ブログ

3代目はミタ。第二弾!


あまり、家の解体写真って沢山見ていると、なんだか気分がげんなりしてきちゃいますね。(笑)でもこれがないと次への新しいステップに進めない訳ですから、備忘録として時系列で記録しておきたいと思います。こののち、ほとんど鉄筋コンクリート造の建物としては平屋並みの高さにもかかわらず、岩盤からの支柱杭が30本近く地中に埋まっていて、清水湯を支えています。

更地になった時の清水湯。

煙突を解体中の写真。

本来杭など無くてもいいのですが(ベタ基礎工法)ちょっと心配症な3代目ならではの杭30本埋めになっています。(笑)また耐震化計算もコンクリの粘度、量、鉄筋の太さ、量もその都度、設計士とともに確認してたので、完璧だと思います。(夜中に一人で工程の確認を懐中電灯片手に見回ったことも数えられないほどでした。なんせ何億も借金して建てるものですから3代目も真剣です。)実際、3・11の時は表の通りの信じられないくらいの揺れの映像と比べて、清水湯自体はそんなに揺れなかったんです。ほとんど無傷そんな感じです。

脱衣場も男女のしきいが無くなった状態。ここまでくるとちょっと悲しいものがありました。

風呂のタイル絵と青空。

正直、当時は無駄な杭工事にように思えてならなかったのですが、(この工事だけでも数千万かかっていますので)これからいつ大きな地震が来たとしても迎え撃つ姿勢でお客様に対して安心、安全な清水湯を構築していこうと考えています。すでに岩盤まで約20メートルそ深さまで杭ががっつり入っていますのでまずは安心ではありますが。鉄筋コンクリートの低層建物として生まれ変わった清水湯ですが、なんの巡りあわせか頑丈にしておいて良かったとつくづく思う今日この頃です。100年はもつ建物として皆さまにこれからも愛され続けられるように、地域に貢献してまいりますので末永くよろしくお願い申し上げます。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

黄金の湯☆☆3代目の思い。第二部。


美味しい焼肉屋さんが隣にあります。Wさんと言います。武蔵小山でも1番か2番ではないでしょうか。武蔵小山には美味しい焼きとんやさんも沢山あります。お客様も沢山入っています。相当儲かっているようです。ですが、「僕も新規参入して、焼きとん屋さんやろうかな☆」とは思いません。なぜなら得意分野が違うし畑違いだし、よく言われることに「隣が儲かっているから同じことをして真似てみよう」とするとほぼ100パーセント失敗すると言われています。それは、何故かと言うと、真似をしているからだけだからなんです。心や想いが無いんですね。

濃厚で塩味の効いた温泉。

当然事前のリサーチや、市場調査など調べることは沢山あります。僕自身、絶対失敗したくないし、失敗してもらいたくないので、ちょっと辛口なブログを書いているようですが、僕が銭湯の息子として生まれたのも、黄金の湯を掘ったのも運命だと思っています。今だから言えるのですが、実は黄金の湯を一度埋めようと決意した事があるんです。実際、見積もりもとって掘削に1億ぐらいかかったのですが、埋めるのは100分の1ぐらいで出来る事もわかりました。笑。普通銭湯の経営と言うのは、2代でやっているところが多いのですが、最近では跡目もいないので、それこそ何歳になっても現役で頑張らなくてはいけないんですね。また、人に任せられる仕事とそうではない仕事ということでは、温泉の管理、運営は当然のことながら全て自分でしなくてはいけません。2つの天然温泉を持っているのでよく分かるのですが、銭湯が扱えるのは黒湯までで、いわゆる大深度温泉の黄金の湯は別物という事を覚悟しなくてはならないんです。詳細は伏せますが、端的に言うと温泉が良すぎるんですね。

