ブログ

どこか他人とは思えないのです(武蔵小山温泉未来想像ブログ)


AIロボット系のブログはこれで二回目になります・・。なぜこれほどまでにロボットが気になるかというともうすでに将棋の世界ではロボットに勝てる気がしないのであります。ある分岐点を境にもはや人類はターミーネーたーのようにロボットが人間を駆逐する時代が到来するのも時間の問題となってしまいました。もはやプレデターかエイリアンに代理戦争してもらうしか道はないでしょう・・・。しかし最近テレビでの山の中を駆け回るロボット、見れば見れ程親近感を感じてしまうのは僕だけでしょう。なぜならば倒されても倒されても立ち上がる健気な姿、そして胴長短足の容姿。あれはまさしく僕の忘れ形見なのかもしれません(笑)まったく記憶にございませんが・・・。

画像は本文とは関係ありません。

画像は本文とは関係ありません。

そうどこか他人とは思えないロボット、僕と同じように心がやさしく、そして力持ち、そんなロボットに育ってほしいものです。悪の思想、そして悪のイデオロギー、それはどこまでも人間の心がつくりだすもの、悪のロボットを作るか、善のロボットを作るかそれも人間次第。ならば心の温かい人間を作ることがまずは最優先事項でしょう。その温かな心を作るものこそ「銭湯」そして「温泉」なのでしょう。いつか悪の科学者によってつくられてしまったロボットに人類が駆逐されるまえに悪の科学者、または高学歴者はオユノミクスの新法「心を温かくする温泉法」で心を磨く、温める、そして人のために生きる、それを広い湯舟の中で醸成していくことこそ急務なのでしょう。森羅万物の実体は心の現れ、ならば優しい人間性の現れではなくては、ますます世の中は混迷を深め、世知辛い寒々とした暗黒の世界になってしまうことでしょう。「温泉」それは人類を救う一つの曙光。どこか短足胴長の無敵のロボットに親しみを感じてしまった若旦那より。

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

武蔵小山の最高級中華!井門(武蔵小山温泉グルメ散歩)


僕は旅が好きなのでよく海外にいくのですが、そこで必ずと言っていいほど美味しいレストランが安定してあるのです。それがだいたい中華料理。それも日本に比べて安くて何を食べても美味しいときているので、まずは美味しい中華料理屋さんで必ず舌鼓を打つことにしています。店内を見回しても日本人以外の東洋人も多いし、ローカルまたは西洋圏のビジターにも人気がある中華が多いと感じるのです。やはり歴史のある中華料理どこの国にいってもある意味、胃袋を掴むところからその地に根を張っていくところは流石と言わざるをえないのです。さて、武蔵小山で最高中華といえば「井門」さん。

DSC_1703 (1)DSC_1705 (1)DSC_1707DSC_1710DSC_1708

じつは店内の高級感にくらべてコストは比較的パフォーマンスに優れていて、けっしてコストまで高級というわけではありません。そこは庶民の街、武蔵小山。味こそは最高級でありながら、コスパに優れている。そんな井門さんは武蔵小山住民に愛されまくっています。僕は必ず食べるスーラータンメン、とろっとしたスープに絡みつく少し酸っぱめのラーメン。いつもスープまで飲み干してしまいます。そしてチンジャオロース家族で行くと必ず奪い合いの戦いがはじまります。マーボ豆腐もぐつぐつぐらぐら状態で出てきます。高級なのに庶民的な価格と美味しいさが共存した武蔵小山の最高クラスの中華「井門」さん是非武蔵小山にお越しの際は天然温泉で癒されたついでに舌鼓を打ちにお越しくださいませ。

武蔵小山温泉 しみずゆ 若旦那談。

夫婦円満銭湯!(武蔵小山温泉ブログ)


皆さま。武蔵小山温泉の天然温泉で心もカラダも温めていますか?僕は毎日温めています。毎日温めると何かいい事があるかというと、自分が好きになるんです。それは体調の変化が手にとるようにわかることから自己管理が出来るため、健康のバロメーターとして自分の体調と対話する如く、今必要な健康法を選択することが出来るようになるんです。疲れ気味なら睡眠を多めにとる、寝過ぎたのなら少し、散歩して体調を整える、血圧が高めだなと思ったら、緑黄色野菜を多めにとる、その中でも何がカラダにいいかを知識の上で選択することもできる、健康は受け身では作れないもの、そう能動的に行動してこそ、健康的でいられるのです。

