ブログ

キーワードは42℃なんです。


先日書いた【熱ショックプロテイン70(HSP70)】今日も出ているのかと思うと嬉しくなってまいります(笑)でも、目に見えてHSP70が確かにお肌はすべすべなんですが、チェックシートがあって指数化できるわけじゃないので出来たらリトマス試験紙みたいに色が変わって教えてくれるものがあると便利ですよね。ま、日々の温泉入浴の後のお肌の調子で湯上がり美人度を日々のアンチエイジングの判断基準にしてみてはいかがでしょうか。

さて、もうすこし、HSP(熱ショックプロテイン)を補足して説明してみようと思います。42度の入浴では熱いという言う方は、41度で15分。40度で20分でも同じ効果が得られます。(42℃では10分間)結構な長湯ですが、今ではこの温熱療法はスポーツ選手にも支持されていて運動をする2日から4日ほど前にしっかりカラダを温めてHSPを増やし運動時出る乳酸を抑えて運動のパフォーマンスを上げる効果を高めるんです。

冷えは万病の元なんです。

運動能力を高め、時間も伸び、筋肉痛が減ると言われていますが、銭湯利用した温熱トレーニングを提唱するアスリートもいるらしいのです。大きな浴槽で、ゆったりとしかも天然温泉でカラダの芯から温めて、運動のみならず日々の生活の活動パフォーマンスを向上させてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、1010誌 1010長生き教室。

参考画像、 読売新聞の医療サイト

参考画像、風見鶏 健幸塾

シワ予防に銭湯を活用してみては。


一年中、海の上で紫外線でお肌を焼かれている割には、そんなに肌が痛んでいないのは、普段の温泉入浴の賜物ではないかと思っている今日この頃ですが、毎月届く無料銭湯機関誌の1010になるほどと思える記事が載っていましたのでご紹介したいと思います。1010誌によると。最近42度のお湯に皮膚をつけるとシワが防ぐことができるというマウスの動物実験の結果があったらしくちょっとばかり話題になってるらしいのです。

HSPは伊藤要子先生が提唱している素晴らしい健康法です。

なぜ42度のお湯がシワを防ぐもとになるのかというと、今までもよく僕が取上げている【熱ショックタンパク質】のなかの熱ショックタンパク質70というタンパク質が関係しているらしいのです。簡単に説明するとシワの原因は紫外線によって肌の弾力性のもとであるコラーゲンを減らしてしまうんです。その紫外線による皮膚の負担を減らすことが出来るのが熱ショックタンパク質70というタンパク質なんです。HSP70(熱ショックタンパク質70)はコラーゲンを分解するタンパク質を減らすことが実験でわかっているんです。

すごく分かりやすいので借用させていただきました。(御礼)

で、そのHSP70を増やすには、42度のお風呂に入ると良いと言われています。道理で毎日清水湯の温泉に入って知らずしらず熱ショックプロテインを量産しているおかげで普通のひとの10倍は紫外線に当たっている割にはシワもなく何気にアンチエイジング出来ているのは、この温泉のおかげかもです。お気軽でお手軽で気が付いたらお肌もキレイに紫外線も気にせず美肌が手に入るのなら、温泉に入って熱ショックプロテイン70を出しまくりませんか。(笑)

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、1010誌1010長生き教室。

参考画像、美的.com

高血圧が意味するもの。


順番間違えちゃった・・(汗)昨日動脈硬化のブログをアップしましたが、本当は先にこの高血圧のブログを出す予定だったんです・・。ちょっと前後が違っちゃいましてまことに申し訳ありません。さて、高血圧は別名【サイレントキラー】と言われていて、症状がすぐ出るわけじゃないので自覚症状がほとんどないんです。でも放置すると、血管が硬くなる動脈硬化になったり、のちに虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳卒中などの発作を起こすおそれがあるんです。この高血圧実は原因がハッキリしない事が多くて、とくに日本人の特有なんですが、ほとんど大部分が知らないうちに高血圧になっているなんてこともあるんです。この高血圧なぜ悪いかというと、常に血管に圧力がかかっている状態なんで、血液を送り出す心臓や血管に負担をかけているのでかなりカラダにはよくないのは明白ですよね。

