ブログ

HWKはSKDなんです!!!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


HWK(平和軒)はSK(最高)なんです!!!というタイトルなんです。さて今までも何度も言うよ~♪ということで我が町武蔵小山にある昔ながらの庶民のみかたであり、庶民の味、オフクロのあじでもあり、オヤジの味でもある、ザ、中華「平和軒」さんはやはり最高なんですというブログなんです(笑)最近、見たニュースで外国人に人気の食べ物はじつは「かつ丼」であるとありました。ならば平和軒の揚げたてあつあつさくさくの汁多めのうまうまかつ丼は最高におすすめじゃないでしょうか!まさにクールジャパン!これから東京オリンピックもあることだし、折角外国からのお客様も増えるのであれば、まずは武蔵小山の老舗でもあり、しかも庶民価格、そして親しみやすい日本ならではの町の中華ラーメン屋さんの「平和軒」をアピールしないでどうするの?って感じなんです。

DSC_0400 (1)DSC_0401DSC_0402

オヤジさんは一見とっつきにくそうですが、見た目と違い心優しいオヤジさん。奥様の二人三脚今でも赤い暖簾を守りに守っています。かつ丼だけではなくすべての一品が安定の美味しさ!毎日一品ずつ味わいながら一週間平和軒メニューを堪能してみたい欲求にかられることもあるんです。それほど美味しい平和軒。こんな素敵なうまうま中華ラーメン屋さんはいっそ国宝級として永遠に存続していってもらいたいものなんです。さー今日も平和軒さんから美味しい湯気が立ち昇っています。武蔵小山温泉も同じく湯煙が立ち昇っています。皆々様のお越しを平和軒のご主人とともにお待ち申し上げております!

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

平和軒

03-3783-3956

東京都品川区小山3-13-1

11:30~14:30
17:30~24:00
▼清水湯からのアクセス

幻のおやき 新移転先情報!


移転先

幻のおやき

「松屋米店」

〒152-0002 東京都目黒区目黒本町4丁目8−1

 

ハイフライフロー!(武蔵小山温泉雑談系ブログ)


ダイビングボディープレスは銭湯では禁止です。湯船の中でやりたい気持ちは重々わかりますが、あれをやるとお湯がどっと出てしまってもったいない。そしてタイルに影響があるので禁止なのです。ハイフライフローそれはプロレスの技。でも初めて聞いた時、じつに耳に心地いい、響きのあるセンテンスだと思いました。ハイフライフロー、ハイフライフロー、はい!フライフロー、はい!ふらっとフロー、「はい!ふらっと風呂ー!」そして「はい!ふらっとお風呂はいろー」はい出来上がり!そうけっしてジャンピングボディープレスをしたくて「はい!ふらっとお風呂はいろー」といって銭湯に飛びこまないでください(笑)

DSC01333

それにしても、銭湯の湯舟は多種多様な人々が同じ釜の飯ならぬ、同じ湯釜の湯のなかで、同じ屋根の下の同じお湯の下というなんだか同じ運命共同体のような、一蓮托生のような、見ず知らず同志が真っ裸で同じ空間にいるのですから、考えようによっては日本の伝統文化はとてもクールであり、銭湯はクールジャパンなのは当然なのでしょう。さて、常に高みを目指す「ハイ!」そして未来に飛び立つ「フライ!」そして誰からも愛される「フロー!」ハイ!フライ!フロー!ハイフライフロー!はい!ふらっとお風呂にはいろー!」なんだかハッピータイムハッピーホームパナーホーム♪とかピタッとハウス♪みたいになってきました・・・・。字余り♪

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

冬でもかき氷&超絶美味しいラーメンはいかがですか?(武蔵小山温泉グルメ温泉)


皆々様。武蔵小山に突如として降り立った超絶美味しいかき氷&ラーメンがあるのをご存知でしょうか?かき氷?決して夏の食べ物じゃございません!冬に食べるからいいのです。きっと防御本能でカラダが温かくなるのは間違いないでしょう!でもそれでも温かい美味しいものは無いかなと思った方はこちらをどうぞ!超絶美味しくて、丁寧な作りのラーメン!僕はノーマルのスープと麺だけのラーメンを食しますが、これがシンプル故に美味しい!本当に美味しいラーメンはチャーシューやマシマシなどに頼らない。

