ブログ

麺屋素足ラーメンさんがカレーをはじめました。(武蔵小山温泉グルメ紀行)


もともと美味しいラーメン屋さんのラーメン屋の「麺屋素足」(めんやはだし)さん、僕が知らないうちに何やら美味しいカレーを作ってました。そもそも一郎なみにカレー好きな若旦那ですが、とくにスープ系のカレーが好きなんです。しかもグリーンカレーが最高なんです。その美味しいスープカレーが素足さんでも始めていました。一言教えてくれてもいいじゃないですか。(笑)さて、いつものごとく奥様といっしょに食べに行ってまいりました。いつものごとくお互い違うものを注文して、分け合いながら一杯のかけそば状態を夫婦で楽しむのですが、はたからみたら気持ち悪い光景です・・・(笑)

 

食欲をそそります。

食欲をそそります。

なんだか台湾あたりの屋台にきたような・・・。

なんだか台湾あたりの屋台にきたような・・・。

ラーメンも贅沢なほどに美味しい!

ラーメンも贅沢なほどに美味しい!

DSC_1093

メニューにもラーメン屋なのにカレーですみませんと書いてあるのには笑えましたが、味は超美味しいカレーなんです。これは人気が出るんじゃないでしょうか。実際カレーは寒い時でも暑い夏でも季節を問わない食べ物ですし、またラーメンもおなじだと思います。美味しいラーメンと美味しいカレーが同時に食べれるなんて最高じゃないでしょうか。正直カレーの方にはまりそうで怖いです。笑清水湯から歩いて30秒。温泉で小腹がすいたら麺屋素足さんで絶品ラーメン&カレーライスでうれしい時をすごしてみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

 

麺屋素足

東京都品川区小山2-6-16

12:00~16:00 / 17:30~24:00
共に30分前ラストオーダー

定休日 月曜日(祝日の場合、翌日火曜)、第1・3火曜日
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

最近、GOLDが流行っているらしいですね。(温泉雑談)


ずいぶん昔、怪しい営業マンに「金買いませんか?300ドルで買えますよ」と言われました。投資には興味が今でもないのでちんぷんかんぷんですが、先日ニュースで千何百ドルと出ていたのをみてあの時の怪しい営業マンに騙されておけばよかったと地団駄をふんだのはいうまでもありませんが、こんなことを書くと怪しい勧誘電話がかかってきて怖くなってきます。でも中学のいたずら電話の撃退には滅法強かったので、大丈夫だと思いますし、スタッフさんに何重にも守られていますので、ここ5年ぐらいは変な電話に出たことがありません・・・。さて、金(GOLD)といえば、武蔵小山温泉の黄金の湯(おうごんのゆ)じゃないですか!。正直、黄金色には輝いていませんが、光の加減できれいな黄色味をおびたなんとも言えない、見た目にも希少性の高い温泉になるんです。この黄金の湯、最近の温泉特集にでていた内容によると、鉄分の多い温泉は「子宝の湯」と言われているらしく、子宝を授かる率が高くなるらしいのです。

黄金っていったら黄金なんです。有吉君は泥湯といってましたが・・・。汗

黄金っていったら黄金なんです。有吉君は泥湯といってましたが・・・。汗

まさに清水湯の「黄金の湯」は鉄分が多く、あの黄色味がかったいろも鉄分が変色したために起こる化学反応じゃないかと思われます。また、地中1500メートルの地層は約500~600万年まえの地層で、太古の生命力がもっとも溢れていた時代の地層から湧出した温泉はそれ自体が自然と生命力を満々と満たされた、生命の根源力を秘めている温泉なんじゃないでしょうか。時代はGOLDを求めているときに、武蔵小山にGOLDの温泉が噴出したのは、たんなる偶然の一致じゃないかもしれません。GOLDが流行っているなら、どうせならGOLDの液体(温泉)にどっぷりつかって、GOLDパワーを吸収して、人生もGOLDにしてみてはいかがでしょうか。笑

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

うなぎが食べたーい!(武蔵小山温泉グルメ紀行)


武蔵小山のうなぎ屋さんといったら、「浜田屋」さんでしょう。武蔵小山の超老舗です。昔は小山出張所の前にもあってよくそこで遊んだ記憶もありますが、今は武蔵小山駅の東口をでて、武蔵小山パルム商店街の右側に入ってすぐのところにあります。一階、2階とテーブル席があり、いつもお客様で混雑しています。最近、うなぎが高いのですが、どうせ食べるなら名店で食べたほうがいいと思い、奥さまを連れて行ってまいりました。浜田屋さんおうなぎはなんと「坂東太郎」なんです。

