ブログ

好きな本ベスト1@清水湯3代目。


皆さま、本読みますか?最近は紙に書いてある文字よりも、パソコンやスマホなどの電子文字のほうが目にすることが多いのではないでしょうか?また、活字離れと言いますが、読書量もそういう意味では、紙の紙面のだけの時よりも今の方が文字を多く読んでいる気がします。子供の頃は読書は一切しませんでしたが、19歳ぐらいから縁があり俄然、本を読むようになりました。色んなジャンルの本を読むなかでも山岡荘八氏の徳川家康、吉川英治の宮本武蔵など、戦国物の伝記小説がお気に入りになり、鎌倉時代、安土桃山時代、そして明治維新このへんの時代の小説は欠かせなくなりました。最近も新しい小説を読みますが、なぜか心に残るのは、乙武洋匡氏の「五体不満足」。この本は良かったです。

読まれた方も多いのでは。

清水湯の役割は皆様に健康になっていただく、そう言う思いで毎日、拙い健康ブログを書いているんですが、根本になるのは、心の強さや、精神的な健全さを主眼としているので心こそ大切という信念があります。大分前、スポーツ選手でカラダの強さが、心の強さに比例するということをコメントしていたのを聞いたことがあり、確かにそれもあるけど、それだけではないな~と思ったことがありました。僕自身は、心こそすべてだと確信しています。健康のバロメーターも、一元的には、血糖値や、心拍数、血中酸素など様々なものがありますが、どんなにパフォーマンスの良い強いカラダでも、心が弱ければ、使いこなすことは出来ませんし、多少の故障があったとしても心が折れなければ、勝利を導くことが出来る、そう信じています。さて、乙武さんの本もずいぶん前に読んで今は後輩に貸していてそのまま無くなってしまいましたが、この本、全てを通して伝わってくるメッセージは、「楽観主義で前に進んでいこう」という事だと僕の中で理解しています。

 

それも信念のある心の強さを備えた楽観主義です。清水湯に来られるお客様の中には、健康であったり、お風呂を愛している方だったり、色んな思いで来られていると思いますし、僕自身、健康ブログをたくさん書いていますが、根本は、温泉入浴を通して、心の健康であったり、心の強さであったり、心の美しさであったり、心の健康が、清水湯の温泉を通して身体の健康につなげていっていただきたいと思います。また他の何かの本で読んだことがあるのですが、「カラダの健康は限度がありますが、心は無限大である」ということは、心の健康を大切にしていくと言う意味では一理あると思いました。ただの温泉銭湯のオヤジの拙い想いですが、一人でも清水湯の温泉で心もカラダも健康になっていただけたらこれ以上、嬉しいしいことはないです。

武蔵小山・清水湯3代目談。

清水湯の(エステ)ジェットで脂肪がぶるぶる快感です☆


清水湯にある浴槽の中のエステ(ハイパー)ジェット。かなり強力です。油断していると流されちゃいます(笑)ポンプで圧送しているのですが、7馬力はクラス最大、このレベルのジェットをつけている銭湯もあまりないんですね。最近、お腹のお肉が気になりだしたので何とかメタボ解消にとロングブレスをしたり生姜湯を飲んだりとしていますが、物理的にモミだしをしてみようとお腹を上に下に横に絞るようにモミモミしてみたのですが、結構重労働で大変なことに気が付きました。(汗)そこでいい方法が見つかったのですが、考えてみたら清水湯には強力なジェットがあるじゃないかということで普段背中の筋肉しかほぐさないのですが、試に前向きになってお腹にジェットを当ててみました。するとこれが凄く良いんです!

油断しいると流されちゃいます。

脇のお腹のメタボ(贅肉)もそうですが、狙ったお腹の贅肉がブルブル震えるようにしてお腹から引き離させるように脂肪が振動するんです。この感覚は凄く効果がありそうな気がします。最初エステジェットと言う名称にしようと思ったくらいなんですが、筋肉へのアプローチもさることながら、脂肪のプルプルもみもみに凄くメッセージが届いている気がします。清水湯のジェットは男女共に3台ずつ設置しています。それぞれ腰から首にかけて3段階の高さと幅で調整しています。大人から子供までそれぞれの身長に合わせて作られていますが、これを背中で合わせるのではなくお腹を向けて行います。

脂肪が柔らかくなるのが分かります。

これが効くんですね。(笑)体を正面に向けた姿勢、横に向けた姿勢。それぞれ自分の気になるところが当たるようにジェットを当てます。あまり離れていると水流が弱くなってしまいますので、せいぜい10センチから20センチの幅で当ててみてください。さー、生活習慣の中で蓄えすぎてしまった脂肪もダイエットもひょっとしたら効果があるかもしれない清水湯の天然温泉と(エステ)ジェットで美しさに輪をかけてみては如何でしょうか。

武蔵小山温泉・清水湯・3代目談。

都内一番店のとんかつ店「もち豚とんかつ たいよう」@武蔵小山


とんかつ・・・☆なんていい響きでしょう(笑)皆さま、とんかつお好きですか?僕は大好きです。子供の頃、競泳をしていて、成績が良いと必ず目黒の「とんき」さんに連れて行ってくれた嬉しい記憶があります。それにこどもの頃の最高のご馳走は母親が作ってくれるヒレ豚肉を使ったヒレカツでした。中学生ぐらいのある時期、強請ってとんかつばかり食べていたら、中年のサラリーマンのような油べっとりの髪質になってしまい、うろたえた事がありました。(笑)

メンチもおススメです!

