ブログ

レトロワフィスさんに行ってきました!(武蔵小山温泉グルメ紀行)


武蔵小山駅西口の小山台高校の裏路地(というより正面玄関の脇の長い小路)には武蔵小山のなかでもかなり美味しい蕎麦、日本料理、など美食家たちの集う美食通りになっているんです。そしてその一角にレトロワ フィスはあります。じつはこちらのレトロワさん、同じ3丁目にあるもう一つのレトロワさん(東口にあります。フィスさんは西口です。)の姉妹店にあたるんです。で、いつか行かなくちゃと思っていたところ最近ついに奥様と一緒に行くことができました。やはり美味しいですねレトロワさん。

ふわふわです。♪

ふわふわです。♪

目にも楽しい。

目にも楽しい。

 

料理の雰囲気もコースの種類もよく似ているのですが、何と言ってもひけをとらない素材の良さやサービスの質の良さは、武蔵小山の中でも屈指ではないでしょうか。本当に料理の美味しさがビシビシ伝わってきます。料理、サービスどれをとっても本当に良いお店です。基本的にはディナーにはあまり行かない若旦那ですが、夜の食事も楽しんでみたいと思ってしまいました。またランチはコスパもよくて、初めてのお店に行く際は、まずランチで下調べというのも飯間も知れませんね。レトロワフィスさん、何度も言いますが、接客していただいた女性の方はおそらく奥様だと思うのですが、接客も丁寧ですし、親切にお料理の説明もしてくれましたし、お店に対する愛情と、お客様に対する姿勢が素晴らしいなと感心してしまいました。

一度は訪問してみてください。美味しですよ~。

一度は訪問してみてください。美味しですよ~。

スイーツも美味しい!

スイーツも美味しい!

 

地元武蔵小山でしかもこの美食通りでこれだけ美味しい料理を出せるのはフィスさんならではでないでしょうか。基本コース料理になっていますが、前菜からデザートに至るまで、本当にバランスがいいですし、美味しいですし、皆さまも清水湯の温泉のついでにでもレトロワフィスさんに舌鼓をうちに行ってみてはいかがでしょうか。また行くときは大切な人を連れていってみてはいかがでしょうか。きっと喜ばれますよ~。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

レトロワフィス 【旧店名】 ビストロ5番地

03-3712-6002

東京都品川区小山3-5-19

12:00~16:00(L.O.15:00) 18:00~24:00(L.O.23:00)

定休日 水曜日
清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

フロウエイ(HUROWAY)(温泉の道ブログ)


「ローマは一日にしてならず」とは有名な格言ですが、お風呂も一日にしてならないのです。清水湯が新しくリニューアルして5年目の今年、よく考えたら来年は創業から「90周年」と言うことを最近まで忘れていたのですから、焦りました・・・。しかも僕の年齢が今45歳ですから、その倍の90年も歳月がたっているのかと思うと初代、2代がどんなに大変な思いでこの清水湯の暖簾を守ってきたのかが偲ばれます。何と言っても一世紀が100年ですから、あと10年弱で一世紀ですよ!おっかさん!(笑)来年90周年記念(今年5周年をやったばかりですが・・・)を計画しているのですが、それこそ毎年100周年カウントダウンイベントを開催してみようかとも考えています。

銭湯が、人間力を築いていた時代があったはずなんです。

銭湯が、人間力を築いていた時代があったはずなんです。

薄く広くそして長く10年後の100周年までじんわりと記念イベントを開催して行っても楽しいかもです。さて、フロウエイとは、フロ屋の進むべき道。それは、一人のお客様を大切にして喜んでいただく。それに尽きるのではないでしょうか。初代の僕からしたらおじいちゃん、2代のおやじ、そして僕3代目と連綿と続いてきた銭湯清水湯を100年そして200年と続けていくことが、地元武蔵小山のみならず地域、周辺のお客様になにかしら貢献のできることではないかと確信しています。派手さはありませんし、地道ではありますが、「継続は力」、「継続は健康」、そして「継続はしあわせ」との思いで一人、一人のお客様に心もカラダも喜んでいただける銭湯(フロ)の道を築いてまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

奇跡のらーめん代300円!(武蔵小山温泉グルメ紀行)


永ちゃんの歌で「時間よ~とまれ~♪」という歌がありますが、このラーメン屋さん価格帯の時間が完全に止まっています。(笑)どんなに安くてもいまどきのラーメンは500円はするでしょう。それがなんと驚きの300円!なんです。場所は小山台小学校の斜め前、かむろ坂をのぼりきって、しばらく行ったところの交差点のところにあります。見るからに赤い暖簾(のれん)がでていて中華料理屋さんって佇まいですが、前に国分太一さんがテレビの取材できたという知る人ぞ知る有名店なんです。

