ブログ

ロコモティブ症候群には健康生活習慣が必要なんです。(温泉&健康)


ずいぶん前にも書いていますが、だんだんと認知度が高くなってきたようです。「ロコモティブ症候群」。加齢や普段の生活習慣(運動など)で運動器官の障害で日常生活に支障が出ることを言います。ひどくなると要介護と自力では生活できなくなるのですが、とくに40代から50代60代にかけていつまでも矍鑠(かくしゃく)と元気にピンピンしていきたいものですが、その生活の動作の基盤となる、筋肉、関節、骨を健康的に丈夫にまた長持ちさせる意味でも、普段の生活習慣に気を付けることが大切になってきます。カラダは使わなければどんどん錆(さ)びついてきますから、刀と一緒で大事に鞘(さや)に入れ続けていて知らないうちに錆びつかせてしまうか、擦り切れても使い続けて動かし続けることのできる刀にするかは、普段の生活習慣にかかってくるんです。とくに40代から足腰が弱まってくるエイジング感が強くなってきますし、60歳の時の健康感は30代、40代にどれだけ鍛えたか、健康的にカラダを作ったかだ顕著に差が出てくるものなんです。

道ばたの草花を愛でるような楽な気持ちでスローに走ってみてはいかがでしょうか。

道ばたの草花を愛でるような楽な気持ちでスローに走ってみてはいかがでしょうか。

ですから実は40代からのカラダの鍛えが遅いということはなく、またオリンピック選手なみに鍛えなくちゃいけないというわけでもなく、普段の歩行数を意識して増やすとか、エレベータ―ではなく階段をつかうとか、自転車ではなく歩くとか、常日頃から歩くこと、を意識することだけでもかなり健康度に寄与するのはまちがいないんです。そこで 提案ですが清水湯の近くには品川、また東京のなかでもかなり恵まれた樹木と自然の環境が整えられた「林試の森」があるので、この林試の森まで歩くとか、かなりゆっくり走る「スロージョギング」を一回30分、週1、2回をめどに行うことを推奨したいと思います。このウオーキングと無理のないスロージョギングは3代目の若旦那も実践しているのですが、心拍数をほとんど上げないで楽に楽に走るんです。

不思議と走った後はスッキリするものなんです。いかに現代人が運動不足かがわかります。

不思議と走った後はスッキリするものなんです。いかに現代人が運動不足かがわかります。

意識するのは、歩数を多くして走ること、走るというより歩くように足踏みするように走る感じなんです。地面の衝撃が骨に伝わり、自分の体重を支える下半身の筋肉、関節、またはバランスをとるために背筋も伸びますので、自然と下半身、上半身そして腹式呼吸により腹筋また側副筋、腰部回りの筋肉も鍛えられるんです。歩幅も短くて大丈夫ですから、気持ちよくゆっくり走ってみてください。「老化は足から」と言われていますが、まさに事実で逆に「若返りは足から」ですので、このスロージョギングは超おすすめです。ロコモティブも突き詰めれば下半身強化、そして心肺機能改善による、体質改善、無理のない楽で楽しい運動を取り入れた健康生活習慣でロコモティブを撃退しましょう!

ちなみに心拍数の目安にこんな指数があります。

目標心拍数=(220-年齢-安静時心拍数)×運動強度+安静時心拍数

目標心拍数の運動強度は40パーセントにしてみてください。心拍数100以下でもいいかもです。とにかく「継続は健康」運動後は清水湯の温泉でさっぱりしてくださいませ。

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談

参考サイト  Keisan 生活や実務に役立つ計算ガイド

温泉通りかららーめん通りになるかも・・。フレンチのシェフが作る美味しいらーめん屋さん。(武蔵小山温泉グルメ紀行)


