ブログ

つかるかつからないかはあなた次第です。(武蔵小山温泉雑談ブログ)


小学校のころの友人でけっこうやんちゃな奴がいました。家の前には中華料理屋さんの珉珉(みんみん)があってキャッチボールをしていたら赤い提灯にまともにぶつかってボロボロにして「わー逃げろー」とやんちゃな友人と逃げた記憶があります。{40年前の話なので時効ですがあの時の赤ちょうちん事件は僕なんです。すみません・・・。しかもこの一帯が再開発でなくなってしまうのも本当に悲しいものです)さてその友人はある時から様子がおかしくなってきたのです。お母さんもよく知っていたのですが、すこし気分が落ち込むということで薬を処方してもらいました。いわゆる「精神安定剤」です。ぼくの友人はどんどん変わっていきました。あの子供の頃のギラギラした目はどこかに消えてなくなり、かわりににごった生気のない目にかわっていったのです。ある日、ケーブルテレビの映画チャンネルで「カッコーの木の下で」という映画がやっていました。名優ジャックニコルソンが主役の映画です。その映画を観てアッと思いました。僕の友人ともともと嘘の病気が精神安定剤で本当に廃人のようになってしまう。それも強制的に薬漬けになってしまう。その姿と友人が重なってしまったんです。薬、必要です。

DSC_0051

でも頼ってはいけないんです。昔漫画で「ダメおやじ」がだらしない自分を変えたくて医者に相談するのですが、もらった薬でみるみる元気になっていく、でも実はその薬はただの「水」だった。ここにも大切なことが示唆されているんです。気もちが落ち込むなんて当たり前のことなんです。ちょっと体調が悪いなんて当たり前のことなんです。大切なのは心が強いことなんです。生命力が強いことが大切なんです。薬じゃないんです。その薬を売ることで儲けようとしているヤブ医者でも製薬会社でもないんです。健康は自然のものを採って、自然に近い形で生活していく、運動も栄養も休養もそして生きがいも夢も目標も楽しさや悲しさまでも全部、自分の味方にしていく。そんな前向きの楽観主義のなかに本当の健康が育っていくんじゃないでしょうか。簡単です幸福になりたい。健康になりたい。まずは決意して行動するだけです。そのすべての出発点に天然温泉があってもいいんじゃないかと僕はおもっています。つかるかつからないかはあなた次第です。

最近常連さまにエイジレスといわれて温泉と青汁と太郎丸(?)式ロングブレスのおかげですと答えた清水湯若旦那より。

マジで恋する!第一亭!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


みなさま。一目ぼれってしたことあります?僕はあります。それも台湾料理にです!ある日深夜、お風呂の掃除が終わったあと、テレビをつけるとあの大人気テレビ「孤独のグルメ」がやってました。いままであまり気にもとめなかったのですが、俳優の松重豊さんのなんだかカワハギみたいに美味しそうに貪る姿があまりにもインパクトがあったのと、テレビに映る、第一亭の飾らないけど美味さが弾けるオーラがぷんぷんのビジュアルにテレビ越しですが完全に恋してしまいました。わかるんです!あの雰囲気、いわゆるB級グルメなのかもしれませんが、僕の中では直球ど真ん中!昔、清水湯の隣にあった幻の名店「珍宝」その美味しいオーラが発散されている風格!なんだか似ている!一目見て間違いない!と確信しました。ただ、場所が伊勢佐木町の日ノ出町!?武蔵小山の純粋培養人間からすると横浜なんてラビリンス!グーグルマップで事前に調べていってみると途中に今の時代にストリップ劇場!?まわりにはちょっといかがわしいお店がチラホラ、なんだか川べりにあるこの第一亭の風格にさらに威厳をもたせているかのように感じ、昔の武蔵小山も駅前にキャバレー「おとめ」やいかがわしいお店がチラホラあったことを思いだしなんだか妙な親近感が湧いてくるし、開店前の第一亭の前で期待感だけがマックスに達していきました。

幻の珍宝の焼きそばに似てません?

