ブログ

銭湯GO!(武蔵小山温泉銭湯ブログ)


ついに「ポケモンGO」がリリースされてしまいました。このアメリカ人が「ポキモン!」と雄叫びをあげる光景をテレビで見た時の衝撃はすごかったです。そしてこのゲームによる波及効果を想像するとなんでいままでこんなゲームが登場することをしらなかったのかと、そして「後悔」の二文字が浮かんできました。日本のいわゆる商業系のコンサルタントなどはこの波及効果を理解していたのでしょうか。なぜブログ系とかでも「ポケストップ」などの登録申し込みを事前に進めるプロポーサルをしてこなかったのか、だれも個人店ではしていない、せいぜい大手の全国展開しているマクドナルドが一手に掌握してしまった感なのです。

DSC_5602

商業プロモーション的には間違いなく零細小商店の救世主になりうる「ポケストップ」ああ!なぜつかなかったのか。これこそが後悔先に立たずなのであります。さて、街をあるくとポケモンGOにあたるほどに町の風景を一変させているポケモンGO!全国の銭湯をポケストップ化してレアなポケモンをゲットできるようにして、銭湯の起爆剤になるように「任天堂」さんに子供の頃「花札」を愛好していた誼(よしみ)でお願いのメールをこれから送る予定です(笑)時代が変わる予感のする「ポケモンGO」どうか銭湯をお救い下さいませ~。

武蔵小山温泉しみずゆ若旦那談。

この町は都の町なのさ♪みやこ屋ミアモーレ!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


武蔵小山には素敵なお店が目白押しです。最近ではオサレなお店も本当に増えてまいりました。でもそんな中、昔ながらの良き武蔵小山の佇まいを残しているこれぞ武蔵小山名店といえるお店が今でも元気一杯、現役で活躍されているお店が沢山あるのです。そのなかのひとつが「みやこや」さんなのであります。

DSC_3261DSC_3262DSC_3258DSC_3263DSC_3259

何と言っても焼肉が美味い!そしてホルモン系がとにかく美味い!ボイルした腸モツ系に甘系のミソだれを付けて食べる、ガツ刺しやコブクロ刺しこれは絶対鉄板なのです。僕はいつ3人前食べます。そして煮込み、豚足、焼き鳥絶品のオンパレード!安くてうまい銭湯上がりはこれまた最高の黄金コースになることでしょう!

ホルモン道場 みやこや

03-3781-5635

東京都品川区小山4-9-1

営業時間 17:00~22:00

定休日 木曜日
▼清水湯からのアクセス

私立武蔵小山温泉中学校(武蔵小山温泉雑談ブログ)


なんだかいまいち売れないアイドルグループのようなネーミング。さて銭湯は人々の憩いの場所であり、唯一、裸と裸でおつき合いの出来る、ある意味摩訶不思議な空間なのでございます。人は裸になると本能的になると言われています。ある日、海の上でサーフボードにまたがって友人と話していたところ、沖から鬼のような顔をして猛然と突進してくるサーファーがいたのです。なにか叫んでいたかもしれません。その時まだサーフィン初心者だった僕は隣りにいた上級者の友人にあー言うのがサーファーなの?と聞いたところ、「裸に近くて自然に近いところにいるとその人の本能的なところが顕れやすくなるんだよ」と教えてもらいました。

坪庭

それを銭湯という摩訶不思議な空間に当てはめてみると、海と銭湯なんだか水辺といういみでは共通していて裸に近いのも共通しているではないですか。たまに傍若無人な人がいるのはそういう理由からなのでしょうか。本能が出てしまう・・・。そんな本来は癒しの銭湯空間。人の振りをみて我が振りを律するというまさに礼節を学ぶ空間として意識転換することも可能ではないでしょうか。銭湯偏差値の高い、私立武蔵小山温泉の学舎はきょうも大空に湯煙を舞に舞っているのでした。字余り。

武蔵小山温泉 しみずゆ若旦那談。

武蔵小山はイタリアだったのか!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


パルム商店街がイタリアミラノと姉妹都市になって幾星霜。気がついたら美味しいイタリアンが多くて、イタリアン天国化してきました。そんな名店ひしめく武蔵小山のなかでも一際輝いているのが「パレット」さんではないでしょうか。武蔵小山パルム商店街を平塚橋交差点に向かって歩き、パルム商店街の終着点の手前右側にあります。二階にあるので看板を見逃さないようにしてください。

DSC_3046DSC_3050DSC_3051

以前はオムライスの専門店だった気が・・・。ランチを食べましたがパスタのエクストラバージンオイルににんにくスライスがしっかり風味が出ていて、ミートもどっさり入って僕好みの味付けが最高でした。量多めなのでコスパもいいですし、なんといっても何を食べても美味しい安定感が最高です。フレンチトーストも最高!このアイデア感が人気店ゆえなのでしょう。見た目、美味しさ、満天のイタリアン「パレット」さん、武蔵小山商店がを歩くなら足をのばして「パレット」さんで舌つづみを打ちならしてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 しみずゆ若旦那談