日本の心って僕的には「温泉」だったり、昔ながらの日本的な木造家屋だったり、美味しい日本食だったりするのですが、ここではっきり言わせていただきたいのは、「らーめん」も日本の心じゃないかと思うんです。とくにたまにいく海外旅行でもなぜかラーメンを食べたくなっちゃうのもそのあらわれかも知れません。さてそのらーめんですが、僕のなかで美味しいらーめんの判断基準があるのですが、本当に美味しいなって本能がうなってしまう瞬間と帰り道また食べたくなってしまう味をひくらーめんというのでしょうか、後ろ髪をひかれるらーめんというのでしょうか、本能が純粋に美味しいと感じてしまうらーめんが美味しいらーめんじゃないでしょうか。これってなんなんでしょう!?おそらくそのらーめんに込めた愛情とか想いとかが材料や腕以上になにかエッセンスとして味付けされるのかと思うんです。よく聞く話で、美味しいらーめんを続けることって難しいらしいんです。

丁寧に作り込んだ出汁(フォンドボー)が五臓六腑にしみわたります。

丁寧に作り込んだ出汁(フォンドボー)が五臓六腑にしみわたります。

ラーメンの種類は3つ。今後フレンチもコースで楽しめるそうです。〆はラーメンかTKGで~。

ラーメンの種類は3つ。今後フレンチもコースで楽しめるそうです。〆はラーメンかTKGで~。

 

それはいつまでも基本に立ち返って常にお客様に喜んでいただくという思いを忘れずにあのときの熱い思いを抱き続ける、そこに美味しいらーめんを作り続けることのできる何かがある、そんな事のをなにかのきっかけで読んだか聞いたか・・。でもラーメン以外でも共通することだとふむふむと思って聞いたことがあります。それだけらーめん一杯にかけた思いは尋常じゃないんですよね。だから心でまた本能が美味しいと思うラーメンにはついリスペクト(尊敬)しちゃうんです。で、じつはそんならーめん屋さんが武蔵小山温泉 清水湯から10メートルほど南(清水湯を背にして右に行ったところ)にできたです!その名も「麺や一途」いい名前だな~とおもっていたら社長さんの本名らしいです。一途と書いて「かずみち」さん、ぼくの名前が太郎なんでいい勝負です。(笑)一途さんのらーめんは3種類あってそれぞれフレンチで修業したコックさんが作っているのですが、フレンチの技法でフォンドボーでスープを作っているらしいのですが、いままでにない美味しさで心を魅了されてしまいました。

なんだか優しい味がするんです。カラダが欲している究極のスープかも。

なんだか優しい味がするんです。カラダが欲している究極のスープかも。

なぜかクセになるラーメンなんです。

なぜかクセになるラーメンなんです。

オープンに行ってきました!シェフは有名店で修業されていたそうです!

オープンに行ってきました!シェフは有名店で修業されていたそうです!

 

 

話は戻るのですが、今回は初めての経験ですが、帰り道というより、2,3日してなぜかまた食べたいという気持ちになるのが不思議でした。ぼくはこのラーメンのスープがすごく気に入っちゃったんですね。なぜだかカラダが欲するんです。愛情と想いがこもったスープなんだと思うんです。そしてアスリートなみに鍛えているカラダが欲しがるということは、きっとカラダにやさしくて、素材にこだわった、究極のらーめんではないでしょうか。普段から青汁じゃない、スムージーじゃない、酵素じゃない、と健康食品ばかり食べているので、カラダが自然で健康的だと反応しちゃうんです。(笑)でもそれよりも、早くらーめん評論家さんが食べてもらって高評価をしてもらいたいな~と心から思いました。でもそのうち行列のできるらーめん屋さんになる日も近いかもしれませんね。皆さまも温泉&美味しくてカラダにいいらーめんの黄金コースを食欲の秋に楽しんでみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

麺や一途

03-6426-8428

東京都品川区小山2-17-30

営業時間 11:30~15:00 17:30~22:30

定休日 月曜日
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

岩盤浴のすすめ。今からはじめる健康的な美貌作り。(温泉&岩盤浴)