奇跡のラーメン。

奇跡のラーメン。

そして奇跡のチャーハン。

そして奇跡のチャーハン。

 

僕も前から気にはなっていたのですが、なかなかタイミングが合わず、この度やっと行くことができました。お店に入ると感じのいいご夫婦がでむかえてくれます。席につくやいなや、すかさずラーメンをたのみました。それとお約束の野菜炒め(もやし炒め)とチャーハン。お母さんがこの時は作ってくれました。お父さんとお母さんが入れ替わり立ち代わりしながら作っているのは、おそらく出前とかにもいっているのでしょう。本当に商売熱心で夫婦力をあわせて頑張っている姿は、夫婦で風呂掃除を毎日している僕たちからして、美しくもかくあるべきだと勉強になります。さて、ラーメンは当然昔ながらの醤油ラーメン、チャーハンはチャーシューにハムもはいった豪華かつシンプルなチャーハン、お母さんの性格か優しい味がしました。野菜炒めもお母さんというよりも、おふくろの味、値段よりもお客様の喜ぶ顔がみたい、そんな信念とラーメン愛を感じる、素敵なラーメン屋さんに久しぶりに出会った気がします。他におススメなのが、鳥みそ炒めだそうですが、お腹が一杯になってしまったので次回にトライしたいと思います。

とにかく安し!

とにかく安し!

是非お店で食べてみてください。この金額で出前はかわいそうです・・・。

是非お店で食べてみてください。この金額で出前はかわいそうです・・・。

美味くて安い!家族5人でラーメン食べても1500円!

美味くて安い!家族5人でラーメン食べても1500円!

 

 

それにしても、この時まで気がつかないのですが、帰るときのお代の安さにビックリしちゃうので、家族で5人でラーメンを食べにいっても1,500円は安くないですか?あの幸楽苑でさえ290円ラーメンですから、破格、いや奇跡のラーメンには違いないです。あ~、出来ることならば永遠に続いてほしいラーメン屋さんではないではないでしょうか。フォーエバー正来軒!

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

正来軒(せいらいけん)

東京都目黒区目黒本町3丁目1-3

03-3716-9856

営業時間 11:00~15:00、17:00~22:00

定休日 月曜日

大きな地図で見る

学芸大学で肉をたべたくなったらここでしょう!(武蔵小山温泉グルメ紀行)


人気店がひしめくおしゃれな町、学芸大学。大学もないのに学芸大学?おなじく都立大学?と昔から不思議だったんですが、大昔やはりここに大学があったらしいのです。そんな町、学芸大学は今や、おしゃれな沿線、東横線にある住みたい町でつねに上位にランキングされています。学芸大学は武蔵小山からも近くて、よく焼き鳥の美味しいお店や、お蕎麦の美味しいお店に行くのですが、肉が食べたいとなったら「びーふてい」に行くんです。なんといってもA5ランクの和牛をふんだんに使った、贅沢この上ないハンバーグと焼肉。

うまし!

うまし!

DSC_3150

うまし!

うまし!

なんと生卵サービス!

なんと生卵サービス!

大人気店です。

大人気店です。

 

 

そして水木金平日限定のランチが超おすすめじゃないでしょうか。とくにハンバーグ好きな若旦那からすると、「びーふてい」は最高ランクに位置していて、ここのランチは絶対おすすめです。一度は必ず行ってみてください。しかもなぜか、生卵もサービスでついてきますし、店員さんたちの笑顔もいいですし、対応もすごくいいです。美味しいA5のお肉と素敵なお店の従業員の方がたの笑顔でさらに美味しく感じるんじゃないでしょうか。武蔵小山からは自転車で15分ぐらいですが、最高級品質のお肉でお腹が一杯になったら、とりあえず高濃度品質の温泉でお腹も満足、カラダも心も満足の一日を「びーふてい」さんと天然温泉「清水湯」で過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

びーふてい

03-3719-0925

東京都目黒区鷹番2-4-10

[ランチ](水~金)
11:30~14:00(L.O.13:30)
[月~金]
18:00~23:00(L.O.22:30)
[土・日・祝]
17:30~23:00(L.O.22:30)

年中無休
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

うどん?いいえスープカレーの名店なんです。(武蔵小山温泉グルメ紀行)


お店にはいって何気に入り口のドアを見ると、「うどん?」ってかいてあります。基本はうどん屋さんなんですね、なんて聞いてみたらカレー屋ですと笑顔できっぱり。そんなスープカレーが絶品なこのお店が気に入ってしまいました。店員さんのかたも気さくでしかも美人さんで、店員さんに会いにくるお客さんもいるんじゃないでしょうか。さて、この日も夫婦二人で仲よく食べにいきました。僕は事前にリサーチ済みで、フェイスブックに投稿していたキノコたっぷりのスープカレー狙いだったので迷わず注文。

 

モモさんからお借りしてきました。ありがとぉ!