DSC04253

そんな自分の健康に自信がもてるようになると断然、夫婦仲がよくなるのは必然でしょう。強い要素は、健康、経済、等色々、要素がありますが、やはり何はともあれ健康でなくては仕事もうまく行きません。健康だから家族の食卓も楽しい、子供の成長も嬉しい、心が健康だからこそ、他者への慈しみも生まれる。だからこそ健康にはこだわってほしいのです。その健康が単純な体温を一度上げるだけでも基礎代謝が向上し、免疫力が増し、健康への直道が開かれるのです。パパもママも健康美、だからこそ子供たちもすくすく育つのではないでしょうか。家族円満!夫婦円満それが銭湯のもう一つの効能なのです!

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

最高級タンをいただきました!(武蔵小山温泉強運!グルメ散歩)


焼肉激戦区。いえ焼肉天国と化した武蔵小山。肉を食いたいなら武蔵小山とまでいわれるようになってきました。特におすすめはお隣の「和田」さん。ここはおそらく都内でも5本指に入るんじゃないでしょうか。ただ僕的には武蔵小山以外の焼肉屋さんで食べたことがないので参考にはなりませんので悪しからず。さてその頂点にそそり立つ焼肉和田さん。じつは取材拒否のお店だったりするのであまり詳しくブログに書けませんがとにかくタン塩が超絶美味い!僕は厚めのタンそして柔らかくなくては許せないのですが僕の想像を超える厚さと柔らかさとタンなのにジューシーさと愛と恋しさと切なさと心強さと♪が融合された「なんじゃこれ!」的な超絶上物タンなのです。ただ安くはありません。正直勝ち組のタンでしょう。ですから我が家もお誕生日会とか特別な時にしかたべれません。。。汗。

DSC_1644DSC_1726DSC_1727DSC_1730

和田さん、おお!和田さん、和田さんはどうして和田さんなの?♪ハラミも超絶美味しいし、ロースも超絶美味しいし、ワカメサラダも何故か超絶美味しいし、サラダでご飯が食べれます。でそんな和田さんからたまに大鍋でカルビスープをもらえる時があるのです。そして先日は超絶美味しいタンの切れ端を大量にいただいちゃいました!タン!それはスライスする前はただの「舌」でもこんな幸運なことがあるのでしょうか。タンのいいところしか使わない和田さん。その切れ端のタンでもたんはタンはタン。たまに降りてくる幸運はきっと強運の持ち主なのかもしれません。そしてそれをもたらす和田さんは天使なのかも。

焼肉和田

03-3783-4129

東京都品川区小山3-9-3

18:00~22:00

月曜定休
▼清水湯からのアクセス

地域密着型&都市型温泉銭湯!(武蔵小山温泉ブログ)


皆々さま。日ごろより大谷投手の二刀流並みの天然温泉、黄金の湯と天然黒湯温泉を日ごろよりご入浴いた大まことにありがとうございます!天然温泉が平成6年に天然黒湯温泉が掘削されて以来、V字復活を遂げ、その後リニュアルする際に8年前に黄金の湯のを掘削、都内でも天然温泉の源泉が2本有する銭湯初の銭湯へと変身を遂げました。ですが温泉が今後3本になろうが、一万メートル掘削してマントルから半永久的なエネルギーを掘削しようが、「武蔵小山温泉」はいつでもいつまでも皆々さまのサイドに立ち続けて、いつまでも庶民派の銭湯として誰でもいつでも楽しめる銭湯を続けてまいります。

DSC_5413

いつでも笑顔、いつでもお客様の喜びのために銭湯という、地域の心もカラダも温めることのできる稀有な銭湯を武蔵小山の地に存続しつづけることが、武蔵小山温泉の使命ではないかと確信しています。季節も冬から春へ。季節の変わり目の体調を崩しやすいこの季節。日々の健康管理に銭湯健康法で毎日スッキリ!毎日グッデイ!毎日ビビット!くる、毎日湯天使が舞い踊っています。これから地域密着型&都市型温泉銭湯として皆皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております!