幻の珍宝の焼きそばに似てません?

DSC_0264DSC_0267DSC_0269DSC_0274

しばらくすると人のよさそうなおばさまが出てきて、少し早目に入れてくれたのと同時に事前に決めていた臓物系の炒め物をオールで注文。そしてパターン(にんにくまみれの焼きそば麺のスパゲッティ―みたいな感じ)、焼きそば(この焼きそばが超絶美味しい!!!)と頼みまくり、お土産も注文して何処のだれかわからないガタイのデカイ夫婦二人の存在感を記憶させて帰ってきました。その一週間後は家族5人でまたもや貪るように食べまくり、あの家族は何者!?と完全に顔を覚えてもらいつつ、去年は5回ほどイナゴの来襲のごとく食べまくり、第一亭さんに武蔵小山の大喰らい家族の魂魄をとどめることに成功したと自負しています。と、いっきに書きまくりましたが、僕の一目ぼれで恋したオーラ―感は間違いなくて、この横浜伊勢佐木町の日ノ出町の「第一亭」さんは一口食べた瞬間にお目目がハートマークになるのは間違いない若旦那超絶一番のおすすめ店でございます!

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

第一亭

045-231-6137

神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20

11:30~13:30(土日、祝日を除く)
17:00~21:00(入店は20時が目安)

定休日 火曜日
▼清水湯からのアクセス

ラブ湯!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


ラブ!

愛すること!

ラブ!

ゆずり愛!

ラブ!

お風呂のマナーを守ること!

ラブ!

まずはカラダを洗おう!

ラブ!

場所取りはしない!

DSC04193-5

ラブ!

温泉に入るときは席を譲ろう!

ラブ!

温泉と対話しよう!

ラブ!

逆上せないようにしよう!

ラブ!

星空を見てみよう!

ラブ!

黄金の湯と黒湯の交互浴も気持ちいい!

ラブ!

温冷浴もおすすめ!

ラブ!

脱衣場に行く前にカラダをよく拭こう!

ラブ!

忘れ物がないか確認しよう!

ラブ!

今日も明日も元気だ温泉が気持ちいい!

ラブ!

愛は地球を救う!そして銭湯は地球を救う!

 

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

 

 

大大大好き!ローランの中華!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


武蔵小山のメイン通りは一番通り(パルム商店街はのぞいて)そしてグルメ一番通りは武蔵小山温泉の裏手の道をパルム商店街に向かったほうにある道なのです。それが人呼んで、「武蔵小山グルメ通り」その通りには「さんきち」さん、美味しいお好み焼き屋さん、おそらく東京一の人気のとんかつ屋さん、新規出店も目覚しい美食通りなんです。その中でも老舗でしかも超絶美味しい!何を食べても質の高さそして安定の美味しさ、よく人気のある飲食店をプロレスに例えるとしたら必殺技とカリスマ性が人気の2大要素になるのですが、まさにそんなお店。ローランには必殺技となる一品料理が目白押し!

DSC_0517DSC_0519DSC_0522DSC_0526DSC_0524

その中でも超おすすめなのがうまうま角煮、とろとろに豚の角煮がとろとろの煮汁がかかっていてそのまま食べても美味しいのですが、この超絶うまうま角煮を「はなまき」に挟んで食べる喜び!これは成功者の食卓以外何ものでもないそんな錯覚に陥ってしまいます。といっても角煮で2000円弱。僕たち庶民で手に入るお値頃価格です。チンジャオロースも美味しいし、スーラータンメンも超美味しい!そんなみんな大好きローランさんに是非行ってみてくださいませ。武蔵小山温泉からは歩いて2分程。裏手の道をパルム方面に行けばすぐあります。うまうま中華の本格料理ローランさん&天然温泉で胃袋もカラダも充実の一日をおすごしくださいませ。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

楼蘭(ローラン)

03-3785-8315

東京都品川区小山3-23-9

11:30~15:00(L.O)
17:00~21:15(L.O)

定休日 月曜日
▼清水湯からのアクセス

コンプレックスは美しさの源泉。(武蔵小山温泉美しくなりたいブログ)


