ブログ

未病から健康体へ。(温熱のすすめ)


約2000年前ぐらいに書かれた中国の医学書「黄帝内経」にすでにこの言葉が使われていたそうです。この未病とは「病気に向かう状態」のことらしいのですが、未病とは予防とは違うらしいのです。あくまでも健康状態が悪くなる前の状態らしいんです。たとえば体調がどこか悪いんだけど検査をしても悪いところが見つからない逆にカラダのどこにも変化はないのだけども、検査に行ったら異常が出たなどのように病気と健康の狭間の状態を未病というらしいのです。

都心にいることを忘れそうです。

都心にいることを忘れそうです。

そういう意味では、糖尿病や高血圧などの生活習慣病はある意味、未病なんだといっているのは、琉球温熱療法院院長の屋比丘勝子先生なんです。ですから、この未病の段階で病名が付く前に温熱療法を施せば病気の芽を摘み取ることができるんです。屋比丘先生の温熱療法の中には自然の恵みである温泉入浴や岩盤浴も効果的と指摘しています。やはり、医学的な見地からも、温泉入浴は一般的な温熱療法の位置づけで、太古の時代から、それこそ人間以外の動物も傷やカラダの疲れをいやすために野生の動物も温泉に入るわけですから、動物も本能で温泉の良さをわかっていたんでしょう。さらに岩盤浴に近い療法として、温石(おんじゃく)というものがあるのですが、それは石を温めて真綿や布にくるんでお腹を温めて治療効果を期待するものでしたが、ひょっとしたら、岩盤浴よりもカイロに近かったのかもしれません。

「病み付きになる」になると言われました。喜

「病み付きになる」になると言われました。喜

これは平安時代末期から江戸時代にかけて行われていたといわれています。ちなみにこの温石のもとになっているのが、漢方医学の温ぱん法なんですが、これも歴史は古く紀元前の中国戦国時代からすでに利用されていたそうです。人間も動物も太古よりカラダを温めることで当時医学が発達していなかった中で未病から健康なカラダにしていくために温泉や天然の岩盤浴などで、健康増進をはかっていたんですね。現代では、身近にそして手軽に清水湯の天然温泉で温熱療法を行うことができますので、未病ではなく最高の健康体になってまいりましょう!

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、温熱生活のすすめ。 屋比丘勝子先生。

 

最近注目しているのが、インシュスリン様成長因子ー1なんです。


40を過ぎると少し毛髪のことが気になりだしてくるものですが、徳川家康のことばじゃありませんが、「座して死を待つよりは、打って出て戦ったほうがいい」(趣意)というような言葉があるんですが、含蓄(がんちく)を含んでいてまさにその通りだと思います。それをただ遺伝子やDNAのせいにして何もせず、座しているよりは、出来ることはなんでもやっていくことが大切なのではないでしょうか。さて、これはオフレコなのですが、45歳になった僕はまだ結構髪の毛があるのですが、2つ離れた弟は少し発毛間隔が延びているような気がします。同じ兄弟でもなぜ違いがでるのか、すこし疑問だったこともあり、お得意のアマゾンで面白い本を見つけました。

風呂は不老につながるんです。

風呂は不老につながるんです。

「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」という本なんですが、ちょっと新理論などと書いてあるので、まがい物くさいなんて思いながら読み進めていくと結構理に適っていて、また、髪のことならず、アンチエイジングや生活習慣の改善まで網羅されていて大変に中身の濃い本だと気が付きました。また、医学的にどういう位置的なものかもわからないのですが、あくまでも医学博士のグループが発見した研究成果なので、興味をもってご紹介したいと思います。1GF-1(インシュリン様成長因子ー1)とは、全身の細胞で作られる成長因子なんです。この1GF-1はカラダの成長のみならず、治癒力や免疫力、また新陳代謝、毛髪のはり、肌のみずみずしさの維持にも貢献します。しかし、今まではこの物質は成長ホルモンの分泌によって増えると思われていたので、成長期にある一定の時期にしかこの成長因子は賦活(ふかつ)しないと思われていました。しかもこの成長因子は毛髪の成長に欠かせない物質ということもわかっていたのです。それが、最近の研究で「知覚神経の刺激で増える」ということがわかってきたらしいのです。

