ブログ

湯美人!(武蔵小山温泉ビューティーブログ)


最近、肉が流行っています。そう武蔵小山は最近「肉」の街。僕も家族も肉大好きラバーですが、灯台下暗しで自分のカラダについた肉およびその周辺についた脂肪についてはあまり気にしないのかもしれません。カラダの「肉」いわゆる筋肉は骨格筋でありカラダの運動機能を支える重要な筋組織になります。なので熱量を発します。だから筋肉量が多ければ多いほどカラダは熱を発し燃えやすいカラダとなり、一面では痩せやすいカラダとなるのです。ですが脂肪はあくまでも脂肪、それ自体は燃えることはなく(厳密には有酸素運動をすることで脂肪は燃えだします)ただ冷えた状態でカラダに過剰に蓄積された脂肪はメタボの動脈硬化や心筋梗塞の原因となるリスクがあるのです。横道にそれちゃいますが、「高血圧」「高血糖」「高脂血症」が血管系の循環器能を侵していくのです。

dsc04157

やはりそこで大切になってくるのが「運動」でしょう。運動それじたいはカラダを温めることであり、カラダの筋肉量を増やし、脂肪を減らして温まりやすいカラダに変えていくことが大切なのです。有酸素運動それ自体はけっこうしんどくてなかなか続けられないこともありますが、その一環として位置付けてもいい天然温泉を活用した「温活」はこれからもカラダを温めるということの健康の大本流という意味ではいつまでも誰もが実践しやすく誰もが長続きしやすい簡単ヘルシーな温泉につかるだけで誰もが「湯美人」になれる温活健康法じゃにでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯 三代目若旦那談。

シューマイ弁当は子供時代の思い出。(武蔵小山温泉グルメ散歩)


白いタイルがただキレイだった清水湯。いつももうもうと湯気を上げていて人々を近寄らせない閑古鳥が出すオーラがあった清水湯。お客様がいないから普通に浴場が汚れなかったし、二代目のオヤジが塩素だけはふんだんに投入してたからお湯も汚れなかった清水湯。少ないお客さまの中に混じって毎日このクソ熱い風呂に入りに来てくれていた「スズキのとっつあん」がいた。夜8時になると必ず二つある浴槽の端の半畳ほどの風呂屋の俺も何のためにあったのかしらないスペースに腰かけて風呂に入ったり出たりを繰り返して体中に大粒の汗をかきながらたまに浴槽のお湯をくんで汗を流す、そのとっつあんの時間に合わせ毎日俺も風呂にはいっていた。たまの日曜日の休みの日は一緒に横須賀の安浦という埠頭まで行って釣りをしに行った帰り道、お互い釣れなかった横浜駅の赤い看板のまえで小銭を数えて、黄色い包みの弁当を一つ買ってくれたことは当時小学生だった俺の記憶にいつまでも忘れることなく刻み付けられているのです。

dsc_4677

そんなとっつあんも俺が中学に上がってだんだん悪くなるのを苦々しく見ていてしばらくして自宅に風呂を作ってしまって、そのあとは道でたまにすれ違うだけとなってしまったけど、ある日、「太郎、ちょっと家にこいよ」といわれて行ったとき、釣り道具を仰山もらったあとポックリといってしまったとっつあん。いまでもあの頃、北風が強い中、2人で海に向かって小便したとき、それが逆風だったために出た途端全部U字型になって小便が戻って来てびちょびちょになってしまったこと、なんとなく喧嘩っ早かったとっつあんにケンカの仕方を教えてもらったこと、「崎陽軒のシュウマイ」をたべる度に思いだすよ。その後、孫の未来くんに空手を教えて黒帯になるのまではあの頃はちょっと想像もできなかったけどね(笑)崎陽軒のシューマイ弁当はどことなくほろ苦い思い出の1ページを思いださせてくれる優しくて、温かい隠し味が隠されているのだと思う。おごってもらうだけで何も恩を返せなかったとっつあんを偲んで。

武蔵小山温泉しみずゆ若旦那談。

崎陽軒のシューマイ弁当の思い出。

崎陽軒シューマイ弁当 http://www.kiyoken.com/products/obento/shiben.html

かわらないね♪ビューティーフォーエバー!(武蔵小山温泉ビューティーブログ)