最近、コンプレックスについて考えることが多くなりました。それも思春期の娘をもつ親として、切ないような慈しみたいような気持がわかるような、乗り越えてもらいたいような、そんな誰もが一度は通った道を子供たちも今、通ってるのかと思うと、成長過程での必要な通過儀礼なのかとさえ思えてきます。僕も思春期、青春期はコンペレックスのかたまりだったのです。幼稚園、小学校は別に目立たなくても家族に居場所があるだけで幸せだった気がします。でもある程度大きくなってくると、色々なことが人と違うような気がして、劣等感に蝕まれるようになります。僕の場合は顔がデカイのと、足が短いのがコンプレックスだったんです。今では顔がデカいのは「舞台向き」そして足が短いのは「シークレットブーツはけばいいや」みたいな、で、今はスマップの「世界に一つだけの花」のように俺は俺、人は人、むしろ俺はイケてるとさえ根拠のない自信に溢れています。

DSC_5398

やっぱり女の子は色々あるみたいで、二重がどう、歯並びがどう、でもこれだけは言える。あんたは奥二重だけど二重!俺は一重の目つき悪!あんたはママに似て足長、俺は短足、あんたは八等身だけど俺は五等身(マンガのキャラか!)あんたは可能性のある美人の原石だけど、俺はただのジジイ。ただコンプレックスの波をくぐり抜けてきただけ、そうお前に言えることは「自信をもて」ただそれだけ、勝負は30を過ぎてからなんだよ!むしろ若いころからチヤホヤされていると勉強もせずに可愛いだけで完結しうちゃうから薄っぺらい人間になってしまうから、若いころはそれでいいのだ!それによくよく考えてみれば美活が必要なんだと気が付いた時、間違いなく感謝するのはあんたの家が「武蔵小山温泉」だということに喜びを見出すことは間違いないのだ。そんな原石をそして美しくなる星の元に生まれていたきとに早く気が付き、感謝してください。パパより。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

書評「あの日」を読んでみて。(武蔵小山温泉若旦那の思いブログ)


小保方さん、温泉好きなんですよね。兎にも角にものんびり温泉にでもつかって心とカラダを休めてください。うちでよければ貸切で信頼できるご友人、ご家族とでも一緒に入ってもらっても大丈夫です。そして次へのステップ!そう輝ける未来に向かって歩きだすために。そう走り出すために!貸切は気が済むまで何度でも大丈夫です。僕に出来ることはそのぐらいのことしかないのですから。でも応援してあげたい。心ある人々はきっと同じことを思っているはず。小保方さんはひとつも悪くない。「あの日」を読み切って感じたことを正直に言うと、細かいことは気にしないで「あの日」決意した人々のために生きていく。その崇高な生き方を貫いていただきたい。それ以外の枝葉のさざめきや、心ないさざ波は一切気にしないでください。あなたは正しいことをしたのです。心清らかに、ただ人々のために。そして、その信念はまだ燃え尽きていない。むしろくすぶり続ける故にひょっとしたら苦しんでいるのかもしれない。生きるということは理由がある。その理由を小保方さんは知ってるはずです。あなただから出来た人々を幸福にする使命の火種をけっして消さないでください。