温泉で体質改善、そしてバランスのいい栄養素が必要になってきます。

温泉で体質改善、そしてバランスのいい栄養素が必要になってきます。

この1GF-1(インシュリン様成長因子ー1)という成長因子を増やすことが、じつはアンチエイジングにもつながり、理想の健康と美容を手にすることが可能になってくるのではないかと言われています。なんだか長ったらしい名前なので覚えられないので、若返りホルモンみたいな名前にしてくれるともっとわかりやすくて普及していくんじゃないかと思うのですが、まとめに一点だけこの1GF-1(インシュリン様成長因子ー1)は温泉入浴でも増えるということなんです。温泉によってもたらされる熱、酸性度、アルカリ度、硫化水素、炭酸、などの物質は皮膚の知覚神経を刺激して若返り物質である1GF-1(インシュリン様成長因子ー1)を増やすんです。ちょっと聞きなれない健康物質ですが、清水湯が皆様へ提供できる健康情報として健康と美容へのあくなき追求はこれからも続けてまいります!(キリッ笑)

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論。医学博士 岡嶋研二先生。

銭湯川柳(1010誌から抜粋)


おかげさまで発刊から20年の佳節をむかえることができた1010誌(全国のお風呂屋さんの組合の機関紙なんです。)しかもなんと120号!2代目の父はなぜか初校からファイルにいれて1010誌のコレクターをしていましたが、(価値でも上がるのかと思っていたのかも・・・汗)僕は、読んだら捨ててます・・・。その1010誌の中で、昨年の6月から12月までに応募した銭湯川柳の秀作を一部ご紹介したいと思います。

温泉にはいると何かひらめくかも。

温泉にはいると何かひらめくかも。

・富士見るか 銭湯誘う 合言葉 (たかさま)

・この歌は 一番風呂の あのおやじ (あいらぶ)

・銭湯で 育てたいのは 江戸ごころ (たかぼこ)

・洗い場の 話題うれしい ノーベル賞 (大黒)

・欲のない 顔が浮いてる 朝の湯屋 (もへじ)

・銭湯で 道草してた 遅い彼 (素乱風)

・銭湯へ 行けば六十路も 「ちゃん」づけに (ヒデじい)

・成長か 孫もタオルで 前隠す (やっちゃん)

・ネットでは 得られぬ情報 湯船にて (月照一燈)

心もカラダもリセットすればいい考えも浮かんでくるものです。

心もカラダもリセットすればいい考えも浮かんでくるものです。

などなど秀逸な川柳の数々ですが、みなさまも1010誌の川柳に応募してみてはいかがでしょうか?ミスチルの桜井さんもお風呂に入っているときに詩や曲が浮かんでくるとテレビで言っているのを聞いたことがあるのですが、清水湯の天然温泉でのんびり湯船につかりながら、川柳のみならず、仕事のアイデアや発明のビッグアイデアが浮かんでくるかもしれませんね。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、1010誌

再訪!レトロワ。ここはお気に入りに登録しておいてください。


最近はほんとうにいい店がどんどん増えてきていて、武蔵小山はそのうち、下北とか、白金なみにおしゃれな街になってしまうのではないかと心配しています・・・。僕は昔から東京の田舎っ子なのでおしゃれな街だと落ち着かなくて苦手なんです。できたら武蔵小山はいつまでも都心に近いわりにはいつまでも、下町チックな雰囲気を残しながら、ロストワールドのように古き良き街並みを残していってほしいものです。さて、その象徴ともいえる武蔵小山のディープな一角、駅前の飲み屋街の外れにある「レトロワ」さんに久しぶりに行ってまいりました。その数日まえに、やはりお気に入りのおそらく日本一美味しいであろうハンバーガー屋さん「シェリーズカフェ」にハンバーガーを食べに行ったらたまたま「レトロワ」さんのご主人と会ったんです。

小鉢でコースになっています。

小鉢でコースになっています。

じゃんじゃんでてきますよ~。

じゃんじゃんでてきますよ~。

どれも秀逸です。

どれも秀逸です。

満足度高すぎです。

満足度高すぎです。

 