03-3783-6355

東京都品川区荏原3-6-3 植田ビル 2F

[ランチ]
平日:12:00~16:00(LO15:00)
土日祝日:12:00~17:00(LO16:00)
[ディナー]
17:00~24:00(LO23:00)

不定休
▼清水湯からのアクセス

すべての人が温泉にはいる理由。(武蔵小山温泉健康ブログ)


最近の健康トレンドは誰にでもできて長続き出きるもの、できることなら生活の一部、そうライフスタイルの一部として無理なく続けられるのがなおベターなのです。そうなると呼吸や背伸び、ストレッチ系、食事系、簡単な運動系とありますが、やはり楽しいほうが良いに決まっています。でもなかなかそういうのって無いし、せいぜい負担感のないもので継続できるものを選ぶしかないのでしょう。そうなると一日一回は習慣としていること、そうお風呂にはいる(入浴する)というこういが最適だと思うのですがいかがでしょうか。最近注目されている、あのグーグルでも実践しているそうですが、「マインドフルネス」言ってみればただの瞑想です。瞑想それは目をつむること。ただそれだけのことです。

番傘2

お風呂に入るということだけでも十分、自分の心を観ずることができるでしょう。それに目をつぶってさらに心の奥にあるなにかと対話するような心境になる。なれるかなれないかではなく、「そのような心境になる」その行為自体が正しいのです。普段はスマホを見続けてしまう、本を見続けてしまう。妻を見続けてしまう(笑)だからこそたまには心頭滅却をして心を観ずることがほんの少しでもできれば、それは即ち「マインド風呂ネス」なのです。気がつくと気がつかないとにかかわらず、武蔵小山温泉で気持ちよく入浴している人は、自身のパフォーマンスを最大限に発揮できる状態にマインドをフルチャージしていることでしょう。健康は間違いなく銭湯入浴で創られていくのでした。

武蔵小山温泉 しみずゆ 若旦那談。

焼肉天国@元山(武蔵小山温泉グルメ散歩)


夏バテの原因は間違いなく食が細くなることでしょう。そして暑いからと言って絶えず、水、氷系ばかり食べていると、胃酸が薄くなってそれだけでも体調を崩しがちになります。夏場、残暑の季節の水分補給は大切ですが、食事とともに水を適量補給することが大切になってきます。さて、そんな夏バテ、残暑バテ気味の時にこそ、食べて元気になりたいのが、武蔵小山が誇る焼肉屋さん「元山」さんじゃないでしょうか。この元山さん、僕が中学のころからのお付き合いなんです。当時から今に至るまで、武蔵小山のトップランナー焼肉店として君臨しているんです。新鮮な肉、大盛りの元山サラダ、品数豊富の副菜、サイドオーダー、昔の元山よりも間違いなくパワーアップしています。刺身系も充実、僕の大好きなハツ刺しは醤油にんにくをたっぷりつけてぺろりと食べちゃいます。

DSC_0266DSC_0260

じつはこのたれが最高に美味しくて、タン塩はこのにんにく醤油をつけながら食べるのが僕流なんです。タンはすこし半生程度が丁度良く、頃合いを見てタイミングよく網をかえてくれる心配りも素敵です。いつも笑顔で迎えてくれて笑顔で送ってくれる「元山」さんは家族みんなが大好きな焼肉屋さんなんです。武蔵小山で温泉を堪能したら最高の焼肉を堪能して見てはいかがでしょうか。最高の武蔵小山温泉&グルメ散歩になることでしょう。

元山

03-3785-8545

品川区小山3-23-17

17時~

喫煙
▼清水湯からのアクセス

湯門!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


昔グレていたとき、オヤジによく言われていたのは「太郎!喧嘩ばかりしてたらお寺にあずけるぞ!」でした。すなわち坊さんにでもして修業させて更生させようとしていたのです。そんな親父さんも2011年に亡くなってはや5年。いまだに仏門に入ることが人間形成に貢献するのかということは謎のまま中年オヤジになってしまったのですが、生臭坊主も多い昨今、あの時、素直に言うこと聞いて坊主にならなくてよかったと今では思っています。仏門、武門、なにか道に入る際は頭を垂れて門にはいっていくイメージの「門」ですが、僕的には「湯門」もありではないかと思うのです。

DSC03861-2

「湯門」心のあり処、小さな湯舟は大きな宇宙につながっているとかないとか。でも少なくとも心の平穏が訪れ、明日への活力となるのは紛れもない事実ですので、湯の道があるとすれば「湯門」があってもいいのではないでしょうか。まさにブルースリーの「ドラゴンへの道」死んだオヤジの口癖は「坊主にするぞ!」のほかに「自衛隊にいれるぞ」でした。ちゃんちゃん(笑)

武蔵小山温泉 しみずゆ若旦那談。

ジンギスカンたべてますか♪(武蔵小山温泉グルメ散歩)