銭湯ではここだけの貴重な温泉なんです。

またその為に温泉成分が濃いんです。それだけならいいのですが、ほとんど塩で出来ています。僕の例でいうと毎日配管洗浄しています。こんなことは普通の銭湯ではしません。こんなことしてたらぶっ倒れちゃいます。笑。(なぜ僕が倒れないかと言うと、黒帯のサーファーで脳天気、たぶん脳みそも筋肉で出来ているからなんです。笑)ちょっと最近、黄金の湯のお湯の沸きを改善する予定なので、また工事代金がかかるなーなんて思っていたらこんなブログを書いてしまいましたが、難産して産んだ子や手のかかる子ほど可愛いと言いますが、本当に可愛い黄金の湯をこれからも皆さまに愛されながらも喜んでいただけたら望外の喜びでございます。☆

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

永ちゃんのお店だと勘違いしてました。ミート矢沢(美味しいハンバーグ&ステーキのお店)♪


美味しいハンバーグ食べたいね~って武蔵小山界隈で探していたら、なんか知る人ぞ知る美味しそうなハンバーグ&ステーキ屋さんを見つけました。というかかなり有名店です。【ミート矢沢】さん。まさかあの矢沢永吉アニキの直営店じゃないかと期待したのですが、多分違うんでしょう。今回は子供たちも連れて家族5人で、ミート矢沢さんに行きました。

大きさは100グラム単位で調整可能です。僕は400グラムに挑戦。

いつも行列がたえません。

五反田の名店。最近、東京駅に新出店しました。

場所は目黒川沿いの五反田駅から首都高速にむかっていくとあります。お店の前には、行列ができた時の、行列図まで出ていましたので、普段から大人気店のようです。もうそんな期待感が膨らませながら店内にはいると、なんとなくメキシカンっぽいような、ウエスタンぽいような雰囲気の中、お店の中はほぼ満席状態になっていました。ほぼ地元民なのにこんなに人気店を知らなかったことに後悔しながら、お店の方に一番人気のハンバーグの600グラムを頼みました。メニューを見て最初に思った事は結構高いということ、そして今日は家族5人ほとんど肉食獣の子供たち3人がいることでエンゲル係数が跳ね上がりそうだという事でした。(笑)ちょっと失敗したのが父親が結構大きめのハンバーグを頼んでしまったので、子供たちも思うままに頼んでいました・・・。

肉汁じゅわ~。

スイーツも美味しいです。

 

ただ、セットにはしないでライスの大盛りの単品にしたのが幸いでした。さて、ミート矢沢さん、ちょっと肉にはうるさい3代目としてこれだけは言えますが、お肉は超良いですね。そして焼きも味も最高です。いままで知らなかったのが本当に悔しかったです。ステーキも美味しそうだったので今度はハンバーグ&ステーキを隣りの席の業界人ぽい人が美味しそうに食べていたので次はそれを頼もうと決めています。ミート矢沢さん、美味しいお肉を食べたい時、是非行ってみてください。清水湯からも自転車で行ける距離ですので、美味しい夕飯&温泉のレパートリーを一つ増やしてみてはいかがですか。いまだに永ちゃんのお店だとおもっている3代目より。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

ミート矢沢

03-5436-2914

東京都品川区西五反田2-15-13 ニューハイツ西五反田 1F

[平日]
ランチ 11:30~15:00 (L.O.14:00)
ディナー17:00~24:00 (L.O.23:00)

[土日祝]
ランチ 11:30~16:00
ディナー16:00~24:00 (L.O.23:00)

ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

10ZEN@品川駅(大人気の薬膳料理)


清水湯のフロント前にある大型60インチのソニーブラビアは本当に調子が良いですね。名前は出せませんが、メーカーによってはテレビに得意なメーカーとそうでないメーカーに分かれるようですが、ソニーはいいです。さて、昼の放映で日テレさんの【ヒルナンデス】で品川近辺の美味しいお店特集がやっているのを傍目で聞きながらメモしておいたので早速、奥様をつれて行ってきました。(残念ながら3位のなかの2店しか聞き取れなかったのですが・・・もうひとつはツバメグリルです。)