何を隠そうご主人の原くんは、僕の弟と同級生の同じ地元出身、武蔵小山出身でいろんな超有名ホテルなどで活躍された後に愛する奥様と二人三脚で武蔵小山にご自身のお店を開いたんです。その時も地元の友人たちがお店作りに全面的に協力してくれて素敵なレトロワさんが出来上がったんです。余談ですが、武蔵小山は友達を大切にする風潮がつよいんですね。それは地元にいるとよくわかるんですが、僕も町内会とか、近隣の方々にいまでもたくさん助けていただいているんです。(御礼)さて、レトロワさん、実はうちの子供たちも好きなんですが、最近エンゲル係数が高めなので今回も奥様を誘って二人だけで行ってまいりました。

腕良すぎ。

腕良すぎ。

パンも自家製です。おかわりしちゃいました。

パンも自家製です。おかわりしちゃいました。

これで何品目?

これで何品目?

 

ついにメインのハンバーグ登場。これがふわトロで最高です。

ついにメインのハンバーグ登場。これがふわトロで最高です。

 

奥様のメインのサーモンお気に入りになったそうです。

奥様のメインのサーモンお気に入りになったそうです。

 

デザートまでついてくるんです。

デザートまでついてくるんです。

 

僕はお得意のハンバーグ、奥様は魚のソテー、次から次と小皿で普段食べれない、こだわりの料理がでてきて、どれも美味しいのですが、ランチでもコース料理になっていてうれしい限りです。なんだかすごくお得感を感じちゃいます。メインのハンバーグもふわふわとして、美味しいんです。食にうるさい奥様もレトロワさんにくると仏顔になるのでうれしい限りです。今では、レトロワファンも相当増えてきてディナーなどは予約が必要になってきましたが、清水湯の天然温泉でじんわり温泉成分をカラダに染み込ませて、小腹がすいてきたら、レトロワさんで美味しいお食事でもいってみてはいかがでしょうか。武蔵小山の黄金コースがまた一つ増えるかもしれませんね。笑

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

レストラン レトロワ(Restaurant L’Etroit)

03-6426-4086

東京都品川区小山3-21-1

12:00~15:00
18:00~23:30(L.O)

ランチ営業、日曜営業

定休日 水曜日
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

お豆が良いんです。マクロビの美味しいお店発見!


食べログから抜粋。【お豆さんを主菜(主役のオカズ)として食べる・・・お豆さんを肴にお酒を飲む・・・ そんな新しい食事の提案をするレストランが不動前にあります! 例えば、豆のから揚げ『マメカラ』、回鍋肉ならぬ『回鍋豆』、肉じゃないの?と驚く『豆バーグ』など。 他では食べられない、工夫を凝らしたメニューの数々に、お客さまからも「豆の概念が変わった!!」と言われます。 お豆と共に塩麹や甘酒などの発酵食も取り入れた健康をテーマにしたレストランではありますが、お腹にしっかり満足、厳選した日本酒やワインが進むメニュー になっています。それは、やはり美味しくないと意味がないから。

不動前についにマクロビできました!

不動前についにマクロビできました!

日替わりランチ。この日はサバでした。

日替わりランチ。この日はサバでした。

この雑穀系がたまらないんです。

この雑穀系がたまらないんです。

 

続かないから。美味しく食べて、愉しく飲んでいただくことをモットーに、日々お豆さんを研 究しています。 「食べた翌日の体調がいい!」「快腸になった!」とよく言われることも誇りです。ハナムスビから「Beanist」=「お豆派、お豆好きな人」を増やして いきたいです。 】これを読んで、つい奥様と行っちゃいました。笑。ただ食べログのマップには日野中学の図書館の中みたいに出ていたのでそうとう大回りして行ったんです。僕たち夫婦は納豆から始まり、ぜんざい、チリビーンなどお豆系のたべものが結構好きなんです。そこでかなり期待感一杯に訪問しました。すぐに目についたのは、ガラスの漬物ビンにぶつ切りにした果物を見た瞬間、さらに期待感が膨らんじゃいました。それは、今をときめく【酵素ジュース】だと一目でわかったからなんです。