適度な運動、食事改善でかなり改善されるものです。

高血圧が心臓病や脳卒中などの罹患率が高くなるのと同じように、腎臓にもかなりの負担を与えることになります。腎臓は毛細血管の集まりみたいなものなので、血管障害があらわれれば、腎臓にも障害があらわれるのも仕方のない事なんです。この高血圧リスクファクターとして言われているのが、【遺伝、肥満、糖尿病予備軍、ストレス、喫煙、塩分の多い食事、飲酒、脂っこい食事】などと言われています。実はこの高血圧になる生活習慣は子供時代からはじまっていると言われています。高血圧は大人になって急激になることもあれば、幼少期からの食事過多、運動レスの生活習慣によっても高血圧になる発症率は高くなります。高血圧を防ぐにはあくまでも適正体重を維持する、また適度な運動も効果があります。さらに肥満者が体重を減らすと、 実際に血圧が下がるという報告があります。

空を見ながら黄金の湯でまったり♪転地効果も期待が出来ます。

それに、肥満は血圧を上げるだけでなく、肥満自体が心血管病の危険因子の一つなので、肥満していて高血圧の人は、体重を標準体重近くにすると、血圧や脂質異常症、高尿酸値、血糖値なども適正値に近づく可能性が高くなります。おススメな運動は自然の中を歩くとか、ストレッチング、ヨガなど酸素を体内しっかり取り入れて呼吸をする軽めの運動を30分ぐらい毎日続けられるものがいいのではないでしょうか。またぬるめのお風呂も心臓に負担のかからない半身浴などでしっかり血行をよくしてあげて、基礎代謝を向上させてあげることも大切ではないでしょうか。いずれにしても健康は自分のみならずまわりの家族や大切なお世話になっている方がたの為にも健康管理と生活習慣病の高血圧などにならない、なっても治してやるという決意の元、健康で悠々自適な充実した健康生活を送ってまいりたいと思います。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、厚生労働省 高血圧ってどんな病気。

参考画像、特定健康健診ナビ

血管系の症状。(動脈硬化)


先日、高血圧についてブログ書きましたが、実は父親も高血圧でしたし、大事な友人も高血圧なんでいろいろ健康のアドバイスが出来ないものかと、すこし勉強してみるつもりで書いてみました。昔から日本人にはいわゆる生活習慣病(昔は成人病と言われていましたが。)の人ってほとんどいなかったと言われています。ある糖尿病、高血圧などの患者のグラフなどはすべて戦後右肩上がりに跳ね上がっていて、これは何を意味するものなのかと想像すると、素人ながらおそらく食生活の環境がいわゆる欧米化したことと、運動など生活にかかわる活動が社会的な利便性のよさなどから慢性的な運動不足になっていることなどが原因ではないかと簡単に想像が出来るんです。

生活習慣で改善できるものなんです。

早い話が摂取カロリーと消費カロリーの相対比がのバランスが崩れているだけのことなんですね。昔から「腹八分目」と言いますが、現代ほどこの言葉が大切なときもないのではないでしょうか。さて、高血圧がすすむと、ひとつに動脈硬化が併発すると言われています。前回の高血圧も何の症状もないのに気が付いたら高血圧になっていたと書きましたが、こ動脈硬化も何の症状もないのに症状が進んでいたという事があるんです。この血管系の硬化は一度硬くなるとどんな薬を飲んでもよくなることはないと言われています。

温泉は生活習慣の改善に役に立ちそうです。

さらに症状がすすむと脳出血や心筋梗塞など引き起こすことになるんです。高血圧も一緒ですが、動脈硬化も生活習慣(喫煙、高脂血症、糖尿病などの危険因子)をバランスの良い食事や、運動などを取り入れてこれら3大成人病(高血圧、糖尿病、高脂血症)の改善に効果的と言われていますので、毎日の健康管理を見つめ直していくという意味でも清水湯の温泉も実は効能書きに「糖尿病、肥満など」と書いてありますので、食生活、運動さらに清水湯の温泉を取り入れて日々の健康管理に役立ててみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、K新聞(静かに進む動脈硬化)

参考画像、 第一三共株式会社

最近さんきちのドデカとんかつにハマっています。(笑)


やはり揚げ物系の武蔵小山の王者はさんきちではないでしょうか。おかみさんも美人ですし・・・(笑)さて武蔵小山が最近とんかつ店や揚げ物系(から揚げなど)の激戦区になって来ていますが、ここ老舗のさんきちさんもいまだ健在、頑張っています。なんせメニューが季節感があるのと、さらに新メニューを出してくるなど飽くなき追求を求めてくる、現役のチャレンジャーなんです。