DSC_0375DSC_2039DSC_2046 (1)

背脂ぎとぎともいいけど、シンプルすぎるスープは丁寧に出汁をとり、いい素材を使わないと超絶美味しい!にはならないのです。それが本職はカフェである「ハイムルコーヒー」さんでいただけるのですから、すぐ近くの武蔵小山温泉の「湯の民」(温泉を愛する人々の尊称)からしたら最高にハッピーなことに間違いないのではないのでしょうか。透きとおるスープ、上品な香り、一滴残さず飲み干したくなる上質いスープ、それに絡み合うあいしょうのいい麺。最高のひと時をはいむる珈琲さんでお過ごしくださいませ。武蔵小山温泉からも歩いて1分!最高かき氷、最高ラーメン!最高温泉!にさーいこう!

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

はいむる珈琲

03-6451-3768

東京都品川区小山2-16-1 ローズハイツ 1F

10:00~19:00
ラストオーダー18時半まで

▼清水湯からのアクセス

3代目Jサウナブラザース!讃嘆詞風!(武蔵小山温泉健康ブログ)


サウナ!ただ汗をかくだけの場所にあらず!!サウナのない人生はヤシの木の無い人生と同じ!男はガツンとサウナ!男はガツンとサウナ&水風呂!男はガツンとかけ湯で汗を流して、水風呂&天然温泉!袖触れ合うも多少の縁!見ず知らずの人たちも一つ屋根の下、一つ瓦屋根の下のサウナの中、高温サウナの我慢比べ、隣がでるまででないぞ、いや隣りもこの若造が出てから出るぜ、一番上段から見下ろす高温地帯の常連さんは全員でたらオイラは出るぜ。サウナは男と男の磨き合い。言葉は交わさなくてもサウナ猛者はオーラが漂ってくる。サウナ、おお!サウナ今日も灼熱の極熱地獄から天然温泉の水風呂に入るときの至福の喜び、心よりカラダの邪気がふり払われる喜び!この狭い空間に集い合う者たちは3代目若旦那の武蔵小山温泉のJサウナブラザースに属する未来の栄光と福運!強靱なカラダと明日への活力、間違いなく立身出世を成す者たちであろう!

男子サウナ-4

日々の労働の汗、日々の抑圧、日々の威圧にも負けない勇者たち!サウナ!無数の毛穴から噴き出る汗!その汗には疲労物質が含まれている!そしてすべての汗をふき出すことで明日への活力が充電できるのだ。つねに前進、成長、そして拡大を宿命つけた勇者たちよ!今日も明日もとことんまで自分を鍛え抜き、無駄を省き、必要な筋肉と知力と体力を武蔵小山温泉のサウナで磨きに磨き、明日の運命を切り開いていくのだ!それが3代目若旦那の思いを込めて創った銭湯・武蔵小山温泉の湯念なのだから。サウナはソウル!ソウルは魂!魂は湯念!(理念)明日の日本を切り開く湯(勇)者たちよ立ちあがれ!明日のために!字余り♪

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

オーマイガ!でも横浜中華街があるじゃないか!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


愛する「第一亭」さんに家族5人でイナゴの襲来をこころみた月曜日の定休日、抜かりの無い若旦那は定休日が火曜日ということも確認していったのですが、なんと夏休みでお休み~。悲しすぎる・・・。子供たちもガッカリのイッキに反抗期~。そこでいつでもなんにでも対応できる頼もしいオヤジ像を壊さないためにも、すぐにグーグル先生!「伊勢佐木町界隈で美味しいお店はどこ?」と吹きかけると、やはり横浜中華街でしょうといういうことで、行ってきました久しぶりの横浜中華街、途中で三国志の英雄、関羽の廟の前でなんとなく写真をとって美味しそうな食べ放題系の中華料理を探すこと10分。見つけました。メイン通りから外れていますが、お客様が一階席はほぼ満席、でも僕の大嫌いな喫煙席!あ~がっくりと思いながら煙の少ない席にしてもらってもなんだか臭い・・・。

