯治を選ぶには大きな理由があるんですよね。強酸性の温泉以外にも、ラジウム(放射線)を含む岩盤(北投石)も本当にすばらしいの一言に尽きる温泉だと思います。

清水湯の岩盤浴も岩盤ってます。笑

清水湯の岩盤浴も岩盤ってます。笑

清水湯の温泉だって若返り、美肌に効果があるんです。

清水湯の温泉だって若返り、美肌に効果があるんです。

 

ここに行くと地球が生きていることを実感しながら温泉の効能を享受することができるそうですが、なかなか遠くていけないという人もいらっしゃると思いますので、そういう時は、武蔵小山温泉の2つの天然温泉で我慢していただいて、しかも2つの温泉がありながら450円の銭湯価格で、さらにラジウムは出ていませんが、ある種似た効果のあるホルミシス効果が天然鉱石の天寿石から照射されていますので、日常の温泉入浴や、健康増進、美容、デトックスに武蔵小山温泉の2つの天然温泉&岩盤浴で都会の健康湯治を楽しんでみてはいかがでしょうか。きっと、病気予防の健康的なコンディション作りになると思いますよ。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

参考文献、玉川温泉 http://www.tamagawa-onsen.jp/spa/index.html

参考画像、バブミッシェルの闘病記

 

岩盤浴の汗はちょっといいんです。(武蔵小山温泉の岩盤浴のご紹介)


毎日、深夜お風呂の掃除の後に、サウナを奥様と一緒に入るんですが、サウナの汗のかき方と岩盤浴の汗のかき方では若干違いがあるんです。岩盤浴はじんわり汗が出てきたなーと思っていたら、気が付いたら全身からどばーっとサラサラな汗がしたたり落ちてくるんです。それも水分を取り続けている限り、いつまでも汗が出続ける感じです。ただ、カラダの芯からの温まり方も尋常じゃなくなって、入ってもせいぜい1時間じゃないでしょうか。

天然鉱石の天寿石がいいんです。

天然鉱石の天寿石がいいんです。

普段は40分も入ればとんでもなく汗をかくことが出来ます。また、1回目よりも2回目と回を重ねること度に、カラダが岩盤浴の効果に慣れてきてサラサラないい汗がでやすくなってくるんです。これが、サウナだと皮膚の表面に近いところから、汗が噴き出してきている感覚とのちがいなんです。サウナの汗のかき方が好きかは、岩盤浴の汗のかき方が好きかは個人差があるところなので、好きなほうで汗をかいてすっきりすればいいと思います。で、この岩盤浴の汗には都市伝説があるんです。みなさまも聞いたことがあると思うのですが、「岩盤浴でかいた汗は流しちゃダメ」ということなんです。汗を流すのは当たり前と言えば当たり前なのですが、岩盤浴でかいた汗には実は皮脂膜が含まれているんです。

健康の源泉。岩盤浴は季節の変わり目に効果的です。

健康の源泉。岩盤浴は季節の変わり目に効果的です。

この皮脂膜はお肌がしっとりサラサラになる効果があるのと、外部から付着する最近なども防いでくれる優れものなんです。また、この皮脂膜と一緒に免疫グロブリンが働いて、皮膚の免疫力を強めてくれるんです。よくお風呂上りに乳液などでお肌をお手入れしますが、それと同じ効果があるというのです。これは岩盤浴が汗腺にたいして遠赤外線効果で共鳴振動をおこして、新陳代謝をはかり、皮膚の若返りをはかるんです。岩盤浴に入った後に温泉で美肌効果もあり、岩盤浴で汗腺の新陳代謝で若返り効果もありのダブル美肌効果で相乗効果で美人肌をゲットしてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那。

参考文献、岩盤浴の秘密 五味常明先生

免疫力の向上に。(温泉健康法)


子供が学校でもらってきた子供新聞(tesio)なるものを何気に読んでいると、いいことが書いてあったので、ちょこっとご紹介してみたいと思います。タイトルに生命力=免疫力とあったのですが、これは本当にその通りだと思うんです。いわゆる人間はほかの生命を食べているわけで、採れたて新鮮な魚を食べたことのある人ならわかると思うのですが、身はプリプリで生命力のかたまりのような味がします。じつは魚をさばいて刺身で食べるときは食べごろがあって、釣りたても良いのですが、真鯛のような白身の魚は、何日か寝かしておいたほうが、うま味成分がでてきて一層美味しくなるんです。

