ブログ

風呂人(RONIN)とは。(温泉雑談)


赤穂浪士の47士がキアヌリーブス主演で上映されますが、(書いたのが11月29日時点)新しい時代劇として注目しています。そのなかで浪人というタイトルがついていますが、お家取りつぶしの憂き目にあい、家中の者が浪人同然になり、主君のために討死していくさまは、日本人の美徳とされていました。なかでも高田の馬場と吉良邸討ち入りと2度のかたき討ちをすることになる堀部安兵衛はかなり有名ですね。さて、世の中、好きなことをして好きな道理の悠々人生を送っている人はほとんど一つまみの人しかいないのではないでしょうか。ほとんどが、何かしらの悩みや、今立たされている立場のなかでぐっと奥歯をかみしめながら、逆風と戦っているのではないでしょうか。そんな方々がいるとして、すこしでも将来に対しての夢や希望、そしてまだ見ぬ本来あるべき自分の理想の姿を追い求めていくなかで、毎日の戦いの安息の場として、清水湯の温泉を活用していただきたい、そのように思うところがあります。

DSC04410-2

人生平坦な道ばかりではありませんから、しかし、そんな中でも笑顔で元気な姿で頑張らなくちゃいけないのなら、せめて温かい温泉で心もカラダも温めてみてはいかがでしょうか。ピンポン玉も打っては返され返されては打たれて最初はきれいな玉でも、そのうち修復しがたいボコボコの玉になってしまうものです。心もそうなる前に、心をホッとさせてあげることも、日々の戦いの中で大切な、休息をそして、心の健康を勝ち取る戦いではないでしょうか。RONIN(浪人)とは、いまだ心から仕えたいと思える主君に出会えないでいるか、己の才能をいまだ開花する縁に出会っていない状態をいうのであれば、日ごろから自身を磨きに磨いている、いつでも常在戦場の戦士ということだと思うんです。さらに上を目指す人も浪人であり、まだまだ自分の目指す場所が上にあると自覚しているのならそれも浪人なんじゃないでしょうか。むすびに、風呂屋に通う立身出世を願う浪人を風呂人(HURONIN)として(笑)夢に向かって突進してみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

すしくいね~♪寿司割烹ともえ(巴)(武蔵小山温泉グルメ紀行)


やっぱ武蔵小山のお寿司といったら「巴寿司」でしょう!なんといってもネタが違います。新鮮、そして種類も多くて、旬のいいネタが必ずあって、食べたい時に食べたいネタがあるのが嬉しいんです。巴寿司さんのおかみさんも、地域に貢献していて、地域のお祭りでは大活躍しています。さて今回は家族でいつもはエンゲル係数が高すぎるので回転すしばかりいっているのですが、今回は、地元でナンバーワンと言われている、巴寿司さんに行ってきました。僕たち家族からすると巴寿司さんは高級すし店ですので、すこし気おくれしてしまうのですが、そこは上の娘がいる手前、「お父さんはいつでもこんな高級なお寿司をたべているんだよ」みたいな顔をして、いかにも常連ですみたいな顔をして常連さんが座るであろうTHEカウンターに鎮座しました・・・。(この時点で少し疲れている…。)昔読んだ、「美味しいぼう」というマンガに、お寿司は白身から味の淡白なものから食べると書いてあったのを思い出して、最初に「ウニ」くださいというところはいかにも玄人の常連さんぽいかなとここでも芝居を打ってしまいました。

ネタが超新鮮です!

ネタが超新鮮です!

うに最高!

うに最高!

ちょっと贅沢してみました。笑

ちょっと贅沢してみました。笑

本当に美味しい!

本当に美味しい!

 

 

やはり、高級寿司店だけあって、高級素材があるし常連さんが本来座るカウンターに座っちゃいましたから、カッパ寿司とか巻物ばかり頼むわけにもいかず、目の前にあったホタテなんか頼んじゃったりして、ちょっと優越感にひたってしまいました。(笑)でも、巴寿司さんは本当に美味し良いですよ。ネタもいいですが、玉子焼きも美味しいし、お吸い物も美味しいし、焼き物も、煮物も美味しいですし、割烹というだけあって、ただのお寿司屋さんじゃありません。夜のお寿司は高いイメージがありますが、それでもコスパはいいと思います。また、気軽にお寿司を楽しみたいなら、ランチもおススメですよ。お座敷もあるし、お子様連れでも食事しやすいですし、とくにランチのコスパは非常に高いので、おすすめです。土日のディナーは予約しないとなかなか食べれないかもしれませんが、一度、清水湯のついでにでもぶらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。きっと美味しいお寿司と美人女将が出迎えてくれますよ。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

