ブログ

腰痛は国民病なのか!?(温泉&腰痛予防)


クローズアップ現代で腰痛がとりあげられていましたが、まさに腰痛は現代病ではないでしょうか。この誰でも一度はなる腰痛、実はほとんどと言ってもいい8割が原因不明ということなんです。中には運動中からくるもの、疲労からくるものなどありますが、中には心的な要因からくるものも含めて多岐にわたっているんです。昔から肝心要というように要は月編がないだけで「腰」のことをさしているんです。ですから、これ以上心的にも、身的にも酷使できないとなると自然のカラダの本能として「腰痛」になってカラダを休めようとするのではないかといわれているんです。ひとつの考え方ですが、疲れを癒すための腰痛の発症ならば、疲れをためないことも腰痛予防に効果的なのは自明の理ではないでしょうか。

健康生活においてはなによりも背骨は重要なんです。

最近のお風呂健康法として、すこし熱めのお風呂にはいってHSP(ヒートショックプロテイン)を体内から分泌させることで、腰痛予防になる実践的なお風呂入浴法が広まってきていますが、たしかに風呂屋の息子である若旦那も週2回の空手稽古と週3回のロードワーク、そして週1のサーフィン、そして日々の銭湯の営業活動とカラダを酷使していますが、腰の疲れを感じることがあっても、いわゆるギックリ腰になることはほとんどないんです。それは、やはり日々の温泉入浴であったり、岩盤浴の効能ではないかと実践的に感じているんです。なかなか、世の中の健康本や医師が書いた本の中には、エビデンス(証拠)がともなってこないといけないのが現状ですから、おばあちゃんの知恵袋的な直感的なことを軽々に書くことはできないのでしょうけど、風呂屋の息子の風呂屋だから書け健康実践の原因と結果は体感的なものとして書いてもいいんじゃないかと思うんですね。

冷えは撃退して温めることとを奨励します。

冷えは撃退して温めることとを奨励します。

誤解を恐れずに言わせていただければ、たとえ42度以上の高温浴だけではなくても背骨を効率的に温めることができれば、まちがいなく腰痛ほか諸症状を緩和し、予防することは可能じゃないかと思うんです。身近にあり、また銭湯価格という武蔵小山温泉の高濃度の源泉力溢れた天然温泉でカラダの生命力をフルチャージしながら、いつまでも健康生活、健康寿命をおくってみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

なんとなく湘南の風の若旦那のようですが、むさこの風になれたら面白いかもです。笑

参考画像、佐々木長生院 http://www.sasaki-chouseiin.com/index.html

わだーわだわだー♪取材拒否の店W(武蔵小山温泉グルメ紀行)


なんとなくドナドナの歌のようですが、けっして店名を連呼しているわけじゃありません…。笑 もうすでに隠そうとしても隠せない名店中の名店、焼肉のWさん。清水湯の2世帯家族のお気に入りの焼肉屋さんです。しかもここだけの話、年末大晦日の夜には毎年のようにカルビスープを寸胴ごと持ってきてくれるそんな仲なんです。(そういえば今では師匠ともいえるカイロプラクティクスの先生を紹介してもらったのもWさんでしたっけ・・。)そんなWさんに食べに行くとどうしても紹介したくなっちゃうんです。

良い肉つかってます。笑

良い肉つかってます。笑

とにかくおすすめです。

とにかくおすすめです。

 

とくに最初注文で打ち切りになっちゃう、極上ハラミ、そして溶けるような感触のロース、これでご飯も食べれるんじゃないかというわかめサラダ、上ミノもなかなか他では味わえないくらい柔らかくて美味しいですし、単純に美味しいお肉にご飯をがっつり食べたい我が家族には最高に相性が合うんです。また嬉しいことに、祝日の月曜日も営業していますので、(ほとんど清水湯と同じ営業日です。お正月はお休みですが。)よく出没する曜日は、祝日の月曜日が多いんです。比較的週末の休みより予約も取りやすいですし、なんといっても休みの無い一週間になるので焼肉を食べて体力を付けないといけないわけなんで。笑