おいしそうでしょ。

おいしそうでしょ。

DSC_0895 (1)

輝いてみえる。

輝いてみえる。

たりないのでカツ煮定食も。

たりないのでカツ煮定食も。

坂東は利根川の意味でそこでとれるうなぎを坂東太郎というそうです。そして、どうせ食べるなら松竹梅のうち松でしょうということで、一番ゴージャスなのを注文。出来立てのうなぎはふかふかやわらかで、たれも美味しく、たれが染み込んだ温かいご飯と一緒に食べる、うなぎは日本人でよかったな~とおもえる瞬間でした。他にうなぎだけでは物足りないのでカツ煮ランチを注文。これもお肉が柔らかくて、ご飯がすすむくんでした。さすが老舗浜田屋さん、どれも美味しくて最高でした!皆さまも武蔵小山にお越しの際は温泉で心もカラダもすっきりしてお腹がすいたら「浜田屋」さんにいって美味しい料理に舌鼓をうってみてはいかがでしょうか。さらに武蔵小山が好きになるのではないでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

浜田屋

03-3781-8056

東京都品川区小山3-25-16

11:30~15:00(L.O.14:30)、

17:00~21:30(L.O.21:00)

土日祝11:30~21:30(L.O.21:00)

ランチ営業

定休日 火、第3月休
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

温泉ぶしゃー!(ふなっしーはすごいわ!)


僕はふなっしーが好きです。家族みんなふなっしーが好きです。今思えば、初めのころテレビに出始めたころのあのとび抜けたキャラは本当に斬新でした。非公認というのも、雑草魂を感じて一生懸命さも伝わってきて、好感がもてました。今では押しも押されぬ大人気者になってしまいました。日テレのスッキリで加藤浩次に投げ飛ばされようが、セルフプロモーションができる唯一のキャラなんじゃないでしょうか。おそらくテレビに出ているときだけではなく、目立たないところでも相当の営業努力をしているんじゃないでしょうか。さて、銭湯界も斜陽時代が長引いていますが、そのなかでも新進気鋭のやる気のある銭湯はそこそこ人気を集めていますし、清水湯も負けずに頑張らなくちゃと常に自らを鼓舞しています。

ふなっしーは梨の妖精♪

ふなっしーは梨の妖精♪

チャンスはどこにでもころがっていて、だけどひろっただけでは、そのチャンスを生かし切れないんです。普段からふなっしー並みに限界を超える思いでがんばっている中に、チャンスをものにできて、さらに飛躍することができるんじゃないでしょうか。とにかくふなっしーには、いまでも雑草の匂いがぷんぷんするのは僕だけではないでしょう。あのふまれてもふまれても、立ち上がっていける強さを清水湯も見習わなければいけないなーとテレビに映っているふなっしーをみていると笑いとともに感心してしまいました。梨汁はでませんが、温泉をこれからもぶしゃーっとだしながら、精一杯ふろっしーになって頑張ってまいります。笑

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

家庭的フランス料理の最高峰!(武蔵小山温泉グルメ紀行)


ぼくがよくいく「バリ」はなんて書くと濁点がよくみえないので、「パリ」にみえてしまうらしく、フランスのパリ?みたいになるので、気をつけてインドネシアのバリ島と書くようにしています。というより若旦那をどこから見てもパリのパの字も雰囲気を感じることはできません。そんな若旦那が最近感動したお店が、小山台高校の裏門の正面にある、イル ド マンジェ (Ile de Manger)さんなんです。そもそもフレンチなんて高尚なもの食べたことないのに、いつもサーフィンにいくハンバーガー屋さんのご主人にすすめられて行ってきました。でもまだランチを始めてないということで、ランチにしかなかなかいけない若旦那でしたが、どうしてもどんなに美味しいか知りたくて、鳥の丸焼き(ロティサリーチキン)がテイクアウトできるということで、早速注文してみました。そして僕はノックアウトされてしまいました。