DSC_0358DSC_0356DSC_0357

でさらにお願いすると2階の席を用意するとのこと。やったーと思い、みんなでうま味匂いと煙草匂いの混ざった理解の出来ない一階からおさらばして、二階の貸切状態の円卓に鎮座。さて、久しぶりにたべる中華は食べ放題でもかなりのクオリティー、何度か食べ放題系の中華を攻めたことがありますが、ここはかなりおすすめです。種類も多く、あつあつ、出来立て、しかも美味しい!横浜に行くことがありましたら是非寄ってみてください。横浜で中華料理のあとは、脂ぎった口元をさっぱりさせるのは天然温泉がおすすめです。中華料理&天然温泉で充実の一日をおすごしくださいませ。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

金鳳酒家

050-5570-3127 (予約専用番号)

神奈川県横浜市中区山下町191

11:00~22:00

定休日 なし
<strong<▼清水湯からのアクセス

つかるかつからないかはあなた次第です。(武蔵小山温泉雑談ブログ)


小学校のころの友人でけっこうやんちゃな奴がいました。家の前には中華料理屋さんの珉珉(みんみん)があってキャッチボールをしていたら赤い提灯にまともにぶつかってボロボロにして「わー逃げろー」とやんちゃな友人と逃げた記憶があります。{40年前の話なので時効ですがあの時の赤ちょうちん事件は僕なんです。すみません・・・。しかもこの一帯が再開発でなくなってしまうのも本当に悲しいものです)さてその友人はある時から様子がおかしくなってきたのです。お母さんもよく知っていたのですが、すこし気分が落ち込むということで薬を処方してもらいました。いわゆる「精神安定剤」です。ぼくの友人はどんどん変わっていきました。あの子供の頃のギラギラした目はどこかに消えてなくなり、かわりににごった生気のない目にかわっていったのです。ある日、ケーブルテレビの映画チャンネルで「カッコーの木の下で」という映画がやっていました。名優ジャックニコルソンが主役の映画です。その映画を観てアッと思いました。僕の友人ともともと嘘の病気が精神安定剤で本当に廃人のようになってしまう。それも強制的に薬漬けになってしまう。その姿と友人が重なってしまったんです。薬、必要です。

DSC_0051

でも頼ってはいけないんです。昔漫画で「ダメおやじ」がだらしない自分を変えたくて医者に相談するのですが、もらった薬でみるみる元気になっていく、でも実はその薬はただの「水」だった。ここにも大切なことが示唆されているんです。気もちが落ち込むなんて当たり前のことなんです。ちょっと体調が悪いなんて当たり前のことなんです。大切なのは心が強いことなんです。生命力が強いことが大切なんです。薬じゃないんです。その薬を売ることで儲けようとしているヤブ医者でも製薬会社でもないんです。健康は自然のものを採って、自然に近い形で生活していく、運動も栄養も休養もそして生きがいも夢も目標も楽しさや悲しさまでも全部、自分の味方にしていく。そんな前向きの楽観主義のなかに本当の健康が育っていくんじゃないでしょうか。簡単です幸福になりたい。健康になりたい。まずは決意して行動するだけです。そのすべての出発点に天然温泉があってもいいんじゃないかと僕はおもっています。つかるかつからないかはあなた次第です。

最近常連さまにエイジレスといわれて温泉と青汁と太郎丸(?)式ロングブレスのおかげですと答えた清水湯若旦那より。

マジで恋する!第一亭!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


みなさま。一目ぼれってしたことあります?僕はあります。それも台湾料理にです!ある日深夜、お風呂の掃除が終わったあと、テレビをつけるとあの大人気テレビ「孤独のグルメ」がやってました。いままであまり気にもとめなかったのですが、俳優の松重豊さんのなんだかカワハギみたいに美味しそうに貪る姿があまりにもインパクトがあったのと、テレビに映る、第一亭の飾らないけど美味さが弾けるオーラがぷんぷんのビジュアルにテレビ越しですが完全に恋してしまいました。わかるんです!あの雰囲気、いわゆるB級グルメなのかもしれませんが、僕の中では直球ど真ん中!昔、清水湯の隣にあった幻の名店「珍宝」その美味しいオーラが発散されている風格!なんだか似ている!一目見て間違いない!と確信しました。ただ、場所が伊勢佐木町の日ノ出町!?武蔵小山の純粋培養人間からすると横浜なんてラビリンス!グーグルマップで事前に調べていってみると途中に今の時代にストリップ劇場!?まわりにはちょっといかがわしいお店がチラホラ、なんだか川べりにあるこの第一亭の風格にさらに威厳をもたせているかのように感じ、昔の武蔵小山も駅前にキャバレー「おとめ」やいかがわしいお店がチラホラあったことを思いだしなんだか妙な親近感が湧いてくるし、開店前の第一亭の前で期待感だけがマックスに達していきました。

幻の珍宝の焼きそばに似てません?