トッピングは無料です。

カラダに良いものばかり。

男性一番人気。デトックス鍋。汗がでてきます。

じつは最近漢方に興味があって、いわゆる中医学を勉強してみたい常々思っているんです。そんな中、ずいぶん前ですが、薬膳の美味しいお店が出来たと聞いていたのですが、すっかり忘れていて、先日のヒルナンデスさんの放映を聞いた瞬間、あー行かなくちゃっとやる気スイッチが入ったんです(笑)普通は何週間かたってから行くのが普通ですが、翌日に行ってしまったのは相当気になるお店だったんだと思います。場所は品川駅のすぐ近くで車でいくと泉岳寺方面に少し行くと大きな駐車場がありますし、すこし横浜方面に戻ると品川プリンスの脇にも大きな駐車場がありますのでそちらをご利用してみてください。品プリの脇にはツバサグリルもあるので、ついそっちに入ってしまいそうになりますが・・・(笑)。さて、10ZENさん、お店に入ると左が漢方売り場で薬剤師さんみたいな人がたくさんいます。右にはイートインがあって、薬膳を食べるにはおしゃれすぎる空間になっています。今回僕はデトックス鍋(男性人気ナンバー1)と奥様は薬膳カレーを食べました。感想なんですが、なんか漢方のような味がするのですが、味付けもしっかりしていてすんごく美味しかったです。

この五穀米が食べ放題((最高!)

カラダに良いカレー。

ソフトドリンクも一味違います。

このジンジャエール超美味しい!

スイーツも最高です!

自然とカラダが欲する健康食であることは間違いないですね。こんな食事を一日に一食でも摂り入れていたら健康になるのと思いました。また嬉しいのが、五穀米が食べ放題なんですね。腹八分目が良いとは思うのですが、今回は12分目ぐらいまでいってしましました。ちなみに生姜炭酸ジュースにクランベリージュース、スイーツも食べましたが、一品一品厳選してこだわり抜いた感があり、どれも満足のいくとてもおススメのお店だと実感しました。医食同源が健康の基本ですし、それに温泉健康法も取り入れて、内から外から健康的な美ボディを作ってみてはいかがでしょうか。ここは本当におススメですよ。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

10ZEN

〒108-0074 東京都港区高輪3-25-29 漢方ミュージアム内

03-5795-1649

ランチ  平日 ランチ及びカフェ
11:30~17:00(16:30LO)
土日祝 ランチ及びカフェ
11:30~16:00(15:30LO)
ディナー 平日 18:00~23:00(LO22:00)
土日祝 17:00~22:00(LO21:00)

無休(年末年始除く)
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

岩盤浴の特徴。


岩盤浴を利用した当時、最初に感じたのは「正直こんなものか」だったんです。なぜならば大して汗もかかないし、もともとサウナが好きで、ガツンと熱い中、我慢してドバっと汗をかくのがすきだったんですね。それも昔から習慣になっていました。ただ当初から(僕の場合はスポーツクラブのサウナでしたが、)気になっていたのは、サウナだけ入っていると若干肌の乾燥が気になるという事だったんです。(ちなみに清水湯のサウナは湿潤サウナなので乾燥することはありません)何となく汗はかくけど、肌の直近のたいせつな潤いのもとまで汗をかいちゃうのはもったいない気がしていたんです。

程度な湿度、最適な温度管理でドバっと汗が吹き出てきます。

ですが岩盤浴の汗に関しては、肌の表面の汗と言うよりさらに奥のほうから汗が出てくる感覚に近いものがあるんです。実際、岩盤浴の入り過ぎ使い過ぎで肌が乾燥することは今までありませんでしたし、潤いを保ったまま老廃物だけがでていくそんな感じなんです。さて、岩盤浴の効能の一つに【温熱作用】があります。この温熱作用は段階的に体感すると言われています。まず冷えたカラダに岩盤の熱が伝わる【熱伝導】、そして岩盤の遠赤外線が身体の深部に届き細胞を振動【共鳴振動】させて発熱【自己発熱】させて、カラダの代謝率が高まり自己発熱の熱がさらに高まる熱向上のスパイラル【代謝効率】が高まり、血行がよくなり血液循環が良くなってくるんです。