かなりの量ですが、ペロッといけちゃいます。

かなりの量ですが、ペロッといけちゃいます。

僕はハーブ派です。超うまいですよ~。

僕はハーブ派です。超うまいですよ~。

鳥肉がこんなに美味しいものなんだと再認識させられたというか、とにかくむしゃぶりついたというか、僕のなかのフランス料理様が完全に、原始人が食べ、本能のままにむさぼる、鳥肉料理に化してしまいました。これはあまりにも美味しすぎるためで、完全に欲望のままむしゃぶりついてしまうほど美味しかったんです。(笑)実際、テイクアウトでこのロティサリーチキンしか食べたことがないので、グルメ紀行のブログを書いていいものか悩みましたが、このチキンは死ぬ前に一度は食べてください。食べないと後悔します。(笑)また、テイクアウトで取りに行ったとき、店内にはいったのですが、おしゃれな店内は、何となく家庭的で、今度は家族全員でロティサリーチキンをまたもや原始人にもどってむさぼりにいこうと思います。でも恥ずかしいのでまず子供たちにテーブルマナーを教えるのが先決かもしれませんね。(笑)

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

03-5794-4347

東京都品川区小山台1-21-17 1F

営業時間 17:00~24:00

定休日 不定休
清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

心に残る銭湯をつくりたい・・・。(温泉談義)


誰しも、生きている足跡をのこしたいと思うものではないでしょうか。昔聞いた話で「岩にしがみついて爪痕だけでもいいから生きてきた証をこの世に残したい」といっていたことをふと思い出しました。それは一理あるななんて、その時思ったんです。それに生存競争的な視点からみても壮絶な競争のなかから勝ち抜いて生まれてきていることは間違いないことで、生まれてきたことだけでも、ものすごい奇跡であり、かなりラッキーなことは間違いないんです。だからこそ、限りある命を大事にしたい、またなにか役割があるのなら、人のお役に立つことをしたいと思うのが、当然の成り行きではないでしょうか。人は一人では生きていけないのですから、両親に感謝するのも当然ですし、色んな方々からお世話になりながら大きくなっていくものですから、常に感謝の思いを忘れてはいけないし、むしろ感謝のアンテナを貼っていないといけないと思うんです。ちょっと人生でうまくいっているときにありがちな、なんでも自分一人だけの力というのは僕は違うと思うし、慢心になった瞬間から幸不幸の慣性の法則でまちがった道に軌道が向いてしまうんじゃないでしょうか。

元気のもとそれが銭湯です。

元気のもとそれが銭湯です。

この慣性の法則は、幸せか不幸せかのシーソーゲームのようなもので、良いことをしていればおのずと幸せの軌道に乗って上昇して行けるし、人の足をひっぱってばかりいるような、ちょっといやなかんじで生きていると気がついたらなんだかやなところに来ちゃったな~みたいな不幸せ感にひたってしまうみたいな感じでしょうか、いずれにしてもお天気に晴れと雨や嵐があるように生きるということも同じ自然の道理が通じているのではないでしょうか。であるならば今、僕が置かれている立場として、武蔵小山の清水湯の3代目として生まれてきて、こんなユニークな銭湯があったよと人々の心に残る銭湯をつくりたい・・。そんなことを単純な頭で思うんですね。風呂屋で何ができるか、銭湯で何を伝えられるか、そしてどうしたら喜んでいただき、その人の心に幸せ感を贈ることができるか、そこにこれからもこだわって、小さくて地道ではありますが、銭湯の3代目として精一杯頑張っていきたいと思っています。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

こんな美味しいマルガリータ食べたことない!(武蔵小山温泉グルメ紀行)


というか今まで気がつかなかった~!じつは週2回不動前まで通う空手の通り道を桐ケ谷公園のまえの道に変えてしまったのが裏目に出たのか、前まではこのピザ屋さんのすぐわきの小路を通っていたので、記憶から消えてしまったのか、でもたしかになんかお店ができるな~というかすかな記憶は残っていたんですが、最近老眼と同時にかるい健忘症になっているかもしれません。それで「不動前 ランチ」で検索したところ、上位にかなり美味しい窯焼きのピザがあると出ているじゃありませんか、一瞬目を疑いましたが、電話で確認したところ今日は休みですが、確かに営業しているとのこと、これは行くしかないと、仲のいい夫婦でまたもや突撃ランチにいってまいりました。ここは前後しちゃうのですが、攻玉社高校のまえのイタリアン、ベルデマーレの姉妹店にあたるんです。外からも見える釜の中の炎が、なぜか本能をくすぶられます。おそらく風呂の釜だきを思い出すからです。(笑)しかし灯台もと暗しとはこのことですよね。