幻の珍宝の焼きそばに似てません?

DSC_0264DSC_0267DSC_0269DSC_0274

しばらくすると人のよさそうなおばさまが出てきて、少し早目に入れてくれたのと同時に事前に決めていた臓物系の炒め物をオールで注文。そしてパターン(にんにくまみれの焼きそば麺のスパゲッティ―みたいな感じ)、焼きそば(この焼きそばが超絶美味しい!!!)と頼みまくり、お土産も注文して何処のだれかわからないガタイのデカイ夫婦二人の存在感を記憶させて帰ってきました。その一週間後は家族5人でまたもや貪るように食べまくり、あの家族は何者!?と完全に顔を覚えてもらいつつ、去年は5回ほどイナゴの来襲のごとく食べまくり、第一亭さんに武蔵小山の大喰らい家族の魂魄をとどめることに成功したと自負しています。と、いっきに書きまくりましたが、僕の一目ぼれで恋したオーラ―感は間違いなくて、この横浜伊勢佐木町の日ノ出町の「第一亭」さんは一口食べた瞬間にお目目がハートマークになるのは間違いない若旦那超絶一番のおすすめ店でございます!

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

第一亭

045-231-6137

神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20

11:30~13:30(土日、祝日を除く)
17:00~21:00(入店は20時が目安)

定休日 火曜日
▼清水湯からのアクセス

ラブ湯!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


ラブ!

愛すること!

ラブ!

ゆずり愛!

ラブ!

お風呂のマナーを守ること!

ラブ!

まずはカラダを洗おう!

ラブ!

場所取りはしない!

DSC04193-5

ラブ!

温泉に入るときは席を譲ろう!

ラブ!

温泉と対話しよう!

ラブ!

逆上せないようにしよう!

ラブ!

星空を見てみよう!

ラブ!

黄金の湯と黒湯の交互浴も気持ちいい!

ラブ!

温冷浴もおすすめ!

ラブ!

脱衣場に行く前にカラダをよく拭こう!

ラブ!

忘れ物がないか確認しよう!

ラブ!

今日も明日も元気だ温泉が気持ちいい!

ラブ!

愛は地球を救う!そして銭湯は地球を救う!

 

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

 

 

大大大好き!ローランの中華!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


武蔵小山のメイン通りは一番通り(パルム商店街はのぞいて)そしてグルメ一番通りは武蔵小山温泉の裏手の道をパルム商店街に向かったほうにある道なのです。それが人呼んで、「武蔵小山グルメ通り」その通りには「さんきち」さん、美味しいお好み焼き屋さん、おそらく東京一の人気のとんかつ屋さん、新規出店も目覚しい美食通りなんです。その中でも老舗でしかも超絶美味しい!何を食べても質の高さそして安定の美味しさ、よく人気のある飲食店をプロレスに例えるとしたら必殺技とカリスマ性が人気の2大要素になるのですが、まさにそんなお店。ローランには必殺技となる一品料理が目白押し!

DSC_0517DSC_0519DSC_0522DSC_0526DSC_0524

その中でも超おすすめなのがうまうま角煮、とろとろに豚の角煮がとろとろの煮汁がかかっていてそのまま食べても美味しいのですが、この超絶うまうま角煮を「はなまき」に挟んで食べる喜び!これは成功者の食卓以外何ものでもないそんな錯覚に陥ってしまいます。といっても角煮で2000円弱。僕たち庶民で手に入るお値頃価格です。チンジャオロースも美味しいし、スーラータンメンも超美味しい!そんなみんな大好きローランさんに是非行ってみてくださいませ。武蔵小山温泉からは歩いて2分程。裏手の道をパルム方面に行けばすぐあります。うまうま中華の本格料理ローランさん&天然温泉で胃袋もカラダも充実の一日をおすごしくださいませ。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

楼蘭(ローラン)

03-3785-8315

東京都品川区小山3-23-9

11:30~15:00(L.O)
17:00~21:15(L.O)

定休日 月曜日
▼清水湯からのアクセス