わかめサラダも絶品です。

わかめサラダも絶品です。

この色味、厚さ。たん塩は絶対たべてください。

この色味、厚さ。たん塩は絶対たべてください。

最近のヒット。このもやしが美味しいんです。

最近のヒット。このもやしが美味しいんです。

 

さて、普段からおせわになっているWさんですが、清水湯のお客さまにも優しくて、駐車場が一杯の時でもたまに気がつけばWさんの駐車場にとめさせてくれることもあるんです。(勝手にとめないようにお願いいたします。笑)そんなWさんはいつまでも繁盛店として、ご夫婦仲良く、美味しい焼肉店を続けていっていただきたいと願っています。清水湯のとなりにありますので、まずはご予約してから伺ってみてはいかがでしょうか。きっと有名店に引けを取らない美味しさに舌鼓を打つことじゃないでしょうか。笑

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

焼肉 和田

03-3783-4129

東京都品川区小山3-9-3

18時から営業

定休日 平日月曜日
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

努力そして運。そう思う理由とは。(温泉とはあまり関係ないけど・・・。笑)


人との出会いに、無駄はないと思いますが、その通りだと思うんです。運命的な出会い、宿縁がなせる出会い、逆縁として向後に勉強になる出会いさまざまありますが、武蔵小山温泉の舵どりをしていて思うのは、沢山の方がたの励ましや、応援、さまざまな見えないところでの支え、陰に日向に守ってくれているところにあると思うんです。その中で、心ある人たちとの出会いが若旦那を形造っているのではないでしょうか。心には心で、愛情には愛情で、優しさには優しさで、思いやりには思いやりで、目を見て心の中に言葉を差し伸べてくれることの多いことが、何よりも僕自身、恵まれているな~と感じるところなんです。深い優しさや、それこそ苦しさに同苦してくれる慈悲ともいうべき心のある人たちに囲まれて、今にいたっている僕と僕の家族の周囲はいつも賑やかで明るくて大変な中でも充実しているんです。

大我に生きる・・・。えらそうですがそう思うんです。

大我に生きる・・・。えらそうですがそう思うんです。

逆もしかりで心ないものにも結構わかりやすくなっちゃう傾向性もあるのがたまにきずなんです。笑 さて、昔の人で人間は「考える葦(あし)である」といっていましたが、まさに人間は行動する葦なんだと思うんです。さらに血のション便がでるくらい努力してさらにはその上に運があるんじゃないでしょうか。僕にも心の師がいるのですが、その師も厳しいのですが努力しても運の無い人は成功しないと断言しているんです。言葉は短くてシンプルなんだけど、まさに血のション便の出るような努力を重ねて初めて運もついてくるということなのかもしれませんが、正しい努力が前提になってくるのだとも考えられるんです。星の運行のように目には見えないけど正しい星の道があるように、目には見えないけど鳥にも道があるように、人にも目には見えなくても正しい道があると思うんですね。その眼には見えないけど正しい道が本来持っている自分の運を開いていくことじゃないかと思うんです。

心に太陽を・・・。

 

で、その正しい道ってなにかなって僕が思うことは、人のために生きることこの一点じゃないのかなと思うんです。簡単だけど一番難しい道これなんじゃないのかな、たとえ全部が出来なくても、その心のもちかただけでもベクトルがそっちに向いていれば、それだけでも進むべき道は不思議と軌道修正されるんじゃないでしょうか。迷ったら人の役に立つ生き方を選んでいく、小さいことで人を嫌いにならずに大我に生きていく、金以外に大切なことが沢山あることに気が付いていく、とにかく妻、子供を大切にしていく、バカはバカなりにそのうえで自分の目の前にある仕事に果敢と向き合っていく・・・。なんてことを6月23日(日曜日)の夜、急にふつふつと心の奥から思いました。(笑)

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

ああ、この手羽は故郷の味かもしれません・・・。(武蔵小山温泉グルメ紀行)