寿司割烹巴(すしかっぽうともえ)

03-3782-2274

東京都品川区小山2-6-18

17:00~22:00

定休日 水曜日
清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

銭湯ルネッサンス(温泉雑談)


イタリヤやフランスにはルネッサンスがあったと言われています。それにしてもルネッサンスという言葉をよく聞きますが、そもそもルネッサンスとは何なのか ご存知ですか。僕も昔聞いた言葉なので、復習にウイキで調べてみました。そうルネッサンスとは、復興、もとは再生、復活の意味で、フランス革命にちなんで いると言われています。そのフランス革命自体が民衆が主導になって革命を起こしたので、ルネッサンスという意味自体が民衆革命という意味になっているんで す。でも革命といえばレボリューションですが、民衆が主役という意味では、ルネッサンスの方が、馴染みやすいのかもしれません。さて、日本にルネッサンス があるかというと日本の歴史上、本当のいみでの民衆による革命(ルネッサンス)はないとされています。そもそも、民衆革命など起こりにくい島国の環境が影 響しているのかもしれません。

DSC04408-3

心に残る銭湯をつくりたい・・・。

おそらく民衆革命というとせいぜい農民一揆ぐらいなもんのだったのでしょう。風呂屋をやっていると毎日、温かい温泉じゃない岩盤浴じゃない、サウナじゃないとこの世のパラダイスを我が家で楽しむことができて、何となく一般社会と隔世感が出てきてしまうので、そんな世間知らずになるのを防ぐために一般紙含めて4紙ほど新聞を購読しています。またアマゾンのキンドルも手放せない状態ですし、活字離れと言われていますが、文字を読むことに関しては一昔より確実に多くなっている気がします。紙の媒体はたしかに少なくなっていますが、電子媒体は確実に多くなっています。そんななか、銭湯が昔のように沢山の方がたに愛されるために何をすればいいかというと、普段の個々の勉強も大切ですが、突き詰めて言えば、一人のお客さまを大切にするそれに尽きると思うんです。一人のお客さま、そのお客様が一人に語り、その語られた方が一人のお客様になって、その人と人とのつながりの中で良いものは良いとつながっていくんだと思うんです。そんな一人の思いが良い風呂屋を作ろうといういい意味での風呂屋のルネッサンスになり、一人から二人、三人、そして沢山の方がたへ伝わっていくのだと思うんです。まずは目の前にある、そして今立っている足元から戦いは小さくても必ず勝つという決意で、お客様に喜んでいただく、それが広義の意味では、地域に役立ち、一人のお客様を大切にして、銭湯の価値を再興する銭湯ルネッサンスになるんじゃないでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

男はだまって武蔵小山温泉(温泉雑談)


昔、「男はだまってサッポロビール」というCMがあったのをごぞんじでしょうか?当時中学生ぐらいでしたが、オヤジが飲んでいるビールをすこしだけ飲ませてもらった風呂上りのサッポロビールのうまいこと。(笑)男はだまってサッポロビールなんだなと中学生ながらなっとくしたものです。それまでは子供の頃からお風呂掃除をしてきて、風呂掃除の終わった後の「ラムネ」の美味しいことといったら子供ながらに勤労意識が発達したようなきがするのはこの時の体験からなのでありましょうか。、そして大人になってからの風呂掃除をした後のひとっ風呂あびたあとのビールの美味しいこと、本当にお風呂は人生の一つまみの喜びをなぜか倍増させてくれる、エッセンスであることは間違いないことでしょう。昨年は運動のし過ぎで2回も肉離れをおこしてしまい、そのつど奇跡的にむちゃくちゃ早い回復力で復活できるのですが、これも温泉力のなせるわざじゃないでしょうか。

 

今年もがんばりまーす!

今年もがんばりまーす!

しかしながら、カラダの老齢化はいたしかたなく、誰でも歳をとるものですが、その歳をとるほどに「温泉」が本能からうれしく、またカラダが求めているものはないと思うのは僕だけじゃないと思うんです。誰もがなにかしら、清水湯の温泉の効能をうっすらと感じているのではないでしょうか。人間はパンだけでは生きていけませんが、それと同じで温泉だけでも生きていけないものです。でもあきらかに温泉が引き出してくれた良い結果があるのは間違いないと長年、温泉に浸かってきた僕は確信を持っているんです。温泉にはいると「病気」がなおる、とは言いませんが、温泉に入ると「健康」になるとも言いませんが、温泉に入ると「心」が晴れるとだけはいいのこしておきたいと思います。ある意味理屈じゃないんです。カラダが感じるんです。また、心が納得するものなんです。そういう意味でも男はだまって温泉なのかもしれませんね。(笑)

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

新年あけましておめでとうございます!