お豆がキーコンセプトのようです。

お豆がキーコンセプトのようです。

食べた後カラダが軽くなるんです。

食べた後カラダが軽くなるんです。

この日のランチメニュー

この日のランチメニュー

 

 

昔から「釣り好きに悪い人はいない」と釣りきち三平のおじいちゃん一平がよく言っていましたが、酵素を作ってる人で悪い人はいないというのが、僕の持論なんです。僕の好きなマクロビの【はな】さんといい、不動前の【はなむすび】さんといい3代目に長生きしてくださいよと清水湯の近くに出来たとしか思えないのは僕だけでしょうか。笑。ますます、清水湯の健康温泉&自然食の健康レストランが武蔵小山周辺の平均寿命を延ばしそうな予感がします。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

ハナムスビ

03-3492-9997

東京都品川区西五反田5-12-3 1F

[月・火・金・土]
11:30~14:00
18:00~23:00(L.O)
[木]
18:00~23:00(L.O)
[日曜]
18:00~22:00(L.O)

定休日 水曜日
▼清水湯からのアクセス

View Larger Map

三井温熱療法によると。


温熱療法のなかに「三井温熱療法」というのがあるんですが、その著書三井とめ子著作の「注熱でガン、難病が治る」という本の中に、カラダを温めると病気を克服することができると謳われています。しかもただ温めるだけではなくて、カラダの芯から温めるんだそうです。実はこれには僕も大賛成で、カラダの芯というのはすなわち、背骨のことであり、まさに第二の脳である脊髄を温めることなんです。この背骨を温めるとなぜいいのかというと、体温調整や維持、または免疫系や代謝、ホルモンバランス、自律神経などはすべてこの背骨の中にあるからなんです。

カラダを芯から温めることがいいんです。

カラダを芯から温めることがいいんです。

まさに「冷えは万病の元」といわれるように、この背骨いまでも温めることが本当に芯まで温まるということなんです。そしていわゆる温熱療法の特徴として、薬に頼らない副作用のない療法であること、元からあるカラダの自然治癒力を増強するのでカラダに負担がかからない、実はガンというのは熱に弱いんです。(ガンも人間のカラダに出来るということはタンパク質でできているんです。タンパク質は42度以上で熱タンパク変性を起こすからなんです。

療養泉の黄金の湯が効くんです。

療養泉の黄金の湯が効くんです。

そういういみではガン予防にもなります。)カラダを芯から温めることで、冷えから引き起こる万病の予防にもなり、健康と長寿を手に入れることができるのであればそんなうれしいこともないのではないでしょうか。清水湯の温泉は、とくに黄金の湯は高張性でカラダに染み込みやすくカラダが芯から温まりやすい特徴がありましすし、女性専用の岩盤浴はまさに背骨を温めるには最高なんですね。清水湯の天然温泉と岩盤浴で背骨のみならず、心もほっこり温めていただいて病気知らず、健康増進にお役たてくださいませ。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、注熱でガン・難病が治る 三井と女子著。

友達のお店紹介。(海鮮居酒屋EBISU本丸)


清水湯からちょっと離れていますが、JR恵比寿にある僕の友人のお店(海鮮居酒屋EBISU本丸)さんを紹介したいと思います。前から何度か夕飯を食べに行っているのですが、今回はランチもやっているということなので、平日のランチタイムに会社勤めの方たちに紛れてランチに行ってまいりました。ちょうどお店に着くと店長のE藤くんがいたので、しばらく世間話して、早速お店の中へ、すでに13時を過ぎていましたが、周辺の会社員の方々や、OLの方々で満席状態、さすが人気店と思いながら丁度2席だけ空いていたカウンター席に奥様と一緒に座り、本日のおすすめ海鮮丼と刺身定食を注文。

新鮮そのもの。

新鮮そのもの。

美味しそうでしょ!

美味しそうでしょ!