温泉健康法がおすすめです。

温泉健康法がおすすめです。

これはグルタミン酸などのいわゆる酵素が働いた結果と言われていますが、生命力=免疫力という考え方でいうと、まさに今まで目の前の海で泳いでいた魚を食べるほど、その魚の生命力の新鮮さにはかなわないと思うので、やはり釣りたての魚はなんかパワーが付いた気がするんです。さて、そうはいってもいつでも釣りたて摂りたての新鮮なものばかり食べれるわけじゃないので、その他の摂りやすい食べ物はないかと探してみると、実に身近にあるんです。それが、最近注目のR-1乳酸菌やガゼリ菌などのヨーグルトなんです。このヨーグルト(乳酸菌)は病気の原因となるウイルスや、細菌をからカラダを守る免疫力を向上させるんです。

外気による転地効果も健康増進に効果があるんです。

外気による転地効果も健康増進に効果があるんです。

この免疫力の代表がNK(ナチュラルキラー)細胞などでこのNK細胞を活性化して免疫力を高めるためには、規則正しい生活、そして乳酸菌を食べることが効果的と言われています。まだまだインフルエンザなどが流行っていますので、清水湯の温泉入浴と併せて、清水湯にもガゼリ菌のヨーグルトも販売しておりますので、これらで免疫力を増強して、健康的に冬のシーズンをラストスパートしてまいりましょう!

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、日本教育新聞tesio

美人は気から。(温泉力を実感してください。)


大体、偉大な発明はほとんど勘違いから始まると言われています。また、病気は気からといわれるように、気持ちの持ち方で病気にもなるし、健康にもなるものなんです。ということは美人になるのも気持ちの持ち方しだいではないでしょうか。でも温泉街の旅館の女将さんに美人度が高い気がするのは気のせいでしょうか。僕の勝手な先入観かもしれませんが・・・笑。

示唆に富んだ良書です。

示唆に富んだ良書です。

でも、温泉に普段慣れ親しんでいることによって、温泉の効能に知らず知らず美人度があがることもあるんじゃないかと、石原結實先生の本の中にエビデンス(証拠)を見つけました。美肌に欠かせないのは、やはり血液がさらさらで効率よく栄養素を毛細血管で隅々まで送ることに尽きるわけですが、この血液の中には、さらさらを阻害する老廃物が結構あるんです。そしてこの老廃物を綺麗にする自浄作用も人体にはかね備わっているんです。石原先生曰く、血液中の白血球が中心となって血液の老廃物を食べまくるんです。そのほかに、リンパ球、好酸球、好塩基球、単球(マクロファージ)、などカラダを綺麗にしようと一生懸命働いているんです。この善玉球がもっと働けば働くほど、血液もさらさらしてきて美人度もアップしてきそうなのですが、実は温泉入浴やサウナ、岩盤浴でこの白血球たちは、一段と働き者になるらしいのです。

太古の成分が溶け込んでいるんです。

太古の成分が溶け込んでいるんです。

風邪をひいて熱がでて免疫系の働きを強めるのと一緒で、温泉でカラダを温めると同じ効果が得られるのです。ですから、温泉入浴、また女性専用の岩盤浴でカラダを芯から温めると、気のせいではなく、本当に美人度がアップしてくるのは、このためだったんです。温泉、栄養、休養、と血液さらさらになったカラダにビタミンミネラルもお忘れなく、隅々まで綺麗なお肌に栄養を沁みわたらせながら、日ごろの温泉入浴でとんでもない美人度アップを図ってみてはいかがでしょうか。笑

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、出すと病気は必ず治る 石原結實先生。

本格カレー@不動前(武蔵小山温泉グルメ紀行)


ある朝、無性にカレーが食べたくなったので、どこかないかな~とインターネットで探していたところ、なんか良さげなカレー屋さんがあるじゃないですか!でも待てよ、前にここでカレーおにぎりを買った記憶があるぞ・・・などと思い出しながら、わくわくしながら、行ってきました。場所は不動前駅のすぐ近く、店内に入ると不思議な地下に通じる階段が目に入るのですが、一階のカウンター席に無難に座りました。店員さんも笑顔が良くて、感じのいいお店に期待感も高まり、ほかのお客様と話している内容から最近、築地にも新規店舗を立ち上げたらしいです。

普通でもかなりスパイシーです。でもクセになりそう。

普通でもかなりスパイシーです。でもクセになりそう。

ナンかライスを選べます。

ナンかライスを選べます。

サービスでラッシーついてます。こういうのって嬉しいんですよね。

サービスでラッシーついてます。こういうのって嬉しいんですよね。

 

こちらのカレーは店名「南印度カレー」というだけあってルーにかなりのこだわりを感じました。辛さを選ぶこともできるのですが、普通のスパイシーさでも結構なスパイシー度があってすこし、うっすらと汗をかいちゃうくらいなんです。カレーにはナンもご飯も選べますし、付け合せの盛り合わせの大皿がサービスでカウンターに置かれているのも良いですよね。

玉ねぎがごろりと入ってます。斬新ですね。

玉ねぎがごろりと入ってます。斬新ですね。

付け合せも美味しですよ。

付け合せも美味しですよ。

良いお店を発見してしまったようです。

良いお店を発見してしまったようです。

 

 

突然、朝目覚めたてカレーが急に食べたくなったら是非、不動前の南印度カレー商店さんに行ってみてください。食べログの口コミにあるように、本格的カレーを武蔵小山界隈で食べれる貴重なお店ですし、今度はカツカレーに挑戦してみようと思います。武蔵小山温泉からも一駅ですし、普通に自転車で2,3分でいける距離ですので、カレー食べて汗だくになったら温泉でさっぱりしてみるのも良いかもですね。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

東印度カレー商会

03-3495-4474

東京都品川区西五反田4-32-15 石井ビル 1F

11:30~14:00
18:00~22:00

ランチ営業

日曜・祝日
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

岩盤浴の入り方。


岩盤浴の入り方といっても、とくに決まった入り方はないと思いますが、岩盤浴でただ一つ気にかかるのが、低温やけどなんです。いままでそういう事例はありませんでしたが、念には念を入れて安全にご利用いただけるように、また知識として覚えておいてもいいことをご紹介したいと思います。最近、岩盤浴の温度と湿度のバランスを整えてみました。今までは、やたらとスチームをかけて湿度を多めにしていましたが、あまりに湿度が高すぎても汗がかけなくなることもありますので、再度最適な、温度と湿度のバランスにしてみました。また喚起のタイミングも調整してみて岩盤浴の室内が天然の鉱石の岩盤から照射される、遠赤外線やホルミシス効果でじんわり、どばーっと汗が出るようになりました。(この温度と湿度と換気のバランスは岩盤浴の企業秘密なんです。)

ますます効果的な健康増進岩盤浴となってまいりました。

ますます効果的な健康増進岩盤浴となってまいりました。

岩盤浴で大切なのは、じっとして背中だけを温めるのではなく、お腹の面も温めることが大切なんです。これは、低温やけどを防ぐ意味もあるのですが、(低温やけどはおよそ8時間ぐらいの長時間50度前後の温度を直接触れていないと起こらないので、岩盤浴は安全だと言えます。)ただ人によっては、皮膚の弱い人や、疲れ、または前日のアルコールの摂取など、また血行の悪い人もいらっしゃいますので、予防としても、なるだけ寝返り程度にカラダの向きを変えて岩盤浴を楽しんでいただきたいと思います。

もうすぐ春、岩盤浴のあとは温泉でしっとりしてください。

もうすぐ春、岩盤浴のあとは温泉でしっとりしてください。

岩盤浴に入るときは、必ずお貸ししたバスタオルをひいていただき、もう一枚のバスタオルを枕にしていただいてご利用ください。また、延長で1時間以上入られる時も、10分ぐらいのウトウト寝は大丈夫ですが、同じ体制で1時間は、カラダに負担がかかってしまいますのでその場合もなるだけ寝返りをするように心がけてください。当然、飲酒しているときは、岩盤浴も温泉ものぼせの原因になりますし、脱水症状が現れやすいので、お気を付けください。じつは、遠赤外線はバスタオルのような布も透過しますので、発汗作用に違いはないんです。安全にそして快適に岩盤浴の健康効果をご堪能ください。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

知ると知らないとではお得感が違うんです。(温泉とHSPについて。)


春夏秋冬のなかで温泉のシーズンはどの季節が一番なのかというと、普通は一番は冬の季節という方がほとんどではないかと思いますが、僕的には季節の変わり目こそ温泉にどんどん入っていただきたいシーズンなんです。季節の変わり目というのは、冬から春にかけて、または秋から冬にかけて、どちらかというと一番過ごしやすい季節のことですが、季節の変わり目こそ、汗が出ずらい季節ですし、原因不明の体調不良や自律神経系の失調なども現れやすい時期なんです。

カラダあたため健康法に温泉を活用しましょう。

カラダあたため健康法に温泉を活用しましょう。

その原因は、気温にあることが多いんです。じつは脳の中に視床下部という部分があって、体温の維持を調節しているのですが、それがホルモンや自律神経に影響してカラダの体調を崩すといわれています。そもそも人間のカラダは恒常性(ホメオスタシス)というカラダの体調を一定に保つ機能があるのですが、このホメオスタシスが崩れやすいのが【季節の変わり目】なんです。

二つの温泉ともおすすめです。

二つの温泉ともおすすめです。

この季節の変わり目に健やかに健康的に乗り切るためには、ある意味、強制的に普段の温泉入浴の40度から42度の温度をカラダに刺激として与えてあげることが、大事になってくるんです。刺激と言っても普段から楽しんでいる温泉入浴ですので、寒いから温泉とか、暑いから温泉の2極論ではなく、暑くても寒くても過ごしやすくても、むしろ過ごしやすいときこそ、自律神経のためには、健康のためには温泉そして、岩盤浴が大切なんだと思って、四季を通じて温泉で健康作りをしていただきたいと思います。春夏秋冬、健康で楽しい健康生活を清水湯の温泉で実感してみてくださいませ。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那。

参考文献、季節の変わり目に風邪を引き易いのはなぜ?山田恵子さん。

超お気に入りのケーキ屋さん発見!@不動前(武蔵小山温泉グルメ紀行)


ある朝、カレーライスが無性に食べたくなって、食べログでカレー屋さんを探していたら、不動前に美味しいカレー屋さんがあるので、奥様を誘って食べた後、やはり辛い食べ物のあとは、甘いものが食べたくなるでしょうということで、ぱっと後ろを振り向いたらあるじゃないですか美味しそうなケーキ屋さんが。笑。そういえば少し前に清水湯の常連さんからも、不動前に美味しいケーキ屋さんがあるから行ってみてと言われていたのを思い出して、もしやここではと思い早速、店内に入ってみました。

普段食べれないモンブランが大好物になってしまいました。

普段食べれないモンブランが大好物になってしまいました。

シュークリームも可愛くて美味しい!

シュークリームも可愛くて美味しい!

中を開くとこんな感じ。美味しそう。

中を開くとこんな感じ。美味しそう。

 

不思議なんですが、普段食べないというより、あまり好きではないモンブランがやけにオーラを放っているので珍しくモンブランを購入。ほかに大好きなショートケーキとチョコレートケーキをそれぞれ一つずつ、子だもたちには内緒で夫婦二人分だけお土産にして家で食べました。

お土産で買ってきてもあっという間に食べちゃいます。

お土産で買ってきてもあっという間に食べちゃいます。

チョコ系もこだわりのチョコなんです。

チョコ系もこだわりのチョコなんです。

不動前の駅のすぐ近くです。(改札出てすぐ左。)

不動前の駅のすぐ近くです。(改札出てすぐ左。)

 

それからです、毎日モンブランのことばかり考えるようになってしまったのは・・。笑。先日もモンブラン10個買ってきましたが、味覚が似ている長男も「このモンブラン美味しい!」といって喜んでたべているんです。これからたくさんの種類のケーキの中から、また同じような劇的な出会いの期待しつつ、今もモンブラン中毒が始まってきそうなので、このブログが書き終わったらまた一駅自転車で颯爽と買いに行こうと思います。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

ドゥブルヴェ (Doubie˖v)

03-6420-3440

東京都品川区西五反田4-29-18

9:00~20:00

日曜営業

定休日 火曜日
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

足つぼだぜ~。(うちにもスギちゃんがいるんです。笑)