昔々、10年以上たつでしょうか。その昔に武蔵小山温泉の隣に「珍宝」(ちんぽう)という微妙な名前の北京料理屋さんがあったんです。面白いのは名前だけじゃなく、店のメニューには円ではなく元で書いてあり、価格も一品500円以下、一番高かったのは瓶ビールだったんじゃないかと記憶しています。また、今も健在ですがご主人は必ずいらっしゃいのことを「らっしー」というので、地元の仲間はみな珍宝のおじさんの真似をしていました。このらっしーは諸説あり、僕たちの世代では「らっしー」でしたが、上の代では「いらっしー」だったり、「いらっさい」だったりひょっとしたら今も営業していたら今の世代は「ふなっしー」だったかもしれません・・・。笑。

このシンプルさが最高です!塩加減もいいですよ。

このシンプルさが最高です!塩加減もいいですよ。

じつはメンチカツ、コロッケ、ハムカツも最高なんです。

じつはメンチカツ、コロッケ、ハムカツも最高なんです。

 

さて今はなき名店、珍宝さんの僕は常連で週に3日は食べに行っていました。そしてこの珍宝の名物といったら、「手羽」だったんです。(ほかにも焼きそば、たんめん、きくらげ、もやし、ぴーまん、はるさめ、はくさい、うかぴなども人気がありました。)でも、その懐かしい手羽はいまでは食べることができなくなって久しいのですが、だんだんと湿気が高くなってくる夏の季節になると無性に食べたくなるんです。それは夏のさなか珍宝で焼きそばを食べる前に必ずキンキンに冷えたビールと手羽をオードブルにしていた習慣からなんです。あ~懐かしの手羽・・・。なんて毎年夏になる季節にパブロフの犬のようにおもいだしてしまうのですが、実は最近、この珍宝の手羽にちょっと匹敵する手羽を発見しちゃったんです。わが母校、小山小学校をすこしだけ超えたところにある松井肉店さんなんです。完全に死角でした。

子供たちに人気のハムカツ。

子供たちに人気のハムカツ。

一人10本はペロッといけちゃいます。

一人10本はペロッといけちゃいます。

庶民派価格です。

庶民派価格です。

目立たないけどいつも常連さんが多いお店なんです。

目立たないけどいつも常連さんが多いお店なんです。

 

 

こちらでは精肉は朝から販売していますが揚げ物は16時からスタートなんです。たまたま子供たちが手羽を買ってきたのがきっかけなんですが、塩加減と言い、シンプルなんだけど手羽の食感といい、完全に僕好みなんです。最近、完全に嵌って(はまって)しまい家族5人で一人10本食べようということで50本も大人買いをしたりするほど美味しいんです。実はこちらの松井肉店さん、コロッケとかも大人気でお肉屋さん専門店ならではの美味しさ満載なんですね。清水湯からも一本道で歩いて15分ほどですが、温泉上がりの渇いたのどに美味しい手羽先とキンキンに冷えたビールで胃の中に流し込んでみてはいかがでしょうか。温泉の効能と化学反応を起こして、健康ホルモンが分泌してくるかもしれませんよ。笑

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

松井精肉店 西小山

03-3781-8418

東京都品川区小山5-16-9

定休日 水曜日

揚げ物は16時から始まります。
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

酷暑にカラダを慣らすためにも岩盤浴がおすすめです。(温泉&岩盤浴)


今まで何度も書いている岩盤浴、あっという間に梅雨があけてしまいましたが、暑い夏に季節が移っていくなかでますます岩盤浴の素晴らしさをご紹介するブログが増えていくと思います。また今まで書いた事を、何度も復唱している感があるとは思いますが、良いものは良いというのが清水湯3代目のスタイルなので、結構しつこく「岩盤浴は良いですよー」と耳元でささやくようにブログを書こうと思っています(笑)また、毎日の自身の岩盤浴の利用のなかで、温泉とは違う岩盤浴のよさを体感として感じていることも伝えていけたらとかんがえています。