定番のマルガリータです。美味しかった~。

定番のマルガリータです。美味しかった~。

ランチにはサラダもついてきます。うれしい。

ランチにはサラダもついてきます。うれしい。

釜をみると銭湯を思い出します。

釜をみると銭湯を思い出します。

桐ケ谷通りにあります。この看板が目印です。

桐ケ谷通りにあります。この看板が目印です。

ピザといったらマルガリータですが、久しぶりに本気と書いてマジで美味いマルガリータを食べたきがします。チーズもいいですし、生地ももっちりそれでいて釜焼き特有のパリッと遠赤外線で中はもっちり、チーズもとろけていて、僕的には塩加減も最高でオリーブオイルもかなりいい感じで、超バランスがいいのと、焼きたてのピザは本当に最高と思える美味しさなのです。じつは2回目の再訪で、一回目は満席で入れんかったので、待ちに待った美味しいピザとの出会いは、ラテンの血が少しさわいでしまったようです。(笑)武蔵小山温泉からもかなり近いですし、後地小学校の脇の道路を道なりにいけば桐ケ谷通りにぶつかりますので、すぐ左に目を向ければ丸くて小さなPIZZAと遠慮がちに書かれたかわいい看板が見えますので、見つかったいざ右左右と安全確認していただいて突進してくださいませ。満席の可能性もありますので、事前にランチでも予約を入れていったほうが無難です。店内にカラフルなかわいい窯があって、自然の炎が食欲の本能を刺激してくれることでしょう。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

ピッツェリア ベント エマーレ

03-3494-1443

[火~金]
11:30~14:00
18:00~21:30(Lo)
[土]
11:30~14:30
18:00~21:30(Lo)
(日、祝日)
11:30~14:30
17:30~21:30(Lo)

定休日 月曜、第1火曜
清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

銭湯は不思議のあっこちゃんなんです。(温泉談義)


人はどこから来て、どこへ行くのでしょうか。古今東西の哲人、思想家が知りたくてもなかなか答えの出ない誰しもが備わっていながら、だれも明確な答えを出すことのできない、ある意味、人類の最大の疑問じゃないでしょうか。正直毎日が忙しくて、生きていくことが大変でそんなこと考えている時間ないよ、とかそんなことわかんなくても楽しいし生きていけるよ、なんていうのがほとんどの考え方じゃないでしょうか。最後は土にかえるんだから・・・。なんてそれでちゃんちゃんみたいな(笑)でも本来は、あきらめずにどこから来てどこへ行くのかはとても大切なことなんじゃないかと思うんです。それはなんのために生きているのか、なんのために頑張っているのか、何のために今ここにいるのかにつながってくるからなんです。ある人が「人生は舞台のようなもの」だといっていましたが、まさにそれぞれの人々が自分自身という役を演じているというのです。銭湯の若旦那。

めぐりめぐって温泉にいきつきました。

めぐりめぐって温泉にいきつきました。

人によっては華々しい役柄もあるでしょうし、人もうらやむ役柄もあるでしょうし、自分ではこんな役を演じたくないと言う人もいるんじゃないでしょうか。この舞台にたって自身を演じているってある意味、僕は正論だなと思うんです。努力によって演じたい自分になれるのですから、なりたい自分にむかってとにかく前に進んでいく努力のモチベーションになると思うんです。そんな中で今銭湯の3代目をしている自分ですが、日々の忙しい生活の中で、心がけていることがあるのですが、それは今立っているその足元のやるべきことを全力でやる、おそらく何か意味があることで、必ずこの先のことにつながっていくことだと思うんです。その繰り返しがいつしかなりたい自分に近づくための一歩一歩じゃないのかと、毎日の銭湯の仕舞い掃除のときにタイルをたわしで無念で掃除しているときに、漠然といろんなことが浮かんでくるんです。先哲さえ明確な答えが出せない何のためにいるのか生きているのかの答えはマイナスイオンバリバリの銭湯で心もカラダも温め清めるなかになんとなくおぼろげながら心に浮かんでくるかもしれませんね。一つ言えるのは、生きててよかった~とか、今日も良い日だった、明日も頑張ろうと風呂に肩までつかった時に心から感じれるから風呂は不思議です。

武蔵小山温泉清水湯 若旦那談。

ここは武蔵小山と不動前の境目。お洒落なイタリアンができました。(武蔵小山温泉グルメ紀行)