全部で6床。天延鉱石から遠赤外線が放出されています。

この岩盤によるカラダへのアプローチが、いい汗をかくだけでなく、カラダを芯から健康にしてくれるんです。実際、1回目より2回目、3回目と回数をこなしていく内に岩盤浴の虜になっていくのもうなずけるものなんです。これから秋が深まり、冬になる過程でカラダを常に温めてあげて日々リセットしてあげることは健康作りに非常に良いことですので、天然温泉に入りつつもたまには岩盤浴もチャレンジしてみませんか?きっと病みつきになることと思います。(笑)

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、岩盤浴の秘密 五味常明先生著。

 

アイラブ岩盤浴♡


本当に女性専用ですみません(笑)オーナー特権で男の僕は特別に岩盤浴に入っていますが、岩盤浴の良さは日増しに感じています。何と言ってもダイレクトに背骨を温められることが、どれだけカラダのいわゆる「節々ふしぶしが痛いな~」と言うカラダの不調が朝露が朝日に照らされて消えてなくなるような感じで、霧散していくのが、本当に素晴らしいですよね。岩盤浴を利用した方ならこの感覚を身近に感じれると思うのですが、カラダの芯の奥の方からほんわりとじんわり温かさが持続して、カラダの柔らかさもいつまでも続いているようで、非常に体調が良い感覚が続くんですね。

室内は暗いので足元の安全性にも配慮しています。

この生理的な好反応は岩盤浴ならではと思いますし、さらに清水湯の2つの天然温泉の相乗効果も期待できるのではないかと思います。さてこの岩盤浴の2大要素は遠赤外線とマイナスイオンなのですが、先日遠赤外線について書きましたので、マイナスイオンも取り上げておこうと思います。ちなみに遠赤外線が【育成光線】といわれるように人体に非常に有用な光の波長で6~14ミクロンのカラダにやさしい、有用なものなんです。このレンジ(幅)での波長が人体の奥の方に作用して岩盤浴ならではの良い汗がかけるんですね。そしてマイナスイオンこのイオンとは目には見えませんが、人体には非常にたいせつなものなんです。たとえば細胞内のイオン調整(ナトリウムイオンやカリウムイオンなど)を微弱な電気的なイオンのバランス調整をしているんです。

海をイメージしているんです。

地球も地磁気のように電磁派があるのと同様に人間もかすかな電磁的な電気活動によって身体をつかさどっているところがあるんです。そこでカラダがマイナスよりもプラスに振れればいわゆる【カラダが酸化】したじょうたいとなり、鉄などと同じように【カラダが錆びついた】状態に陥っていくんです。そこで必要なのがマイナスイオンなんですね。プラスからマイナスになることを【還元】と言いますが、このマイナスイオン化することによって細胞がイキイキと甦ってくるんです。さらにこのマイナスイオンは【界面活性作用】があり水の粒子を小さくしてくれるんですね。ということは岩盤浴でかく汗がサラサラなのはこのマイナスイオンで汗の粒子が小さくなって、さらに汗のみならず、血液もさらさらになっていい汗をかくことが出来るんです。最近では岩盤浴なしでは生きていけない三代目夫婦ですが、この素晴らしい効能のある岩盤浴と清水湯の天然温泉で日々健康、日々快適生活をゲットしてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、発汗健康法、岩盤浴の秘密 五味常明先生著(素晴らしい本なので是非おススメです。)

アマゾンでも絶賛販売中です!

大切なのは「快尿、快便、快汗」。


ちなみに少しだけアレルギーを持っていたようです。でも今はほとんど出ないのは日頃よりいい汗かいているからだと自負しています。このアレルギーとは、なんとなく痒くなって爪先でひっかくとそのままひっかいたところが痕になるんです。でもしばらくすると消えてなくなるんですが、十年以上も前によく出ていたのを覚えています。最近ではまったく出てこないので何でアレルギーが出ないのか考えたところ、当時、わりと不摂生していた記憶があるのですが、運動不足と食べ過ぎ、飲み過ぎ、たばこも当時は吸っていた気がします。