第1話②

「あの日」を読んでいて、まだその火種をさらに燃やし光り輝かせる道が残っている予感がするのは僕だけでしょうか。まだまだ、あなたの使命は終わってない。きっと眩しすぎる輝く未来を満身で享受する喜びを億倍に感じるためにあえて天が課した人生の途上でのただ一人だけ立たされた氷上の寒風だったのでしょう。ですが冬はかならず春になります。心が寒ければ僕が温めてあげます。体が寒ければ温泉があります(笑)未来は栄光の輝きで眩く、燦々としている。だからまた心を燃やしてほしい。自分の信念のままに。ただただ自分を信じて、前だけを見て進んでほしい。立場や、身分や、肩書きじゃないでしょう。あなたに使命があればきっと自分が思っている通りの自分になれる。最後の砦のように書いてありましたが早稲田の博士号も関係ない。あなたに相応いのなら、これから世界中の大学から名誉博士号、名誉教授号をもらえるでしょう。日本は島国です。でも、まだ世界には良心は残っているでしょう。少なくとも能力は認めるでしょう。泣いてる場合じゃないですよ。他人の雑言などとやかく言ってる場合じゃないですよ。あなたにはあなたにしか出来ない仕事がある。使命がある。切り開くべき宿命がある。小保方さん。僕は沢山いる信じている人々の中の一人です。戦ってください。人は戦うために生まれてきたのですから、きっとスタップ細胞も戦ってますよ。この世に生まれたいと。生きて生きて生き抜いて、前に進んで進んで進み抜いて、小保方さんらしく生きていることを謳歌してください。絶対に出来る!絶対に勝てる!僕は信じている!

 

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

武蔵小山にはサルバトーレもあるじゃないか!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


僕的にはコストコのピザが世界一美味しいと決め着けているのですが皆さま、如何でしょうか?ただ最近丸かったピザが、四角になってしまったのでお得感がちょっと減。丸より四角が大きいの♪はぺヤングのソース焼きそばなのでした。さて、武蔵小山はピザ天国でもあります。そのなかでもやはり安定の美味しさ「サルバトーレ」さんに行ってきました。じつはサルバトーレさんは「Y.s」とうい親会社が株式公開していて、その株を10株だったかな、現金にして10万円ぐらいで優待券ほしさにアベノミクスで株が上がる前に買っていたのです。すると毎年2回、優待券が届くではありませんか!1000円の優待券が5枚!5000円!それが年二回!合計1万円です!もう3年前ぐらいに買っていたのですでに3万円分の優待券が届いています。有効期限は毎回半年なのでそのつどサルバトーレにただ飯食べに行っています(笑)

DSC_0066DSC_0065DSC_0067DSC_0070

あと7年間もっていれば元がとれるでしょう。長期保有のストックホルダー若旦那は食い意地のはった株の買い方をしているのでした。これだけではただの株の話になってしまいますが、サルバトーレのピザは超絶美味しい!そしてパスタもおすすめ!最近ではローストビーフもいおすすめ!僕的にはクワトロなんとかという四種類のチーズがのったピザにはちみつをかけて食べるピザが超お気に入り!これははまります!比較的コスパが高いサルバトーレさんですが、こういう優待券を活用した節約術もあるのです。ただ株は元本を保証していませんので株価については自己責任でお願いいたします。一応現時点では株価は2倍になっています。おほほほほほ・・・。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

森厳なる森に舞う。ヘ(屁)クトパスカル。(武蔵小山温泉雑談ブログ)


先日、ヘ(屁)クトパスカルのブログを書きました。一番受けていたのはうちの奥さまでした。そんな愛する妻も毎朝、ママ友と一緒にランニングをしているのですが、その日はたまたま一人で走っていたそうです。僕と同じように同じ人間、走っているとお腹の調子が良くなってきてしまったらしいのです。その時、思い浮かんだのが、僕の編み出した「ヘクトパスカルおなら放出作戦」!森厳な林試の森の瑞々しい大気が張りつめている中、車が走っていないなか、1ヘクトパスカルの排気量もない中、どうするか悩んだ末、奥さまが思いついたのは、林試の森に生息するあの空を舞う黒い物体、そう鴉(カラス)なのでした。時おり咆哮(ほうこう)するカラスの鳴き声に合わせて放出するしかないと覚悟を決め、その時をまったのです。

DSC_0288

歩幅はやや狭くなり肛門をしぼりながら、不意にでるのをがまんしつつ、カラスの一鳴きに合わせる、最高度の難易度を誇る、ヘクトパスカラーの技を、まさに今か今かと待ち望んだこの瞬間「かあ」「かあ」と鳴きはじめた、「今だ!」と思った瞬間、静寂が森を包んでしまった瞬間、事既に遅し・・・。愛する妻は森厳なる森の大気に3ヘクトパスカルの大音響を放出してしまったのです。黒い物体は飛びたち、奥さまのオナラは林試の森を天に上るように舞っていったのはいうまでもなかったのであります。その時、不幸にもイケメンが真後ろに走っていて鼻がひん曲がったような顔を一瞬したそうです。ちゃんちゃん(終劇)

