ブログ

五反田の名店!ミート矢澤!


昔、目黒川はアユも遡上する清廉な川でした。死んだおばあちゃん目黒川のカッパと言われていたとかいないとか・・。そんな目黒川のほとりにある肉の殿堂また大人気店。五反田といえばここ「ミート矢澤」さんなのです。最近の五反田の肉フィーバーは凄まじく、東京で肉ナンバーワンの名誉を欲するなばまずは五反田を制覇する必要があるとまで言われています。そんな超肉の激戦区・五反田。その五反田でナンバーワンの誉れ高い称号をかくとくしているのが「ミート矢澤」さんでしょう。いえ、お金は一切いただいていません・・・。

DSC_1221DSC_1226DSC_1220

先日、いつものごとく行列に並んでいたところ空手の昔の生徒に会いました。社交辞令で「おう、一緒に肉喰うか?」と冗談で軽く言ったところ「ええ!いいんですか!ここで食べれるなんて夢みたいです!」即座に「おう、冗談だ」といい。あぶねーあぶねーと心の中で思ってしまったことは語るに及ばずなのでした。夫婦二人で最高のお肉に舌鼓を打ち、昼下がりのステーキ&ハンバーグを堪能した僕たちは一日ずっと幸せな気もちで過ごすことができました。こんなにも人を幸せにすることができるミート矢澤さんの超美味しいお肉!五反田にお立ちよりの際は是非、ご堪能くださいませ。

ミート矢澤

03-5436-2914

東京都品川区西五反田2-15-13

[平日]
ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:00)
ディナー17:00~23:30 (L.O.22:30)

[土日祝]
ランチ 11:00~16:00
ディナー16:00~23:30 (L.O.22:30)

無休
▼清水湯からのアクセス

ふろばな!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


世の中には沢山の何バナ(話)があります。会話は人生を潤し、お互いの友情を深め、また自身の見識を高めくれるものでしょう。恋バナもいいし、愛バナもいいですし、真面目バナもいいでしょう。僕も風呂の掃除終わりにかならず妻とお風呂に入りながら、とりとめのない話し(バナ)を日夜繰り広げています。そう僕と妻は大の仲良しなのです。銭湯の楽しさはお風呂に入ってカラダを温め、カラダを洗って、髪の毛を洗いキレイにするただそれだけではないのです。見ず知らずの人たちが自然と集まり、一つ屋根の下、一つ同じ湯船のなかで着飾るものをすべて取っ払って、肩書も地位も名誉も関係なくただ湯浴みをする、その何気ない行為がとてつもなく尊い行為なのです。

DSC_3897

それは誰もが尊い存在であり、誰もが平等であり、誰もが価値がある存在だからです。それを実感できるのが銭湯であり、そこで毎夜繰り広げられる「ふろばな」なのです。いえ、きっと「ふろばな」がなくとも一つ湯船のなかで同じ温泉を共有しているだけで平和の心が育まれていくものなのです。銭湯それは人類の宝。そしてそこで生まれる会話(ふろばな)はきっと人類共栄、人類共存の平和の道を創る源泉になることでしょう。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。(思いのほか書いてたら真面目な話(バナ)になってしまいやした(笑)

討ち入りでござる!吉良そば!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


歴史大好き銭湯のオヤジこと日本が熱かった時代、明治維新が1868年頃は尊王攘夷の荒が吹き荒れ、江戸から明治になる黎明の時代でした。僕はその100年後に生まれ。人は輪廻転生をくり返すといわれていますが、すぐ生まれかわる人と、100年もたって生まれるのとだいぶ差があると何かの仏典に書いてあるのを児童書で読んだ記憶があるのですが、僕はきっと明治維新になにかしら立ち会ったことのある過去世をもっているのではと、当時、薩摩であった鹿児島生まれの妻と親友も鹿児島出身をかんがえると芋ばかり食ってオナラばかりしていた貧乏田舎藩士だったのかとあまり喜べない過去世を想像してしまうのでした。