さんきちのサラダは最高です。

これがドデカとんかつ。

なんでも美味しいです。

接客も長年変わらず親切で笑顔ですし、ご主人も寡黙ですが、顔を見ればわかります。とても優しい目をしていらっいしゃる。3代目の妹と同い年の娘さんもご結婚された後もご夫婦2人で長年頑張っている姿は、商売人の鏡ではないでしょうか。その【さんきち】さんで超美味しいドデカとんかつセットが今、話題を呼んでいます。(笑)草鞋(わらじ)のようなジャンボとんかつが2枚にキャベツ山盛り、ご飯食べ放題で1000円なんです。これは、今までのさんきちの多彩なメニューのなかでもかなりお得なとんかつセットと言えるかもしれません。

安くて、美味しい♪

ステーキ系も絶賛です。

とにかく肉はジューシーで柔らかくて、食べ終わった後はかなり満腹感に襲われて次の日の朝もちょっととんかつ腹になっている可能性もあるかもです。味、量、コストパフォーマンス3拍子そろったこのジャンボとんかつ是非食べてみてはいかがでしょうか。他にもさんきちならではの美味しくて多彩なメニューが皆さまを待っていますので、清水湯の温泉のついでにお立ち寄りしてみてはいかがでしょうか。さんきちは今では武蔵小山のソウルフードだという人もいますので最高におススメです。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

とんかつ さんきち

03-3787-0124

東京都品川区小山3-12-10

11:30~14:00
17:00~22:00

ランチ営業、日曜営業

定休日 金曜・第3木曜
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

秋バテ!?


夏の残暑は、異常気象だったらしいですね。天気予報士がテレビで言っているのを聞きました。よく地球温暖化とか、じつは氷河期にむかっているとか一体どっちなのと思うのですが、僕的には地球温暖化で温かくなって、氷河期がすすむなら、プラマイゼロでいいんじゃないのとおもってしまうのですが、それもどうやらそんな簡単なものではないかもしれません。また異常気象なのか地球のリズムなのかはわかりませんが、人のカラダのリズムやサイクルを考えると健康的なのはリズム正しく、食事を摂る、リズム正しく睡眠を摂る、リズム正しく活動する事が健康の基本であるのなら、地球の運行リズムもリズム良く、秩序立っている方が良いのではないかと思います。

すっかり秋らしくなりました。

とにかく今年の夏は長かった(残暑も含めて)ので結構今になって疲れがでてきているとか、どうも気持ちが優れない、やる気が出ないなんて方々が散見されるのではないでしょうか。その原因は実は、急激に冷えた気温と急に閉じた汗腺に原因があるんです。今年の夏は東京で最高気温が35度以上の猛暑日が6日間、30度以上の真夏日が47日とどちらも平年を上回りました。そしてふつう夏バテとは、暑さで体力や食欲が低下することで、その一方で夏場に冷房に当たり過ぎて体温調整機能の自律神経が変調になることで、秋になって不調を感じるのが【秋バテ】なんです。その原因は、冷房もそうですが、冷たい食べ物、飲み物で胃腸が冷えて血行が悪くなってしまうことも大きな要因なんです。地球の本来のリズムと人の正しいリズムは本来合致しているもので、なになにし過ぎというのは、地球にも人間にもあまり良くないのではないかと思います。

・・・が一番だと思います。

また、カラダを冷やし過ぎれば、不調になるのは当然ですし、夏場の食欲不振からくる体調不良も正しい食事管理と摂取ができていないところに原因があるんです。やはり暑いからといって一日中冷房にあたっているのも健康のためには良くないと思います。そこでこの時期、秋バテかな~と感じている人がいるのであれば、カラダの復調を目指す意味でも、一日一回は少しでもいいので汗ばむ運動とそれにかわる健康的な温泉入浴を実践してみてはいかがでしょうか。冷えたカラダ、汗が溜まっているカラダをいっそのことスッキリとしっかりと温めてあげて、汗をしっかりかき、血行をよくしてあげる、そして一日3食朝昼晩とリズムよく健康的なバランスの良い食事を摂る、それらが生活習慣として健康習慣になっていくんですね。疲れがたまりやすいこの季節の変わり目の時期、なにも異常気象の地球と付き合う事は無いとおもいますので、自分の健康は自分でリズムを作って一年中、季節の変わり目に影響されない健康習慣を作ってまいりましょう。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

参考文献、朝日新聞ニュース3Q(また夏バテ?秋バテかもね)

参考画像、ZUMI暮らし。リーダーに贈る言葉118 「健康」。

 

二湯流!


