ブログ

健康長寿は食生活から(良いタイトルなんでそのまま掲載しちゃいます。)


購読しているK新聞の健康コラムが好きでよく読むのですが、けっこういいこと書いてあるのでほとんどそのまま掲載しちゃいます。どちらかというとシニア向けの内容になっています。人は年齢を重ねることに、食物をかむ力が衰えてきて必要なエネルギーを取り込む能力が衰えてきて、「低栄養」状態になりがちなんだそうです。(たしかにご高齢の方で極端に太っている方ってあまり見かけないですが・・・)そして低栄養状態がつづくと筋肉や内臓、骨などがもろくなりカラダの老化が早まってくるそうです。また、血管も弱まることから卒中のリスクも増えてくるそうなんです。実はBMI(肥満度を表わす世界的な指標)は高い人よりも低い人の方が死亡リスクは高いんです。

メタボは成人病のリスクが高まります。

最近の傾向ではメタボ=親の仇(かたき)みたいに喧伝されていますが、とるべき栄養素もとらない粗食は、むしろ体力が衰えてくる高齢者にとって注意しなければいけないことなんです。低栄養を予防するには、タンパク質、糖質、カルシウムなどを十分に摂取することが大切になります。食事は本来楽しむものです。カロリーや体重のことばかりきにしすぎてカラダに負担をかけないようにしながら、食べた活動すればいいだけですから、社会生活のなかで交流や運動、趣味など活動的な健康長寿の生活スタイルを心がけてみてはいかがでしょうか。

(老化予防を目指した食生活指針)

①食事は1日3回バランスよくとり食事は絶対に抜かない。

②動物タンパク質を十分にとる。

③魚と肉は1対1の割合でとり、魚にかたよらないようにする。

④肉はさまざまな種類や部位を食べるようにする。

⑤油脂類は摂取不足にならないようにする。

⑥牛乳は毎日200ミリリットルは飲む。

⑦野菜は緑黄色野菜や根菜類などたくさんの種類をたべる。茹でるなどして摂取量を増やす。

⑧食欲が無い時はおかずを先に食べてご飯を残す。

⑨調味料を上手に使い、美味しく食べる。

⑩食材の調理法、保存法を覚える。

⑪和風、洋風、中華など、さまざまな料理法をおぼえる。

⑫家族、友人との食事を増やす。

⑬噛む力を維持するために歯医者に定期的に行く。

⑭健康情報を積極的に取り入れる。

バランスの良い食事を。

以上、健康長寿のお役にたてれば幸いです。

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

参考文献、K新聞 シニアエイジ(健康長寿は食生活から)

参考画像、あいらいふどっとねっと。厚生労働省。

冷えの季節が近づいてきています。


石原結實(いしはらゆうみ)先生曰く、人類の80パーセントは「冷え症」ではないかという説をいっている医学者もいるらしいのです。そして【冷え】こそ万病のもとであると断言しています。僕もこの【人類の敵】!?である冷えは健康を阻害する一因であると確信しています。分かりやすい例で、冷たいものを食べ過ぎるお腹がいたくなってくることは、誰もが経験したことがあると思いますが、(3代目は、ピルクルを凍らせた1リットルパックを3個食べたら次の日の朝お腹が激痛にみまわれ、恥ずかしながら救急車を呼んでしまった経験があります。

冷えは普段の生活習慣で改善できるんです。

結局出るものが出たら治りましたが・・・。)お腹を押してみるとよくわかるのですが、内臓が固くなっているこのに気がつきます。本来、カラダが快調に動くのは、筋肉も一緒ですがリラックスして適度に弛緩しているものなんです。(運動する前にストレッチングするのも同じ原理です。)冷えで死んでえしまうのは、雪山での遭難ですが、(極論として)やはり冷えが人間の身体にあたえる冷えのデメリットは大きいと思います。

これからどんどん温泉の季節になってきそうです。

特に冷えからくる諸々の症例では「肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、腹痛、便秘、下痢、腰痛、ひざ痛、女性では生理痛、生理不順、などが一般的に挙げられます。」これらの症状は逆に【冷え】から【温め】でほとんどが改善するものなんです。あれやこれやと健康にお金をかけなくても、ただの銭湯料金で2つの天然温泉を楽しめて、カラダも心も芯から温めることのできる清水湯のお風呂で健康を取り戻し、健康を持続させていってはいかがでしょうか。冷え撃退!そして健康!これが清水湯の天然温泉の最大の効能かもしれません。(笑い)