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

名店の予感。まめ茶和ん!(武蔵小山温泉グルメブログ)


ありそうでなかった絶品うどんに和の珠玉のスイーツ!武蔵小山温泉から歩いて1分。ちゅるちゅる系が大好きな若旦那の超おすすめ「まめ茶わん」さん。なんといってもこだわりのうどん!僕の好みは釜バターチーズ!うどんなのにカルボナーラな食感!おなじくうどん好きのお袋さんにもすすめたところ、完全にはまってしまいました。

DSC_1571DSC_1572DSC_1576 (1)DSC_1578DSC_1583

まめ茶わんさんの素晴らしいところは和菓子のスペシャリストということ、酒飲みの若旦那ですがじつは超甘党!甘いものに目が無くてスイーツなしのご飯はありえないのですが、ここの和のスイーツ、クオリティーが高すぎます!抹茶ようかんにしても葛餅にしても美味しすぎます!どら焼きも最高ですし、まさに名店!ずーっと昔すぐ近くに、目黒のさんまで有名な和菓子屋さんがあったことを思いだしました。武蔵小山には和スイート、そして美味しいうどんがむちゃくちゃ合う!そして忘れてはいけないのは、超絶美味しいかき氷も用意されているということ。ここはしばらく目が離せません!

まめ茶和ん (マメチャワン

090-6708-6737

東京都品川区小山2-8-13

11:30~18:00(L.O.17:00)

月曜休み
▼清水湯からのアクセス

緊急提言!ゆーみーねーたーが出現する!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


ついに終わりの始まりがはじまってしまったようです。そして「ででんででんででんででん」なぜか頭のなかでターミーネーたーの音楽が鳴り響いてくるのは気のせいでしょうか。あのアーノルドシュワルツネッガー主演の「ターミーネーター」が現実になろうとしています。昨日テレビでグーグルがつくった二足歩行のアンドロイド。ついこないだまで六足か八足の犬型ロボットだったと思うのですが、ついに二足歩行のアンドロイド型のロボットができちまいましたー!ここで落ち着いてなにが脅威かと申しますと、僕。個人的に将棋が好きですし、結構強いと思っているのです。小5の息子を相手にしても100戦100勝!(笑)去年、旅行の際、飛行機に乗っている時に将棋ゲームをして遊んだのですが、お恥ずかしながら一勝も勝てませんでしたー(汗)その時、歴然と悟ったのはコンピューターはすごい!

DSC_2646

(とくに写真には意味はありません笑)

特にマニュアル化されて、こう来たらこう返す攻撃っと応戦の人工知能的なものは人間の数段上をいっているのは間違いないでしょう。さらに強靱な「戦闘型」のアンドロイドになり、それに将棋最高位の竜王レベルの頭脳を搭載してしまったら、僕は勝てる気がしません。(ちなみに僕は空手三段です)ためしに「カニばさみ」で倒してマウントポジションから滅多打ちも有りかと思いますが、これを書いた瞬間にインプットされてさばかれてしまうんでしょう。ああ、きっとターミーネーターが地球を滅ぼす前に、願わくは「戦闘型」ではなく「銭湯型」アンドロイドが出来てユーミーネーターという心優しいロボットを先に作って平和な人の役に立つロボットと人間の共存できる世界を作ってもらいたいものです。

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

昼下がりのうなぎ。貪欲になる私。名店西村のうなぎ。


この心はすでに恋心。ああ、旦那以外の人を愛してしまった私・・・。ほの暗い、2階に続く急峻な階段。そこは誰にも邪魔されない私とあなただけの空間。ほんとうに罪深い人ね。こんがりと焼けた肌がとてもそそられるの・・・。心臓の鼓動が早く脈打ち、そして強くなっていくことを感じながら両手でそっとそえるように開いてみると照り輝く肢体。それだけでオートマチックのようにじゅわわーっと垂れてきます。そしてもう止まりません。それはふかふかでほくほく身がふっくらしていて、今にもむしゃぶりつきたい、この世の至福のすべてがそこにあるように、今いる二階の畳敷きの部屋には一筋の燦と降り注ぐ太陽のひかり。目の前にはあなたの焼けた肌が其処だけに輝くように、居るのはあなたと私だけ。そして美味そうに熱をもち湯気がでていた。ついに濡れる唇に触れるように頬張った瞬間、こらえきれず声を出してしまった私。「ああ!」本当の感動は感嘆詞となりそれは母音になってしまうもの。そして「本当に止まらない」心が支配されそうになりながら気がついたら焼けた肌はすべてが口の中に・・・。

