ブログ

ゆで卵が固まらない!?(ヒートショックプロテイン)


いつも温泉玉子を茹でているので、一度試してみてもいいのではないかと思っているのが、熱ショックプロテインを加えておくとタンパク質の代表でもある、玉子の卵白部分が固まらないというのです。それだけHSP(熱ショックプロテイン)はカラダのタンパク質をストレス(この場合は熱から)から防御できるという素晴らしい防御タンパク質なんですね。また、トマトも熱ショックのマイルド加温(42℃で24時間)した場合は、明らかに長持ちしたとの実験報告があるんです。原理としてはトマトに熱を加えることによりトマトの細胞はHSPが増え、HSPが細胞を保護して、日持ちがよくなったと考えられるのです。

これが健康バイブルなんです。

また、このHSPの原理を応用して炎暑や環境ストレスに強い稲(いね)を作ることも可能となっているようです。これらのように、HSPを人体に応用した場合、病気やけがに強いタンパク細胞を作り出すことも可能なんです。常々、お祖母ちゃんが、「冷えは万病の元」ですよと言っていたのは多分このことで、昔からお祖母ちゃんの言葉は知恵袋と言われていますが、カラダを温めればカラダに良いのには一理あったんですね。

今では生活の中にカラダを芯から温める事が日課になってます。やはり違うんです。調子の良さが。

 

(笑)HSP(熱ショックプロテイン)の基本的な入浴方法は42℃で10分間と覚えていただく事をおススメいたしますが、なかなか体調によっては辛い入浴法でもありますので、休み休み入浴するとか、半身浴でしっかり温めるとか、日々の入浴のなかでトータル的にカラダを温める=健康作りという前向きな健康入浴法でカラダの芯からまた、細胞レベルでカラダを強く、健康にしてみてはいかがでしょうか。また、いつか透明な卵白の温泉玉子を開発してみようと思います。(笑)

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、加温生活 伊藤要子著。

参考画像、読売新聞の医療サイト

お金をかけずに健康になる方法があるんです。


それは、「歩く事」なんです!まさか逆立ちして歩く人もいませんし、匍匐前進(ほふく前進)している人も自衛隊の人かよっぽどの戦闘マニアの人でしょう。(笑)誰でも簡単に出来る、この歩くという行為、実は本当にカラダに良いものなんです。時間がない、運動が嫌い、お金をかけたくない人でも歩くという行為は誰でもしていますし、少し見方を変えればこんなに素晴らしいエクササイズは他にはないという事に気が付くんです。とくに最近の研究では、ジョギングやランニングよりもウオーキング(歩く)ほうが、生活習慣病に効果があることが分かって来ています。

歩く、温めるこれが健康のキーワードです。

さらに以前は激しい運動をすることによって「脂肪」が燃焼すると言われていましたが、実は低強度の運動の方が脂肪燃焼は効果的なんです(激しい運動は脂肪より糖質が消費されると言われています。)ただ運動強度も大切ですが、運動時間も重要なんです。脂肪が燃え始めるには20分以上連続して続ける必要があるので、生活習慣病を改善するためには、20分以上のウオーキングが必要になってきます。ただ目安として一日のトータルで7000から8000歩を歩くことを目標にすることも効果的です。足の筋肉は全身の筋肉の半分が下半身に集まっていますので下半身を重点的に動かすウオーキングは、下半身の血流を心臓に戻す役割があり、歩けば歩くほど足の筋肉が収縮と弛緩を繰り返して、牛の乳搾りと同じような効果があり「ミルキングアクション」と呼ばれているのですが、下半身に溜まりがちな血液を上へ上へ押し出し心臓に戻し、全身の血流が良くなるんです。この際、血液の中で酸素が取り入れられて乳酸が分解されて、動脈から栄養分も入り新陳代謝も向上し、肩こりや関節痛が緩和するんです。

カラダの中から健康になってまいりましょう。

歩くだけなら無料です。笑

歩く事の効能は、さらに脳の活性化にもつながります。眠くなるとあくびをして筋肉を緊張させて脳に刺激を与えて眠気を覚ましますが、同じように歩く事で筋肉にメッセージを与えるんです。とくに足の筋肉は脳みそを覚醒させる筋肉が多く、ボケ防止にもなりますので歩くことを日々のなかで心掛けていきたいものです。「老化は足から」ですので、健康温泉入浴で血流促進、歩く事で下半身強化、つまずき予防、血流促進のダブル効果で生活習慣病、ボケ防止に歩いて歩いて歩きまくりませんか。きっといつまでも健康で壮健でいられることと思います。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、ヘルシ―メイト血液循環は足を鍛えることで良くなる。東京学芸大学宮崎義憲名誉教授

参考画像、健康たからづか21

ホルミシス効果ってご存知ですか?