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

参考文献、病は冷えから 石原結實先生著

参考画像、 冷え性対策WEB講座

季節の変わり目には、温泉健康法がおすすめ。


いよいよ厳しい残暑も、地球の公転と自転の関係で、いやでも秋になってきそうです。(笑い)しかもこれからお彼岸すぎにはお昼の時間と夜の時間が同時になってから夜の時間が長くなってきて日が落ちるのもはやく感じるようになります。一年中エンドレスサマーな銭湯おやじにはなんとなく憂鬱ですが、そこは超がつくほどの楽天家の3代目なので、秋といえば食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋じゃないかと前向きになっています。

残暑もようやく終わりそうです。

さて季節の変わり目は「不定愁訴」がでやすく、疲労感、頭痛、不眠、食欲不振、何となくやる気が出ないなどこれらは急激な気温の変化や、湿度、気圧などで自律神経のバランスが崩れて起るんです。自律神経とは交感神経と副交感神経があり、それぞれがシーソーのように微妙なバランスのうえで成り立っているんです。ですから季節の変わり目にこの自律神経のバランスが崩れやすくて、何となく体調が悪いとか、調子が出ないなど気分的に落ちやすくなるんです。実際、この自律神経の人体に及ぼす影響はけっこう大きくて、普段怒りっぽい人は交感神経が興奮している状況なので、副交感神経が働きづらくいざ寝ようとおもってもなかなか眠れないなどの状況になることもあるんです。

いよいよ湯けむりの季節ですね。

ここで大切なのは、一日一回の汗ばむことを(汗をかくこと)することが季節の変わり目にはとても健康にとって有意義なんです。それは運動でもいいですし、入浴や温かい食事でも有効なんです。とくに少し疲れが出たな~と思えるくらいの温泉入浴は、心地のいい天然の睡眠導入剤になりますので、オンとオフがしっかりと働くような交感神経と副交感神経の自律神経の復調が清水湯の天然温泉で健康作りができますので、とくに残暑で疲れ切ったカラダを今の季節、清水湯の天然温泉で癒してあげてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

参考文献、K新聞季節の変わり目の健康管理(1日一回汗ばむ運動を、入浴、睡眠、温かい夕食も有効)

笑顔と健康。


笑顔はいいですね。「短気は損気」といいますが、本当にそう思います。よく喧嘩で「怒ったほうが負ける」と言いますが、それもその通りだと思います。天気と一緒で低気圧と高気圧の戦いの中で低気圧の勢いが強ければ雨になりますが、高気圧がつよければ虹が出て晴れるのとおんなじで、笑顔には、人間としての強さの発露(現われ)みたいなのが、含まれているように思います。強さ、人間性、優しさ、先見性、思いやり、などもみんな強さと優しさに裏付けられたひとつの証明が笑顔なんだと思います。

笑顔になれる温泉を目指しています。

さて、この笑顔、健康面でも良いというんです。いつも不機嫌そうにしていると何となく近寄りがたいですし、逆に笑顔で楽しそうだと不思議となんとなく「なんか楽しそう」と人が集まってくるものでさらに輪が広がり楽しくなってくるものです。やはり笑顔の効能は、人とのつながりを結びつけてさらに楽しさが倍増してくることも心の健康面にはプラスになるのではないでしょうか。何かの本で読みましたが、笑顔は血行を良くするらしいのです。また、笑顔は筋肉を柔らかくするというのです。さらに脳の働きをや判断力を正常化するというのです。

幸せになれる温泉を目指しています。

ですから苦しい時ほど笑顔が良いとも。アスリートのなかでも苦しい局面ほど、笑顔で声を掛け合って戦うものですが、苦しい時も楽しい時もどうせ同じ人生行路のなかの戦いなら「笑顔」で前に進んで行ったほうがお得ですよね。(笑い)清水湯でも、スタッフの基本姿勢として、「笑顔で」、「明るい挨拶」を徹底していますが、清水湯に来ていただいたお客様すべての方々に笑顔で「清水湯に来てよかった」、「また来たい」と思っていただけるような、皆様に喜んでいただける町の銭湯を築いてまいりたいと常日頃より思っています。いまだ社会情勢が混とんとしていますが、清水湯だけは、いつでも皆様の心とカラダのオアシスとして皆様をお迎えしたいとスタッフ一同心より念願しておりますので、明日への活力、笑顔の源泉として是非清水湯の天然温泉で心とカラダそして笑顔になれる銭湯清水湯にお越しいただきますよう宜しくお願い申し上げます。