2014年の幕開けです!今年も精一杯銭湯道(銭湯の道)を突っ走ってまいりたいと思いますので、皆さまのご支援ご鞭撻、ご指導から叱咤激励まですべて受付けておりますので、本年も何卒宜しくおねがいもうしあげます。また、今年も武蔵小山周辺から気になるお店、安くて美味しくて是非ご紹介したいお店など大胸筋だけではなく、胃袋も鍛えに鍛えて今年も美味しいお店をご紹介してまいりますのでお楽しみにしていてください。

本日は、年2回の美味しいお酒の当たる抽選会を発表しております。フロントに貼り出しておりますので、ご確認のほどお願いいたします。年末年始はどうしても暴飲暴食ぎみになりがちですが、おせち料理にあきかけたら、清水湯の天然温泉にはいって心もカラダもスッキリしてみてはいかがでしょうか。

DSC03618

一年の始まりは、書き初め、初もうで、初温泉で最高の一年のスタートを清水湯の2つの天然温泉と清水湯のスタッフたちの笑顔ではじめてみてはいかがでしょうか。取材の時に来られたある芸能人のかたが、「2つの天然温泉がでたなんてなんてラッキーなんだろう。まさにパワースポットですね」なんていっていましたが、温泉に入るだけでひょっとしたら何かいいことがあるかもしれませんね。(笑)

さて、武蔵小山温泉 清水湯はお正月のみならず1月19日(日曜日)まで休まず営業しつづけますので、皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。清水湯の温泉でさっぱりしていただいて、一年の最高のスタートを清水湯から初めてみてはいかがでしょうか。皆さまのご健康、ご多幸、ご繁栄を心よりご祈念するとともに、ともどもに素敵な一年の出発をしたいと思います。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

 

年末のごあいさつ。(本年は大変にお世話になりました!)


月並みですが、今年はリニューアル5周年の佳節のなか沢山のお客様に来ていただき、まことにありがとうございました!2014年も清水湯の2つの天然温泉で健康増進、美容増進、福寿増進、長寿増進、金運増進(!?)の源泉になりますよう心からご祈念いたしております。

また、武蔵小山温泉 清水湯は毎年のことではございますが、年末、年始は無休で倒れる寸前までストイックに営業をいたしておりますので、皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。お越しの際は、年末は大掃除もありますし、仕事納め、道路状況も師も飛びかけるほど忙しい季節でもありますので、無事故でお正月を迎えていただき、安全に清水湯までお越しいただければ幸いでございます。

年末年始の営業時間は以下の通りとなっております。

【年末年始の営業】

 *12月23日(祝月)から1月19日(日曜日)まで無休で営業いたします。

       (通常営業)

 12月29日(日曜日) 8時~24時 (朝湯)
 12月30日(月曜日)12時~24時
 12月31日(火曜日)12時~24時
 1月1日  (元旦) 12時~24時
 1月2日  (木曜日) 8時~24時 (朝湯)
 1月3日  (金曜日)12時~24時
 1月4日  (土曜日)12時~24時
 1月5日  (日曜日) 8時~24時 (朝湯)
 1月6日  (月曜日)12時~24時
 1月7日  (火曜日)12時~24時
 1月8日  (水曜日)12時~24時 若旦那の誕生日(笑)

          (通常営業)
来年もよろしくお願いいたします。
 DSC04193-7

 毎年年末年始は超気合いの営業時間で精いっぱい頑張りますので、皆さまの
 お越しを心よりお待ち申しあげております。

来年は創業90周年祭!これからもいつまでもTHE・銭湯としてそして庶民派銭湯として皆さまに喜んでいただける、地域の灯台の銭湯を築いてまいりますので来年もよろしくお願い申し上げます!