汗は臭いし、何となくいつもお腹が張っていて、デブっとしていたかもです。オヤジになった今の方が体調がすこぶる良くて、軽く腹筋も割れていて、食生活も含めて奥様のおかげで良いですし、たばこも何十年も吸っていないので肺活量は8000近くありますし、汗もサラサラしています。何と言っても毎日の岩盤浴に温泉入浴がカラダを根本から健康にしてくれていると思います。ただ慢性的に寝不足と運動のし過ぎでいつも疲れているような感じなのはどうすることも出来ないようです。汗。さて、快尿、快便、快汗の基本は食生活だと思うのですが、偏った食事から、腸内の環境を整えることができるように、食物繊維の多い野菜、海藻を多めに摂ることも心掛けたいものです。

なんといっても夕暮れ時の露天風呂はいい感じです。

季節の応じた旬の野菜、魚類、大豆製品などもバランス的には良いものですこの時期、カラダに溜まりがちな毒素を溜めこまない様に、食事もバランスよく「腹八分目」カラダの温まるもの、普段から歩く事を心掛けていただいて、清水湯の健康温泉入浴でしっかり汗をかいていただいてアレルギーも寄せつけない様にしていただき、「快尿、快便、快汗」カラダの芯から健康作りを清水湯の温泉で築いてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代談。

参考文献、S新聞 未病を治す(漢方のススメ)

参考画像、ちいきごと

風邪(COLD)は、冷え(COLD)と一緒です。


今年もインフルエンザが流行りだしてきているようです。実は昨年は、2度もインフルに罹ってしまいました。その時なんでかなーと疑問に思っていたところ、共通点があることに気が付きました。それは、体を「冷やす」という事でした。大体同じ状況のなか、子供の空手の審査会で小学校の体育館(立川は品川区より寒い!)に薄着でずーっと底冷えしながら、体を極限まで冷やしてしまったんですね。「冷えは万病のもと」ですから、冷えによる身体の免疫系が弱くなったことが原因ではないかと素人ながらに思っていたところ、僕の書棚に良い本が眠っていました。

石原先生の著作は必見です。

それも(病は冷えから)婦人病、慢性病からガンまで!著者はいつもお世話になっております。石原結實先生です。石原先生の本は本当に凄く良いですよ!皆さま、もし機会がございましたら、是非一度手に取ってみて一読してみてはいかがでしょうか。まがい物が多い健康本の中でも、キラリと光る珠玉の健康本が石原先生の本です。さて石原先生曰く【「風は万病のもと」そして風邪は英語では(COLD)(冷え)風邪が身体の免疫系を低下させたとういより、「冷え」が身体の体温低下こそが、身体の免疫系を低下させてしまったというえる。なぜなら人間は体温が無くなってしまえば「死」を意味するのだから。実際に体温が1℃下がると免疫力が30パーセント以上低下すると言われています。】(趣意)とありました。

温めると本当に気持ちのいいものです。

今考えてもかなりきつかった10年ぶりの昨年の2度のインフルエンザはこの【冷え】が元凶だったのかもしれませんね。いよいよ、11月!清水湯の紅葉も色づいてきそうな予感がしますが、季節の変わり目は、体調の変調をおこしやすいので、清水湯の温泉にしっかり浸かりながら冬に向けて健康管理をしてみてはいかがでしょうか。(追記、今年は知り合いのお医者さんに教えてもらった風邪予防の【鼻うがい】を習得して常に人肌のぬるま湯で鼻うがいを実践しているので絶好調です。笑)

参考文献、【病は冷えから】石原結實著

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

HSPが増えればいい事があります。


風呂屋の3代目をしていると、子供の頃からお風呂が身近にあるのですが、不思議とお風呂のありがたさは常に感じているものなんです。昔からのボロボロの銭湯清水湯のときからも、お客様が全然いない、入ってないときでもこの風呂屋でここまで大きく育ててもらってきた訳ですから。(笑)今考えると、2代目の時代が一番大変だったのかもしれません・・・。そんな中、お風呂の良さ、温泉の素晴らしさ、なんでお風呂にはいると「ホッと」して「まったり」して「幸せな気分」になるのかを、体感的に、感覚的に直感的にあと少しだけ科学的にたくさんの清水湯を愛していただいている皆さまにお伝えすることが、3代目の使命ではないかと、頭はデカいのですが、脳みそは小さい頭で日々悶々と温泉ブログと格闘しているんです。(笑)

