ブログ

やっぱり絋月でしょう!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


最近では中華天国化している「武蔵小山」数多の名店のなかでも一際存在感を示しているのが「絋月」さん。なんといっても武蔵小山温泉からもすぐ近く!そしておやっさんが優しい!地域のお祭り(とくに後地祭りの僕はフランクフルト係です)おやっさんはいつも焼きそば係!隣り同士で、なかなか売れないフランクと焼きそばを晩秋のまだ日射しが強い中何時間も焼き続ける仲なのでした。そんな「絋月」さんのおすすめは僕的には超シンプルにチャーハン!そして餃子なのであります。じつは何を食べても超美味しいでも、そんな名店故、シンプル故に本当に美味しいかが際立ってしまうチャーハンと餃子は超おすすめなのです。餃子はすこし皮があつめでも仲がジュワっとジュースゥイイーーー。焼き色もうつくスゥイイーーー。チャーハンはご飯一粒一粒がぱらぱらと火がしっかり通っていて旨味が閉じ込められていいるのです。チャーハン餃子セットはここでは黄金セットでしょう!そうなのです武蔵小山に来たら、「武蔵小山温泉の天然温泉と絋月のチャーハン&餃子で超黄金コースで最高の一日をおすごしくださいませ。

絋月

03-3784-1199

東京都品川区小山2-6-14

[火~金]
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~24:00(L.O.23:30)
[土]
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~翌1:00(L.O.翌0:30)
[日・祝]
11:00~翌1:0

月曜定休(祝日の場合は翌日)
▼清水湯からのアクセス

ルンルン銭湯!(武蔵小山温泉気分はルンルンブログ)


人生いきていると山あり谷あり、気分が良かったり、憂鬱だったり健康だったり、病気だったりするものです。とくに病気の時は、気分が落ち込んでいって何をする気もしないものです。どこかお腹に力が入らない感じでタメが無いというか、なにか挑戦してやろうというような感じにはならないものです。そんな中でも戦わなくてはいけないのが企業戦士であり、個人経営者なのであります。立ち止まることができない、一度スタートを切ったら前に前に進んで進んでいくしかないのです。気分がすぐれないとかはすべていい訳、泣き言であり、自分の双肩には家族、責任がずっしり乗っかっているのです。

DSC_4299

そこで日々の健康管理、また日々のカラダと心のメンテナンスが必要になってきます。めんどくさいこと、決まったルーティンが用意するところからめんどくさいのでは続かないものです。だから「銭湯」なのです。だれもが簡単に実践できて、誰もが金銭的に負担にならない。ちょっとの体調の不調や気分の浮き沈みも「銭湯」の大きな湯舟につかればたちどころに「ルンルン」気分になってしまうものです。今日もルンルンした天然温泉が湧きだしています。皆々さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

マジ!最高!ラーメン!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


じつはここだけの話。ラーメンの具ってあまり好きじゃないのです。チャーシューもしなちくももやしも・・・(汗)それぞれの具は大好きです。例えばチャーシュー丼とかもやし炒めとかそれはそれは大大大好きです。でもラーメンは僕的には麺とスープ。それがどんだけ美味いか、それが美味けりゃいいじゃん!みたいなところがじつはここだけの話あるのです。珠玉のスープに麺。昔西伊豆によく釣りに行きました。中継地点の沼津に名前をおぼえていないのですが、赤提灯のラーメン屋さんがあったのです。そこの丁寧に沼津産のイワシでとった出汁の透きとおったスープは本当に胃袋に沁みわたって、すこし船酔いする僕はそのラーメンを食べると絶対に船酔いしないほどの究極のラーメンでした。去年沼津に行ったときその赤提灯はなくなっていたので、ひょっとしたらそのイワシの出汁をとるのに日中半日はズンドウの前で日本酒をちょびちょびしながら、鍋に向き合う仕事でカラダを壊しちゃったのかなと勝手に想像してみたりしたのですが、あんなに美味いラーメンがもう食べれないのかと思うとちょっと悲しいです。