清水湯の僕たち夫婦は毎日岩盤浴に入っています。僕はすでに齢(よわい)45歳、妻は44歳。もともとふたりとも運動選手なみにトレーニングをしていたので、カラダは頑丈ですが、歳には勝てなくてだんだん腰が痛いだの膝がが痛いだの、股関節が痛いだの、寄る年月には勝てないものなんです。それでも、健康的にとくに病気にもならずに、食欲旺盛、夫婦仲もよく、たまには手をつなぎながら寝ることもある、ある意味ビッグカップル(ただデカいだけの…。笑)ですが、健康的に活動的に行動できるのは一つには「岩盤浴」の効能があるのではないかと睨んでいるんです。清水湯の岩盤浴の天然鉱石は天寿石といって韓国の月岳山から算出される貴重な鉱石なんです。

ほの暗い室内にメローな音楽。五感でリラクゼーション出来るんです。

ほの暗い室内にメローな音楽。五感でリラクゼーション出来るんです。

この天寿石のもつパワーにホルミシス効果があります。その効果は天然の石がもつ波動で、その波動はカラダの奥深くまで作用し、細胞を活性化させるんです。細胞レベルからカラダの新陳代謝に効果があり、若返ることができるんです。不思議と岩盤浴の汗ってさらさらしてとめどなく出てくるのですが、岩盤浴に入るようになってから、自然と体重の増減がなくなり、いつもベスト体重をキープしているのもいいところなんです。とんでもなく出てくる発汗作用と寝ているだけで心拍数も上がってくるので、心肺機能の向上も多少期待できますし、発汗作用による血流の促進で新陳代謝も向上しますので、ダイエット効果も期待できますし、大量の汗で毛穴もスッキリして美肌効果も期待できますし、ホルミシス効果、体質改善で若返り効果(アンチエイジング)も期待できますし、デトックスやほかにマイナスイオン、遠赤外線効果もあるのでいい事ずくめなのが「岩盤浴」の最大の特徴ではないでしょうか。

貴重な天寿石。これがいいんです。

貴重な天寿石。これがいいんです。

いつまでも若々しく、なぜか夫婦仲までよくなる清水湯の岩盤浴でいつまでも美しく、健康で、そして彼氏、ご主人に愛され続ける美貌をつくってみてはいかがでしょうか。ちなみに清水湯の岩盤浴は「女性専用」ですのであしからず。(男性の方は恐れ入りますが清水湯自慢のサウナでがっつり汗をかいていただいて、水風呂できゅっとしめていただいて、毛細血管を拡張して隅々の細胞を活性化しちゃいましょう!)

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

参考文献 岩盤浴を極める

武蔵小山西口の小山台高校裏路地の地下にあるハンバーグ&レストランはいい!(武蔵小山温泉グルメ紀行)


むさブラをはじめて、早2年が過ぎ去ってしまいましたが、武蔵小山にある美味くて、お客様にご紹介したい料理をたべているのにあまり太らないのは(というより体重をキープしつつも筋肉質になっている)温泉&岩盤浴そしてスロージョギングのおかげかな~と実感しているところなんです。とくに最近では食欲の秋ということもあり、美味しいものがさらに美味しく感じてしまい、むさブラするのが楽しくてしょうがないんです。ちなみに最近発行された武蔵小山ウオーカーも非常に参考になり、地元民でも知らないことが載ってたりとなかなか取材力があるなと感心してしまいましたが、清水湯の若旦那ネットワークも負けてないかなと思うところがあるのですが、このミューさんもかなりおススメのお店なんです。(ウオーカーに出ていたかは確認してないのですが・・・。)「ミュー」さんは店名にもあるようにハンバーガー&レストランというだけあって、超がつくほどのハンバーグ好きの若旦那がいいなーと感じたナイスなお店なんです。

 

美味しいもの全のせのプレートランチお得です。

美味しいもの全のせのプレートランチお得です。

入り口がわかりずらいのですが、駅のすぐ近くにあります。

入り口がわかりずらいのですが、駅のすぐ近くにあります。

肉料理がいいですね~。

肉料理がいいですね~。

 

しかも駅のほぼ目の前にある好立地にありながら、地下一階ということで看板がわかりづらいのですが、階段を降りていくだけで、美味しいレストランのオーラが美味しい匂いとともに感じてくるので、間違いないんです。今回も奥様とランチを食べにいったのですが、カウンターとテーブルの店内は細かく気を利かせてくれる、お店の人と、雰囲気のいい笑顔をむけてくれる、ご主人がきびきびと立ち働いていました。僕はハンバーグには必ずデミグラスソースときめているで、奥さまには違うものを注文してもらって、一度で2度美味しい注文の仕方をしているんです。奥様は大根おろしの乗っかったハンバーグ。それにフライやタンシチューが食べれる贅沢なランチになってしまいましたが、どれもおススメなので迷わず注文しました。

美味しそうでしょう。

美味しそうでしょう。

とにかく食うべし!笑

とにかく食うべし!笑

 

この冷製スープもうまかった~。喜

この冷製スープもうまかった~。喜

ハンバーグは肉の香りがよくて、肉汁もじゅわーわーと出て最高!タンシチューもハンバーグなみにおススメということだけあって、とろ~りとして口の中で溶けてしまいました。美味しいものを食べると生きててよかった~と思いますが、この瞬間もやはり幸せ波動がおそってきました・・・。(笑)武蔵小山西口の丁度、小山台高校の裏手の細い道の入り口のビルの地下一階にある名店を清水湯のアフター温泉の小腹がすいた時に食べ行ってみてはいかがでしょうか。また新しい武蔵小山の楽しみ方のレパートリーが増えるのではないでしょうか。

ハンバーグ&レストラン ミュー

03-3760-7557

東京都品川区小山3-2-9 島田ビル B1F

11:30~15:30(L.O.15:00) 18:00~22:30(L.O.22:00)

定休日 火曜日
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

やっぱり頭ぐりぐりが気持ちいい!(温泉&健康)


みなさま、いかがおすごしでしょうか?お風呂入ってますか~?(セコムの長嶋監督風)お風呂にはいるときって結構事故が多いので、必ずかけ湯をすることと、できたら先にカラダを洗ってしまい、それからゆっくりお風呂にはいってもらえればお風呂のお湯も汚れないでいいのだけれどもと、思うのは僕だけでしょうか・・・。さて、お風呂の入り方って人それぞれあると思うんです。たとえば温泉にはいって、カラダを温めてからサウナはいる人、それから水風呂にはいってさらに水風呂でカラダをひきしめる人。

何となくこの辺とおぼえておいてください。

何となくこの辺とおぼえておいてください。

温泉&水風呂&温泉&水風呂&温泉とひたすらくりかえす人。ただサウナと水風呂を延々にくりかえす人。いろいろあるとおもうのですが、若旦那の僕は、温泉に入っているときはひたすら頭と首の付け根をぐりぐりしているんです。じつはこの頭と首の付け根のところには「つぼ」があるんです天注と風池(てんちゅう)(ふうち)というのですが、このあたりのつぼを刺激するのが好きで、いつもぐりぐりしているんです。このつぼをぐりぐりしていると不思議と汗がどっとでてきて、さらに頭の頭皮からも汗が滲んでくるのですが、なんとなく頭皮の血行がよくなっていくような感じがするんです。首以外のカラダはお風呂のなかで浮かんでいるような浮遊感とただこの天注と風池だけがお風呂の縁に接していてぐりぐりしているそんな感じなんです。

ためしにぐりぐりしてみませんか。気持ちいいですよ~。

ためしにぐりぐりしてみませんか。気持ちいいですよ~。

不思議とその部分だけの刺激で肩のこりも取れるような気がして、けっこう重要な「つぼ」なんじゃないのと勝手におもってるんです。でもついつい長風呂をしちゃいますので、のぼせに気をつけて入浴していただきたいと思います。秋の夜長、温泉入浴で頭ぐりぐりもいいですし、ハイパージェットで背中の筋肉をときほぐすのもいいですし、電気風呂で脊柱起立筋まわりのインナーマッスルをときほぐすのもいいかもです。温泉パワーでカラダも心も若返りの秋にしてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

やっぱ小さなフライパンさんでしょう!絶品グラタンのお店(武蔵小山温泉グルメ紀行)


気がついた時には、武蔵小山の名店として大人気店になっている、グラタンで有名な「小さなフライパン」さん。武蔵小山商店街(パルム)の一番駅から遠くて、2階に店舗を構えているにもかかわらず、地元武蔵小山住民の胃袋をわしづかみにしている、超人気店です。清水湯の若旦那としても勝手に清水湯の前の道路を「温泉通り」などとよんでいるその突き当りになるのでなぜか親近感がわいてくるんです。(おそらく誰も温泉通りでつながってるなどと考えもしないですが・・・。)武蔵小山には、有名店、人気店、取材拒否の店、和洋中問わずいいお店が沢山あるのですが、僕個人のなかでも5本指に入る僕のマイフェイバリット店なんです。

大きめのハンバーグは肉汁がじゅわ―です。喜

大きめのハンバーグは肉汁がじゅわ―です。喜

パンとごはんから選べます。

パンとごはんから選べます。

 

とくにトローリとしたチーズがふんだんに使われたグラタンは種類も多く、シンプルなコーングラタンから、ズワイガニのグラタンと何となくメイン料理の脇役に甘んじることの多いグラタン(ペンネパスタ)が、一度食べると病みつきのメイン料理になるのは、ここ小さなフライパンさんだけではないでしょうか。しかも何と言っても、お店の雰囲気もいいですし、スタッフの方、またそこに集まってくるお客様もいい感じの方がたが多いのは、何と言っても店主の人柄なんでしょう。料理は人、そして絶品料理と揃っていればこれ以上ないのではないでしょうか。さて、今回も仲良く奥様と一緒に再訪してきました。奥様はお決まりのグラタン、僕はハンバーグ。いつもはグラタンなんですが、ちょっと気が変わって、頼んだのが良かったです。地元武蔵小山でハンバーグランチをたのむことが多いのですが、小さなフライパンさんのハンバーグも絶品でした!すこし多きめのハンバーグで肉のうまみが凝縮していてまた、デミグラスのソースが美味しいこと!一口で恋してしまいました。

死ぬ前に一度は食べておきたいおすすめグラタン。グラタン好きになるのはまちがいありません。

死ぬ前に一度は食べておきたいおすすめグラタン。グラタン好きになるのはまちがいありません。

ドレッシングも美味しい~。

ドレッシングも美味しい~。

 

普段はランチを食べにいってもご飯のお替りはしないのですが、お替りと、奥さまが残した、フランスパン(ソースをふき取るようにして食べました。)までたいらげてしまい、仕上げにグラタンのお土産まで買い込んでしまいました。武蔵小山駅から最長の場所にありますが、目の前には鳥勇本店さん、また、武蔵小山庶民の台所「フジマート」さんもあり、鳥勇さんとフジマートさんの間の道をひたすらまっすぐにいくと清水湯があるのですが、昔から武蔵小山の駅とこの小さなフライパンさんの角と清水湯の角を結んで武蔵小山トライアングルなどと勝手に呼んでいたのを思いだしました。ひょっとしたら有名なバミューダ海域の魔のトライアングル(昔ムーという摩訶不思議な本にのっていましたが。)みたいに美味しいお店と超人気店のちがった意味での有名なトライアングル地域になるかもしれませんね。笑せいぜい美味しいものを食べすぎて遭難しないように気を付けたいものです。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

小さなフライパン

03-5702-6587

東京都品川区荏原4-4-3 大塚ビル2F

[火〜金]
11:30〜15:00(L.O.14:30)、17:00〜22:00(L.O.21:30)
[土・日・祝]
11:00〜22:00(L.O.21:30)

定休日 月曜日
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

湯上り美人な一日を~。(温泉&美容)