モモさんからお借りしてきました。ありがとぉ!

この判断は正しかったといまでも思っています。僕は辛いもの好きなのですが、今回のキノコカレーは季節限定で今月11月のみなんですが、味付けは3種類ぐらいから選べて、僕は薬膳にしました。辛い物好きならこの選択が最高だと思います。このただ辛いだけじゃなくて、またパンチがきいてるだけじゃなくて、甘さと辛さが同居していて、いいバランスと食べているうちに頭のてっぺんくらいからじわーって汗が噴き出してくる感じがいいんです。

 

毎月一押しカレーが変わります。キノコは今日までですからお早目に~。

毎月一押しカレーが変わります。キノコは今日までですからお早目に~。

これは僕個人的な美味しい神経反射で辛くて美味しいと、もともと血行がいいので頭のてっぺんから「美味しいぜ太郎!」みたいな感じで汗が出てきて、そのうち顔全体が汗だらけになってくるんです。だから辛いものを食べるときは、永ちゃんみたいに必ず首にバスタオルをかけてお店にはいります。そんなカレースープが半端なく美味しいこちらのお店の名前がいまいちよくわからないのですが、(どうやら「うどん?カレーノミセ ウドン」というらしいです。)五反田の目黒川と山手通りの間にあり、わりと武蔵小山からも近いので、興味のある方は是非絶品スープカレーを食べに行ってみてはいかがでしょうか。ちなみにキノコのスープカレーは今月一杯なのでお早めにどうぞ~。でも来月は新しく季節のスープカレーがでてくるんでしょうね。なんだか楽しいカレー屋さんですね。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

うどん? (カレーノミセ ウドン)

03-5434-2308

東京都品川区西五反田2-31-5

[月~土]
11:30~15:00
17:30~21:00

定休日 日曜・祝日
清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

風呂サムライ。(温泉&マナー)


昔、日本にいたサムライはイメージではかっこいいものですが、その実結構制約が多くてめんどくさいものだったんです。それは封建時代の士農工商という身分制度もそうですが、士は士、農は農でしか結婚できませんでしたし、勝手に身分を変えることもできませんでした、昔、士の次が農というのがよくわからなかったのですが、農あっての国という観点は昔からなんだと社会の勉強の中で聞いてなるほどそうなんだと思いましたし、そのご農イコール百姓という百の姓をかたることのできるという意味では、当時の封建社会の中で氏姓さえかたることができなかった身分制度をかんがえるとお百姓さんというのはかなり身分が高かったといえるのではないでしょうか。

 

桃源郷(湯源郷)をめざして・・・。

桃源郷(湯源郷)をめざして・・・。

さてサムライのご法度(禁止事項)でサムライの特権を使い、さらに農や商、工を行うことは禁じてとなっていました。それはすなわちそもそも身分が高い特権階級がその身分を使い専売特許的に独断横行することを防ぐためだったといえるのですが、殿様から禄を食む身分ゆえに、自ずから厳しい戒律と責任が課せられていたのです。「いざ鎌倉」と言う言葉があるように、いざ何か主君にことが起こったらとるものも取らず刀、武具で身を固めて真っ先にかけ参じていく、それが武士の武士たる所以だったんです。大義に生きる。大きな責任の中の歯車として小我を殺して一国、主君のために生きることを課せられているのがサムライ(武士)であり、責任に目覚めた者の態度であり、広義でいえば風呂屋のマナーに通じていくのではないかと思うんです。

すべてのお客様が楽しく、そんなお風呂屋さんになれればいいです。

すべてのお客様が楽しく、そんなお風呂屋さんになれればいいです。

おのおのが高貴なサムライ魂をもっているのであれば、人のいやなことはしないでしょうし、すすんで礼節やマナーを守るのが人としての正しい道に通じると思うんです。みんながやっているから大丈夫とかではなく、自分の道はだれにも汚されずに清潔に貫いていく、マナーを守ることが自分の好きな風呂屋がもっといい風呂屋として愛することができる、一人一人のそんな思いや、支えがそれぞれの風呂屋の屋台骨になっていくのは間違いない思います。風呂屋は老若男女が集うところです。まさか自分より小さい子供にあの人へんな人と指をさされないように振る舞うことが基本マナーなのかもしれませんね。

