ブログ

花粉症に温泉は効くのか!?


結論からいうと効くのではないでしょうか。ある新聞コラムにあったのですが、症状の軽減には体質改善が重要とありました。睡眠を十分にとり、カラダの抵抗力を維持して、食事も規則正しくバランスよく摂り、アルコールの飲みすぎや、たばこの摂取などは粘膜を荒らす原因になりますので慎むべきだと書いてありました。また健康力をつけるためには適度な運動も必要なんです。いまや国民の4人に1人は花粉症といわれている国民病ですが、、じつは3代目の僕は花粉症ではありません。僕だけならず家族全員とりあえず花粉症ではないんですが、その相対関係ははっきりとはしていません。ただ、先述のように僕自身はたばこも吸いませんし、お酒もたしなむ程度、運動もそこそこしています。

つらい時期がやってまいりました。

カラダの抵抗力をつけるという意味では岩盤浴&温泉入浴でかなりカラダのデトックス&体質改善を日ごろからしているお蔭か、どんなに花粉が飛んでいてもびくともしません。(花粉症の方には申し訳ないのですが・・・)花粉症はアレルギーですから、アレルゲンである花粉が発生する春先にあらわれる季節性アレルギーと年中、ダニやゴキブリのふんなどが原因で花粉症状があらわれる通年性の鼻炎に分けられます。アレルギーはあくまでも体質ですから、アレルゲンである花粉をシャットアウトするか、体質を改善するしかないんですね。

温泉が効果的なので、最小限のトレーニングでも効果が高まるんです。

温泉が効果的なので、最小限のトレーニングでも効果が高まるんです。

温泉で免疫系を強くしてまいりましょう!

温泉で免疫系を強くしてまいりましょう!

スギの木とかも意味があって花粉を飛ばしているので、すこしでも体質改善ができるようにアレルギーに反応しないカラダ作りをすこしでも心がけていくべきなのかもしれませんね。花粉症の辛さがわからなくて申し訳ないのですが、昔銭湯の濾過機にろ過材として毎日、さらし粉を投入するのですが、その粉をすこしでも吸うと鼻水と涙と咳がとまらなくてすごく嫌な仕事の一つだったのですが、(今はなくなりましたが)それに似ているのかもしれませんね。花粉が飛んでいるときは外出を控えるとか、外から帰ってきたときは花粉を払うとかいろいろ対症療法はありますが、すこしでも体質改善ができて花粉症がでないようになるといいですよね。睡眠、食事、温泉ですこしでも体質改善の一助になれれば幸いです。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、K新聞 花粉症 生活の工夫で軽減 日本医科大学大学院医学研究科頭頸部・感覚器科学分野 大久保公裕先生

参考画像、あさひ病院

お風呂の事故は冬が多いんです。


清水湯の数寄屋門の脇に植わっている梅のつぼみもだんだんと大きくなってきていて、もう梅の花が咲くのも時間の問題のようです。ひょっとしたら、このブログを書いている間にも花が開きそうです。気が付けば、もうすぐ春なのですが、1月2月は一年の中でも一番寒い季節ですから、お風呂に入るときはとくに気を付けたいと思います。実はお風呂での事故はほとんどが冬の季節集中しています。ほとんどが12月から2月のあいだでお風呂に入るときに事故がおきているんです。

かけ湯を忘れずに。

かけ湯を忘れずに。

これはとくに自宅でのお風呂も含めてですが、要因としては、脱衣場の温度とお風呂場の温度の差が大きいことによって、起こりやすくなるんです。(清水湯では脱衣場も暖房で温めています)寒いところから温かいところ、それもかけ湯もしないで急に湯船に入るとどうなるか、それは急激な高血圧によって血管内の血流が急激に流れるのですが、その際にもし血栓や高脂血症があるとそれが血管をふさいでしまって、悪い場合で脳卒中、心筋梗塞など重篤な症状に見舞われて、お風呂の中で溺れてしまうなんてこともあるんです。僕も風呂屋のせがれに生まれてきて毎日2回の風呂入浴をしていますが、かならずかけ湯は励行しています。

お風呂に入るときもゆっくりと手足からはいりましょう。

お風呂に入るときもゆっくりと手足からはいりましょう。

逆にかけ湯でカラダをお風呂の温度にカラダを馴染ませないと不安なんです。やはり日によっては疲れや寝不足などで立ちくらみに似た症状が現れることもありますので、普段シャワーだけで済ませている方などは、特にかけ湯でカラダを慣らさないと事故のもとになってしまうんです。持論ですが、風呂に入るということはある意味日本人の遺伝子がもっている本能のようなものですし、日本の大昔からの文化なんですね、本来お風呂に入ることに長けている民族なので、お風呂でつまらぬ事故などに合わないように、またせっかくの温泉入浴を楽しんで、長生きに役たつよう、立春前の寒い季節、温泉入浴、お風呂文化を取り入れてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、K新聞 安全で賢い入浴法 大東文化大学准教授温泉療法専門医 早坂信哉先生。

 

温泉で生活習慣病予防を~。


みなさま。ご存知でした?2月は生活習慣病予防月間だったことを・・・。僕は今日知りました・・・。笑。ところで僕も含めて中高年の多くが生活習慣病かまたは、予備軍だといわれています。この生活習慣病じつにやっかいなので、大きな疾病となって無駄なお金を使う羽目になる前に、日ごろの生活習慣をすこし見直すだけでかなりの改善になりますので、この機会に心機一転どんどん健康になってまいりましょう。生活習慣病の原因は主に運動不足、過食、などが積み重なっていわゆる「内蔵脂肪型肥満」になることによってさまざまな病気になるといわれています。

この内蔵脂肪型肥満になることによってひき起こされる病気として糖尿病、高血圧、脳出血、脳こうそく、大腸がん、心筋梗塞、狭心症、痛風、歯周病、脂質異常(高脂血症)などあらゆる病気の原因になるんです。最近の健康の考え方の傾向性として、ただ長生きをするというよりいかに健康で長生きをするか、いかに介護されずに自分の健康は自分で管理して作っていくかそれが大事なんです。この生活習慣の心構えとして、日本生活習慣予防協会では、「一無、二少、三多」をかかげています。「一無」とは無煙、禁煙のことでたばこの害毒は取り込まない、また一酸化炭素など有害物質も防ぎます。「二少」とは小食、少酒のことで腹八分目の食生活を心がけることが大切なんです。

温泉にはいるだけでも生活習慣改善になるんです。

温泉にはいるだけでも生活習慣改善になるんです。

さらに「三多」とは多動、多休、多接のことで、動きに動き、しっかり休息をとり、人や場所に接していつまでも社会と結びつきを保つことなんです。常に健康であり社会に貢献しているそういった生き方がいつまでも元気いがあふれる、健康寿命につながり、健康的な生活習慣が積みあがってきていつまでも健康でいられるものなんです。この健康生活習慣に温泉入浴もとりいれて相乗効果でさらに健康的になってみてはいかがでしょいうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、S新聞 禁煙 食生活 運動と休息で予防に努めよう

ロコモーションチェック!


本当に歌のような名前ですよね。ロコモーションチェック。そもそもロコモティブ症候群(シンドローム)のチェック項目としてあるのですが、ロコモが一つでもあると、要介護にある可能性が格段に高くなってくるので要注意です。特に健康的な生活を続けるためには、足腰の柔軟性、筋力、バランス感覚、などどれをとっても大切なので日常のなかでそれら運動機能を衰えさせないQOL(クオリティーオフライフ)の維持、向上を心がけていきたいものです。このロコモにはロコモ予備軍ともいえるチェック項目があるのですが、そのうちの一つでも当てはまるとロコモとなってしまうんです。ちなみにそのチェック項目は以下の通りです。

なるべく歩くことが大切なんです。

1、片足立ちで靴下ははけますか?

2、家の中でつまづいたり滑ったりしませんか?

3、階段でのぼるのに手すりが必要ですか?

4、横断歩道を青信号でわたりきれますか?

5、15分くらい続けて歩けますか?

一つでも当てはまると残念ながらあなたはロコモです・・・。

温泉入浴も軽い運動強度に匹敵するんです。

実は、僕は1番がちょっと苦手なんです。昔から胴が長いせいか、若干腰が悪いので片足立ちで靴下をはくと腰をグキッてしまう可能性があるからなんです。ちなみに骨粗鬆症の予防にフラミンゴ運動というのがあるのですが、目を開けて片足立ちで何秒たち続けられますか?30秒以下だと体が70歳以上に高齢化しているそうです。この片足立ち手すりにつかまりながらでもいいので、一日1分を3回それぞれ左右の足で行ってみてください、それだけでもロコモ予防のいい運動になり、転倒予防、バランス感覚、筋力維持にも効果的なんです。清水湯のお風呂場で壁につかまりながらでもいい運動になるかもです。非常に手軽な運動ですので温泉入浴と併せて毎日の簡単な運動として取り入れてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、医療法人 敬節会 ロコモティブシンドロームをご存知ですか?

参考画像、ラッキーウエスト

【ラーメンなわて】はかなりおススメです。


一週間に1,2回はラーメン屋さんに言っているような気がします。でも太らないのは毎日2回お風呂に入った時に行う、ロングブレス清水湯式のおかげなんです。(基本はロングブレスの腹式呼吸に空手の三戦立ち(さんちんたち)の立ち方を取り入れています)とくにお腹周りは臍下丹田(せいかたんでん)からぎゅーっと絞るようにして呼吸をしますので、大食漢の3代目もこの呼吸法のおかげでメタボにならずに済んでいます。さて、またまた美味しいラーメン屋さんを発見してしまいました!清水湯からもすぐ近くで自転車で2,3分でしょうか。

なわてのつけ麺。

つけ汁が美味しそう!

この炙りチャーシューはおすすめです。

店内は炭火焼の煙がただよっているのですが、これがまた期待感が高まってくるんです。良く見ると七輪が置いてあり、その上でチャーシューを炙ってるじゃありませんか。あまりにも珍しい光景なのでお店の方に許可をいただいて写真撮影をさせていただきましたが、快く了解していただいたので嬉しかったです。僕自身事前の知識もなく言ったのですが、ご主人は有名ラーメン店のせたが屋で修行していて、なんだかせたが屋さんより美味しいのではないかと言われてたりしています。今回は子供3人を連れて食べに行ってきたのですが、食に素直な子供たちも美味しいを連発していましたし、僕も素直に美味しいな~と思いました。ラーメンもつけ麺も最高なんですが、特徴は塩味、この深みがあって、濃くのある塩味は秀逸ですね。

炙りまくって店内はもくもくです。笑

珠玉の一杯ですね。

いつも満席状態です。

こんな美味しいの食べたことないくらい美味しい塩味のラーメンでした。盛り付けも綺麗で一瞬「美しい」とつぶやいてしまいました。笑。ラーメンなわてさんはまずは一度、何も考えずに食べに行っていただき、美味しい感動を味わってきてもらいたいと思いました。清水湯からも近くて、また美味しいラーメン屋さんを発見したことに心から嬉しいと思いました。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

[火~土]
11:00~14:30
18:00~20:30(スープ切れの場合終了)
[日]
11:00~14:30

定休日 月・第三日曜日
▼清水湯からのアクセス

View Larger Map

ホルモン好きにはたまりません~。


武蔵小山って実は焼肉激戦区だったことに今さらながら気がつきました。武蔵小山で焼肉というと、清水湯のお隣のWさんか元山さん、ほかにも子供の頃よくつれていってもらった大門さんやソウルさん、ほかにもありますが、最近、食べログでも人気急上昇なのが、【ホルモンしばうら】さんなんです。前々から気にはなっていたんですが、焼肉ってエンゲル係数高いですし、行くときも決まったお店に行くことが多いものですが、今回は初めてのお店も行こうと言うことで家族全員で行ってきました。

ついに行ってまいりました!

艶がいいですよね。

希少部位も豊富!

キャベツがサービスでついてきます。

遠赤の炭火で焼くんです。

オイキムチがなぜか子供たちに人気なんです。

まず、びっくりしたのは、2階に入り口があるのですが、入り口火のついた炭火がたかれており、ここが炭火焼肉ということをそこで初めて気がついてお店に入っていくと、元気のいい店員さんが、威勢よく迎えてくれるんです。いわゆるCS(コンシューマーサービス)に力が入っているんだなーと感心させられちゃいますが、子供連れの家族で、タバコを吸わないというと、禁煙席はないようですが、家族連れ専用の座席を選んでくれました。ここの排気ダクトが強力で斜め前に喫煙している人がいましたが、ぜんぜん煙を気にすることもなかったのが嬉しかったです。とにかく店員さんの教育が行き届いていることに感心しながら、かなりのお肉を注文しましたが、そこそこの金額で家族5人で食べるには、コストパフォーマンスもいいほうなんじゃないかと思いますし、ホルモン系のハラミや、貴重部位のイチボなんかもあって、デザートもあるし、家族で行くにはおすすめかもしれませんね。