地球は自らまわりながら、太陽のまわりを一年かけてまわっているのですが、自転と公転のおかげと、日本の地球における絶妙な位置で日本には四季があり、一年でも一番すごしやすくて、食欲もでてくるし、スポーツもしやすいし、勉学もはかどるそんな秋の季節が到来してますます秋景色が深まってきているそんな気がします。まだ紅葉には早い時期かもしれませんが、つい先ほどの夏の酷暑の疲れがまだカラダにしみついているように感じるのは僕だけでしょうか。あんなに沢山汗をかきつつ、急激に発汗作用が減退したことにカラダがついていっているのかな~と毎年異常気象気味に四季が二季になっているような気象状況がカラダにあたえる影響もすこし心配になってきます。季節の変わり目はとくにカラダの不調があらわれやすいですし、とくに自律神経系の不調がでやすい季節なんです。

清水湯のどこかに咲いている花。人も必ず花咲くときがあるんです。健康という花も・・・。

清水湯のどこかに咲いている花。人も必ず花咲くときがあるんです。健康という花も・・・。

また湿度も低くなってきますから、肌も乾燥気味になってきますし、冷えやすい時期でもありますので、これから秋から冬にかけての時期はとくにカラダをいたわってあげたいものです。夏の疲れ、そしてこれから冬に向けてのカラダの冷え。そこでおすすめしたいのは、やはりカラダを温めてあげることではないでしょうか。カラダを温めるとは脊髄を温めるということが重要になってくるんです。この脊髄はいわゆる背骨ですが、この背骨の中に脳の延長である脊髄があるんです。脳から視床下部そしてクラゲの尻尾のように脊髄にのびて、馬毛神経という筆の毛のように広がっていく、この脊髄のなかに自律神経である交感神経、副交感神経もあり、カラダそして精神の情緒安定にかかわっているんです。なんとなく嬉しい時や興奮した時はカラダが熱くなるものですが、逆に悲しい時や怖い時は熱くなることもあれば、普通は青ざめて呼吸がとまりそうになるか、震えがくるものではないでしょうか。基本的に喜びは温かく、悲しみは冷たく、それが道理だとおもうんですね。

清水湯屋上からは朝は西の空、夕方は東の空に虹がよく見れるのです。

清水湯屋上からは朝は西の空、夕方は東の空に虹がよく見れるのです。

そこでカラダをあるいみ無理矢理でも喜ばせようとしたら温めてあげればいいのではないでしょうか。たとえが少し申し訳ないのですが、おサルさんも温泉につかっているときは幸せそうな顔をしていますし、海の中のお魚さんも熱床があれば、寄ってきて温まっているらしいのです。野生の生き物たちもカラダを温めることが過酷な自然条件の中で生きていくために欠かせないものなのかもしれません。僕たち人間も過酷な社会のなかで生きていて絶えず神経をすりへらしているのですから、自身のなかで一日一回はかならず自分を取り戻せる場所を確保することは大事なことではないでしょうか。カラダを温めて、心を解放して、心もカラダも湯上り美人的な健康で充実した秋の季節をすごしてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

武蔵小山の王道定食屋さん。平和軒。(武蔵小山温泉グルメ紀行)


年に何回かは、ものすごく「美味しい野菜(もやし)炒め食べたーい」という衝動にかられるのですが、みなさま。そんな衝動ってありません?おそらく僕のこの衝動の原体験は、子供のころからしていた水泳のクラスが大崎の区民プールにあり、帰り道母親のお小遣いで五反田のローターリーの近くに(むかしから31アイスクリームがあったのですが。)その何件かとなり水泳の帰り道によく食べていたもやし炒めがそもそもの原因じゃないかと思うんです。いまでもうっすら覚えていますが、細長い店内に美味しい煙がただよっていてけっこう繁盛していた店内の片隅のテーブルに母親と弟の3人で美味しいもやし炒めを食べた記憶が今でも残っているんです。

この透きとおる醤油スープ。一見普通ですが、一口食べると分かります。これぞ王道なんです。

この透きとおる醤油スープ。一見普通ですが、一口食べると分かります。これぞ王道なんです。

清水湯にこられる途中で見たことがあるかもしれませんね。

清水湯にこられる途中で見たことがあるかもしれませんね。

 