お風呂のマナー集。

1、お風呂にはいる前にかけ湯をする。本来はカラダ、頭を洗ってからお風呂にはいるものです。(決してお風呂にはいって汚れをふやかしてからカラダを洗おうとは思わないでください。笑)

2、カラダを先に洗えば桶、椅子、洗面道具を置きっぱなしにして場所取りをする必要はなくなります。とくにカラン、シャワーの少ないお風呂屋ではその必要がありますので是非ご協力くださいませ。

3、お風呂はある意味社会の縮図なんです。裸一貫肩書や身分は関係ありません。そこにあるのはただ裸ゆえクローズアップされる人間性なんです。自由とは人に迷惑をかけないことが大前提ですので、そのうえで楽しく、癒しの時をおすごしくださいませ。

4、出来ることならご自身でご利用になったシャンプーの使用済みなどはご自身でゴミ箱におすてください。

5、使用した椅子、桶もお片付けするか、次の方にお譲りくださいませ。

6、サウナのご利用のお客様は必ず汗を流してから、水風呂をご利用ください。

7、お風呂で洗濯はできません。(信じられませんがたまに見受けられますので他のお客さまが不快に思いますので厳禁です。)

8、サウナの鍵とバスタオルはご自身の管理になりますので必ず首にかけてご利用ください。また、バスタオルは必ず、お尻にひいてご利用ください。)紛失した場合は補償金をいただきます。またバスタオルの追加は100円のレンタル料になっております。)

9、その他にもありますが、基本はそれぞれが誇りをもって、たかが風呂マナーされど風呂マナーとして守っていっていきたいと思います。皆さまが気持ちよく、楽しく、明日への活力の源泉になれる銭湯を目指してこれからも何卒よろしくお願い申し上げます。

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

やすみ屋さん再訪!武蔵小山を代表する和食屋さんじゃないでしょうか。(武蔵小山温泉グルメ紀行)


美味しい和食食べたいよねーって、どこに行こうかと思っていたら最近ご無沙汰だった中原街道沿いの「やすみ屋」さんに行こうということになって、お腹ぺこぺこで夫婦仲良く(いつものことですが)行ってまいりました。相変わらず奥ゆかしくもセンスのある和の佇まいの「やすみ屋」さん。がさつな若旦那には敷居が高いのですが、そこは実家鹿児島ではもと氏族の侍(さむらい)の奥さまとならどこにでもビビることなくいけるので僕にとっては「かごんま」は最強です。(笑)

ランチは定番みたいですが、夜の料理に期待が高まります。

ランチは定番みたいですが、夜の料理に期待が高まります。

さて、「やすみ屋」さんランチはメニューが一種類なのですが、そこはさすがのやすみ屋さん、厳選された食材が五臓六腑にしみわたるような美味しさなんです。とくに刺身のサバが本当に良い感じで〆てあって最高に美味しいんです。なかなかディナーに外食っていかないのですが、おそらく夜の部もかなり美味しいお料理をお客様に提供して喜ばれているんでしょうね。それにいちも感じることですが、ご主人も奥様も人柄がよくて、お店の良さがさらに引き立てているのではないでしょうか。

武蔵小山の高級店の雰囲気。でもCPがよさそうです。

武蔵小山の高級店の雰囲気。でもCPがよさそうです。

ちょうど中原街道と旧中原街道の入り口にあるんです。

ちょうど中原街道と旧中原街道の入り口にあるんです。

いい店にはいい客層なんでしょうか。品のいいお客さまが目につきます。

いい店にはいい客層なんでしょうか。品のいいお客さまが目につきます。

 

 

清潔、人当たりの良さ、雰囲気、腕と3拍子、4拍子もそろった和食「やすみ屋」さんに行かなきゃ損ですよ~。(笑)武蔵小山温泉からですと歩いて5、6分ですし、お食事後は武蔵小山パルム商店街でお買い物するも良し、清水湯で温泉でさっぱりするも良し、おなかも、心も、カラダも満足してみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

やすみ屋

03-6451-3432

東京都品川区荏原2-17-13

昼:11:30〜14:30 (L.O. 14:00)
夜:17:00~23:00 (L.O. 22:30)

定休日 月曜日

大きな地図で見る

温泉あんまももひきバンドってごぞんじですか?(温泉雑談)