いよいよ冬から春にかけて温かったり寒かったり、雪が降ったり降ると言って降らなかったり。(笑)とにかくまだまだ寒い季節が続いています。じつは季節の変わり目は一番疲れやすく、また疲れが出やすく、体調を崩しやすい季節なんです。それは、温度変化に敏感な自律神経系がストレスを感じてしまうからなんですね。

すぎちゃんです。あしもみで健康をご提供いたします。

すぎちゃんです。あしもみで健康をご提供いたします。

この自律神経は非常にお利口さんで、24時間休まずにカラダのバランスを均等に保ってくれています。医学用語でホメオスタシス(恒常性)というのですが、一定の生きよう元気でいようという生命力のようなものをバランスよく一定に保ってくれているようなものなのですが、このホメオスタシスが自律神経の変調により、何となく不調を感じて、よく言う不定愁訴(頭が重い、イライラする、疲労感が取れない、よく眠れない)などの体調の不調を訴えることが多くなるんです。季節の変わり目のこういう時こそ、清水湯の温泉でカラダを芯から温めていただいて、根っこから不定愁訴の元を駆逐していただきたいと思います。

足うらには、健康のツボが集まっているんです。

足うらには、健康のツボが集まっているんです。

清水湯には、2つの天然温泉と岩盤浴がありみなさまの健康増進のお役に立てることが最大の喜びなのですが、さらにみなさまに健康になっていただきたく、清水湯の期待の新星スギちゃん(杉崎さんの略ですが・・・笑)の足つぼマッサージをご紹介したいと思います。じつは足つぼマッサージではなく本当の正式名称はリフレクソロジー(英国式の本格的な施術なんです。)なんです。そして清水湯のお越しになっていただけるお客様に特別キャンペンとしてスギちゃんから、特別コースの提案をしていただきました!なんと!

1カ月受け放題/30分コース:10,000円

1カ月受け放題/40分コース:12,000円

1カ月受け放題/60分コース:15,000円

足もみが良い理由:血行促進→新陳代謝向上→老廃物排泄→免疫機能向上→自然治癒力向上と願ったり叶ったりなんですね。またデスクワークで肩こりがひどい方、腰痛が気になる方、座りっぱなしで足がむくむ方、ストレスや血行障害、などにも効果があるんです。また、このキャンペンは3月一杯までの期間限定サービスですので、善は急げですので、お早めにお申し込みくださいませ。なんたって1回333円で足もみマッサージができるなんて、スギちゃんもやってくれたもんです。笑

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

もう一度HSPをおさらいしてみましょう。(温泉とHSPについて)


年末から今年に入って結構働きづめでも、風邪もひかずに健康でいられるのは、何かしら原因があるのではないかと思っているのですが、それはやはり毎日の日課である、岩盤浴と温泉が関係しているのではないかと思っています。多少疲れがたまっているのは間違いないのですが、それでも、気力が充実しているので、コンディションとしては最高だと思います。そこで温泉や岩盤浴にはいっていると何故元気になれるのか、有名な伊藤要子先生のHSP理論からひも解いてみようと思います。

HSPのバイブルなんです。

HSPのバイブルなんです。

いままでも何回もご紹介しているのですが、この【HSP】とは、Heat Shock Protein(ヒートショックプロテイン)の略称で、熱というショックをあたえると増えるタンパク質のことなんです。その熱のショックは温度でいうと40度~42度、まさにお風呂の温度そのものなんです。これが、世界一お風呂好きの国民が世界一の長寿国の原因なんだということなのかもしれません。知らず知らず日本人はせっせとお風呂や温泉で熱ショックであたえて、長生きホルモンを作り出していたわけなんです。

一番手軽な健康法でしょう。

そして、このHSPは、ストレス防御ホルモンとも言われていて、現代社会の殺伐としたストレスに打ち勝つためのパワーをカラダの中から作っていくことができるんです。このHSPがただ温泉に入るだけで、岩盤浴に入るだけで、カラダの中からどんどん作られていって強いカラダ作りを自然としているなんて素晴らしいことですし、HSPが今出てきているな~なんてお得な気分で湯に浸かるのも結構楽しいかもしれませんね。武蔵小山温泉の温泉&岩盤浴で三寒四温のこの季節を健康的に乗り切ってまいりましょう!

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、加温生活 伊藤要子先生

参考画像、アトピなび