だからなのか、「美味しいもやし炒め食べたーい」って忘れたころにやってくる衝動はおさえられないので、そんなときは武蔵小山の平和軒に行くことにしています。こちらの平和軒さん、武蔵小山駅から清水湯にくるちょうど道なりにあるので、お客様のなかにもご存知の方がいらっしゃるとは思いますが、東口の階段をのぼって左にまがってみやこ屋さんのやきとり(とん)の角を右にまがったバイクやさん前にあるのが「平和軒」さんなんです。個人的にはもやし炒めをメインに食べに行くのですが、平和軒さんの餃子もにんにくが効いていて超美味しいですし、チャーハンもご飯の一粒一粒が玉子と油を吸っていながらしっかりと火が通っているのでチャーハンの王道をいく美味しさなんです。またラーメンは奥様の大好物で、とくにしょうゆラーメンはシンプルながら、THEしょうゆラーメンと言える王道ラーメンなんです。

ムサコで一番おいしいんじゃないでしょうか。平和軒のチャーハン。

ムサコで一番おいしいんじゃないでしょうか。平和軒のチャーハン。

とくに半分もののメニューもそろっているので欲張りにラーメンも食べたい、チャーハンも食べたいというときは、セットものがおすすめなんです。店内はカウンター席が10席ほどですが、厨房もお店もきれいですし、店内ではご主人とおかみさんが笑顔で迎えてくれるので清水湯の温泉のついでにでも「平和軒」の美味しい中華料理に舌鼓をうちにいってみてはいかがでしょうか。温泉の秋。食欲の秋は清水湯と平和軒で決まりです!

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

平和軒

03-3783-3956

東京都品川区小山3-13-1

11:30~14:30
17:30~24:00

定休日火曜日
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

恩を温にかえて地域に貢献してまいります。(秋にあると芽生える感情。笑)


秋の太陽がすこし高度をさげて、窓の庇(ひさし)よりも低くなって、思いのほか部屋に直射日光がはいりやすくなっているので、部屋の中もあかるくて気持ちのいい今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今日は基本に立ち返って清水湯のいいところをご紹介していきたいと思います。(といってもいつも自画自賛ブログを書きつづっていますが……。笑)さて、清水湯には二つの天然温泉があります。一つは天然黒湯温泉。この天然黒湯温泉は平成6年に2代目である父親が己のもっているすべてを賭けて掘りあてたものなんです。それ以前の清水湯は一日100人も入らない人気のないそれこそ人気(ひとけ)のない風呂屋でした。たまに一人で貸切でのんびり営業中にもかかわらずお風呂を満喫したこともありました。ほんとうに風が吹けばどこかへ飛んで行ってしまうような、早い話が潰れかけたお風呂屋、そんな感じです。

清水湯の2階からみえた朝焼け。太陽の運行とおなじで、感謝の思いも永遠に続けないといけないのです。

清水湯の2階からみえた朝焼け。太陽の運行とおなじで、感謝の思いも永遠に続けないといけないのです。

そんな中なにをおもったか「俺は温泉を掘る」などと血迷ったことをいって、家族全員の反対の中温泉を見事掘り当てたときだけは、「なんてオヤジだ」と僕にはないものを感じて、いままで感じたことの無い驚きと尊敬の念を抱いたことは否めないんです。その後の清水湯の進むべき道の端緒になったのは、今の清水湯をみても歴然としています。そんな中、今度は平成18年に第二温泉である「黄金の湯」(おうごんのゆ)を掘り当て、平成20年に無事リニューアルができて、今に至っていいますが、それ以前の清水湯のお客様、その後の清水湯を愛してくださいっている諸々のお客様に陰ひなたに清水湯を守っていただき、また支えていただいていることにいつも感謝の気持ちでいるんです。とくにこんな気持ちになるのは、一年のなかでも春と秋。それは季節のなかで一番過ごしやすい季節ですから、お風呂もはいらなくたもいいんじゃないなんて思う季節だからなんです。