どれも美味しいんです。

完全に肉食です・・・汗。

なかなかブロックのハラミも珍しいですね。

冷麺でしめました。

そしてとどめのスイーツ。

焼肉のあと、歩いて【タケヤジェラート】に食べにいきました・・・笑

店内は広くて座敷もゆったりですし、カップル、少人数、もテーブル席があるから利用しやすいかもです。ホルモン専門店ですが、どのお肉を食べても美味しかったです。武蔵小山駅の西口商店街の着き当たりにありますが、東口の清水湯にお越しの際やお近くにお越しの際は是非、美味しい焼肉に舌鼓を打ちに行ってみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

ホルモンしばうら武蔵小山店

03-3714-3750

東京都目黒区目黒本町3-5-7 テラサワビル 2F

平日・土・祝
17:00~24:00

12:00~24:00

年中無休
清水湯からのアクセス

View Larger Map

情報ライブミヤネ屋でやってましたね。


ロコモティブ症候群。略してロコモ。僕も初めは、ロコモコの仲間かとおもってましたし、(笑)もしくはリトル・エバァのロコモーションかともおもっていましたが、やはり来ましたね、ロコモ。ずいぶん前にも健康ブログで書いたことがあるのですが、このロコモティブ症候群(略してロコモ)とは、運動器の障害により要介護になう可能性の高い状態になることなんです。ロコモの原因として、加齢に伴う運動機能の低下、それと運動器自体の疾患の大きく2つに分かれます。加齢による運動機能の低下には、筋力低下、持久力低下、反応時間延長、運動速度の低下、巧緻性低下、深部感覚低下、バランス能力低下などがあげられます。「閉じこもり」などで、運動不足になると、 これらの「筋力」や「バランス能力の低下」などと、あいまり、「運動機能の低下」が起こり、容易に転倒しやすくなります。

筋骨格系の痛み、関節痛などにも効能があるんです。

運動器自体の疾患には、(加齢に伴う、様々な運動器疾患。)たとえば変形性関節症、骨粗鬆症に伴う円背、易骨折性、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症など。あるいは関節リウマチなどでは、痛み、関節可動域制限、筋力低下、麻痺、骨折、痙性などにより、バランス能力、体力、移動能力の低下をきたしますの疾患があります。この中で変形性膝関節症はまさに国民病で4700万人もいるとされています。これらのようにロコモは、いわゆるピンピンころりを標ぼうする健康でいきいきとしていくときはころりといく、健康寿命を阻害するものとして、このロコモにならないため、また、元気でかくしゃくと生活できるようにと健康生活のクオリティーを上げていくことが大切なんです。健康の原因それは、いわゆる生活習慣の改善、また、特別なものなどなく起きるときは起き、寝るときは寝る、食べるときは食べ、出すときは自然と出す(笑)休む時は休み、動くときは動く、自然の理にかなった生活をすることと、そしてそれを健康的に何歳になっても続けることが大切なんです。

メタボの次に来るといわれています。

ロコモになると、メタボにもなり、さらに認知症にもなる負のスパイラルに陥る可能性が高くなってくるので、人間の体は使わないと動かなくなるものですし、出来ることならばいつまでもピンピンとして、最後はすっきりコロリと行きたいものです。ロコモ予防には特に変形性膝関節症のお客様がだいぶ前ですが、清水湯の温泉で手術をしなくても大丈夫になったと喜んでいただいたこともありましたが、加齢による関節痛などにも効果があるようです。清水湯の温泉が皆様の健康の礎の支えになれたら幸いです。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、参考画像、日本整形外科学会 ロコモティブ症候群

温泉入浴で快眠を~。


僕の特技はどこでもすぐに眠れることなんですが、友人の何人かは不眠症なので、不眠症の新聞記事なんかは何気に目がとまっちゃうんです。寝れない人の気持ちがわからないので、ひょっとしたら、夜寝れないのは昼寝のし過ぎとか、カラダが疲れてないからじゃないのとか変に憶測したりしちゃいますが、当の本人は眠れないのが相当辛いみたいなんです。そこで、温泉入浴が快適な睡眠を誘導することと併せて他にも睡眠導入に最適な何点かの快眠術をご紹介したいと思います。

良い温泉は不思議と眠くなるんです。

1、就寝直前に少量のアルコールやカフェイン、食事をとるとカラダにたいして興奮性の作用にもなり寝つきが悪くなるそうです。しばらくして眠気を感じてから就寝するようにします。