DSC_2039DSC_2046 (1)DSC_2047

そんな珠玉のスープ&麺。どこかにないかな~と思っていたところ、な、な、なんと!あのハイムルコーヒーさんがラーメンを始めたではないですか!そ、そ、そんでもって食べてみたところ、な、なんと!あの幻になってしまった沼津の珠玉のラーメンじゃないですか!無駄なものは一切排除した琥珀色に透きとおった珠玉のスープそして麺!これこそが僕が求めていた珠玉の最高ラーメン!そうなのです。思いは通じるのです。あの忘れようとしても忘れられなかったあのラーメンがな、なんと!武蔵小山で生みだされたのです!さー今日も武蔵小山の天然温泉もラーメンも湯煙を舞っています。是非、ハイムルコーヒーさんのマジ最高!ラーメンをご賞味くださいませ。

武蔵小山温泉しみずゆ若旦那談。

ハイムルコーヒー

03-6451-3768

品川区小山2-16-1

10:00~19:00
(らーめん)
11:30〜18:30ラストオーダー

月曜日(祝日の場合、翌平日)、不定休日あり
▼清水湯からのアクセス

パーフェクトユーマン!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


自称健康の伝道師こと若旦那が最近むちゃくちゃ気になることがあるのです。と、その前に僕自身、頭がデカくてよく寝違いをおこします。また頭デカいあるあるですが、車の運転中バックする時、首だけ後ろを向きながらバックしている最中、やはり寝違えてしまいます。また、なぜか油断しているとき瞬発的な動きをした瞬間、寝違えてしまうのです。「寝違え」これはいわゆる「捻挫」のことで筋並びに腱の過伸展および過伸張が原因となっております。なのでオリラジのあっちゃんが「パーフェクトヒューマン」のダンスを見ていると気が気ではないのです。それは彼も頭がデカイ。僕とおなじ種族であること、それは頭カイデー種族、最近の欧米化によって純粋の日本人でも珍しい種族だからなのです。

DSC01333

そう頭がデカイだけで地球の重力に真っ向からGがかかり、ウイークポイントである頸椎につい負担がかかってしまうのです。ああ!心配です「アイマパーフェクトヒューマン!♪」というたびに真横に首を屈曲させる行為は頸椎捻挫の直道そのものなのであります。あっちゃん、出来ることならば右に屈曲させたら左に屈曲、そして左右に屈曲させて一方向だけの頸椎への負担を軽減しながら「アイマパーフェクトヒューマン♪」のパフォーマンスを繰り広げていただきたいとテレビを見ながら勝手に横にいる妻に「首が心配だ~」「首が心配だ~」とうわ言のようにいっている銭湯のおじさんがいることを忘れないでください。ちなみに僕が「寝違え」をおこしたときは武蔵小山温泉のふたつの天然温泉で全身を温め、首の緊張をほぐし、エアウイーブのマットに低反発枕でしばらく就寝するだけで自己回復力でかなり改善します。

中田様。どうか首をご自愛されながら最高のパフォーマンスで元気のない日本を明るくしてくだいませ。

武蔵小山温泉しみずゆ若旦那談。

アイラブ!ロティサリーチキン!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


肉・・・。数多の肉がある中で鳥肉も僕は愛してやまない肉でございます。肉・・・。それはタンパク質。いわゆるプロテインです。知ってますか?カラダはタンパク質で出来ていることを。とくに顔の表情を形つくっているのは紛れもなくタンパク質。そう肉なのです。人相がいい、人相がわるいと、人それぞれ十人十色の人相ですが、その基本の土台を形作っているのは、「肉」・・・。なのです。ならば美味しい肉を食べようじゃあーりませんか!目は心の窓といわれていますが、顔もその人自身の表れなのですから、美味しいものを食べることによって、喜びであったり、満足であったり、幸せが顔の表情をつくることは間違いないのですから、美味しい「肉」をたべることは「いい人相」を作ることに通じるのでしょう。そんな「肉」美味しい肉。おすすめがあるのです。

DSC_2031DSC_2034

それは美味しさで感動してしまうイルドマンジュさんの「ロティサリーチキン」が一押しでしょう!ここの肉(ロティサリーチキン)は目からうろこ、感動の逸品なんです。こんな美味いチキンがこの世の中に存在しているのかと思えるほどの逸品!僕はいつも2羽焼いてもらいます。そう注文予約も可能なのです。こんがり焼けたチキンの皮をかぶりつくとその下にはじゅわわーっと超絶チキンのうま味ジューシーが口の中に広がって、その瞬間、「このチキンを独り占めにしたい」欲求に心が支配されそうになるのをちょっと我慢しなくてはいけなくなるのです。だから家族で食べる時はいつもちょっとした臨戦態勢で奪い合いのチキン争奪戦になってしまうのです。それほど美味いロティサリーチキン。いまも皆さまに頬張れたいとチキンちゃんがこんがりぐるぐる回りながら焼かれながら予約の電話をまっていることでしょう。