ホルミシスとはギリシャ語で【刺激】と言う意味なんです。じつはこの刺激が、カラダに良い反応を起こすことが分かってきています。岩盤浴のホルミシス効果とは、岩盤(天然鉱石)から発する自然の放射線なんです。この放射線は最近の悪玉に担ぎ上げられていますが、じつはほんの低線量の放射線はカラダに良いという事が分かってきているのです。ホルミシス効果の主な効果は、

(1) ガン抑制遺伝子P53の活性化
(2) 活性酸素の危害を抑え、細胞を守るために細胞内に作り出され
抗酸化酵素SOD、GPX、CATの顕著な増加
(3) 各種ホルモンの増加
(4) 細胞膜に蓄積した過酸化脂質の減少

暗めの設定にしています。(心が落ち着く為に。)

と言われています。低線量の放射線を全身浴として行い、2種看護に半身浴をすることを繰り返すとガンによる余命は飛躍液によくなるという結果もでているとのこと。ただ臨床実験的にはデータが不足している事と研究費が足りていないことから、ホルミシス効果の全てを解明されていないのが現状ですが・・・。ただ有名な玉川温泉の岩盤浴で人々が集まり不治の病を癒す光景はなにかそこに効能に近いものがあるからではないかと思います。最近の研究の中では、細胞に付着した過酸化脂質(オヤジ臭いもと)の加齢臭を取り除き臭いを抑える効果があるといわれているので、娘が2人もいる3代目としては嬉しい岩盤浴の効能だといえます。

岩盤浴は健康の元なんです。

なんだか専門的な文言が多く出てきましたが、ようするに岩盤浴で寝ているだけで、岩盤から健康に良い放射線(ホルミシス)が出てきて、健康になれるということなんですね。今では日常の健康増進に切っても切りはなせない岩盤浴での健康管理ですが、健康にはエビデンス(原因、証拠)があるんですね。(笑)皆さまも、是非清水湯の岩盤浴をご利用してみてはいかがでしょうか。美ボディと健康とアンチシックネス(抗疾病)で爽やかにのびのびと健康美人になってまいりましょう。

武蔵小山音泉清水湯3代目談。

参考文献、ホルミシス効果医学会も注目!

咀嚼、嚥下(噛んで、飲み込むことは大切なんです。)


ある日、2代目が、虫歯でもないのに総入れ歯にしたんです。それからちょっとして、すこし「ボケ」てきました。(笑)本当に、なんでも自分勝手に好きな事だけしていたような気がします。また、3代目は少しばかり空手を習っていますので、ある日マウスピースを全員で作ることになったのですが、奥歯でしっかり食いしばることで、パワーが増すらしいのです。このように歯と言うのは、非常に大切な部分なんです。健康運動指導士として言わせていただければ、80/20運動と言って80歳で最低20本の歯を残しましょうと厚生労働省のほうから提唱していますが、本当に歯だけは虫歯にならないように、大切にしていきたいものです

歯も健康的でいたいものです。

。さて、この歯のかむ力は先ほどの僕の父親が歯を抜いて全入れ歯にしてから、噛んでそれが脳に刺激を与えるという大切な動作が無くなったことで(因果関係ははっきりしませんが。)ちょいボケになったことから、咀嚼(噛むという行為)がどれだけ大切な物か再確認したいと思います。(ちなみに車を運転していてガムを噛んでいると眠気覚ましになるのは実体験でよく分かります。)九州大学の研究で噛むという行為は食事をするさい物を噛むということ以外にやはり脳みそを刺激する役目があるというのです。また、認知症の人は噛む力が弱く、そうでない人は噛む力が強いという傾向性があるらしいのです。認知症のひとつに「アルツハイマー型認知症」がありますが、このアルツハイマーは脳内にβ(ベータ)アミロイドというタンパク質がたまることから始まります。