じつは「サザンオールスターズ」の前身というか学生時代のバンド名なんです。とにかくころころ名前を変えていたらしく僕の尊敬する天才桑田佳祐氏のこのネーミングにはぶっとびました。なんといっても「温泉」というなじみ深い単語が入っているじゃないですか。サザンついでにサザンオールスターが最近またまた再始動しましたよね~。桑田バンドもよかったですが、なんといってもサザンオールスターズです。

温泉が気持ちのいい季節になってまいりました。

温泉が気持ちのいい季節になってまいりました。

ほぼ僕の青春時代はサザンオールスターズで始まり終わるのかと思うくらい聞きまくりました。聞けば聞くほど名曲だなと思うのが、愛しのエリーだったりOH!クラウディアだったり忘れられたビックウエイブだったり、それこそいくらでも出てくるんです。希望の轍(わだち)も良いですし、なんでこんなに次から次といい曲、いい詩が書けるのか不思議でならないのでやはり天才なんでしょうね。

それに湯煙の季節になってまいりました。

それに湯煙の季節になってまいりました。

さて、温泉あんま~と桑田先生から温泉を知らしめていただいていることもあり、清水湯のバカ旦那こと若旦那も清水湯の温泉で皆さまの心とカラダを少しでも、サザンの曲のように明るくできて、明日への希望、そして活力になれるように頑張っていきたいと思います。それにしても温泉をモチーフにした歌作ってくれないかな~。できたら大好きな「祭りのあと」みたいな曲がいいな~。(笑)

武蔵子小山温泉 清水湯若旦那談。

まってました!こんなお店。海鮮居酒屋ゆかわ(武蔵小山温泉グルメ紀行)


歳をとるとお肉よりお魚系のほうが恋しくなるのはなぜでしょう・・。と言っても週3は肉くってますけど・・。(笑)でも武蔵小山でお魚系というと巴寿司さんだったり、西海さんだったり有名店があるのですが、そんななか一階はお魚屋さん(しかも僕が行ったときは小さなサメが水槽のなかで泳いでいました。)元気のいい店員さんとすごく明るい雰囲気のお魚屋さんが併設する2階に居酒屋と海鮮料理を楽しめる「ゆかわ」さんがオープンしたんです。じつは「ゆかわ」さん武蔵小山温泉清水湯からもほど近い「美食通り」にある備長炭で焼いてくれる本格焼き鳥屋さんを営んでいるんです。

ネタがキラキラしてます。

ネタがキラキラしてます。

揚げ物もサクサク。ネタがいいですね~。

揚げ物もサクサク。ネタがいいですね~。

ランチでこのボリュームなんです。料亭のようです。

ランチでこのボリュームなんです。料亭のようです。

 

 

前から狙っていたのですが(笑)ランチがメインのグルメ活動なので、ランチのない「ゆかわ」さんになかなか行くことができなかったのですが、たまたまフェイスブックでとりあげられていたので、これ幸いと早速奥様と行ってまいりました。明るくて元気のいい店員さんに、迎えてもらって2階にあがっていくとすでにほぼテーブル席は満席。僕たちはカウンターに座りました。新しい無垢の木のカウンターから木の香りがして、それだけでいい感じになってきました。じつは僕は日本酒が大好きなんですが、銘柄を見ると、「十四代」とか「鳳凰美田」、「飛露喜」など超美味しい銘酒がそろっていました。ランチメニューの日替わり定食と日替わり海鮮料理を注文しました。

海鮮の美味しいお店が増えて嬉しい限りです。

海鮮の美味しいお店が増えて嬉しい限りです。

最近できたお魚屋さんの2階にあります。

最近できたお魚屋さんの2階にあります。

DSC_3086

 

お昼からこんな贅沢をしていいのかと思うくらい新鮮でまた美味しい海鮮料理絶品で昼から日本酒を飲みたくなってしまいました。こんな最高の海鮮と魚介料理、本格焼き鳥で鍛えた腕で武蔵小山の民の胃袋を満足させてくれることでしょう。お食事後は一階の新鮮なお魚屋さんでお刺身、新鮮な魚介類をお土産にかっていくのもいいかもです。武蔵小山パルム商店街の平塚橋方面の大きな自転車屋さんの前にありますので、武蔵小山温泉の温泉でひとっ風呂浴びて小腹がすいたら美味しい海鮮料理に舌鼓をならしにいってみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

海鮮居酒屋 ゆかわ

03-6451-3997

東京都品川区荏原3-5-13 2F 2~3F

(3階もあり各種飲み会にも対応しております。)

営業日 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~23:30(L.O.23:00)

 

 
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

Hello world!


WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !