ブログ

岩盤浴~なんでたくさんの汗をかくの?


岩盤浴の権威である、五味常明先生の発汗健康法・岩盤浴の秘密によると、人は暑くて汗をかくのではなく、皮膚の温度やカラダの深部の温度が高くなり、そこにある発汗神経が刺激されて始めて汗をかくというのです。夏場の暑いさなかでは、気温があがるほどに、自然と汗が出てきますが、岩盤浴はそれほど急激な温度を感じないものなんです。岩盤浴室のなかも、適温ですこし蒸している程度ですし、サウナのような高温状態でもなければ、息苦しいこともありません、それなのにひとたび寝転ぶとしばらくすると、汗が玉のように流れ出してくるのは本当に不思議なんです。

実は南国の雰囲気をかもしだしています。

この岩盤浴の大量の汗をかくメカニズムは、先述の発汗神経がやたらと刺激されているからなのですが、岩盤浴の天然鉱石から発する、遠赤外線とマイナスイオンが原因といわれています。この遠赤外線は鉱石によっても発する量が変わってくるのですが、清水湯の岩盤浴で使用している鉱石は(天寿石)という貴重な鉱石で、その鉱石が発する遠赤外線は鉱石中でもトップクラスといわれています。そして、この遠赤外線が美味しい秋刀魚を中からほくほく焼き上げるのと同じ原理で、人のカラダの深部からじんわり脂肪を溶かすように、燃えて発汗神経が刺激されるんです。

貴重な天然鉱石(天寿石)からホルミシス派動がかなり出るんです。

そのことにより、信じられないような大量の汗をかけるんです。またマイナスイオンも岩盤浴室内は充満していて、血液がマイナスイオンで、アルカリ性に振れると血液の浄化作用があり、細胞の活性化により、病気などの抵抗力などが増すといわれているんです。たしかに毎日開店前に岩盤浴でがんばって汗をかいている3代目は最近風邪もひかずに、美味しいものもたくさん食べているのですが、体重も増えずにここ5年の中では最高に健康で元気でいられるのは、この岩盤浴のおかげではないかと睨んでいます。(笑)まだまだ寒い時期が続きますので、清水湯の岩盤浴&天然温泉で健康、と元気はつらつを手に入れてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、発汗健康法・岩盤浴の秘密 五味常明先生

ついに発見!取材拒否の名店!!(寿司処さとう)


寿司処さとうさんのブログ書いちゃいますね。笑。少し前情報番組で寿司処さとうさんが取材拒否の名店で出ていたので、おおっぴらにしちゃいけないのかと思ってブログにせずに温めていましたが、清水湯ファンの皆様だけに特別におしてちゃいますね。山手通り(環6)のラーメン二郎さんに行く途中にあるんです。一見、ビルの2階にありますので看板もいたって控えめですので、この道を何度も通っていても気がつかない人もいるんじゃないでしょうか。

ひっそりと山手通り沿いにあります。

席に着くとコースを聞かれるので、お腹の減り具合と相談してみてください。1500円コースが一人前かもです。

こんな感じで椀とお茶も出てきます。

特にランチタイムは凄い人気でネタが終わり次第終了なのでランチが始まってからいくと終了している可能性が高くなりますので少し早めに並んでいたほうがいいかもです。(ランチが12時からなので10分ぐらい前で大丈夫だと思います)ランチは1000円から2000円、3000円といくらでも食べたいだけ大丈夫らしいです。ランチの価格を決めたらあとは板前さんがお好みでその日のおすすめをどんどん握ってくれます。席はカウンターですが、左端のほうから順々に座っていってどんどん握ってだしてくれるんです。一口たべて分かりますが、胃袋が喜ぶお寿司と表現したらいいのか、この値段で天然素材に寿司ネタには本当に喜んじゃいます。ここは是非、大切なお友達、ご家族、また会社の大切な方などにどんどん教えてあげたほうが喜んでもらえると思います。