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

参考画像、we love hongkong

 

黒酢チャーハンがお気に入りです。(揚州商人中国ラーメン。)


ここ実は家族のお気に入りなんです。とくに夏の暑い日やそろそろ涼しくなってくるとラーメンが食べたくなってきて行くことが多いんです。武蔵小山西口から歩いて5分ほど前に書いた中華の銀河さんの手前にあります。昔ながらの中華料理屋さんの古き良き雰囲気が醸し出されていて面白い店内だと思います。しかし武蔵小山には本当においしい中華料理やさんが多いいですよね。東口の駅前通りの悟空さんもそうですし、パルム中ほどの楼蘭さんも美味しいですし、こう月さんも外せません。

この黒さが健康的です。

ここのスーラ―タンメンも美味しいです。

で、今回の中国ラーメン揚州商人さんでとくにお勧めなのが、黒酢のチャーハンなんです。この黒酢のチャーハンはいわゆる日本の黒酢ではなくおそらく中国産の黒酢だと思うのですが、色がやけに黒くて酸味も程よく酸っぱくて野菜もいい感じでのっていて必須アミノ酸である黒酢とご飯の炭水化物、野菜の食物繊維がバランスが最高のチャーハンなんです。残暑が厳しい時や今日みたいに急激に気温が下がった時などにラーメンと一緒に食すのも最高じゃないでしょうか。ここは本当に何を食べてもかなり美味しいです。

これ何だったかな~。でも美味しいんです。(笑)

そう、この太麺がいいんです。

ここの杏仁豆腐は安くておいしいですね。

今の時期、黒酢を使った黒酢冷やし中華、時冷やしジャージャー麺、シンプルにネギらーめん、スーラータンメンも美味しいかもです。まだまだ残暑が続くこの時期、また季節の変わり目のこの時期に美味しい中華料理を食べてみてはいかがでしょうか。清水湯からも歩いて10分ぐらいですので揚州商人の美味しいラーメン、黒チャーハンからの天然温泉の黒湯の黒黒コースで食欲と温泉の秋シーズンを迎えてまいりましょう。

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

中国ラーメン揚州商人

03-3494-0166

東京都目黒区目黒1-6-16 ミョンドンビル 1F

11:00~翌4:00

ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

年中無休
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

らくらくエクササイズ!


じつは、自由ヶ丘の老舗スポーツクラブでインストラクターをしていた過去があるんです。(いやー、あのころはモテたな~笑)実際、スポーツクラブへの造詣は深くて、五反田にあるスポーツクラブにも結婚する前は10年ぐらい通っていました。単純になにかしらしてないとダメな性分なんでしょう。とにかくカラダを動かすことが大好きで、今でも毎週へたしたら週2回海に行って波乗りをたのしんでいますが、たまに前日に見た「アニマルチャンネル」でサメ特集をしているのを見た後だと、足を海につけてるのがなんだかちょっと怖くなったりします。(笑)

入浴もかなりのエネルギーを消費するんです。

さて、今も昔も運動をしましょう!と奨励されていますが、なかなか時間がとれないのも実情です。正直同じ動作をモルモットのように繰り返すのもなかなか目標がないと続かないもので、なかなか長続きしないものです。そこで、最近注目されているのが、「さー、運動しよう」とあらたまってするのではなく、日頃のお買い物に行く、料理を作る、通勤通学をする、自転車に乗る、室内を歩く、お風呂に入るなど日頃最低限また基本的に行なっている生活動作(活動)も運動の一部とみなして、その生活活動の質を高めていきながらQOL(クオリティーオブライフ)を充実させ、結論として日常の活動で十分な運動量を確保しましょうという考え方にシフトしてきているんです。

二つの温泉で健康に♪

なるべく歩くということを主眼としながら、お買い物は自転車を使わず、なにか用事を見つけてはちょこちょこ動くそんな日常の基本的な動作で十分な運動量を確保できれば、誰でも出来て誰でも健康になれるなんてこんな楽ちんなことはないのではないでしょうか。そこで、お風呂に入るという日常の動作も含まれていることから、ご家庭で入る入浴を清水湯の天然温泉に置き換えていただき、行き帰りも少し歩く量を増やす、車から自転車にしてみるなど、運動量を増やすだけでも立派なエクササイズになることは間違いないと思います。「さー運動!」ではなく「さー行動」で日常を健康の生活習慣にかえてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉・専属健康運動指導士談。(3代目のことですが笑)

 

汗をかくことの効能!