照明をおとした岩盤浴のなかは心とカラダと対話できる空間なんです。

照明をおとした岩盤浴のなかは心とカラダと対話できる空間なんです。

さて、岩盤浴は完全にダイエット効果があると思います。それは、自身の経験則からも言えるのですが、清水湯リニューアル後の岩盤浴を取り入れてからも何年かは岩盤浴を利用していなかったのですが、この2年くらいは順調にまた無理なく体重が落ちてきて当時身長180センチで90キロあった体重が約10キロ落ち現在は82キロくらいでちょうどいい感じになっています。(体重の指数BMIではすこし体重過多なんですが、ほとんど筋肉なので問題ないんです。)この体重8キロから10キロ減はかなり運動する時のパフォーマンスに現れてきてカラダの切れ、持続力、また呼吸も楽に感じるんです。その他にも背骨(脊椎)の首、腰を故障しやすかったのですが、不思議と岩盤浴にはいるようになってから、頸椎、腰椎まわりは本当に関節可動域が広がって、寝違い、ぎっくり腰などとは無縁のカラダになってきました。

ホルミシス効果が高い、天寿石は貴重な鉱石なんです。

ホルミシス効果が高い、天寿石は貴重な鉱石なんです。

この背骨の障害がないっていうのは、結構大事なことであらゆる動作の軸になるので生活の活動においても、運動時のパフォーマンスにおいても身体活動の向上と言う意味では、岩盤浴の効能といってもいいのではないかと感じています。背骨が調子が良いというのも変な言いかたですが、実は背骨の中には、第二の脳と言われる、脊髄が通っているんです。その脊髄はもともとは大脳から視床下部という脳みその部分から脊髄がぶっとくつながっていて、更にはあらゆる神経が各臓器、筋肉などにつながっているんです。ですから背骨が調子が良いとは、カラダの調子が良いとの別称ともいえるんです。さー、夏の酷暑がついにやってきました!カラダを熱や暑さにならすためにも、定期的にしっかり汗をかいてカラダの体調管理を岩盤浴&2つの天然温泉で維持していってはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯3代目談。

 

お蕎麦なら「あずまや」さんでしょう!(武蔵小山温泉グルメ紀行)


地元の武蔵小山には、美味しいお蕎麦屋さんが沢山ありますが、そのうちの一つに「あづまや」さんがあるんです。武蔵小山温泉の脇の「後地交差点」を星薬科大学方面にひたすらまっすぐ行くと突き当りにあるお蕎麦屋さんが「あづまや」さんなんです。お店はいつも活気があって、若旦那のお父さんもお母さんも清水湯に来ていただいているんです。

出前が多いあずまやさんですが、たまにはお店にも食べに行くんです。

出前が多いあずまやさんですが、たまにはお店にも食べに行くんです。

お蕎麦、かつ丼ともに美味しいっす!

お蕎麦、かつ丼ともに美味しいっす!

シンプルにかけそばも美味しい!

シンプルにかけそばも美味しい!

 

お父さんはとにかく銭湯好きで、都内のお風呂お遍路回りを2回以上回っている猛者ですから、銭湯雑学に関して勉強になることが多いんです。若旦那の方は、スポーツ万能でよく武蔵小山の道をひたぶるにリュックにウエイトを忍ばせて走っている姿を目撃します。笑。そんなパワフルな若旦那が打つお蕎麦は、こしがあって、のど越しが良くて、また、ボリュームが多くて、近隣の方であづまやさんのファンも多いのではないでしょうか。ちなみに僕たち家族が食べるときは、大体が出前注文で持ってきていただいてるのですが、出前が迅速なのでいつもほとんど出来立てゆでたて作りたてなので、いつもの美味しさが嬉しいんです。さて、人気のお蕎麦屋さんのあづまやさんですが、こだわりはお蕎麦以外にもあって、若旦那独自で農場を持っていて、そこで育てた自慢の地鶏もかなりのおすすめなんです。

これが噂の魅惑のラム丼!