たしかにガムをかむと眠気が覚めます。

このβ(ベータ)アミロイドとは一種の老廃物で、ある意味脳内の血流が促進していればこのβ(ベータ)アミロイドという老廃物を除去することも可能でアルツハイマーを予防することも可能ではないかと言われいます。ここで大切なのは顎と歯をしっかり使って、噛むことにより脳内の血流がよくなりますので、(噛むことと脳内の血流循環は関連しているんです。)一回の咀嚼(噛むこと)を30回以上目指して脳を刺激しまくって「ボケ」防止に役立ててみてはいかがでしょうか。また、血流促進という観点から言えば、温泉入浴、岩盤入浴はまさに、脳内の血流も含めて全身の血流促進に効果がありますので、ボケ防止に血流促進のためにも健康温泉入浴を心掛けてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、K新聞 健康寿命アップ かむ力(脳の血液循環が増え認知症を防ぐ)

参考画像、医療情報ネットふくい。 林歯科診療所。

 

HSPをもう少し勉強してみようと思います。


HSP(ヒートショックプロテイン)こと、熱ショックプロテインはストレス防御タンパク質と呼ばれています。僕的には横文字系やちょっと長めの名前がいまいちとっつきにくい感があるので、なにかもう少し愛称的な言いやすい名前誰かつけてくれないかなーと思う今日この頃です。たとえば【お婆ちゃんの知恵袋健康プロテイン】(もっと言いづらいかもです・・・汗)とか、【とにかく温めれば健康になっちゃうタンパク質】みたいなどれもNGですが、温める事がどれだけカラダの健康に寄与しているかだけは、ストレートに肚に落ちる名前にしてくれると助かります。(実はブログを書くたび名前が長くて困っています・・・笑)

冷えは万病の元のエビデンス(論拠)になるんです。

さて、この熱ショックプロテイン(略してHSP)は、由緒あるタンパク質なんです。それは人類が誕生したときにはすでに存在していて、紫外線や宇宙線から人類を守り、それこそ生物が誕生する起源までさかのぼると言われています。それは、例えば大腸菌から人間にいたるまでほとんどの生物にストレスからカラダを守るためにこのHSPが存在しているからなんです。

とくにこれからの季節大切になってきます。

生物の種を超えて消失せずに遺伝子に組み込まれて進化を続けてきている由緒正しいまたは血統書付きのタンパク質なんです。このカラダを温めるだけで、力を発揮してくれるHSP(熱ショックプロテイン)を太古からの恵みである清水湯の天然温泉で心もカラダも温めて本来もっているストレスからカラダを守る素晴らしいタンパク質をどんどん出して健康になってみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、加温生活 伊藤要子先生著。

参考画像、 美的ドットコム

みんなの公園(碑文谷公園)


自分の住んでいるところに、緑があるって素敵ですよね(笑)行ったことはないのですが、大都会ニューヨークも実際は緑が多い街だと聞いたことがあります。そして武蔵小山には地元民が誇る、林試の森公園があるんですが、僕の中での近隣の公園ベスト3は1位駒沢公園、2位林試の森公園、3位はこの碑文谷公園なんです。このなかの、碑文谷公園の特筆すべきポイントは、なんといっても大きな池があって貸ボートで悠々と家族で遊べることなんです。

ボートにのって昼寝するのが最高です。

けっこう可愛い(笑)

ポニーって好きだなー。

そして池のほとりには、ウサギやモルモット、犬などの触れ合いコーナーなどもあり、家族で遊びに行くには凄く充実しています。さらに道へだてて、ポニー乗り場と牧場があり(大きな野球場も完備)目黒区民がうらやましくなる素敵な講演なんです。おそらく近隣の区外の方がたも結構利用しているとは思いますが、改めてこの碑文谷公園の素晴らしさを再認識してみようと思いました。また近くにはダイエー碑文谷店や最近では安売りで有名なオオゼキも出来て、閑静な住宅街のなかでも非常に住みやすくて、素敵な場所になっています。

けっこう動物たちはお疲れのようです。

 

とくに動物好きには最高だと思います。池には沢山の鯉と亀が一杯いて、餌付けも出来ますし、ポニーにも乗れるんですから、ふれ合いのボランティアも募集していて、一生懸命小学生が動物の世話をしているのも教育上すごくいい試みだと思います。うちの子もやってみたいと言っていました。碑文谷公園は駐車場が無いのですが、自転車でふらっと遊びに行って、帰りに清水湯でサッパリする公園&温泉コースがおススメです。(笑)健康の秋、食欲の秋、行楽の秋、家族、カップル、ご友人と楽しく近場の素敵な公園で遊んだあとに清水湯の天然温泉で癒されて明日への活力としてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