僕たちの自宅は気温が35度以上の夏場でもクーラーをかけることはありません。(清水湯では温度20度で急にして男、女脱衣所、等を冷やしています。)これは、風邪通しが良いせいもありますが、クーラーが人体にあたえる負の効能を考えてのことなんです。本来、日本の気候は、春、夏、秋、冬と四季がありそれぞれが日本の風土になかで、彩があって季節ごとに楽しめるものだと思います。特に夏場は特に東京の夏はコンクリートの輻射熱で40度近くなって厳しい暑さですが、日本の四季の中でまたとない汗を沢山かける季節でもあるんです。汗をかくということは、逆にいえば体温調節をカラダが正常にしているということで、暑いのに汗をかかないというのは、どこかカラダの調整システムの中がおかしくなっているということなんですね。

どんどん汗をかきましょう!

実はこの調整システムというのは、自律神経のことでその名の通り、「自らを律する」器官のことなんです。この自律神経は内臓、血管、ホルモンバランスとカラダのほとんどをつかさどっていて、不調になれば、ありとあらゆる不定愁訴(頭痛、肩こり、しびれ、動悸、のぼせ、胃痛、腰痛、吐き気、下痢)が現れるようになります。さらにこの自律神経はもともと脳の視床下部にから伸びていて、この汗をかけないなどの自律神経の不調で甲状腺ホルモンの分泌が悪くなると、情緒不安定になったり、ひどい場合には「うつ」になったりとつまらない症状が出てくるんです。ですから3代目の自宅では、クーラーはあるのですが、クーラーは使わないで夏場を過ごしています。

季節の変わり目こそ発汗トレーニングです。

秋が近づき深まっていく季節でも、自然と強化した汗腺と、自然の風と清水湯のお下げの業務用?扇風機で鍛えたカラダが夏バテもせずに強いカラダを築いているので、いつでも家族全員が健康体でいられるように思えます。人間にはもともと優れた体温調節の機能がそなわっているので、なるべく汗をかくことを意識する健康生活を心がけながら、汗だくになったカラダは清水湯の天然温泉でさっぱりして心身ともに健康になってみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

参考文献、発汗健康法、岩盤浴の秘密(遠赤外線とマイナスイオンの驚くべきパワー)五味常明先生著

参考画像、フォト蔵、お母さん歯医者のミニ話

 

汗を沢山かきましょう!


いよいよ、夏の日差しも昼だけで、朝夕は少し涼しくなってきて秋になってきたな~と思う今日この頃ですが、暑い日のカラダの対処法として、汗をかくということがとても大切なんだということを、少し調べてみました。人間の体温の調節法としてその仕組みは、大きく3つにわけることができます。1つは【放射熱】といって気温が低い時、自然と体温が奪われていくような状況やカラダが冷えてくるのは、カラダが熱を放射してしまったからなんです。2つ目は、【伝導対流】です。じんわりと周囲の熱がカラダに伝わってくること、プールなどで泳いでいてカラダがひえてくるのはこの原理なんです。3つ目は、【蒸散】です。汗をかいたときに皮膚から気化熱を奪ってくれて、打ち水をしたのと同じ原理でカラダが冷えます。

いよいよ週末ぐらいから30度を切ってくるそうです。

犬のハァハァと呼吸したりするのも同じ原理なんです。さて、このなかで一番効果的な体温調整法はどれかというと、3番目の【蒸散効果】なんです。カラダが熱くなりすぎたとき速やかに一番体温を効率よく下げることができるのは、汗をかいてさっと体温調節することなんですね。汗をかくということは非常に大切なことで人間にとっては【急速冷却装置】と一緒で、汗がでるこの汗腺を鍛えることが非常に大切になってきます。夏から秋にかけて何の努力もしなくても汗をかいていたものが、気温の低下とともに汗をかかなくなってくると、何となく不調を感じてしまうものです。