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

子供の口癖「ラーメンは家系でしょう!」武蔵小山温泉グルメ散歩


武蔵小山は今まさにラーメン店が増えつづけています。それも味自慢のお店ばかり、武蔵小山のラーメン男としてこんな嬉しいことはございません。でも大人の味覚と子供の味覚ってすこしちがうようです。ラーメン食べに行こうというと必ず「家系」がいい!というのです。で僕たちも家系は嫌いじゃないのですが、先週も食べた最近ラーメン家系じゃんと言うと、それでも「家系」がいい!というのです。今日は中華がいいよといってもなぜか「家系」!でお腹は中華を求めているのに「家系」にいくことになるのです。そこで最近武蔵小山にできた家系ラーメンの「なかいち家」さんに行っていきました!

DSC_0328

DSC_0331

太麺によくからむとんこつスープ、分かりやすすぎる美味しさ、すべてが丁度いい味付けに分量、子供たちが病みつきになる気持ちがわかります。最近の僕のブームはネギチャーシュー丼(飯)このしらがネギとチャーシューの小さいブロックが最高にご飯がすすむくんなのです。武蔵小山の26号線沿いに新しくできた横浜家系ラーメン「なかいち家」さん。武蔵小山にお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

横浜家系ラーメン なかいち家

03-6426-4388

東京都品川区小山4-4-3 MSビル 1F

営業時間11:30~23:00

定休日 水曜日
▼清水湯からのアクセス

銭湯パラダイム!(武蔵小山温泉雑談系ブログ)


パラダイスではありません。「パラダイム」です。パラダイムとは枠組とか考え方などをさします。よく業種がちがうことにより「あの人たちとはパラダイムがちがうから」と常套句のように使うことがあります。とくに似て非なるのは権威的な業種たとえば白い巨塔のような世界。僕は個人的に手技療術が好きですし、自然健康法が好きなので、科学万能、医学至上主義的なものにある種の懐疑的な反応をおこしてしまうんです。とくに「仁」もなくただ理屈をこねくり回してばかりいるとそれが医学だといえばいうほど小さく見えてくるものなんです。昔の言葉で「病気は医者が治すのではなく患者が治す」というような諺があります。実際外科的な措置が必要なもの以外はほとんどが自己免疫系や、自己抵抗力が病気のほとんどを駆逐するといっても過言ではありません。あくまでも病気と立ち向かうのは患者自身であり、他の誰でもありません。自己の生命力しかその病疾とたちむかうことができないのです。とくにガンは高齢になるほどにり患する確率が高くなってきます。昔の平均年齢と今の平均年齢の高齢化がある意味、ガンの罹患率の上昇をあげているのは間違いないことでしょう。長生きすることは素晴らしい、だけどその分ガンになる確率も高くなる。

DSC_2282

統計では二人に一人はガンになるといわれています。フィフィフティーフィフティーです。ほとんど運の世界です。なにが原因でガンになったのか、またはならなかったのか説明できないくらいの確率なんです。まさに死への片道切符をもったまま生まれてくる誰もが訪れる死。それほど公平なものはないのですが、ガンになることはほとんど誰にでも訪れることなのかもしれません。だからこそ生きることへの感謝が湧いてくるのであり、健康の大切さが湧いてくるんじゃないでしょうか。金八先生の有名な言葉で「彼も人なり我も人なり」とあります。また「人は人、自分は自分」なんです。権威や理論(理屈)に縛られずに実感、体感、そして実証で健康、そして長生きしていくことが大切なんです。今日も健康の源泉が湧いています。誰もが健康の基盤をつくることができる「天然温泉」で今日も心の奥底から活力と健康を湧きだたせてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

(湯守 太郎丸)