2、寝る前の30分前からは部屋を暗くして過ごしましょう。明るい部屋は脳の交感神経を興奮させて寝つけない原因になります。

3、寝る前に少しぬるめのお風呂にゆったりと入ります。副交感神経が優位になり眠気が促進します。

4、鎮静作用のあるアロマ(香り)をつかうのも効果的です。ラベンダー、カモミール、マンダリンなどお気に入りの匂いで精神を鎮めて眠気を促してください。

5、簡単なことですが、眠くなったらすぐにベッドにはいりましょう。眠気のリズムは2時間程度の周期があるそうです。

6、気持ちが高ぶっている時や緊張しているときは、ストレッチやヨガなども有効です。またゆったりとお腹をいしきして呼吸することも(腹式呼吸)気持ちが落ち着いてきます。

7、ベッドにはいっても眠くならない時は、無理に寝る必要はありません。寝よう寝ようとしても頭が冴えてきちゃうものです。

温泉を生活習慣に♪

快眠、快食、快便は、普段の生活習慣が反映されるものですが、眠れない夜を過ごすことが最初からわかっているのなら、どんどんカラダを疲れさせて、気が付いていたら寝ていたなんて感じで、また、温泉入浴もどっと疲れもとれるものです。それもカラダの疲れとともに心の疲れも一緒に温泉に流れ出してしまうものです。清水湯の温泉にはいるとよく眠れるというお客様は結構多いんですが、普段の健康的な生活習慣のなかに清水湯の温泉入浴を取り入れて毎日快眠の健康生活を過ごしてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、K新聞 ぐっすり快眠術

 

これは簡単!舌トレーニング。


古来のインドでは、イエス(肯定すること)の時に、舌(した)をべーっとだしたらしいのですが、記憶がおぼろげなので、間違っていたらごめんなさい。普段から健康でいたいと思っているのですが、できたら簡単に楽に健康になりたいと常々考えていたところ、舌を動かすだけの運動があるというので、ご紹介したいと思います。

温泉が効果的なので、最小限のトレーニングでも効果が高まるんです。

食べ物を食べたりするときに、大切なものが、唾液なんですが、この唾液は消化吸収を助け、嚥下(飲み込むこと)も楽にすることができるのですが、舌がよく動くことと唾液の分泌は関連があるようです。また唾液が出れば、胃腸も元気になるんです。舌の動かし方として、

1、口を大きく開けて。

2、舌をペロペロと上下に伸ばし。

3、舌を左右に伸ばします。

4、舌はそれぞれ10秒ほど数えながら伸ばします。

お風呂に入りながらすると、かなり面白い光景になるかもしれません。

この舌の運動をある老人ホームで行ったところ、飲み込む力が改善されたそうです。また、この舌の運動によって舌の細胞が活性化して唾液をふやし消化吸収が改善して、ついでに脳みそが活性化するらしいのです。気軽にできる舌の運動をしながら、お風呂にはいるのも良いかもしれませんね。これからも、気軽に健康になれる情報をふんだんにご紹介していこうと思っています。また寒い冬だからこそ、誰でもできて簡単に健康へのアプローチができるものを、取り入れてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、K新聞 舌の運動

 

 

家事も健康アップに


最近の健康作りには、運動以外に、日ごろの家事や、生活スタイルで筋力維持や、バランス感覚の維持、または高齢者の転倒予防の意味でもお掃除などの日ごろ普通に行う家事などで予防することが脚光を浴びてきています。僕も運動が好きで10年以上ジムに通っていた時期もありましたが、いわゆるマシントレーニングにしても有酸素運動にしても、パーソナルトレーナーがいるか、かなり競技として目的意識がないと、かなり惰性に流されがちな運動になりがちなんです。

温泉入浴が一番手軽な健康法なんです。

実際、程よい健康を維持したいのであればそれでいいのですが、運動強度的には日ごろの家事程度でも十分同程度の運度強度を得ることができるんです。特に階段の上り下りは是非、階段を使用してしっかりと脚力をつけたいものですし、草刈であったり、炊事洗濯なども奥様のお手伝いがてら健康的に家事をこなしていくのも、おすすめです。

清水湯の露天風呂には転地効果もあるんです。

年齢を重ねるごとに足腰は知らず知らず衰えていくものですが、歩く、活動する、という前向きな気持ちを持ち続けて、生活強度を維持していくことによって、わざわざ、さー運動しようなどと気持ちを奮い立たせなくても、自然と矍鑠と(かくしゃく)壮健(そうけん)な生活が送れると思うんです。適度な運動(家事)と健康温泉入浴法を組み合わせて、手軽に気軽に、いつまでも健康でいたいものです。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。