ネタが光っているんです。

ここは超おすすめです。まずはランチでお試しを~。

数あるお寿司屋さんのなかでも自分のお気に入りのお寿司屋さん上位に入ることは間違いないと思いますよ。ご主人はフェイスブックもやられていますので、その日のおすすめネタも細かく載せてくれていますのでそちらもチェックしてから行かれてもいいかもです。まずは早めに並んでランチに挑戦してみてくださいませ。清水湯からも近いので、温泉&寿司の黄金コースがまた一つ増えちゃうかもしれませんね。笑

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

寿司処さとう

03-5721-0244

東京都目黒区下目黒3-5-1 2F

定休日 月曜日

フェイスブック寿司処さとう
▼清水湯からのアクセス

View Larger Map

こんなところに名店予備軍が!?キッチンTAIYO


というよりすでに名店かも!中原街道の荏原インターの上り口の脇にあるんですが、ここも気をつけていないと通り過ぎそうな感じなのですが、たまたまお隣さんが僕の知り合いだったので目が壁伝いにあったので気がついちゃいました。【キッチンたいよう】さん。国道沿いなのですが一瞬えーなんでこんなところにと思ってしまうのは僕だけでしょうか。それでとにかく凄く気なってしまったので、またもや奥様をさそって(どこかの奥様ではなく僕の奥様です。笑)ちょっと驚いたのは2階席もあるんです。それも日当たりが良いので2階席もなかなか雰囲気が良いんです。

美味しそうだったので昼からガッツりです。

仲原街道の荏原インターの脇にあります。

かなりボリュームがあって美味しいです。

今回は、学級閉鎖になってちょうど家にいた小学生の長男もつれていったのですが、SPハンバーグとポークジンジャー、チキンカツレツ昼から豪勢です。笑。でも実はランチに行く時は必ず、水曜日か土曜日で夜空手の稽古がある時に限っているんです。ですから僕だけですが、その日は多めのランチを食べたら夜ごはんを食べないんです。じゃないと今頃メタボです。汗。でもこのキッチンTAIYOさん今グルなびで調べたら児童館の近くにあったサイクルのシェフが開いたお店だそうです。今まで行ったことがなかったのですが、道理で美味しいわけです。サイクルさんは噂では美味しいお店と聞いていましたので。

子供も喜ぶ本格的な洋食屋さんです。

一度行くことをおすすめします。

ざっとメニューはこんな感じです。

さて、長男も凄く美味しかったらしく、SPハンバーグをペろリと平らげてしまい、僕のポークジンジャーまで半分食べてしまうほどなので、間違いなく長男のお気に入りのお店になったと思います。価格も庶民的ですし、何より美味しいから清水湯の3代目からもおススメいたします。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

キッチンTAIYO

03-5498-9898

東京都品川区荏原1-17-4

営業時間 11:30~15:00 17:30~21:00

定休日 日曜日
▼清水湯からのアクセス

View Larger Map

TOMOCHE(トモチェカフェ)いいカフェ見つけちゃいました。


ちなみに隣には友人のN村くんが住んでいます。笑。じつはこのN村君の家に行く時に発見したんです。一瞬間口が狭いので気をつけてないと通りすぎちゃうかもしれません。でもテラスがあり、その奥に雰囲気のいいカフェがちらっとのぞけるんですが、落ち着いていて毎日でもコーヒーを飲みに行っちゃいたい雰囲気になっちゃいます。お店の店名にも表れていますが、オーナーは二人でそれぞれのお名前をくっつけているそうです。

プレートランチがおすすめです。

雰囲気のいいカフェで素敵なひと時を。

さて、この日は毎度の奥様と一緒に来訪、とりあえずプレートランチとタコライスを頼みました。嬉しい事に僕は無類のクリームあんみつ好きなんですが、あるじゃないですかメニューにあんみつが!しかも白玉、クリーム(バニラ)、もトッピング可能で、僕は白玉はどうでもよかったのですが、奥様がやはり無類のもち系大好き人間で結局白玉クリームあんみつにしました。笑。