碑文谷公園

目黒区碑文谷六丁目9番11号
▼清水湯からのアクセス

View Larger Map

豆乳パンケーキ(はちみつ)@武蔵小山


パンケーキ大好きです!ハワイで有名なエッグスンシングス(eggs thinghs)のパンケーキを食べてから完全に目が覚めました。(笑い)日本にも何店か出来ているのでいつか行くのが楽しみなんですが、実は武蔵小山にも美味しいパンケーキのお店があるのをご存知でしょうか。しかも豆乳を使用しているということで、健康にもよさそうです。

パン生地に豆乳が練り込まれているんです。

カラダに良いものばかり。

今回も奥様と一緒に行ってきましたが、こちらのお店は、カップルや女性客が多そうなおしゃれで可愛い店構えなんです。場所も武蔵小山駅の西口にあり、繁華街からすこし離れたところにありますので、落ち着いてて良い感じです。テラス席もあるので天気の良い時なんかは優雅に美味しいパンケーキを食べれるのもいいですよね。豆乳を使用したパン生地ということですが、豆乳はそれほど感じなくて、純粋にパンケーキの甘さや美味しさが程良くて、また何度も行ってみたくなるパンケーキ専門店なんです。

パンケーキの種類も多いんです。

お約束のウイルキンソンのジンジャエール。

武蔵小山では珍しい、美味しくて、誰にでも愛されるパンケーキを食べさせてくれる素敵なパンケーキ屋さんが出来たことは、本当に嬉しいですよね。清水湯からは歩いて10分ぐらいですし、これから食欲の秋ですし、是非、一度食べに行ってみてはいかがでしょうか。きっと2度3度と足を運びたくなると思いますよ。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

豆乳パンケーキ はちみつ

03-6452-2803

東京都目黒区目黒本町3-5-7

[月〜水]
11:00~18:00
[金〜日・祝]
11:00〜22:00

定休日 木曜日(祝日営業)
▼清水湯からのアクセス


View Larger Map

秋です。岩盤浴の季節です。


季節が秋に移り変わり、今年もあと3か月ほどで年末をむかえるようになるなんて、40歳をすぎると本当に時間のたつのが早く感じます。また、この季節は気温も過ごしやすくてほとんど汗もかきませんし、食欲の秋でもあるので微妙に太りやすい気がします。そんな時ってなんとなく普段から肉食なのでカラダの塩分濃度が上がってカラダが酸性化している感じがするんですね。

室内全体を温めています。

こういう時こそ、実は岩盤浴なんです。岩盤浴の効能の一つでダイエット効果がありますが、汗をかくときに汗腺から過剰な塩分や有害金属も排出し、体調を整えるデトックス効果もあると言われています。血液やリンパの流れもよくなりますので、カラダが中性化されて、むくみや肥満、冷え性なども改善され、体質が改善されるので健康の美容効果と健康増進効果がともに相乗効果として向上しますので、今の季節秋が深まっていってカラダがどんどん冷えていく間隔が長くなる時こそ、岩盤浴でしっかりカラダを温めることをおススメいたします。

足元は安全の為、LEDで照らしています。

また、清水湯の2つの天然温泉も岩盤浴の効能をさらに引き出してくれますので、秋、冬の血行が悪くなる季節でも美ボディを維持してカラダの中から美しさを維持してまいりましょう。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

 

岩盤浴の効能の一つ(遠赤外線効果)について。


岩盤浴にはいっていると気が付くのが、お肌がすべすべになるのが分かるんです。(温泉の効果もあるとおもいますが、)また常に手足が温かくて、筋肉が弛緩している感覚があります。おそらく血流が良いのではないかと思うのですが、季節の変わり目で少し小寒いなーと感じる時でも、カラダがポカポカしているのは、暖房費もかからずに割かしエコではないかと思うので岩盤浴にはいって健康になるという事は、ちょっとしたお得感があります。そこで岩盤浴の効能のなかで遠赤外線効果というのがあるのですが、光には目に見える可視光線以外に、見ることのできない赤外線や紫外線があって、遠赤外線もその見えない光線のひとつです。