武蔵小山温泉 しみずゆ 若旦那談。

 

温泉セレブ!(武蔵小山温泉セレブとは?ブログ)


鼻セレブ買い占めてます・・・(笑)さて銭湯におけるセレブとはなんなんでしょう?それはただ金銭をもっているそんなことではありません。それは振る舞い、そう立ち姿、一挙手一投足なのです。銭湯セレブの定義は、決して、場所取りをしない、かけ湯を必ずする、温泉に入る前は必ずカラダを洗う、当然髪の毛も洗う、デリケートゾーンもしっかり洗う・・・。洗面道具を棚などに移動してから、温泉湯浴みを堪能する、その優雅な姿が自然と醸しだすことができれば、すなわちそれは銭湯セレブの一員でしょう。

DSC_3926

それは見るものを虜にし、また銭湯以外でもその立ち振る舞いは優雅で気品さえ匂わし、見るものの心を掴んではなさない。本物のセレブなのでしょう。目は心の窓と言われています。裸で立ち振る舞う銭湯の中は、じつは心の作用を隠すための仮衣さえもまとえない、だからこそ全てがあらわになってしまうのです。心の美しさも裸だからこそ見えてしまうのです。だから銭湯セレブはそんな中にいると際だって輝きを増してくるのです。銭湯セレブそれはつい本能がでやすい銭湯のなかでも心の美しさを輝きだし続けることのできる人間王女の姿なのかもしれません。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

どこか他人とは思えないのです(武蔵小山温泉未来想像ブログ)


AIロボット系のブログはこれで二回目になります・・。なぜこれほどまでにロボットが気になるかというともうすでに将棋の世界ではロボットに勝てる気がしないのであります。ある分岐点を境にもはや人類はターミーネーたーのようにロボットが人間を駆逐する時代が到来するのも時間の問題となってしまいました。もはやプレデターかエイリアンに代理戦争してもらうしか道はないでしょう・・・。しかし最近テレビでの山の中を駆け回るロボット、見れば見れ程親近感を感じてしまうのは僕だけでしょう。なぜならば倒されても倒されても立ち上がる健気な姿、そして胴長短足の容姿。あれはまさしく僕の忘れ形見なのかもしれません(笑)まったく記憶にございませんが・・・。

画像は本文とは関係ありません。

画像は本文とは関係ありません。

そうどこか他人とは思えないロボット、僕と同じように心がやさしく、そして力持ち、そんなロボットに育ってほしいものです。悪の思想、そして悪のイデオロギー、それはどこまでも人間の心がつくりだすもの、悪のロボットを作るか、善のロボットを作るかそれも人間次第。ならば心の温かい人間を作ることがまずは最優先事項でしょう。その温かな心を作るものこそ「銭湯」そして「温泉」なのでしょう。いつか悪の科学者によってつくられてしまったロボットに人類が駆逐されるまえに悪の科学者、または高学歴者はオユノミクスの新法「心を温かくする温泉法」で心を磨く、温める、そして人のために生きる、それを広い湯舟の中で醸成していくことこそ急務なのでしょう。森羅万物の実体は心の現れ、ならば優しい人間性の現れではなくては、ますます世の中は混迷を深め、世知辛い寒々とした暗黒の世界になってしまうことでしょう。「温泉」それは人類を救う一つの曙光。どこか短足胴長の無敵のロボットに親しみを感じてしまった若旦那より。

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

武蔵小山の最高級中華!井門(武蔵小山温泉グルメ散歩)


僕は旅が好きなのでよく海外にいくのですが、そこで必ずと言っていいほど美味しいレストランが安定してあるのです。それがだいたい中華料理。それも日本に比べて安くて何を食べても美味しいときているので、まずは美味しい中華料理屋さんで必ず舌鼓を打つことにしています。店内を見回しても日本人以外の東洋人も多いし、ローカルまたは西洋圏のビジターにも人気がある中華が多いと感じるのです。やはり歴史のある中華料理どこの国にいってもある意味、胃袋を掴むところからその地に根を張っていくところは流石と言わざるをえないのです。さて、武蔵小山で最高中華といえば「井門」さん。