ロコモコもおいしいです。

なんといっても一番気に入ったのがクリームあんみつ。最近武蔵小山には甘味処が無くなってしまいました。

ランチも美味しく頂きましたが、僕個人的にはこのクリームあんみつに惚れてしまいしばらく通いそうです。でも本当に最近の武蔵小山は熱いですよね。どんどん個性的で武蔵小山を引っ張っていってくれそうなお店が沢山増えてきているので武蔵小山ラブの3代目からすると嬉しくてたまりません。その中でもトモチェカフェさんに皆さまもよろしければ足を運んでいただいて、どんどん武蔵小山ラブのなっていっていただけたらと思います。お隣のN村君も開店初日にはちゃっかり行ったらしいです。笑

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

トモチェカフェ

03-6426-8762

東京都品川区荏原4-3-7

9:00~18:00

朝食営業、ランチ営業

定休日 日曜、祝日
▼清水湯からのアクセス

View Larger Map

温泉力を読んでみておもったこと。


今回、フジテレビさんのノンストップに出させていただいて、恥ずかしながら40を過ぎた老体を公衆の電波にのせてしまったことは、末代までの恥にならないように今後もロングブレスダイエットしながら、カラダの老いに出来る限り逆らっていこうと決意している今日この頃ですが、明らかにバナナマンの設楽さんと博多大吉さんが、僕がでているのを見て、笑いをこらえているのがあきらかだったのが、せめてもの救いです。やはり笑ってもらってなんぼではないかというのは、温泉も同じで、お客さまに反応があるということにつながりますから、あれはあれでよかったのだとなんとなく納得している次第です。

温泉教授の温泉力おすすめです。

さて、そのノンストップの放送の中で、温泉の効能等を説明してくれていた、温泉博士こと松田忠徳先生は札幌国際大学で温泉学の教授をされていて、知る人ぞ知る温泉の碩学なんです。著書も多数で僕も何冊も持っていますが、松田先生の本の中で温泉力というのがあるのですが、その中で本物の温泉を語っているところがあるんです。実際温泉と日本人は切っても切れない関係にあり、日本人と温泉の付き合いは有史以前からと言われているんです。そもそも歴史的に温泉を発見したのが、僧侶や、行者が多いことをかんがえると、いわゆる温泉文化は温泉と人間の生活様式また宗教的儀式にも関わりがあったといってもいいのではないかと松田先生は言っています。ま、それだけ温泉と日本人は昔から密接につながっていたということなんですね。

2代目が掘ったこの温泉が全ての始まりなんです。

また、ギネスブックにもあるのですが、石川県の加賀温泉郷には1300年以上も続く温泉宿もあるということは温泉がそれだけ永遠性を秘めている証なんだと思うんですね。たまたまノンストップ(フジテレビ)にでていた松田先生を見て、久しぶりに温泉力を紐解(ひもと)いてみると、源流が遠ければ遠いほど、未来までの道のりも永いような気がしてきて、温泉を扱わせていただいている者として新たに襟元を正しながら地球の恵みである貴重な温泉を大切に使いながら、温泉文化を継承していきながら銭湯。清水湯もその本流である温泉文化の一端を担っていけるようにがんばっていこうと思いました。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、温泉力 松田忠徳先生

【もちごりら】って芸名だったのかな~!?


もちゴリラって店名だけがやけに目立つんですが、もち屋さんでも、ゴリラ屋さんのどちらでもありません。良く見ると看板にカツレツ・オン・ザ・カリーと書いてあるじゃありませんか。僕たちが行ったのは開店直後だったので沢山の開店祝いのお花が沢山飾られていましたが、ほとんどが芸能人ばかり、よくみると僕の好きな関根麻里さんとお父さんの勤氏のお花もあるじゃないですか。

 