剣豪【宮本武蔵】も二刀流でした。無敗の武蔵が強かったのは、とんでもなく強靭なカラダの持ち主であることや、当時の日本人離れした屈強な人間だったからなんです。そして文豪吉川英治の宮本武蔵には、人間武蔵が描かれていて、武蔵の弱さや負けてから這い上がってくる様やそれでも高みを目指す強烈な精神的な強さをあらわしています。何度読み返したか多分二回ぐらいですが(笑い)今でも、記憶にあるのが(ちょっと曖昧ですが・・・)武蔵の弟子(伊織だったような気が・・・)が「お師匠さま、どうすれば強くなれますか」みたいなことを聞いた際に武蔵が「あれやこれと思う前に富士のような人間になりなさい」と言ったのが印象深く記憶に残っています。

自分にとってのパワースポットになってもらえると嬉しいです。

風が吹けば右や左にいくのではなく、どしっと富士のように泰然自若としてなにがあっても動じないそんな人間になりなさいと吉川英治氏は言っていました。単純馬鹿な三代目は本当にその通りだと思ったんです。さて全然関係ない話をしてしまいましたが、清水湯の天然温泉も武蔵と同じで二湯(刀)流なんです。これぞ必勝の構え。無敗の剣豪武蔵にちなんでいこうと思っています。でも二刀流(にとうりゅう)は分かりますが、二湯流は何のことか分かりずらいのでこのブログだけにしておこうと思いますが・・・。

けっこうラッキーな温泉なんです。

ちなみに僕三代目の熱い想いは、今は無名でもこの清水湯の二つの天然温泉で無名時代の修行の垢を流して、黄金の湯の名前のごとく黄金色に染まった大勝利の人生を勝ち取ったんですなんて言ってくれる明日の希望の夢追い人がいつか一人二人と大声で言ってくれることなんです。清水湯があったから「ビックになった」なんて夢のようです。(喜)

武蔵小山温泉・清水湯三代目談。

低体温はあまり良くないらしいです。


低体温が引き起こす病気の一つに「うつ」があります。この鬱「うつ」はストレスの一種である、冷え、寝不足が原因とも言われていますが、冷えによる低体温は人体の細胞内のミトコンドリアが正常に働かずに脳の神経伝達物質のセロトニンが生産できなくなるからだといわれています。(あくまでも仮説ですが。)ただ冷えが脳温を下げて、やる気や精神的な情緒不安定さをかもしだすのはあるかもしれません。今回はとくに「心の病」について考えて行きたいとおもうのですが、おやじネタで申し訳ないのですが、ある旅行でバスに乗っていて左側の座席に座っていて左の窓から風が顔にあたっていたらしいのですが、風のあたっていた左半面が顔面神経痛になって、いまでも子どもながらに覚えていますが、笑うとひきつって凄く怖い顔になっていたのを覚えています。

今日は寒いですね。温泉で心もカラダも温めましょう。

心とカラダは密接につながっていていると思うのですが、風に当たっただけでなんで顔面神経痛になるのかが、いまもって謎なのですが、今考えると風呂屋のおやじのくせにあまり風呂に入ってなかったのではないかと憶測しています。(ちなみに3代目は風呂好きで一日2回入っていますので、44歳にしてはかなりカラダは健康的で動くほうです。)同じ家族血縁でも普段からカラダを温めているのとそうでないのでは、違いが出てくるものなのかと思ってしまいますが、風呂屋でない兄弟ともやはり、健康面では違いがあるのは、ただ3代目が生まれながらに頑健だということだけではない気がします。

芯から温まります。

(そもそも昔は風邪にかかりやすかったのですが、とくに最近の温泉健康法と岩盤浴との併用でほとんど病気知らずな状態です。)さて、一概にはいえない心の病ですが、カラダを温めて悪くなるという所見は見当たらないので、2者択一であるのならば、冷やさないで温めることを実践しながら、良い生活習慣すなわち、お風呂にはいってスッキリ習慣を続けることによって血色から心のもやもやまできれいにスッキリ心もカラダも美ボディ&美マインドになるのではないでしょうか。

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

参考文献、病は冷えから(婦人病、慢性病からガンまで!)石原結實先生著

岩盤浴と熱ショックプロテイン(HSP)