DSC_0607DSC_0608

さてそんなこんなで歴史が好きになってしまった若旦那が春になると特に食べたくなるお蕎麦屋さんがあります。それが武蔵小山で大人気店の「吉良」さんなんです。名前からして赤穂浪士の討死の日に食べに行きたくなる名前じゃありませんか。じつは吉良上野介は決して悪人ではなく松の廊下で切り付けられるのも他に理由があった。定説は吉良が悪者のように書かれている時代劇も多いのですが、もっと深いところに原因がある、浅野内匠頭が即日切腹も考えてみたらおかしい、そこに何かしらの真実が隠されている。と諸説あるようです。さて武蔵小山に来たら、討ち入りの如く大入りの「吉良」さんで最高に美味しいお蕎麦を堪能してみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

吉良

03-3787-6665

品川区小山3-26-3

[月・水・木・金]
11:30 ~16:30
[土・日・祝日]
11:30 ~19:00(15:30 ~17:00休憩)

定休日 火曜日
▼清水湯からのアクセス

蒲田といえば美味しい中華でしょう!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


テレビでもかなり見ることのある蒲田の有名中華料理店!羽根つき餃子がかなり有名ですが、なにを食べても超美味い!価格もコストパフォーマンスがよくて庶民的!昔武蔵小山が目蒲線で緑色のおにぎり電車が走っている時は、目黒から蒲田を行ったり来たりしている、ローカル線だったのです。そんな武蔵小山からも馴染のある蒲田。その大田区のビッグシティーにある有名中華店に家族そろっていってまいりやした(笑)全員で沢山の種類の品々を食べたいので注文しまくり、そして来る端から食べまくり~。

DSC_1111 (1)DSC_1113DSC_1115DSC_1116DSC_1118DSC_1120DSC_1121

本店が消毒清掃日ということで休館だったので、支店の方に行ったのですが全然、美味しい!中華は出来立て炒めたて熱々中華が最高なんです!美味しいのは餃子だけではありませんでした!マジで何を食べても美味しい!頼みすぎて何を食べたか忘れちゃいましたが、超美味しいということが心の中に刷り込まれてしまうほどの絶品中華でした!今回は有名店の一つ中国大衆料理 歓迎 別館さんでしたが、これからも何店か攻めてみようと思っています。いつも満席大混雑店のようです。蒲田にいったら是非お立ち寄りくださいませ。

歓迎 別館 (ホアンヨン)

03-6424-5279

東京都大田区蒲田5-45-1 YMビル 1F

営業時間 11:30~14:00 18:00~23:00

定休日 月曜日・火曜日
▼清水湯からのアクセス

美味しい和菓子屋さんに出会いました!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


武蔵小山ラブの若旦那ですが、ちょこちょこ戸越にも出没します(笑)屋根は無いけど戸越の商店街の雰囲気も大好きなんです。よく行くのは、「千徳」さんのじゅーじゅー焼き、そば切り翁さん、ちょっと脇道に入るとけっこういいお店を発見できるの戸越の良さです。そんな中、とてもおすすめの和菓子屋さんを発見いたしました。ちょうど武蔵小山から行くと先日紹介した「ばってんラーメン」さんを通り越して有名な「百反坂」(ひゃくたんさか)の手前を右に曲がって、くねくね少し行くと角っこに控えめに佇んでいるんです。

DSC_0653DSC_0654DSC_0656DSC_0641DSC_0643

その名も「とごし くらたや」さんなんです。ヨモギたっぷりのもちもち御餅に甘さ控えめ餡子が超ナイスコンビネーション!、水ようかんも甘さすっきり夏の甘味補給に最高です。きっと名店、知る人ぞ知る名店に違いありません。武蔵小山も戸越も庶民の街ですが、共通しているのはいいお店が多いこと。武蔵小山散歩、そして戸越散歩も少し長めのお散歩コースとして超おすすめです!もうすぐ春!今日もグルメ散歩&温泉散歩をしてみてはいがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

とごし くらたや(和菓子)

03-3781-8302  

東京都品川区戸越1-19-24

10:00~20:00

定休日 火曜日
▼清水湯からのアクセス

オフロ・オエ!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


のんだらのるな。のんだらはいるな。お風呂にはいる基本が「アルコールをのんだらお風呂に入らない」これ大切です。よくテレビ的に温泉の露天風呂で日本酒を飲みながら月見酒なんてやってる時がありますが、お風呂に入るイコール血圧が上昇、または下降するものなんです。とくに外気にあたる場合は、温まっている時は血管が拡張して血圧は上昇から下降するといわれていて、気持ちいいな~♪がじつは湯あたりの前兆だったなんてことがあります。そして湯船から出てから寒い外気にあたると一気に血管が収縮して血圧が上昇するのです。