まだオープンして間もない頃に行ってきました。

美味しかった~。

店員さんもフレンドリーでいい感じです。

僕自身もこちらの事務所の方から教えてもらっての来訪だったのですが、道行く子供たちもみんなが、お店の中をのぞいていくのが微笑ましかったです。さて【ビストロもちごりら】さんは何となくカツカレー屋さんなのかなと店内に吸い込まれるよう入ってみると、九州のほうのラーメン屋さんにありがちなお惣菜のサービス的な(こちらではキムチっぽいのでしたが)ものまでテーブルに置いてあり、なんだか嬉しくなってきちゃいました。奥様と僕でとりあえず違うものを頼んで、いつも違う味を楽しむのですが、なんともちごりらさんではランチにホワイトラッシーがもれなくついてきました。

 

ランチでしたがすでに満席に近かったです。

結構ボリュ―ミーです。

こういう付け合せのサービスはうれしいですよね。

スイーツもいい感じです。

ランチにはラッシーがついてました。

やはりカレーにラッシーは最高です!でも食べている最中も近くの小学生が覗きこんでいる光景は本当にこれからこの地域でどんどん人気店になっていく瑞兆のように思えました。何といっても子供を味方につけるとお母さん、そして家族が巻き込まれていってママ友からもどんどん口コミが広がっていくのは火を見るよりあきらかなんです。さすがカレーも上手いが集客も上手いな~と感心しちゃいました。笑。美味しいカツレツ・オン・ザ・カリーを食べていい汗かいたら、清水湯の天然温泉でひとっ風呂浴びてみるのも最高かもしれませんね。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

ビストロもちごりら

03-6431-9707

東京都品川区西五反田5-4-6 セブンスターマンション西五反田 1F

[月~金]
11:30~15:00
17:30~23:30

まだ開店したてで変更するかもと言っていましたのでお電話で確認してから来訪してくださいませ。

定休日 土曜日・日曜日
▼清水湯からのアクセス

View Larger Map

一人を大切にする銭湯。


実はテレビをみて知っている方もいらっしゃるかともおもいますが、L4(レディス4)に取り上げていただいた際に、テイク2の深沢さんと一緒にお風呂に入ったんです。いやー、深沢さん本当にいいカラダしてました。事前にディレクターさんから「深沢さんとお風呂に入ってください」と言われていたので、ウイキで調べたら、剣道2段じゃないですか、僕より2つも年上なのに腹筋もパキパキ割れていたので、撮影の3日前くらいから、倉庫から10キロのダンベルを出してきて、筋肉のカット(スジ)がでるようにちょっとばかし筋トレしちゃいました。(笑)

露天から見ると木漏れ日がきれいなんです。

でも芸能人の方ってあんなに話やすいんでしょうか。すごく気さくで僕は親近感を感じて、なおかつ仕事にも全力投球、おそらく人によって変わることのないまっすぐな人なんだと感じました。僕は完全にファンになってしまいました。これからもずーっと応援していきますね。さて、こうやって温泉家業をしていると、思うのは、深沢さんじゃないけど、とにかく一人を大切にしていくことが一番重要なんだということなんです。たくさんのお客様に来ていただくことも大切なんですが、一人のお客様に満足してよろこんでいただけなければ、2人、3人そして100人と満足してもらえることはないのですから。

トロッと乳液のような温泉ようです。

そして最大の宣伝効果は、お一人お一人様のお声だと確信しています。テレビもみなさまが喜んでいただけると思っているので、それこそ一肌ぬいで出ていますが、とにかく一人を大切にするここに行き着くのではないか思っています。よく考えることがあるのですが、信頼を作ることは一生ですが、壊すのは一瞬と言われているので、清水湯もお城の石垣とおなじで一つ一つががっちり組み合わされていて、基礎としてしっかりしているから何百年も残り続けるんだということを肝に銘じて、お客様お一人お一人を大切にしていこうと決意しています。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