毎日、夫婦そろって清水湯の岩盤浴を利用しています。それこそ夏も冬も季節に関係なく、だいたい30分ぐらいじっくり汗をたっぷりかいています。岩盤浴にはいると不思議とカラダの関節痛(腰痛)が楽になるか、ほとんど消えてなくなったり、この年になってもほとんど肩こりはないですし、疲れもその日のうちに取れてしまうので、つねに明日への活力が漲っています。(笑い)

これがないと冬を乗り越えられない気がしてきました。

とにかくなんでも良いこの岩盤浴良いのには理由があるようです。岩盤浴でカラダを温めると血行がよくなり、温熱効果で脳からエンドルフィンという物資がでてきて痛みを緩和してくれるんです。さらに怪我や打ち身などの外傷性の痛みにも、温熱効果による「熱ショックプロテイン」(HSP)が関係しているんです。このHSPカラダを温めることによって、その傷ついた箇所を修復しようとして新しいたんぱく質が作られるのですが、昔から怪我や不治の病には「湯治」といって温泉でカラダを温めて病気や怪我を修復していたんです。この湯治のメカニズムを科学的に立証したのこの「熱ショックプロテイン・HSP」なんです。

岩盤浴は清水湯の和風とはちがい、海をイメージしているんです。

岩盤浴は健康に即効性のあるものではないのですが、慢性的なカラダの不調などには、持続的に岩盤浴健康法を続けることによって慢性的に症状にも効果があると言われています。百聞は一見に如かずといいますが、岩盤浴を日頃より利用していて感じるのは、肌の調子がすこぶる良くなることと、新陳代謝がよくなることと、どこでもすぐによく眠れることと、体力的にも何歳か若く保てている実感があることなんです。すべてが岩盤浴の効果かは分かりませんが、いまのところ岩盤浴は生活の一部になっていて健康作りに欠かせない存在になっています。そんな清水湯の岩盤浴、健康作りにご活用してみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

参考文献、岩盤浴の秘密、五味常明先生著。

参考画像、品川経済新聞

 

一湯懸命!


すみません!じつは天然温泉は2つあるので二湯懸命かもしれません・・・。というより一湯懸命ってなにと思われるでしょうが、ただの一生懸命のダジャレなんです。すみません!そして今年は、春と夏に研修旅行にいかせてもらって十分に遊ばせてもらいましたので、来年の5周年にむけて俄然やる気満々になっているのですが、清水湯のこの天然温泉に対しての思いをブログにしてみようと思います。皆様もご存じのように清水湯には2つの天然温泉があります。一つは天然黒湯温泉。

天然黒湯温泉♪

黄金の湯♪

そしてもう一つは黄金の湯。黒湯のほうは、生前2代目の父親が掘ってくれたのですが、(この黒湯があってこそ清水湯が今も存在できているんです。)黄金の湯は、業者選びから資金繰りまですべて3代目がおこないました。なんですでに温泉があるのに、もう一本掘らなくちゃいけなかったのかというと、ただ2代目を超えたいそういう思いからでした。(でも結果はいまでも超えられないようです・・・)この黄金の湯掘削当時から本当に大変で、(お金もすんごくかかっています。)一時、埋めてしまおうかと思ったこともあったんです。(笑い)でもその時脳離に浮んだのは、「まずはゲットしよう」ということでした。このゲットとはサーフィンの沖にパドリング(水をかくこと)ででることで、ゲッティングというのですが、サーフィンの特性上、波の割れてくる沖にでないと始まらないということと、この都心でも珍しいそれでいて銭湯ではここ清水湯だけの素晴らしい(手前みそですが・・・)黄金の湯をまずは掘削を成功させて、皆さまにじっくり黄金の湯を楽しんでいただいて、それから判断しようと思ったんです。

まずは沖に出る事。そんな感じでした。

こりゃ駄目だといわれたら埋めちゃうつもりでした。(実は見積もりもとっていたんです。)でも今では沢山のお客様から黄金の湯を目当てに来ていただいて、この黄金の湯を掘り当てたことは」、大成功だったなと確信しています。人とも縁ってありますが、温泉もある意味【縁】だったのではないかと今では思っています。当然、良い【縁】ですが、(笑い)何かパワーを感じるこの黄金の湯、皆様の明日への活力になれたら最高に幸せです。

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

参考画像、ハワイサーフィンブログ