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

 

そうだ。銭湯へ行こう。(温泉ブログ)


銭湯すたれば人情すたる、心のルーツを求めていざ銭湯にゆかんとするかなる趣旨の詩が昔の清水湯の真ん中の柱に打ち付けられていました。気にも留めずにいて建て替えの時はそのまま取り壊してしまいましたが、なぜか心の奥の隅にこの詩の一節がいつまでも残っているんです。調べてみたら同じように覚えている方がいるんですね。全文はこんな感じです。

田村隆一作詞

銭湯すたれば 人情もすたる 

銭湯を知らない子供たちに
集団生活のルールとマナーを教えよ
自宅にふろありといえども
そのポリぶろは親子のしゃべり合う場
にあらず、ただ体を洗うだけ。
タオルのしぼり方、体を洗う順序など、
基本的ルールは だれが教えるのか。
われは、わがルーツをもとめて銭湯へ。

DSC04379-4

いい詩じゃありませんか、銭湯がすたれてくると、人の情けもすたれてくる、銭湯が昔から心のよりどころとなり、世代を超えて礼節などを育む地域のコミュニティーとなっていたのを、温故知新のおもいで、時代は変わっても銭湯の良さを受け継いで後世に残していきたいと思うんです。この詩ができたのはもう30年以上前のじゃないかと思うのですが、時代は新しい息吹を生み出している可能性もあり、この時代に合った新しい詩が生まれてくることも、銭湯の勢いをかんじれると思うんですよね。温故知新、古きも良し、新しい銭湯の息吹も良し、地域に貢献して、一人一人の客様に喜んでいただける銭湯を築いていくことが、「そうだ、銭湯に行ってみよう」と思っていただけることに通じていくんじゃないでしょうか。新しいお客さまの創出、小さなパイの取り合いではなく、銭湯に行ったことのないお客様を、銭湯LOVEのお客さまに変えていく努力が銭湯経営者に求められているのではないかと感じる今日この頃です。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

 

 

知る人ぞ知る有名店「たいよう」のもち豚とんかつ(武蔵小山温泉グルメ紀行)


美味しい「とんかつ」を食べると幸せな気持ちになりますよね。僕はなります。(笑)おそらく、子供の頃の体験があると思うのです。それは勉強はできなかったのですが、水泳だけは得意でいい成績がでると「とんかつ」を作ってくれたからなんです。そのせいか今でも、勝負事の前はとんかつか、かつ丼をたべるようにしています。そんな若旦那が住む町、武蔵小山にいつぞや僕が勝手に呼んでいる「美食通り」なるストリートに、美味しいとんかつ屋さんが出来、しばらくすると行列のたえない、超人気店になっていったんです。オープン時からちょくちょく食べに行っているんですが、とんかつに対する愛情というか、豚肉に対する真摯な姿勢というか、なんだか神々しささえ感じるのは僕だけでしょうか。

ひれ最高!

ひれ最高!

カウンターだけの店内で、ご主人がとんかつを揚げることだけに集中している姿は、ほんとうに揚げられている豚さんも、喜んでいるんではないでしょうか。たいようさんの「豚肉」はふつうの豚ではなく「もち豚」という銘柄なんです。どうやら厳選された餌で飼育され、衛生的な豚舎で、日本人の嗜好にあわせて飼育されたこだわりの豚さんらしいのです。

ロース最高!

ロース最高!

DSC_0305

ザッツライト!

ザッツライト!

どうりで我が子を愛しむように優しくもち豚を揚げているご主人の姿は、もち豚に愛情たっぷりのようです。ヒレカツもロースも本当に柔らかくて、上品な脂でひれかつしか食べれない若旦那もここのロースカツは美味しく食べれますし、ご飯もお替りしちゃうほどなんです。そうそうご飯もガス焚きでふっくらあつあつで、ご飯の美味しさも際立っているんです。いつも行列大人気の地元・武蔵小山が誇るとんかつ「たいよう」さんですが、勝手に若旦那が誇っている温泉・清水湯に来るついでに美味しいとんかつで舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

もち豚とんかつ「たいよう」

03-3786-1464

東京都品川区小山3-22-7 メゾンいずみ

11:00〜14:30
17:30〜20:30

定休日

月曜 金曜日
清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

お風呂してますか。(お風呂雑談)


お風呂してますか?(どこかで聞いたようなフレーズですが、)セコムしてますかからパクっています。ちなみに清水湯の防犯カメラは10台以上あって、中も外もかなり細かく録画していて、画像も鮮明ですので、近くで悪さしたらすぐ捕まっちゃいます。またそのことを警察の方もしつているのでよく捜査協力として画像の提供をしているんです。地域の防犯、また地域の貢献は安全・安心な街作りが基本になりますので、監視カメラの設置は町ぐるみでどんどん広げていくべきだと思います。さてお風呂も毎日入るものですが、せっかく入るのなら、付加価値をつけて効果的にお風呂にはいりたいものです。お風呂にはいる効能には、