毀誉褒貶、諸行無常の鐘の音、流れる川のようにいつかは形を変え、いつかは姿を変えていくものなのです。生老病死そしていつかはこの世の中から消えていなくなってしまうものなのでしょうか。秦の始皇帝もクレオパトラも楊貴妃も不老不死の命、なかんずく永遠の美をもとめて水銀までをも飲んでいたとのこと。そんなあくなき人間の欲求は何のために美しくいたいのか、何のために長生きしたいのか目的感さえも見失ってきたのかもしれません。そう、美しさは自分ためだけではなく、まわりにいる人をも幸せなきもちにかえていくことにつながるのです。

dsc04474

自分が幸福感を感じればまわりもその思いに同調することができ、長生き、幸福、美しさが周囲の人々をも同じ幸福感へと導いていくことも可能のです。いつかは露と似て消えてなくなる命ですが、ひょっとしたら「心」は永遠なのかもしれません。肉体は衰えても心は衰えないそこに真の美しさの強靱な真骨頂があるのかもしれませんね。その心の滋養となり、いつまでも周囲から「かわらないね♪」といってもらえるビューティーフォーエバーな湯美人は武蔵小山温泉の天然温泉でつくることができるのかもしれませんね。今日も「美人のもと」が地中深くしみ出しています。皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

武蔵小山温泉 清水湯 三代目若旦那談。

アイラブユー第一亭♪(武蔵小山温泉グルメ散歩)


あいら~ぶゅ~~♪(尾崎豊風)または「あいしちゃったのよ~ちゃららんらん♪」(原坊風)なぜか愛してしまったお店に行くときは頭の片隅でこの音楽が鳴り響いていることが多いのは僕だけでしょうか。一度好きになるととことん好きになる性分は人だけでなくお店にたいしてもそうなのでしょう。横浜のいランドマークタワーの近くは伊勢佐木町。ブルースで有名な街ですが、そこから少しいくと何となく下町チックな雰囲気の川沿いの街が日ノ出町という趣のある町なのです。昼間しかいったことがないので夜の街をしりませんが、何となくこの辺だと「五反田」に近い雰囲気の街なのかもしれません。

dsc_4576-1dsc_4575dsc_4584-1dsc_4580dsc_4579

そんなことは気にせずどこ吹く風かといったかんじで最近通いに通っている日ノ出町の「第一亭」さん。ここは定食屋さんとしては第一級のアイラブユー店であり、ナンバーワン店なのであります。臓物系のボイルした刺身系が最高!焼きそばが最高!(今はなき武蔵小山の超名店の珍宝にやや似ている!)オリジナルのここだけという逸品だらけ!普通にラーメンも美味い!そしておばちゃんの笑顔が最高!マジで美味くて最高だけど、店の雰囲気も最高!そして人が最高!ここにくるとなにか忘れていたものを思いだせるような気がして、自分の原点に戻れるような気がして、絶対にナンバーワンにアイラブユーな第一亭さんなのでありました。

第一亭

045-231-6137

神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20

11:30~13:30(土日、祝日を除く)
17:00~21:00(入店は20時が目安)

定休日 火曜日
▼清水湯からのアクセス

カルピスのみた~いby腸内フローラ(武蔵小山温泉雑談系ブログ)


最近テレビで自分的に話題沸騰なのが第二の脳があるという話題。それは頭にある脳以外に指令を出す器官があるというもの、それは「腸」なぜというと腸内にはお花畑に似た腸内細菌がびっしりあって、それらの細菌はそれぞれが連携していて人体に影響を与えているというのです。その細菌がお花畑のようにみえるので「腸内フローラ」といわれています。じつは驚くことにその細菌群は何かしらの物質をだして脳に刺激をあたえるといわれているのです。ちょっとゾクッとする話じゃありませんか!だって最近アマゾンで買ったカルピス業務用1リットルを5パックを飲んでなくなったからといって3回計15パック、ということはカルピス15リットルをこの夏から秋にかけて飲んでしまったということです。

dsc_6182 dsc_6182

驚異的な腸内フローラ!だってお腹にいいのがカルピス!僕が一口飲むたびに乳酸菌が腸内のフローラちゃん達にとってカルピスシャワーが降りそそいでくるようなもの!「太郎!もっとカルピスシャワー、モア!」みたいなこといってるフローラちゃんがいてもおかしくないのです。そう今も冷蔵庫にカルピス業務用1リットルパックがある僕は完全に腸内フローラに支配されているのでした。ちなみに腸内フローラは温めるとさらに強くなるらしいです・・・。