これが噂の魅惑のラム丼!

また看板にラム熟成中とあるように、お蕎麦以外のメニューも豊富でしかもこだわりの食材を使っていながら、コスパもよくて、量も多くて、まさに庶民の味方といっても過言ではないと思います。そんな素敵なお蕎麦屋さん「あづまや」さんは武蔵小山温泉から歩いて10分ほどですが、一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。きっとお気に入りのお蕎麦屋さんの一つになってしまうんじゃないでしょうか。笑

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

あづまや

03-3781-8291

東京都品川区荏原1-15-8

営業時間

11時から15時

18時から22時

定休日 日曜、祝日
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

自然が一番!大切なカラダ心をこめて健康になりましょう!(温泉&自然体の健康)


現代医学の進歩は目覚ましいものがあるのは重々承知の助(笑)ですが、なぜか万物の法則のように大ナタを振りかざされるのは好かないんです。常識が時代によって非常識になりえるように、その時の空気感や風潮で簡単にカラダにメスを入れることは、将来の自分に対して約束ができるのかいま一度、覚悟のほどを確認しないといけないと思うんです。先日もテレビで胃バイパス手術をした女性の体重が減り続けて瀕死の状態がつづいていると画面をみていて怖くなりましたが、この考え方自体にものすごく僕自身、違和感をかんじるんですよね。昔から死んだおばあちゃんに「太郎や、お父さんとお母さんからもらったカラダを大切にしなさい」とよく言われていたせいなのかもしれませんが、痩せたいがために胃を切るなんてちょっとありえないんです。

黒湯はオープン前からかけ流されているんです。なんてフレッシュなんでしょう。

黒湯はオープン前からかけ流されているんです。なんてフレッシュなんでしょう。

たとえば水だけでもメタボになって命の危険性があるというのなら外科的処置も致し方なしかもしれませんが、食べて太ったという因果関係がはっきりしているのなら、原因を解決するだけのことではないでしょうか。そもそもその女性の胃バイパス手術の結果、痩せていってしまうことは原因不明だそうです。ただ手術後の術後の経過について原因がわからないことであってこの状況から手術がカラダに栄養がいかなくなってしまったことが原因であることは火を見るより明白な気がします。このテレビを見ていて思ったことは、以前こんな書籍を詠んだことを思い出したんです。お腹を温めることによってHSP(修復タンパク質)が増産されるということ、こんな小さなセンテンスでもカラダのすべての部位、または器官はすべて大切な器官であり意味があると思うんですね。物事には偶然はなく必然ですから、五体に宿っているすべての器官に意味がないことはありえないのではないでしょうか。

これからに季節は露天風呂が最高に気持ちいいですよ。

これからに季節は露天風呂が最高に気持ちいいですよ。

たとえば老いていくという老化現象も意味のあることで、あえて整形手術などしなくても心の輝きや、内面から出てくる美しさからいくらでも輝いて見えるものなんです。最近のプチなんとかとか、何とか吸引とかあえて言うならば、カラダについた脂肪にも意味があるようにおもえるのですが、親からもらったカラダを大切にしながら、健康に留意して、心を輝かせることが美しさの意義ということを思い出していただいて、自然な道理にあった美を創造していってみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

余談。なぜか、強くて生命力がある人に視線がいきがちになる若旦那ですが、あばたも魅力に変えられる強さが人をひきよせることができるのではないでしょうか。温泉も天然(自然)が一番ですし、美容も自然が一番ですよ~。笑

 

地獄ラーメン制覇の旅。(武蔵小山温泉グルメ紀行)