DSC_1703 (1)DSC_1705 (1)DSC_1707DSC_1710DSC_1708

じつは店内の高級感にくらべてコストは比較的パフォーマンスに優れていて、けっしてコストまで高級というわけではありません。そこは庶民の街、武蔵小山。味こそは最高級でありながら、コスパに優れている。そんな井門さんは武蔵小山住民に愛されまくっています。僕は必ず食べるスーラータンメン、とろっとしたスープに絡みつく少し酸っぱめのラーメン。いつもスープまで飲み干してしまいます。そしてチンジャオロース家族で行くと必ず奪い合いの戦いがはじまります。マーボ豆腐もぐつぐつぐらぐら状態で出てきます。高級なのに庶民的な価格と美味しいさが共存した武蔵小山の最高クラスの中華「井門」さん是非武蔵小山にお越しの際は天然温泉で癒されたついでに舌鼓を打ちにお越しくださいませ。

武蔵小山温泉 しみずゆ 若旦那談。

夫婦円満銭湯!(武蔵小山温泉ブログ)


皆さま。武蔵小山温泉の天然温泉で心もカラダも温めていますか?僕は毎日温めています。毎日温めると何かいい事があるかというと、自分が好きになるんです。それは体調の変化が手にとるようにわかることから自己管理が出来るため、健康のバロメーターとして自分の体調と対話する如く、今必要な健康法を選択することが出来るようになるんです。疲れ気味なら睡眠を多めにとる、寝過ぎたのなら少し、散歩して体調を整える、血圧が高めだなと思ったら、緑黄色野菜を多めにとる、その中でも何がカラダにいいかを知識の上で選択することもできる、健康は受け身では作れないもの、そう能動的に行動してこそ、健康的でいられるのです。

DSC04253

そんな自分の健康に自信がもてるようになると断然、夫婦仲がよくなるのは必然でしょう。強い要素は、健康、経済、等色々、要素がありますが、やはり何はともあれ健康でなくては仕事もうまく行きません。健康だから家族の食卓も楽しい、子供の成長も嬉しい、心が健康だからこそ、他者への慈しみも生まれる。だからこそ健康にはこだわってほしいのです。その健康が単純な体温を一度上げるだけでも基礎代謝が向上し、免疫力が増し、健康への直道が開かれるのです。パパもママも健康美、だからこそ子供たちもすくすく育つのではないでしょうか。家族円満!夫婦円満それが銭湯のもう一つの効能なのです!

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

最高級タンをいただきました!(武蔵小山温泉強運!グルメ散歩)


焼肉激戦区。いえ焼肉天国と化した武蔵小山。肉を食いたいなら武蔵小山とまでいわれるようになってきました。特におすすめはお隣の「和田」さん。ここはおそらく都内でも5本指に入るんじゃないでしょうか。ただ僕的には武蔵小山以外の焼肉屋さんで食べたことがないので参考にはなりませんので悪しからず。さてその頂点にそそり立つ焼肉和田さん。じつは取材拒否のお店だったりするのであまり詳しくブログに書けませんがとにかくタン塩が超絶美味い!僕は厚めのタンそして柔らかくなくては許せないのですが僕の想像を超える厚さと柔らかさとタンなのにジューシーさと愛と恋しさと切なさと心強さと♪が融合された「なんじゃこれ!」的な超絶上物タンなのです。ただ安くはありません。正直勝ち組のタンでしょう。ですから我が家もお誕生日会とか特別な時にしかたべれません。。。汗。

DSC_1644DSC_1726DSC_1727DSC_1730

和田さん、おお!和田さん、和田さんはどうして和田さんなの?♪ハラミも超絶美味しいし、ロースも超絶美味しいし、ワカメサラダも何故か超絶美味しいし、サラダでご飯が食べれます。でそんな和田さんからたまに大鍋でカルビスープをもらえる時があるのです。そして先日は超絶美味しいタンの切れ端を大量にいただいちゃいました!タン!それはスライスする前はただの「舌」でもこんな幸運なことがあるのでしょうか。タンのいいところしか使わない和田さん。その切れ端のタンでもたんはタンはタン。たまに降りてくる幸運はきっと強運の持ち主なのかもしれません。そしてそれをもたらす和田さんは天使なのかも。

焼肉和田

03-3783-4129

東京都品川区小山3-9-3

18:00~22:00

月曜定休
▼清水湯からのアクセス