黒湯スライド

たとえお酒を飲んでいなくても疲れ気味だったり、ストレスがたまっている時は血圧が上がりやすく、またのぼせやすいものです。そんな体調の時にアルコールが体内にある時にお風呂に入ることは自殺行為のなにものでもないでしょう。お風呂は日本人の心ともいえる神聖な行為。そもそも禊(みそぎ)にも通じている行為なので、酔った状態でお風呂に入るなど言語道断。絶対に酔った状態ではお風呂に入らないでください。仮にお風呂にはいってゲロでもはいたらそれそこ「オフロ・オエ」ですから・・・。

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

好きです!ばってんラーメン!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


武蔵小山温泉から行くと星薬科大学の裏門を越えて中原街道を越えて第二京浜(国道一号線)の戸越インター(首都高)の降り口のスロープに隠れていますが、信号を渡たってすぐ右にあります。やや古めかしいけど、その一帯だけ軒を並べるように美味しそうなお店が並んでいるところをみると、知る人ぞ知る美味しいお店ロードの雰囲気が醸しだされているようなんです。武蔵小山はラーメン天国、こちらの「ばってんラーメン」さんはやや戸越寄りの立地ですが、広域武蔵小山からすると十分武蔵小山のエリア内!ただ武蔵小山温泉から行くとなると大通りを2つ信号待ちしなくてはイケないのだけがややネックなだけなんです。

珠玉!

珠玉!

さて、博多長浜とんこつ特徴の細めの麺にからみつくとんこつスープ!この黄金のバランス!そして美味さの黄金比率!そもそも暖簾をくぐったときから美味しいスープの香りがただよい、それだけで唾液が止まらなくなります。気のいいおばさんにご主人、夫婦お二人で暖簾を守り、美味しさを守り、地域住民から支持されている美味しさ直球勝負のラーメン店!一度食べると病みつきになってしまうばってんラーメン!是非温泉&ばってんラーメンな素敵な一日をおすごしくださいませ!

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

ばってんラーメン

03-5750-2939

東京都品川区戸越1-1-10

11:30~24:00

日曜休み
▼清水湯からのアクセス

めっちゃ温泉!(武蔵小山温泉ラブ温泉)


天然温泉。日本全国どこにでもあるでしょう。僕自身も温泉好きで旅行がてらに温泉地を巡り歩いたこともあります。温泉地、湯治場どこも風情があって、人情味が豊かで、日本の良さがつまっているのがまさに温泉地なのではないでしょうか。どこの温泉地も源泉を大切にしていて、まさに神か仏を祭っているが如く、祠状態になっていたり、それこそ温泉寺のように信仰の対象となってたり、昔の有名な僧侶や武士が通ったとなれば史跡としての歴史の一端をうかがえたりとこれにグルメも加われば鬼に金棒なのです。さて武蔵小山の地にも天然温泉がふたつ地より湧き出ていて「天然黒湯温泉」そして「黄金の湯」この天然温泉がどれだけ素晴らしいか、最近とくに感じるんです。たしかに建て替え前の普通の銭湯をしているときと比べても仕事の量が増大しました。

DSC04379-4

毎日の品質管理にかかる時間、そしてお金。全然ちがいます。でも人に喜んでもらう、この感動の量も増大したのです。今まで人に必要とされない生き方をしていた。でも温泉を掘ることでその温泉に入りたい。そして温泉にはいったことで健康になった。美しくなった。そんな喜びの声があるたびに、自分は間違ってなかったのだと思えるのです。銭湯なのに天然温泉。天然温泉なのに銭湯価格。このめっちゃ温泉!の喜んでいただける銭湯をこれからも皆さまとともに歩んでいけたら最高に幸せだなと思います。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