①水圧効果

②浮力効果

③温熱効果

月明かりの黒湯・・・。なんちゃって笑

月明かりの黒湯とアヒルちゃん。・・・。なんちゃって笑

とあります。また、露天風呂を兼ね備えているところなどは、「転地効果」なども付け加えたいところです。この転地効果とは、たとえば山や海にいって自然の空気や壮大な景色などでリラックスしたり、心身の安定をはかったりと旅行先でウキウキしたり、なんだか心が楽しくなってくるような感じでしょうか。それを身近な銭湯の都会にいるにもかかわらず、都会の喧騒から解き放された感覚を得ることができるのがある意味露天風呂をもつ銭湯の強みではないでしょうか。また、水圧効果、浮力効果、温熱効果はお風呂の3大効果ですが、この3つそれぞれが健康促進に非常に効果的と言われています。本来健康は運動、食事(栄養 )、休養で作り出すものですが、このお風呂にはいるという行為だけでカラダのポテンシャルをあげるだけではなく、体質改善、健康促進といいことづくめなんです。そもそも栄養は血管内の血液が血流によって栄養をそれぞれの各器官、部位に栄養を運んでいるのですが、その血流促進もこの3つのお風呂効果で促進することが可能なんです。また、お風呂にはいって「は~きもちいい~」と言ってしまうのは、リラックス効果ですから、心の安定には非常に効果があり、活動的に、アグレッシブに人生を切り開いていくうえにも、必要不可欠となっているんです。毎日のストレスに負けずに、前進前進していけるお風呂効果で毎日お風呂で、最幸人生をおくってみてはいかがでしょうか。

武蔵小山温泉 清水湯 若旦那談。

レトロワフィスさんに行ってきました!(武蔵小山温泉グルメ紀行)


武蔵小山駅西口の小山台高校の裏路地(というより正面玄関の脇の長い小路)には武蔵小山のなかでもかなり美味しい蕎麦、日本料理、など美食家たちの集う美食通りになっているんです。そしてその一角にレトロワ フィスはあります。じつはこちらのレトロワさん、同じ3丁目にあるもう一つのレトロワさん(東口にあります。フィスさんは西口です。)の姉妹店にあたるんです。で、いつか行かなくちゃと思っていたところ最近ついに奥様と一緒に行くことができました。やはり美味しいですねレトロワさん。

ふわふわです。♪

ふわふわです。♪

目にも楽しい。

目にも楽しい。

 

料理の雰囲気もコースの種類もよく似ているのですが、何と言ってもひけをとらない素材の良さやサービスの質の良さは、武蔵小山の中でも屈指ではないでしょうか。本当に料理の美味しさがビシビシ伝わってきます。料理、サービスどれをとっても本当に良いお店です。基本的にはディナーにはあまり行かない若旦那ですが、夜の食事も楽しんでみたいと思ってしまいました。またランチはコスパもよくて、初めてのお店に行く際は、まずランチで下調べというのも飯間も知れませんね。レトロワフィスさん、何度も言いますが、接客していただいた女性の方はおそらく奥様だと思うのですが、接客も丁寧ですし、親切にお料理の説明もしてくれましたし、お店に対する愛情と、お客様に対する姿勢が素晴らしいなと感心してしまいました。

一度は訪問してみてください。美味しですよ~。

一度は訪問してみてください。美味しですよ~。

スイーツも美味しい!

スイーツも美味しい!

 

地元武蔵小山でしかもこの美食通りでこれだけ美味しい料理を出せるのはフィスさんならではでないでしょうか。基本コース料理になっていますが、前菜からデザートに至るまで、本当にバランスがいいですし、美味しいですし、皆さまも清水湯の温泉のついでにでもレトロワフィスさんに舌鼓をうちに行ってみてはいかがでしょうか。また行くときは大切な人を連れていってみてはいかがでしょうか。きっと喜ばれますよ~。

武蔵小山温泉 清水湯若旦那談。

レトロワフィス 【旧店名】 ビストロ5番地

03-3712-6002

東京都品川区小山3-5-19

12:00~16:00(L.O.15:00) 18:00~24:00(L.O.23:00)

定休日 水曜日
清水湯からのアクセス

大きな地図で見る