武蔵小山温泉清水湯若旦那談。

家族で楽しめるチーズフォンデュ!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


清水湯をリニューアルして8年。今までの銭湯とくらべて断然忙しくなって、夜飲みに行くこともほとんどなくなってしまった昨今。最低でも家族との時間を大事にしたいと思うのは当然のことでしょう。そんな中、家族で食事に行くにしても同じ武蔵小山でも同じところばかり行くのも子供たちが飽きてくるので、たまには家で普段しない食事をしようよということになりました。昔、スイスイの友人がいてチーズフォンデュをご馳走してくれたことがあり、チーズに白ワインでぐつぐ溶かせばいいという簡単料理が丁度いいじゃんということになり、小さめの焼き肌がすべっした土鍋をアマゾンで買い、早速、家チーズフォンデュを開催してみました。

dsc_4269-1dsc_4270-1dsc_4277-1dsc_4281

ちょうどガスカセットコンロもあり、とろ火でコストコで買ってきていたチーズと白ワインを投入して、しばらくするとチーズのワインのいい匂いがぷ~んと香ってきて食欲をそそるんです。武蔵小山のパン屋さんで、買ってきたフランスパンを小分けに切ってそれをやはりアマゾンで買ったチーズフォンデュ用の鉄串にさしてトロットロのチーズを絡めて食べるのです。子供たちはワイン臭いと苦手なので最初にワインは沸騰してアルコール臭さを飛ばしておいた方がいいですし、チーズもモッツッアレラチーズやチェダーチーズなど混ぜるとさらにコクととろみがでて美味しくなるんです。これからの季節、鍋の代わりにチーズフォンデュをご家族で囲んでパーティー気分でご堪能してみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 しみずゆ若旦那談

チーズフォンデュの作り方

チーズ適量 モッツッアレラチーズ、チェダーチーズ

白ワイン(甘口)

チーズと白ワインは1対1

(ナベは専用のものもありますがやや高いので土鍋の表面のつるつるしたのを買ったほうが安いです。食べ終わったらおこげを残らず食べるか(それが美味い!)水に漬けておくと磨くのが楽です)

こどもにサーフィンをさせたかったら。(武蔵小山温泉子育てブログ)


波にのるって素晴らしいのです!ふわっと押しだしたうねりから波にかわる瞬間、波との呼吸にあわせて自分もふわっと合わせるだけで、地球上でここにしかない自分と同じ波がひとつとしてない唯一の波とひとつになって波がまたもとの海にもどるまでその素晴らしい波を享受することができるのです。サーフィンそれは、遥か彼方でうまれた波は長い旅路の果てに永遠とおもわれていた波の命が波涛となって砕け散り昇華する瞬間、人はその波に生の終わり、そしてまた生まれ変わる為の生のはじまりを知らずのうちに波にのることによって生命に刻むことができるのかもしれないのです。ただ、海に抱かれるように浮かんでいるだけでもなにか心にかかえていたものが大海に溶けこんでいくような錯覚さえも感じる、海からあがってきたとき生まれ変わった自分を感じるのも海、そしてサーフィンのすばらしさなのです。

dsc04212

さて、そんな海大好き、サーフィン大好きな若旦那ですが、じつか3人の子供たちはサーフィンをしないのです。そこで、あの手この手でサーフィン大好きボーイズ&ガールズにしようとここ数年頑張ってみたのですがなかなか思うようにならなかったのです。その理由は「サメがいるからこわい」「水が冷たい」「海がきたなくて何がいるかわからない」「くらげがいや」などなど、そこで何をしたかといいますと、とにかく「勉強」「受験勉強」「猛勉強」そう勉強をさせたのです!子供のなかで一番きらいな勉強!勉強ばかりの夏休み、そーっと耳元で「たまには海にでもいこうか?」とささやいてみました。すると「行きたい!」なにかこの雁字搦めの環境から逃れたい一心のような反応を示し、「ならサーフィンもしようか?」というと「したい!」勉強するぐらいなら、また勉強のし過ぎでストレスがたまりにたまっている子供心にはとにかく本能的に海、そして波にのりたい欲求がマックスになっていたのでしょう。さて海についてサーフィンビギナーの練習場所で有名な湘南腰越のビーチで普段は怖がっている子供たちが輝く笑顔で何度も何度も波にのろうと挑戦し、何度もパーリング(海に落ちること)し、そのうち自分でパドリング(水を掻くこと)して沖にでて波を追うようになったのです。長男は疲れたのかただサーフボードの上に寝そべって気持ちよさそうに漂っているのが、それだけでも最高に気もちいい!といい、長女はこんなにサーフィンが好きだったかとびっくりするくらい何度も波を追いかけ、パドルで戻ってくる、そして笑顔を笑い声のたえない楽しい親子サーフィンが江の島の片隅の腰越ビーチで繰り広げることができたのです。帰りは目の前の地元の漁師さんが経営している「しらすや」さんで美味しい地魚定食!帰りの車の中でが超熟睡!家についた時はすでに気持ちが入れかわっていて「さーこれから勉強だ!」「わたしは塾!でもなんだかスッキリした!」とサーフィン効果をすでに確認することができ、ここのほんとうの「文武両道」を実感することができました。もし、子供に何か自分の好きなことをさせたかったら「子供に勉強させよ!」と教えたてあげたくなった今年の夏の思い出でした。小学校時代まったく勉強しなかった若旦那より。