芸術は爆発だ!ラーメンも爆発だ!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


爆発の爆は「はぜ」とも読むんです。火が爆ぜる(ひがはぜる)火が飛び散る様子を「はぜる」というのです。武蔵小山に着火して爆ぜ(はぜ)た火花は武蔵小山のラーメンフリークたちの胃袋に爆ぜり飛び散り、鷲づかみにされました。そう爆流さんの止めどないあくなき美味さへの追及、探究心、妥協のしらない美味しいラーメン群は追随を許さない最高峰のラーメンのです。以前、撮影のなかで武蔵小山の美味しいラーメン屋さんの一つとしてご紹介した際、有名女優さんと芸人の女性そして知る人ぞ知る温泉第一人者の温泉ソムリエさんが本当に美味しそうに爆龍さんのラーメンを食べていて、「ああ、ここを紹介してよかったな」と安心した思い出があります。

冷やしまぜそばは夏限定かもです。

冷やしまぜそばは夏限定かもです。

DSC_2299DSC_2300DSC_2301

一杯の器の中には美味しさの一つの宇宙が閉じ込められているような美しいといえる珠玉のラーメン、心憎いほどこだわりぬいた美味しさ、追随を寄せ付けない新ラーメンの開発、誰よりも何処よりも一杯のラーメンに精魂をかけている。そんな宝石のようなラーメンなのです。武蔵小山ですでに確固とした基盤を築いた「爆龍」さん、これからも止まらない美味しさ、止まらない新しいラーメンを僕たちの胃袋に届けてくれることでしょう!

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

爆龍

03-6338-9333

品川区小山4-8-5

11:30~20:00

定休日 月曜日
▼清水湯からのアクセス

テレビさんいらっしゃい!(武蔵小山温泉ラブブログ)


テレビで放映されること、それはもろ刃の剣。一般的にはどんな会社でも広告費があります。武蔵小山温泉のような零細企業には広告費などありません。ですから無料で使える、フェイスブックやツイッターなどを駆使して少しでも伝えたいことを地道に宣伝しているわけです。広告費で一番高くて、効果があるといわれているのは間違いなくテレビコマーシャルでしょう。昔小学校の担任の先生にお前のうちでテレビコマーシャルをしてら家が潰れる的なことを言われたことがありますが、(僕ではなく友達だったような・・・。記憶があいまいですが)テレビコマーシャルそれは僕たちからしたら夢のまた夢の話。そんなテレビさんが向こうからやってくると気があるのです。それが情報番組系のテレビさん。最近では銭湯も希少価値が高まっているようで、ちょこちょことテレビに取り上げられるようになりました。そういうテレビさんからのオファーの時に限ってなんと無料でテレビに出してもれえるわけです。なんて気まぐれなテレビさん。でもいわゆるコマーシャルは15秒200万円といわれています。たった15秒が200万円!もう一度言います。15秒!200万円!30秒ならクラウンが買えます!そうなんです!ケチな銭湯のオヤジからしたらまた費用対効果をかんがえたら、情報番組に出してもらうそれもその枠に5分ぐらい使ってもらえることをかんがえると、単純に300秒です!ということは3000万円!家が買えます!

DSC_0631

それが番組作り、季節の先取り情報などというテレビさんのご都合だけでこれだけの無料サービスを受けることができるのです。たしかにテレビ放映されたあとは混んで嫌だなと思われる方もいらっしゃるのは重々承知しておりますが、3000万円ですよ!誰でも取り上げてもらえるわけではないのです。やはりそれなりのパブリシティー効果がある銭湯でなくてはテレビさんも取り上げる意味というか効果も価値もないのですから・・・。ああ、テレビさんいついつまでも、僕はどんなにインターネットが全盛期になってもテレビさんにはかなわないとおもっています。なぜならば茶の間に鎮座しているのはいまだにテレビさんだからです。これからもテレビさんいオファーがあれば出続ける覚悟でございます。でも、それはこの銭湯を続けていけるからこそ、お客様にいい湯を提供できるそんな好循環を生んでいるそれも一つのテレビさん効果ではないかと思うのです。けっして出たがりではない。費用対効果、人々の心にいつまでも銭湯ならびに温泉の良さを啓蒙していくその普遍的で継続的な絶え間ないアプローチの一翼がテレビさんなのです。さー!今日もいい湯がわいています!皆々様のお越しを心よりお待ち申し上げております。