地獄ラーメンっていったい何?って思われるかもしれませんが、10年前に、千葉の東金にあるラーメン店「らーめんランド地獄ラーメン」に通ってました。とくに寒い冬の季節のサーフィン後の地獄ラーメン(担担麺)は格別でカラダの芯から燃えるように温まって、今では温泉に入ってHSP(熱ショックプロテイン)を出すところですが、10年前はHSPなど知りませんでしたので、ほぼ本能で冷えたカラダをラーメンパワーで温めていたと言えます。そんな地獄ラーメンも5年前には閉店してしまったのですが、何となくサーフィン後の冷えたカラダとすきっ腹に食べる地獄ラーメンの最高に美味しい感覚がいつまでも残っていて、どこかにないかなーと思い続けていたんです。そんな中、ついにいてもたってもいられなくなって、インターネットで探してみると都内に4軒、関東近郊でも10件ぐらいあるじゃないですか!そこで湘南にいい波が立つ日を選んで帰り道によってみることにしたんです。

この5丁目は手ごわかった~汗

この5丁目は手ごわかった~汗

スープまで飲み干すとこの「認定書」をもらえるんです。

スープまで飲み干すとこの「認定書」をもらえるんです。

 

当時の東金店のご主人からは、本部から直接仕入れているのでどこでも味は一緒だよと聞かされていたのですが、やはり初めていくお店はちょっと心配、怖い店主がでてきたらどうしようとかおそるおそる店内に入ると安心!いかにも優しそうなご主人とおかみさんが出迎えてくれたんです。席につくと迷わず3丁目を注文。味はいつもの変わらぬ美味しい地獄ラーメンでした。これはどうしても愛する奥様にも食べてもらわないといけないということで、一週間後には地獄ラーメンをたべるだけで鶴見に再訪したんです。実はその時、どうせなら地獄ラーメンの5丁目以上を食べた人はもれなく店内に認定書を貼らせてもらえるシステムがあるので、武蔵小山温泉の宣伝も兼ねようとひらめいたんです。(笑)さて、しばらくして湘南に台風3号のいい波が届いたので、早速友人のB君とサーフィンの帰り道に今度はラーメンランドの尻手店にいってみました。ここで地獄を見ることになるとは思いもしなかったんです・・・。体調はいいはずなのに5丁目らーめんが辛いのなんのって、1週間前に食べた鶴見店の5丁目よりも赤いのなんのって、ひょっとしたら初めてお客がいきなり5丁目に挑戦するなんて生意気と思われたのか、少し辛めに設定されたのか定かではないのですが、10丁目並みの辛さなんです。

この「らーめんらんど」の看板が目印です。

この「らーめんらんど」の看板が目印です。

 

それでも麺、具を食べきって(その段階ですでに汗だく・・・。)真っ赤に燃え盛っているスープを飲み干さなければ認定書がもらえないので必死に水を飲みながら、それでも辛いのでライスを一杯もらって食べながら、ヒーヒー言いながら食べていたんです。するとご主人が気の毒と思ったのか「もういいですよ。認定します」と言ってくれたんです。・・・。本当に助かりました。正直スープは半分近く飲んだのですが、多分全部飲んでいたら、次の日大変なことになっていたでしょう・・・。(笑)さて、これで地獄ラーメン2軒を制覇!(現在鶴見店と尻手店)壁に「武蔵小山温泉」と書いた認定書がさりげなくはってあると思いますので、お近くにお越しの際はふらっと寄ってみて地獄ラーメンに挑戦してみてはいかがでしょうか。そのほかにも普通のバカウマラーメンもありますので、おすすめですよ。あまり宣伝効果のほどはわかりませんが、痔にならない程度に趣味と実益をかねて、関東の地獄ラーメンを制覇してみようと決意しています。(笑)

らーめんランド 地獄ラーメン

店舗によって営業時間、休日が決まっていますので下のWEBで確認してみてください。

(アイビイケイ)

http://www.i-b-k.co.jp/store/index.php?cmd=brand&id=4

強さってなんだろう・・・。(温泉&強さの相関)