近くのピザ屋さんの姉妹店なんですね。

近くのピザ屋さんの姉妹店なんですね。

このペンネがおいしかった~。チーズがいいっす。

このペンネがおいしかった~。チーズがいいっす。

また人気がでそうです。

また人気がでそうです。

前菜もこだわりが。

前菜もこだわりが。

攻玉社高校の前にあります。

攻玉社高校の前にあります。

僕的には武蔵小山はかなり大きな半円をしています。不動前の駅の境をイメージするとおそらく攻玉社高校の坂の上あたり(不動前の方すみません、かなり浸食しています・・・。笑せいぜい桐ケ谷通りまでかもしれません。)じゃないかと勝手に思っているんです。しかもこのかむろ坂の内側のこの坂、なんていう名前かわかりませんが、攻玉社高校の前の坂の下る手前にいい感じのイタリアンを作っているところから、目をつけていて(笑)オープンした週には行ってまいりました。カウンターとテーブル席のある洒落た店内はほぼ満席で、僕たち夫婦はカウンター席に座りました。ガタイがデカい僕たちにはすこし低い椅子でした。ランチコースということで、いつものごとく二人違うものを注文してそれぞれの料理を堪能しました。

 

 

サラダにこだわりの前菜、メインにパスタそして、ドリンクにスイーツとついて、武蔵小山、不動前住民の胃袋を鷲つかみにするような、美味しいイタリアンは周辺のレストトランを凌駕するんじゃないでしょうか。店員さんもイケメン揃いで、感じがいい人ばかりで、とくに女性客に人気がでそうなきがします。ランチは気軽に入れますし、夜はすこしお洒落して食べにいっても連れの方によろこばれるんじゃないでしょうか。じつは桐ケ谷通りにある窯焼きのピザの名店の姉妹店ということで、ますます地元民にとって素敵なお店が増えたことが喜びになりますね。同じ地元の者として一緒に商売繁盛していければ最高です。清水湯にきたついでに是非、素敵なイタリアンに舌鼓を打ちならしに行ってみてはいかがでしょうか。素敵な笑顔と美味しい料理が皆さまをお待ち申し上げていることでしょう!

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

ベルデ マーレ

03-3779-2550

東京都品川区西五反田5-13-8

11:00~14:00(LO)
18:00~23:30(LO)

定休日 水曜日
清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

ニューヨーク!なんだー。(ZIPからぱくってます。)笑(温泉雑談)


毎朝、6時50分ちょっと前には起きて、アシュラ男爵のもぐら叩きをかかさない45歳のおやじです。最近まで8ポイントがたまっていましたが、景品が温泉旅館になってからポイントが減った気がするのですが、気のせいでしょうか・・。さて、なかなか当たらないアシュラ男爵ですが、チューモーク!もおやじからすると何故か楽しいコーナーなのです。それは、時々人が変わるのですが、名前はわからないのですが、小ぶりな方で、よく通る声で「チューモーク!」というのがすごく合ってて、なぜか僕までも注目してしまうから、ちょっと気になっています・・・。(笑)そんな、チューモーク!を見ていてそういえば、お風呂に入ることを入浴といいますが、そうだニューヨーク!もありだなと確信してしまいました。

DSC_0823

しかし毎日の生活リズムなのですが、お風呂の掃除が終わって一杯の生ビールと少々の大好きな非加熱の生の大吟醸を飲むのが仕事終わりの楽しみになっているのですが、気がついたら飲みながら寝ているなんてこともよくあり、大体深夜3時ごろ就寝そして、起きるのがアシュラ男爵をするためと、子供たちと一緒に朝ごはんを食べるので、6時30頃起きるという生活パターンになっています。ちょっと睡眠時間が少ないようですが、お昼寝で長くて1時間ぐらいはとれますので、正味4時間~4時間半ぐらいが毎日の睡眠時間になります。夜の10時ごろに寝ると若返りホルモンが出ると言われていますが、僕には一生若返りホルモンはでないでしょう。(笑)ただ、温泉効能だけでどこまで健康が維持できるかはある意味、生涯をかけての大実験になっています。さてそんな生活環境の中で皆さまに喜ばれる銭湯を続けつつ、皆さまに喜んでいただける銭湯を守りつついつか開店と同時に玄関の自動ドアを開けた瞬間にニューヨーク!と言ってみようかともくろんでいます。笑

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。