いい笑顔で迎えてくれます。笑

いい笑顔で迎えてくれます。笑

 

本丸さんは店長のE藤君の実家が魚屋さんということもあり、新鮮な魚介類を仕入れることが出来るので特に魚介類の海鮮系が美味しいと評判なんです。また、中学の時から人気者でしたので接客もかなり評判が良いらしいですが、それもうなずける話なんです。でも、恵比寿のような飲食激戦地において、友人の本丸さんが、昼も夜も人気店として繁盛しているのは本当にうれしいですよね。ちょっと清水湯から3,4駅と離れていますが、時間的には結構早着きますし、一度は行ってみても後悔はしないと思います。

刺身定食。価格も庶民的です。

刺身定食。価格も庶民的です。

もともと魚屋さんだったので魚介類には自信があるんです。

もともと魚屋さんだったので魚介類には自信があるんです。

 

恵比寿で800円以下は安いです。

恵比寿で800円以下は安いです。

おかかもサービス!

おかかもサービス!

 

 

とにかくあの辺の恵比寿界隈では価格もお得感がありますし、ネタも新鮮なので仕事帰りのノミ二ケーションにもおススメなんです。これからの忘年会シーズン、新年会シーズン、普段のお付き合いの定酒場としてもご利用いただければ嬉しい限りです。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

海鮮居酒屋EBISU本丸

0066-9674-17699

東京都渋谷区恵比寿1-4-1 1F

ランチ 11:30~14:00 ディナー 17:30~24:00(L.O.23:30)

土曜日はランチやってないそうです。

定休日 日曜・祝日
▼清水湯からのアクセス

View Larger Map

花粉症に温泉は効くのか!?


結論からいうと効くのではないでしょうか。ある新聞コラムにあったのですが、症状の軽減には体質改善が重要とありました。睡眠を十分にとり、カラダの抵抗力を維持して、食事も規則正しくバランスよく摂り、アルコールの飲みすぎや、たばこの摂取などは粘膜を荒らす原因になりますので慎むべきだと書いてありました。また健康力をつけるためには適度な運動も必要なんです。いまや国民の4人に1人は花粉症といわれている国民病ですが、、じつは3代目の僕は花粉症ではありません。僕だけならず家族全員とりあえず花粉症ではないんですが、その相対関係ははっきりとはしていません。ただ、先述のように僕自身はたばこも吸いませんし、お酒もたしなむ程度、運動もそこそこしています。

つらい時期がやってまいりました。

カラダの抵抗力をつけるという意味では岩盤浴&温泉入浴でかなりカラダのデトックス&体質改善を日ごろからしているお蔭か、どんなに花粉が飛んでいてもびくともしません。(花粉症の方には申し訳ないのですが・・・)花粉症はアレルギーですから、アレルゲンである花粉が発生する春先にあらわれる季節性アレルギーと年中、ダニやゴキブリのふんなどが原因で花粉症状があらわれる通年性の鼻炎に分けられます。アレルギーはあくまでも体質ですから、アレルゲンである花粉をシャットアウトするか、体質を改善するしかないんですね。

温泉が効果的なので、最小限のトレーニングでも効果が高まるんです。

温泉が効果的なので、最小限のトレーニングでも効果が高まるんです。

温泉で免疫系を強くしてまいりましょう!

温泉で免疫系を強くしてまいりましょう!

スギの木とかも意味があって花粉を飛ばしているので、すこしでも体質改善ができるようにアレルギーに反応しないカラダ作りをすこしでも心がけていくべきなのかもしれませんね。花粉症の辛さがわからなくて申し訳ないのですが、昔銭湯の濾過機にろ過材として毎日、さらし粉を投入するのですが、その粉をすこしでも吸うと鼻水と涙と咳がとまらなくてすごく嫌な仕事の一つだったのですが、(今はなくなりましたが)それに似ているのかもしれませんね。花粉が飛んでいるときは外出を控えるとか、外から帰ってきたときは花粉を払うとかいろいろ対症療法はありますが、すこしでも体質改善ができて花粉症がでないようになるといいですよね。睡眠、食事、温泉ですこしでも体質改善の一助になれれば幸いです。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、K新聞 花粉症 生活の工夫で軽減 日本医科大学大学院医学研究科頭頸部・感覚器科学分野 大久保公裕先生