先日、空手の昇段審査を受けることが出来て、初段から数えて約12年ぶりに10人組手をしてきました。考えると30から始めた空手は15年もやっていることになるんですね。心身不二と言いますが、カラダの強さだけではなく、心の強さも大切なんだと再確認した今回の2段の昇段審査は、12年前の時よりもきつかったことを考えるとさらに普段の稽古の重要性といかに強さを求めるかを常に明確にもってないといけないんだと感じました。今思うと、あの苦しい場面で自分をさらに追い込んでいけるかどうか、目には見えないけど自分の中にあるものをいかに引き出すことができるかどうか、今までの100パーセントをもっと大きな100パーセントにするための通過儀礼としての10人組手ではなかったかと思うと、貴重な経験をさせていただいたなと感謝の思いが湧き出てくるんです。

カラダを強くするお風呂の入り方もあるはずなんです。

カラダを強くするお風呂の入り方もあるはずなんです。

なぜかボコボコにされながら、終わったばかりなのに、次の昇段審査が少し楽しみなのが不思議なんです。今わかるのは、昨日の自分より幾分か今日の自分の方が強くなったかもしれないということと、ひょっとしたら明日の自分の方がさらに強くなれるかもしれないという、ささやかな希望があるからなんです。希望は小さくても大きくても無いよりあったほうがいいに決まってるし、生きてる実感があるのが空手のいいところだと思うんです。今までも大けがをしたことも何度かあったけど、着実に強くなっている、そしてまだまだ強くなれる気がするのは、気のせいじゃないかもです。さて、銭湯の経営と、空手の修業、なかなか両立するのも大変なんですが、これからも乗り越えられない逆境はないとの覚悟で頑張っていこうと考えています。

温泉が健康の源になっているんです。

温泉が健康の源になっているんです。

45歳になっても結構カラダが動くのはひょっとしたら、普段の稽古もあるのですが、温泉効果もあるかもしれませんね。(笑)最近、発刊された「銭湯養生訓」には、アスリートまたはそれに近い運動をする人は銭湯の熱いお湯と水圧などでHSP(ヒートショックプロテイン)という健康タンパク質がカラダから出てきてとにかくパフォーマンスがよくなると言われています。若旦那は毎日岩盤浴&温泉でHSPを大量に作っているので年齢の割には、カラダが動くのかもしれませんね。(笑)

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

心に残るから揚げ屋さん。かくちゃんのから揚げフォーエバー。(武蔵小山温泉グルメ紀行)


本当に、おねーさん、頑張っていたと思います。かくちゃんのから揚げのから揚げ専門店。いつも武蔵小山パルム商店街で綺麗な声でから揚げの宣伝をしていたのが印象的でした。なんど武蔵小山温泉のスタッフになってくれないかとお願いしたことか・・・。笑。その本当に美味しいから揚げ屋さんが閉店することになってしまったんです。

手羽とから揚げ。手羽は鍋ともで食べられます。

手羽とから揚げ。手羽は鍋ともで食べられます。

またいつか復活することを願っています。

またいつか復活することを願っています。

 

清水湯からは美食通りのさんきちさんを越えて、武蔵小山パルム商店街のすぐ近くの丸正さんの前にあったんです。この通りは3人の子供たちの通学路でもあったので、知ってるお姉さんが、行きと帰り道に声をかけてくれるので、防犯にも貢献していたので本当に感謝しています。また、から揚げを買わない時でも、感じのいい笑顔でいつも挨拶してくれるので僕以外の人たちにもものすごく好印象だったんじゃないでしょうか。さて、ひとまずお疲れさまでした!これからは武蔵小山温泉で英気を養っていただいて、また美味しい食材を提供していただければと思います。

YOKO店長ご苦労様でした~。

YOKO店長ご苦労様でした~。

から揚げ食べたくなってきちゃった・・・。笑

から揚げ食べたくなってきちゃった・・・。笑

 

今回はお店自体閉店してしまうということですが、手羽先は系列店の鍋の友さんで継続して販売しているということなので、どうしても食べたくなったら鍋の友さんに行ってみてはいかがでしょうか。一生懸命にから揚げを売っている姿は神々しく、あの姿はすべての商売に何か通じるものがあったのではないかと、いつまでも心に焼き付いていくことでしょう。笑

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。