武蔵小山温泉清水湯温泉サーファー談。

熟れた豊満な白い肌。水をはじく光る肢体。(武蔵小山温泉グルメ散歩)


といえば「西海」さんのあの脂むっちりの透きとおるほどの白いホルモンなのです。そう見る人の目をくぎ付けにする、美しいホルモン、つい口づけをしたくなる輝く肢体。その最高級ホルモンを煮込んだ煮込みホルモンはいまだかつて食べたことも見たこともない究極の煮込みなのであります。食べるほどにとまらなくなり、食べるほどに罪悪感を振り払いながら、たまのご馳走、明日からすこし油ものは控えるから今日だけは・・・。時間よ止まれ・・・。

dsc_4204-1

などと背徳の時間を「むちゃくちゃ美味しい西海煮込みホルモン」とともに過ごしてしまうのです。マジでとろけるようなホルモン、腸内にぎっちりとのこった脂身。口の回りがてかてかと光ってくるぐらいの牛脂。マジでこんなホルモン見かけたことない究極の煮込み!ああ今日も妻と話しています「西海さんの煮込み食べたいね。あの白い雲のようなホルモン食べたいね」今日も西海さんの奥の厨房からはマジウマ煮込み湯気が漂っています。そして武蔵小山温泉も温泉の湯気が漂っています。皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

どすこい酒場 西海

03-3781-2162

東京都品川区小山3-12-16

ランチ夏季限定11時半~14時

17時~23時

(予約したほうがいいです)

定休日 月曜日
▼清水湯からのアクセス

湯乱万丈!(武蔵小山温泉雑談系ブログ)


波乱万丈の「波」はどこから来てどこにいくのでしょう。そしてその波はどこでうまれるのでしょう。波は風が生むといわれています。ちなみにハワイの大波は日本を通過する低気圧がそのまま北上してアリューシャン列島(ここは低気圧の墓場といわれています)に到達して消滅するのですが、その際の暴風は大きなうねりをつくり、太平洋のちょうど真ん中にあるハワイまで何にも邪魔されずにダイレクトに届いたうねりは溶岩で出来た浅い海底にぶつかりビッグチューブをつくりだすのです。波が生むドラマ、そして波が生む様々な波及効果。まさに天然温泉の湯舟の「湯」が生む人生ドラマの源とおなじではないでしょうか。

dsc04481

人は平坦な道を歩いているようでじつは下っているといわれています。楽だからじつはやや下降気味の下り坂を下ってしまっている。本来ある目標にむかって進んでいるのならそれは「山登り」にちかい上り坂でなくてはならないのです。といことは上り坂をのぼっているのですから苦しいはずです。息もあがってくるはずなのです。でもそれが正しい成長している時の進み方ではないでしょうか。正しい道、充実の人生は湯が生むが如く「湯乱万丈」が丁度いいのです。

武蔵小山温泉清水湯若旦那談。

美味しい蕎麦ならここでしょう!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


「そばくいね~♪」「そばくいね~♪」「そばくいね!♪」美味しいお蕎麦をたべたくなるとなぜか頭の中でぐるぐる聞こえてくる寿司くいね~♪の替え歌。そしてなぜかそのあと「つないないないないないてぃあ♪」と仮面舞踏会がきこえてくるのはなぜでしょう。きっと腸内の腸内フローラがきっと「そばくいてそばくいてー!」と神経伝達物質を発生させている可能性があるのです。そんな時は「流れえる雲を追いかける」ように身を任せて武蔵小山の名店「ちりん」さんに行くことにしています。

dsc_3997-1dsc_3998-1dsc_3999-1 dsc_4376-1

ちりんさん最高ですよ!新鮮な刺身あり、ほくほくさくさくの新鮮な具材の天麩羅あり、なんと僕の好きなパクチー冷奴(季節もの)そして打ち立て茹でたてのこだわり蕎麦!あの満足感であのコスパはむちゃくちゃお得感満載です!味よし、コスパよし、武蔵小山温泉の黄金コースに取り入れてみてはいかがでしょうか。

ちりん

03-3719-3778

東京都品川区小山3-5-20

12:00-15:00(金土日祝)
18:00-25:30

年中無休(年始のお休みはあり)
▼清水湯からのアクセス