参考画像、あさひ病院

お風呂の事故は冬が多いんです。


清水湯の数寄屋門の脇に植わっている梅のつぼみもだんだんと大きくなってきていて、もう梅の花が咲くのも時間の問題のようです。ひょっとしたら、このブログを書いている間にも花が開きそうです。気が付けば、もうすぐ春なのですが、1月2月は一年の中でも一番寒い季節ですから、お風呂に入るときはとくに気を付けたいと思います。実はお風呂での事故はほとんどが冬の季節集中しています。ほとんどが12月から2月のあいだでお風呂に入るときに事故がおきているんです。

かけ湯を忘れずに。

かけ湯を忘れずに。

これはとくに自宅でのお風呂も含めてですが、要因としては、脱衣場の温度とお風呂場の温度の差が大きいことによって、起こりやすくなるんです。(清水湯では脱衣場も暖房で温めています)寒いところから温かいところ、それもかけ湯もしないで急に湯船に入るとどうなるか、それは急激な高血圧によって血管内の血流が急激に流れるのですが、その際にもし血栓や高脂血症があるとそれが血管をふさいでしまって、悪い場合で脳卒中、心筋梗塞など重篤な症状に見舞われて、お風呂の中で溺れてしまうなんてこともあるんです。僕も風呂屋のせがれに生まれてきて毎日2回の風呂入浴をしていますが、かならずかけ湯は励行しています。

お風呂に入るときもゆっくりと手足からはいりましょう。

お風呂に入るときもゆっくりと手足からはいりましょう。

逆にかけ湯でカラダをお風呂の温度にカラダを馴染ませないと不安なんです。やはり日によっては疲れや寝不足などで立ちくらみに似た症状が現れることもありますので、普段シャワーだけで済ませている方などは、特にかけ湯でカラダを慣らさないと事故のもとになってしまうんです。持論ですが、風呂に入るということはある意味日本人の遺伝子がもっている本能のようなものですし、日本の大昔からの文化なんですね、本来お風呂に入ることに長けている民族なので、お風呂でつまらぬ事故などに合わないように、またせっかくの温泉入浴を楽しんで、長生きに役たつよう、立春前の寒い季節、温泉入浴、お風呂文化を取り入れてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、K新聞 安全で賢い入浴法 大東文化大学准教授温泉療法専門医 早坂信哉先生。

 

温泉で生活習慣病予防を~。


みなさま。ご存知でした?2月は生活習慣病予防月間だったことを・・・。僕は今日知りました・・・。笑。ところで僕も含めて中高年の多くが生活習慣病かまたは、予備軍だといわれています。この生活習慣病じつにやっかいなので、大きな疾病となって無駄なお金を使う羽目になる前に、日ごろの生活習慣をすこし見直すだけでかなりの改善になりますので、この機会に心機一転どんどん健康になってまいりましょう。生活習慣病の原因は主に運動不足、過食、などが積み重なっていわゆる「内蔵脂肪型肥満」になることによってさまざまな病気になるといわれています。

この内蔵脂肪型肥満になることによってひき起こされる病気として糖尿病、高血圧、脳出血、脳こうそく、大腸がん、心筋梗塞、狭心症、痛風、歯周病、脂質異常(高脂血症)などあらゆる病気の原因になるんです。最近の健康の考え方の傾向性として、ただ長生きをするというよりいかに健康で長生きをするか、いかに介護されずに自分の健康は自分で管理して作っていくかそれが大事なんです。この生活習慣の心構えとして、日本生活習慣予防協会では、「一無、二少、三多」をかかげています。「一無」とは無煙、禁煙のことでたばこの害毒は取り込まない、また一酸化炭素など有害物質も防ぎます。「二少」とは小食、少酒のことで腹八分目の食生活を心がけることが大切なんです。

温泉にはいるだけでも生活習慣改善になるんです。

温泉にはいるだけでも生活習慣改善になるんです。

さらに「三多」とは多動、多休、多接のことで、動きに動き、しっかり休息をとり、人や場所に接していつまでも社会と結びつきを保つことなんです。常に健康であり社会に貢献しているそういった生き方がいつまでも元気いがあふれる、健康寿命につながり、健康的な生活習慣が積みあがってきていつまでも健康でいられるものなんです。この健康生活習慣に温泉入浴もとりいれて相乗効果でさらに健康的になってみてはいかがでしょいうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、S新聞 禁煙 食生活 運動と休息で予防に努めよう