こういう時こそ、【汗腺トレーニング】が必要で、清水湯の岩盤浴、2つの天然温泉をおススメいたします。効果的なのは、お風呂に入る前にいっぱいのお水を飲み、お風呂につかりながら長く深い呼吸をお腹を意識しながらするんです。気がついたら額から頭の毛穴から、背中、全身と汗のしずくが滴り落ちてくるはずです。お風呂から出たらビタミン、ミネラルを十分に補給して夏が終わってこれから汗をかきづらくなってくるこれからの季節、清水湯の温泉で発汗トレーニングしながら、四季を通して美ボディを磨いてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

参考文献、発汗健康法、岩盤浴の秘密(遠赤外線とマイナスイオンの驚くべきパワー)五味常明先生著

敬老の日は終わりましたが・・・。


敬老といっても最近は元気なかたが多いいですよね。清水湯に来るお客様はみんな矍鑠(かくしゃく)としていますし、年齢を感じさせない方ばかりですし、はっきりいってその辺の若者より心と背骨(笑)は若い気がします。背筋もシャンとされていて、それでいて頭の回転もいいですし、仕事への意欲も高いし強いですから、定年制など撤廃してJAPAN AS NO1をまた目指していただきたいと思います。

目上の人を敬うことが大切なんです。

 

さて、2000年にWHO(世界保健機関)が発表した「健康長寿」(健康長寿とは介護なしで自立した生活ができる生存期間のこと。)日本一は女性に限ってですが、静岡県になりますが、第2位に輝いたのは群馬県なんです。第1位の静岡県は僕も良く行く温暖で空気も海も全てが綺麗な伊豆半島をかかえており、お茶でも有名ですし、こんなところに住んでいたらストレスフリーで長生き間違いないだろうなとつくづく思えます。また、第2位の群馬県も実は「かかあ天下」で有名で、働き者が多く、自立心も強いですし、パワフルな人が多いそうです。そのパワフルが病気をもよせつけない健康長寿の源になっているのかもしれません。

 

毎年敬老の日は半額で入浴出来ます。

ちなみに大阪人は45位でどっちかと言うとせわしなく生きているらしくてそれが原因ではないかといっています。まさに「短気は損気」なんでしょうか。ちなみに静岡県も群馬県も温泉の有名県で僕がにらむところ、日頃から温泉に慣れ親しんで、朗らかに悠々としていることが、じつは健康長寿の源泉ではないかと思っています。

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

参考文献、S新聞データDE県民性⑮岩中祥史氏

IMAGINE(イマジン)笑。


想像してみてください。たとえばガラス瓶入りの保湿クリーム、香水、または牛乳瓶など皆が裸足でいる場所でしかも床は固くてタイル張り、“ツルっ”て手がちょっとすべって落としただけで確実に大小に割れてするどいガラスの破片が飛び散ったらどんなことになるか。普通に考えてみれば分かることなんです。だから浴場には、絶対にガラス製品は持ち込まないでください。先日も親子でお風呂に来られた方が、牛乳瓶を露天の入口で落として割ってしまったんです。

ガラスは一切持ち込まないでください。

そのあとはスタッフ総出で(奥様も駆り出して)割れたガラスの大掃除になりました・・・(汗)もし誰かがそれを踏んでしまったらどうなるんでしょうか?今回は、事故もなく済みましたが、皆さま、ガラス製品、陶磁製、など割れて危険なものは決して持ち込まない様にお願い申し上げます。今回の親子は帰りがけにお母さんが「子供が割ったの・・」と言ったらしいのですが、子供は「お母さんが割ったんだよ」といって帰っていったらしいんです。(笑)僕は、子供を信じます。こういう時の子供は素直ですから嘘はつきませんから。(笑)

銭湯は公共の場ですので常識豊かに入浴しましょう。

ま、いずれにしろ牛乳瓶を割った瞬間にまわりのお客様に大ブーイングが飛び交ったらしく、いたたまれなくてお帰りになったらしいのですが、お願いですから2度と牛乳瓶は持ち込まないでくださいね。可愛いお子様に免じて今回は幸い無事故で済みましたのでまたご家族でお子様連れで清水湯の温泉を楽しんでいただけたらと思いますし、スタッフ一同心よりお待ち申し上げておりますので、気にしないでお越しくださいませ。(笑)

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

ちょっとした清水湯でのささいな出来事もブログにしてみました。