DSC_1295 (1)DSC_1294

いけないとわかりながら落ちていく私。昼下がりのひと時。全てが終わり、余韻を楽しむようにしばらく呆然自失としながら一人ごちた私。「美味しかったわ。今度はうな重の松にするわ。あ、ナツメうなぎも食べてみたいわ♪」いけないとはわかってはいてもやめられない昼の営み、どこまでも落ちていく私、今日もそして胃袋の中にすべてが落ちていった。・・・。食(しょく)は色(しょく)とも言いますが最高の食は最高の色を生み。不老不死につながり、子孫繁栄にもつながるのでしょう。西村のうなぎには美女がお似合いなのです。ある日の昼下がり妻とうなぎを食べていて西村さんのうなぎを愛おしむように貪る妻を見ながら妄想してしまった若旦那より(笑)

うなぎ西村

03-3713-6548

東京都目黒区下目黒3-13-10

[店頭販売]
10:00~19:00頃
[店内お食事]
11:00~14:00

定休日 水曜日
▼清水湯からのアクセス

SIA(simizuyu Intelligence Agency)を立ち上げました!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


アメリカの諜報機関はCIA。イギリスの諜報機関はMI5。一応日本の諜報機関は公安となっております。僕は大沢在昌先生のファンなんです。「新宿鮫」キンドルで全巻読破。その他の警察物のサスペンスもほぼ読んでいます。アメリカのテレビドラマもジャックバウアーの「24」からはじまって、「ハワイファイブオー」、そしてこれ最高といえる「ホームランド」、ちょっと指向がちがうけど最近好きなのが「アウトランダー」これ映像美とともにキャストが魅力的で最高におすすめです。さてスパイもの、諜報機関もの、権謀術数、サスペンスもの、その先にある真犯人を誰よりもさきに推理して当てる快感は何者にも代えがたいものなんです。そこでかねてからの懸案であったグルメ諜報活動を広域武蔵小山でも行うことになりました。

DSC_3906

SIA(simizuyu Intelligence Agency)ありとあらゆる美味しいお店をポケットマネーで食べ歩き、お店の良さを発見していくという重責をになった活動をすることになります。諜報部員はなんとよくある1人社長に1人諜報部員。俺社長に俺スパイ!みたいな感じで「領収書をもらわない」のがこのSIAの掟となっています(笑)今日も市井の人いきれのなかにまじってボンドカーならぬ愛車の白いママチャリ1号で颯爽と広域武蔵小山の街を駆けめぐっていることでしょう。きっとあなたの街にも出没するはずです。

武蔵小山温泉 清水湯トムユルーズ談。

肉食原人@武蔵小山温泉の若旦那の肉生活。


最近、肉が好きすぎてほぼ半生で食べている若旦那ですが、これって昔見た映画にあったあのシーンじゃないかとなんだか背筋がぞっとする思いにかられていまっす。それはいつまでも若くいたい願望が夜な夜な若い女の人の行き血を吸って何百万年と生きながらえている物語。そうあの吸血鬼ドラキュラ伯爵の物語なのです。ああ、ついに僕もドラキュラの域に達してしまったかとおもうと、悲しいのか嬉しいのかちょっとわからんなくなります。ちなみに武蔵小山の名店居酒屋は「バンパイヤ」(晩杯屋)さんですが・・・。さて、そんな肉食原人化した若旦那が最近、はまりにはまっているのが肉の聖地、目黒にある「ステーキハウスリベラ」ここは原始人並みのプロレスラーも通う、ステーキ屋さんの名門、店内には所狭しと有名人の写真が貼りつけられています。

DSC_1265DSC_1264

なんのサービスか分かりませんが妙にほそっこい覆面レスラーが入り口で微笑んでいるのか覆面していて分かりませんがお客様を出迎えてくれます。(記念に写真も撮りました笑)さて、ステーキリベラさんの肉むちゃくちゃ美味しいのです。そして玉ねぎがベースの醤油テイストのタレ。このタレ最高に肉に合うのです。なんだかメキシカンな異国情緒も感じさせてくれる「ステーキハウスリベラ」さん、これからも自転車で武蔵小山から家族5人自転車暴走族となってイナゴの襲来のように定期的に肉を喰らいに行っちゃうことでしょう。

ステーキハウスリベラ

03-3793-9955

東京都目黒区下目黒6-17-20

17時から24時

月曜日定休日 第3月曜の次の火曜日≪定休日が祝日の場合は、翌日が休業日
▼清水湯からのアクセス