夏の西に傾いた太陽。これから一気に秋らしくなるでしょう。

夏の西に傾いた太陽。これから一気に秋らしくなるでしょう。

でもそういう時こそ、清水湯の今後の役割だとか、けっして弛む(たゆむ)ことの無いお客さま本位の清水湯の進むべき道を考えさせられる時もないので、自身を律するには最適な季節でもあるんです。清水湯を再建するさいに、他に道があったにもかかわらず、地域で育てていただいた恩をわすれてはいけないと思い、僕の代は清水湯をなんとかつぶさずに頑張っていこうと決意しています。どうかこれからも清水湯を温かい目で見守っていただきつつ、清水湯の2つの天然温泉で癒されていただけたらと思います。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那。

少年時代を思い出した「あほや」のたこ焼きは最高です!(武蔵小山温泉グルメ紀行)


食欲の秋、といえばたこ焼きじゃないでしょうか。(笑)なんと最近、武蔵小山一番通りに新規出店のたこ焼き屋さんがオープンしたんです。昔はトミヤマーケットと言っていた場所のタバコ屋さんがあった一角ですが、1坪か2坪ほどのスペースに若いエネルギッシュな店員さんたちが一生懸命にたこ焼きを焼いている姿は日本の明るい未来を象徴しているようで嬉しくなってきます。夏の暑い最中にオープンしてましたから、気温が35度越える中でのたこ焼きの厨房ですから、50度以上のなかでタコ焼きを焼いていたのではと思うと頭がさがります。駅前のも銀だこさんがありますが、銀だこのかりかりする焼き加減とは違い、もっちりしっとり生地に味が染み込んでいてそれはそれですんごく美味しいんです。

しょうゆ味、とソースから選べるのもうれしいですよね。

しょうゆ味、とソースから選べるのもうれしいですよね。

たこ焼きとブルースカイコーラが最近のお気に入りです。

たこ焼きとブルースカイコーラが最近のお気に入りです。

 

それでいて僕はこのたこ焼きになにか懐かしい味を思い出したんです。じつは30年以上前、武蔵小山の3丁目公園のまえにたこ焼きの屋台があって、今でも覚えていますが、10個100円ぐらいでおじいちゃんと、おばあちゃんの二人でよくたこ焼きの屋台が出ているのを覚えているんです。その安くて美味しい懐かしのたこ焼きが何となく今回オープンした「あほや」さんのたこ焼きに似ているような気がしたんです。あの当時のたこ焼き1個10円程度はかなり安い価格で、30個50個は普通に買っていましたし、焼き加減もふわふわ柔らかくて、熱いたこ焼きの上にソースがかかっていて、小さめのタコがはいっていたのですが、小学生の時のおやつによく食べていました。(おそらく40代以上の地元の人は覚えていることと思いますが。)

夜24じまで営業してるなんて風呂屋並みの営業時間です。笑

夜24じまで営業してるなんて風呂屋並みの営業時間です。笑

でもある日突然屋台が出なくなっちゃったんです。あのときは何となくさみしかったな~と今でも覚えています。そんな子供のころの懐かしいたこ焼きを思い出させてくれた「あほや」さんのたこ焼きに一瞬でノックアウトされちゃいました。あほやさんのたこ焼きはソース味としょうゆ味の2種類で、七味、マヨネーズなどのトッピングもあり、しかも焼き手が本場の大阪の人らしくて、大阪の本場のたこ焼きが武蔵小山で食べれるなんて最高です。一瞬で心を鷲づかみにされた懐かしい屋台のたこ焼きを彷彿(ほうふつ)とさせられる、現代によみがえり何倍にも美味しくなったあほやのたこ焼きは武蔵小山の人々はもとより沢山のかたに受け入れられることでしょう。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

たこ焼き あほや 武蔵小山店

03-6426-2724

東京都品川区小山3-21-5 1F

11:00~24:00

無休
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る