新年早々ちょこっとテレビに出たからと絶対浮かれることのない3代目の決意表明。

カラン(席)のゆずり愛(譲り合い)のお願い。


皆さま。武蔵小山温泉・清水湯は常に快適な銭湯ライフを楽しめるように日々、無い脳みそをフル回転、絞りに絞ってアイデアを考えています。(毎日腕立て200本ををするがごとく。)そこで、よくある銭湯でのトラブルを未然に防ぐために以前から温めていたアイデアを形にするためにはどうすれば良いかを考えていきたいと思います。ここでは、カラン(蛇口)の場所取りにポイントを絞って今後の対策を検討していきます。また現在すでに行っている対応策も含めて改善をしていきたいと思います。皆さまもご存じのように、物理的に男湯20個、女湯18個とカランの数が限られています。下足ロッカーは120個あり、脱衣場のロッカーは男60の女60合計120。浴場に男女60人のお客様がご入浴するとしても全然、カランの数が足りないのは必然なんです。今、既存の温浴施設、スーパ銭湯も日本全国見てまいりましたが。平日1,000人以上入るところでも男女それぞれカランの数はせいぜい20から30個。そんなに遜色はない浴場設計になっております。では、何故カランの場所取りでトラブルがあるかと言うと、限られたカランを入浴時間の最初から最後まで独占しているお客様が中にはいらっしゃる事が原因のひとつにあげられます。

せっかくの温泉入浴、心も温まってくださいませ。

もし、仮にお客様のご入浴が2時間だとしてその間ずーと「私の場所」と洗面道具を置きっぱなしにしてお風呂に入ったり、リクライニングベッドで寝ていたら他のお客様がカランが空いているにも関わらず使えないという状況が生まれてしまうんです。また席に戻ってきた時に誰か座っていたら「そこは私の席よ」はないと思うんです。やはり、普段から空いている時も混んでいる時も、場所はお互いに譲り合いしながらお使いいただいていただけると皆さまが快適に清水湯でのご入浴が楽しめると思うんです。また、不思議と男湯での行き過ぎた場所取りってあまりないんですねまったく無いわけじゃないのですが、女湯に比べても場所待ちはあっても場所の独り占めはほとんど無いんです。何故か女性に多いトラブルのようです。特にリニューアルオープンして1年ぐらいは本当にトラブルが多かったです。でもその原因は実は昔の清水湯の入浴習慣にあると睨んでいます。昔の清水湯はカランがそれぞれ30個あり、お客様も最初から最後まで同じ席を確保できていたので、その流れが今だに習慣として昔からのご常連さんと最近のスーパー銭湯さんなどに慣れたお客様の間で入浴習慣の違いからトラブルが生じたことも原因のひとつだと考えています。

本当に風呂が小さくてすみません。

いずれにしろ沢山のお客さまに来ていただけることはここまで予想していなかった私の責任だと痛感していますが、今後とも、何卒皆様の“ゆずり愛”の優しいお心で席の譲り合いをしながら楽しくお風呂でお友達が増えていくようなそんな、和気あいあいの銭湯にしてまいりたいのでどうぞ、宜しくお願い申し上げます。また今後も、スタッフによる見回り、整理整頓、口頭でのお願いなど続けてまいりますので皆さまが気持ちよく、楽しくご入浴いただきますよう何卒、宜しくお願い申し上げます。更にお客さまの中で逆に入浴マナーの良い方には黄金の洗面桶(オケ)を進呈するアイデアもありますが、どのような基準にして誰が判断するかが難しいのですが、継続して検討していきます。黄金のオケを持っていると清水湯のお客様の中ではステイタスみたいなことになればちょっと面白いですよね。また、前々から銭湯マスター制度を作って、選抜したお客様の中で入浴指導をしてもらう案ですが、これも継続協議中です。マスターになったお客様が落ち着いて入浴出来ないのもちょっとかわいそうですので。いずれにしても少しずつでも皆さまが、楽しく、のんびりと、癒されて、明日への活力になり、ここが私だけのお風呂と思っていただける銭湯を目指してまいりますので何卒宜しくお願い申し上げます。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

銭湯マナー集

餃子の王将は本当に早くて、安くて、美味しい!(吉野家か!?)