最近、家肉がおおくなってきました。やはり家族5人高級焼肉店「和田」さんあたりで食べるとエンゲル係数が白金あたりのシロガネーゼ並みの食費並みになってしまうことが判明。そこで最近では武蔵小山の最高焼肉惣菜店のアンガ食品さんで買ってきた食材で高級家肉をしているんです。でもたまに牛豚ではなく羊ちゃんを無性に食べてくなるのです。そんな時はお約束の「松尾」のジンギスカンがおすすめ!最近すこし値段が上がりましたが、高級牛肉よりも半値以上安く、味付けでラムでなくてもマトンで十分!味はマトン、柔らかさはラムみたいな感じで、いつもマトンの大人買い!松尾のマトンは最高じゃないでしょうか。

DSC_3058

そして家ジンギスカンをするのなら、ジンギスカン専用鍋を購入することをおススメします。肉の油、旨味を枠の淵でしっかり受け止めてくれて、肉を茹でるように食べれますし、もやしも茹でながら味をしみこませながら食べれます。そして忘れてはいけないのが「ベル」のジンギスカンのたれ!このタレは武蔵小山の「ライフ」さんでも売っています。松尾のジンギスカンはそもそもタレに付け込んでいますが、さらに僕はベルのタレであつあつご飯をかきこみます。野菜はもやしオンリーであれば一袋30円ほどですから安いジンギスカンに安いもやし、それを家族で家ジンギスカンしてください、そして家族でジンギスカン臭くなってしまってください。きっと家族の絆が深まってしまうことでしょう!

武蔵小山温泉 しみずゆ 若旦那談。

松尾のジンギスカン

http://www.matsuo1956.jp/

 

味付けマトン400グラムで690円!100グラム173円!(主婦感覚なら安い部類のはずです)

マインド風呂ネス!(武蔵小山温泉健康ブログ)


最近当たり前田の健康法が花盛りのような気がします。背伸び、瞑想系、呼吸系、どれも健康にいいに決まっているのです。それぞれに意味があり、食事の時に背筋を曲げていれば胃が圧迫されてしまい健康によくない、普段背筋を伸ばしていれば、背骨の中にある神経が圧迫されないので健康にいい、呼吸も丹田を意識すれば換気量が増えて健康にいい、循環器能力があがるからです。健康は特別なことをしなくても十分に健康になると言われています。ごくごく当たり前田の健康法が長く続けられて良いのです。そんな中、最近注目されているのが「マインドフルネス」これは仏教的な瞑想を基につくられた健康法です。ヨガにも通じ、人間の本源的な心とカラダのつながりを利用した健康法といえるでしょう。その実践方法は、

(1)丹田を意識しながら背筋をのばす。座りながらが効果的。
(2)鼻からゆっくり呼吸。吸い、吐くをロングブレスでおこなう。
(3)この動作を非常にゆっくりとおこなう。
(4)その時の脳に浮かんでくるイメージを呼吸の吸う、吐くに集中する。
(5)雑念をコントロールできるようなることに気がつく。

DSC_5097

正直これ毎日しています。それもお風呂にはいりながら(笑)ひょっとしたら銭湯好きのひとはみな知らず知らず「マインド風呂ネス」をしているのかもしれませんね。グーグルの社内研修でしているマインドフルネス。手軽だし、さらに効果的な気のする「マインド風呂ネス」を銭湯健康伝道師の若旦那は推奨します♪

武蔵小山温泉 しみずゆ若旦那談。

アモーレ!ここは第二の故郷イタリアでしょう!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


けっして石田純一さんではありません・・・。ちなみに石田純一さん本名は「太郎」僕といっしょなのでなんだかそれだけで親近感がわいてきます。あともうひとつ靴下はかないので有名ですが、僕はパンツをはかないのでなんとなくそんなところも親近感が湧いてくるのです。さて石田純一さんといえば「イタリアン」ですが武蔵小山に新しいイタリアンが出来たんです。たまたま荏原警察方面から中原街道を車で走っていた時、右手に可愛らしい外観のお店を発見、その後ネットで検索してみると何だか良さげ、さっそくアモーレの妻といってまいりました。ご夫婦でいとなむイタリアンのお店。

DSC_2922DSC_2923DSC_2926DSC_2927DSC_2928

奥様はきっとイタリアの方なのでしょう。僕たち夫婦とおなじでアモーレ感が漂っています。イタリアンの家庭料理ということですがどれも美味しくてまたご主人の奥さまにたいする優しさも美味しさに加えられているようなきがして、落ち着いた店内の雰囲気もよく、何度も通ってみたくなるそんなアモーレ感満載の素敵なお店でした。武蔵小山温泉からは平塚橋の交差点を抜けて城南信用金庫のちょっと先にあります。荏原郵便局の建物内の一角といった感じでしょうか。是非、美味しいイタリアンに舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。

Italian dining LUI

イタリアンダイニングルイ

03-6426-9486

東京都品川区西中延1-7-23

「月~金」
11:00~15:00(L.O14::30)
18:00~23:30(L.O.22:30)
[土・日・祝]
12:00~15:00(L.O.14:30)
18:00~23:00(L.O.22:30)

無休
▼清水湯からのアクセス