岩盤浴の中は常にミストで満たされています。

また、遠赤外線は熱線なのでカラダの内側から温めるという熱的作用をともないます。目黒のさんま祭りのときに炭火でサンマを焼いたり、バーベキューで炭火で焼いたりしたときに、遠火でもふっくらこんがり焼けるのも遠赤外線ならではの調理法なのですが、岩盤浴にもこの遠赤外線が出ているのです。さすがにサンマのように焦げ付いたりしませんが、身体の細胞を活性化して血流やリンパの流れを促進し、血中やリンパに含まれる酸素をより多く身体中に送り込んでくれる働きを持つ一定の波長帯があり、その波長帯の遠赤外線は育成光線と呼ばれているんです。道理で先日肺活量を測ったら8000ccあったのはそのせいだったんですね。(笑)(全然根拠ないです・・・)

遠赤外線効果でカラダの中から発汗してきます。

、岩盤浴に継続して入ることが、身体活動にプラスの効果があるのは、普段の生活活動、運動活動が向上していることから、岩盤浴の数種類ある効果、効能のなかの遠赤外線効果は血管年齢を引き下げているように思えます。今、こうしてパソコンのキーボードを叩いていても指先からポカポカしているのも岩盤浴の遠赤外線効果による温熱効果かも知れません。(笑)冬に近づくにつれて、手足の冷えは辛いものです。特に女性の方には、冬でもカラダの芯から温まっていただき、手足の冷える時期を健康的に乗り切っていただきたいと思いますので、清水湯の岩盤浴&天然温泉で心もカラダもまったりしっかりと温めてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、岩盤浴情報サイトhttp://www.doovey.com/ganbanyoku/2006/07/post_40.html

ストレスに強くなるタンパク質があるんです。


現代ほど、ストレスがわんさかある時代も珍しいのではないでしょうか。3代目は結構歴史が好きで、誰の言葉だったか 「歴史に学べ」と言う言葉が頭の片隅にあるのですが、「タラネバ」の多い世界史や日本史の中に過去の歴史の流れを読むことによって将来起こりうる偶発を未然に防ぐことの出来るヒントは隠されているように感じる時があります。どんな乱世でも出口が見えていたものですし、希望などもあったはずですが、今の時代ほど混沌としている時代もないでしょう。こんなストレスが蔓延しているのではないかと思える時代だからこそ、出来る事はしておくべきと思うんですね。その一つが、お約束の【温泉健康法】です。(笑)

日々のストレスは温泉入浴で解消しましょう!

歴史が大きな川の流れなら、一人の人間は、河原の石かも知れません、でも大小の無数の石が集まれば川をせき止めることもできますし、流れを変えることも出来るはずなんです。そのためには一人の力って大切なんです。そしてその基盤になるのは、健康だとおもうんですね。カラダをストレスから強くするためには温めることが良いとされています。それが、熱ショックプロテインまたの名を【ストレス防御タンパク質】と言うんです。この熱ショックプロテイン(HSP)は昔から死んだお婆ちゃんもよく言っていましたが、「冷えは万病の元」だよとか、「お腹だけは冷やさないで寝なさいよ」とか言っていた言葉の根源の原因物質に当たるんです。ですから、この熱ショックプロテイン(HSP)を知らないのと知っているのでは、カラダの健康にたいしてのアプローチが根っ子のところから違ってきちゃうんです。健康で活力のあるストレスに負けない強さを手に入れることの出来る熱ショックプロテインほど簡単な健康法もないんです。

清水湯が皆さまの安心と希望の灯台になりますように。

ただ42度のお風呂に10分間入るだけなんです。(3代目も長風呂ですが、結構10分間入るのって辛いんです。ですから出たり入ったりまたは。腰かけて半身浴にしたりしています。)また、この10分間は普通のお湯での10分間ですので、温泉の種類によっては、カラダへの浸透圧(高張性、低張性など)によっては非常に温まりやすいので10分にこだわらないでもいいと思います。特に清水湯の天然温泉は高張性ですので、かなり温まりやすいので「のぼせ」に気を付けてご入浴してください。さてカラダを温めるだけでストレスにも強くなり、その力強さを世界平和に役立てれば最高じゃないでしょうか☆彡

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、加温生活 伊藤要子著。