地元に根付いている個人商店的なお店の紹介が基本なんですが、やはり庶民の味だし、低価格でもあり庶民の味方的な感じもするので、戸越にある餃子の王将をご紹介しちゃいます。毎週月曜日は定休日ですから、家族で食事に行くことが多いんですが、その中でも良く行くのが餃子の王将戸越店さんなんです。

ラーメン~。

レバニラ~。

かに玉~。

マーボ~。

途中でふつうにゴマダンゴ~。

とにかく注文をだしてから出てくるのが何でこんなに早いのとビックリするくらい早いじゃないですか、注文取っている話を聞いているんじゃないかというくらい早いのと千手観音なみの手の多さで調理してるんじゃないのかと思っちゃいます。また餃子の王将というだけあって餃子も安くて美味しいですし、正直何食べても美味しく感じてしまうのは僕だけでしょうか。笑。

 

もやし~。

餃子~。

固焼きそば~。

やきそば~。

でも何故か戸越にあって武蔵小山にないもの武蔵小山にあって戸越にないものがあって、何気に住み分けしているんでしょうか。できたら武蔵小山にも王将出来てくれないかな~。さて清水湯からも近くて自転車で5分ぐらいですが、清水湯の天然温泉にはいると何故かお腹がすくので、たまには餃子の王将で食べまくってみるのもいいかもしれませんね。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

餃子の王将 戸越店

03-3788-2916

東京都品川区平塚2-16-2 佐藤ビル1F

[月・日・祝]
11:30~22:30(L.O.22:00)
[火~土]
11:30~翌1:00(L.O.翌0:30)

View Larger Map

無休

お正月太りは清水湯の温泉で解消!


みなさま、お正月は初日の出、書初め、といろいろありますが、初温泉はおすましでしょうか。(笑)こんな寒い冬はどんどんカラダを温めてお正月に付いたおなか周りの贅肉をどんどんデトックスしてまいりましょう!そして、贅肉だけではなく、カラダの中の血管などにもいわゆるコレステロールが付きやすい季節なんです。やはり冬になりますと、どうしてもカラダを動かすのが億劫(おっくう)になりますし、外気温も下がりますから、夏場のように自然と汗をかく機会もへってくるんです。そうなると、カラダのなかの塩分濃度が高くなり、高血圧の原因になりますし、食事過多であれば、自然とコレステロールがたまってくるんです。実はこのコレステロールは悪玉の親分のように言われていますが、生命活動にとってなくてはならないものなんです。

今日は鏡開きですね。

コレステロールには3種類あって主にLDL(悪玉コレステロール)が動脈硬化の原因であり、高脂血症になっていくんです。高脂血症は名前のとおり血がどろどろの状態でほおっておくと、心筋梗塞や脳梗塞、などにもつながっていくんです。遺伝的なものもありますが、ほとんどは生活習慣で改善できて、本人の自覚と気持ちしだいなんです。生活習慣は日々続けるものですし、簡単で長続きできて、結果が伴わないとあきちゃうものですが、なるべく歩くようにしつつバランスのいい食事を心がけつつ、カラダの基礎代謝率を向上させるためにも、温泉入浴をおすすめいたします。案外知られていないことですが、入浴は運動強度の指数でメッツというのがあるのですが、(椅子に座っている安静時を1メッツとして何倍運動強度があるかを表します。)入浴は2メッツ、これはカートを使用したゴルフにも匹敵するんです。

冬こそ露天風呂が気持ちいいんです。

たとえばそのメッツ数に体重と時間をかけると消費カロリーが出てくるんです。いちど清水湯の温泉に入った人ならわかると思うのですが、信じられないくらい大量の汗をかきますし、疲れが取れる代わりにすごく眠くなってくると思うんです。また、特になにもしていなくても体重をキープしているお客様もたくさんいらっしゃいます。生活習慣の改善といっても難しいことではなく、日々の生活のなかに何か健康的なことをひとつ取り入れて、健康リズムを少しずつでいいので築いていくことをおすすめいたします。お正月ですこし食べ過ぎてちょっとでかかったお腹は清水湯の天然温泉入浴健康法で楽々解消してみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

 

参考文献 http://kenkou-undousidousi.seesaa.net/article/15117396.html健康運動指導士たれこおのダイエット・健康づくり支援ブロ