この免疫系が強くなることが大切なんです。

そんな中、HSP(熱ショックプロテイン)がなぜカラダに良いかを一つ一つ検証していこうと思います。HSP入浴法(基本42度で10分間)を実施すると、HSPが高まり生体防御作用を得ることがで、免疫力の増強、ガンや感染症の予防に役立つと言われています。とくに白血球、リンパ球、NKキラー細胞、また、ガン治療に役立つ樹状細胞を増加させたりガンワクチンを増強させる効果もあると言われています。しっかりカラダを温める意識で入浴することで誰でも免疫効果を高めることが出来るんでですね。この免疫力は人体かなり有用で生命力に強弱にも連動しているようにも思えるのですが、(よく笑顔で笑う事で免疫力が強くなる説もありますが、)無理に笑いたくないときでもお風呂に入るだけでこの免疫系が強くなり、ガンや病気を殺す力を強くしてくれるなんて素晴らしい健康法だと思います。

HSP(ヒートショックプロテイン)がカラダを強くするんです。

また、免疫系のひとつで「マクロファージ」というのがあるんですが、このマクロファージはカラダに入ってくる病原菌や異物をどんどん食べてくれる大食漢の免疫細胞なんですが、このマクロファージはカラダが温まれな温まるほど活性化してくるんですね。これから冬に近づくにつれ、積極的にカラダを温めてHSP(熱ショックプロテイン)を出しまくってつまらない病原菌など退けて年中健康ボディで年末を乗り切ってまいりましょう!

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、加温生活 伊藤要子先生著。

参考画像、東京都神経科学総合研究所

名店の予感。和食うえ村。@武蔵小山


最近の武蔵小山の新しいお店の新規出店率はかなり高いのではないかと思います。実は地元民ならではの情報がはいってきているのですが、武蔵小山は今後10年ぐらいで様変わりするのではないかと言われています。でもこの下町情緒はいつまでも残していってほしいものです。さて、以前紹介したチリン(お蕎麦の名店)の並びにまた新しく日本食の美味しいお店が出来ました。この小山台高校の裏の細い小道は今や完全に美食ストリートに変貌しています。

茶碗蒸しがすんごく美味しいと思うんです。

ランチでこのボリューム。

彩あざやか。

こちらの植村(うえむら)さん実はうちの奥さまのPTAの知り合いなんです。で、最近ランチも始めたというので(金、土、日のみらしいですが、事前に電話で確認してから行く事をおススメします。)早速奥様と行ってきました。店内は清楚な和風の佇まいで、清潔感に溢れています。僕は真鯛のお茶づけ、奥様はランチセットを頼みました。ちょつと衝撃的だったのは、僕が頼んだ真鯛茶漬けですね。僕自身結構釣り好きで魚にはうるさいんです。また親友が魚屋ということもありますが・・・(笑)釣りたての真鯛や1週間ぐらいコブ付けにして味も増して食べるのですが、天然真鯛のなんとも言えない美味しい茶漬けが食べれるんです。

鯛茶漬け♪

ご飯が美味しい!

お茶漬けにしてもGOOD。

和食の最高峰@武蔵小山を狙ってください。

茶漬けにする前に普通におかずとして白米をばくつくのもありなくらい美味しかったんです。奥様のセットも綺麗に盛り付けてい女性のかたは喜びそうなランチセットだと思います。ランチでこれだけ美味しいいのですからディナーは相当美味しいに決まっているのではないでしょうか。まだまだ新規オープンして間もないのですが、これから武蔵小山の美味しい日本食店として口コミが広がっていくと思います。美味しいお店と食事そして最高の温泉(笑)でこれからも武蔵小山がどんどん良い町になっていったら最高です。皆さま、是非、武蔵小山にお越しの際は、【うえむら】と【しみずゆ】に是非お越しくださいませ。スタッフ一同心よりおまち申し上げております。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

うえ村

〒142-0062 東京都品川区小山3-5-19

03-6451-0100
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る