ひれランチが1000円。

中学生ながらその時から食に関して健康や体質にも関連があるんだなーと子供ながら感じたものです。さて、最近都内でとんかつの超美味しいと呼び声の高いとんかつ専門店が武蔵小山にあるのをご存知でしょうか?実際、清水湯から歩いて1,2分ほど、最近では開店前から行列が出来ています。以前もブログでご紹介した「とんかつ たいよう」さん、知らないうちに名実ともに大人気店になっていました。そこで、久しぶりに子供3人のうち2人だけを連れて(末の子は卒園式の謝恩会でいなかったので。)ランチは多少値段が安いのと、雨が降っていましたから並ばなくて済むと思い行ってまいりました。

長男が頼んだロースとんかつ。

メンチも箸でさくっと切れます。

案の定、行列はなくて席もちょうど3席空いていましたので、待つこともなくお店に入れました。相変わらず、クラッシックがかかっていて、落ち着いた清潔な店内は、ご主人のとんかつに対する愛情の表れと、一生懸命まじめにカツをあげる誠意の現れなんでしょう。お店全体にオーラがあります。で、僕たち親子それぞれ、とんかつ、ひれかつ、メンチの3種類を注文、待っている間、美味しそうなお新香と温かいほうじ茶が出てきました。一つ良いなと思ったのはご飯がガス炊きなんですね。美味しご飯の炊き方はガス炊きが基本です。(知り合いのお米屋さんが言ってました。)やはりご飯はホクホクして、ご飯が美味しいってとんかつ愛好家からすると当たり前のようで最高のバランス感覚ですよね。ちなみにお味噌汁は豚汁でしたが、出汁の風味が際立っていて、豚汁さえ際立って美味しく感じるんです。

ガス炊きのほくほく白米。最高です!

なんでしょ、たいようさん、やっぱ凄いですよね。すべてがトータルバランスが最高です。よくぞ庶民の町、武蔵小山に来ていただいたことに感動します(喜)親子でそれぞれ注文した、とんかつもひれかつも、子供たちは残らず綺麗に美味しい美味しいと食べていました。今回初めて食べたメンチカツですが、たいようさんのメンチも前評判通り絶品でした。箸でサクッて切れるんです。☆これからも、ずーっと美味しいとんかつを武蔵小山の地から提供していってほしいものです。

もち豚とんかつ たいよう

03-3786-1464

東京都品川区小山3-22-7 メゾンいずみ 1-112

営業時間

11:00〜14:30
17:30〜20:30

定休日 月曜・金曜日

▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

最近、岩盤浴が人気です!(背骨を温める大切さ。)


最近、岩盤浴をご利用いただけるお客様が増えているようです。嬉しいことにお貸出ししている作務衣が足りなくなって清水湯のコインランドリーで急きょ、洗濯して対応することもあります。だんだん岩盤浴の良さに共感していただいているのかも知れません。実は岩盤浴、僕たち夫婦も好きでほぼ毎日、開店まえに約40分ほど利用しますが、たまのような汗が毎回滴り落ちてきます。よっぽど岩盤浴が体質に合っているのか、岩盤浴が万人向きの優れた健康法なのかいずれだとは思いますが、お向かいさんの美容院(ヘアブースサジ)のお姉さんが、岩盤浴に入りたいがためだけに、定休日を月曜日(清水湯と定休日が一緒だったので、来れないため)から火曜日に変更して、毎週火曜日に清水湯の岩盤浴を堪能してくれていることを考えると、やはり相当、良いものなんだと思います。

6床しかないんです。(汗)

よく40分では短いという方もいらっしゃいますが、実際40分も入れないで出てこられる方や、この後の天然温泉を楽しんでいただく事を考えると案外、40分(本来30分なんですが、サービスで10分ほどプラスしています。)という時間は汗も相当かきますし丁度いい時間だと思います。さて、岩盤浴の人気の秘訣は何と言っても、その素晴らしい効能だと思います。実際、昨年暮れから岩盤浴を組み入れたダイエット法で当初90キロあった体重が現在では、10キロダウンの80キロぐらいまでになり、ものすごく体が軽くなりました。(喜)また、よく言うカラダの不純物のデトックスも非常に優れていて、肌が綺麗になるのはよく分かります。なんかツルツルテカテカしてきますし、高温サウナと違って、大事な保湿成分や油分を取り過ぎることもないので、肌も乾燥せずすこぶる調子が良いです。岩盤浴の最大の特徴は、体の中でも背骨を温める事だと思います。

背骨には沢山の神経があります。

この背骨を温めると言う行為、なかなか理に叶っていて背骨の中には脊髄が通っています。この脊髄は実は脳みそと繫がっているんですね。ですから簡単にいうと背骨を利用して脳みそを温めていることにも通じます。(医者じゃないので勝手にそう思っているのですが・・・(笑)実際、「冷えは万病の元」と言われるように精神的に落ち込みやすい人や、鬱の方は脳温が低いと言う臨床結果もあるらしいので、背骨を温める即ち脳温を上げて、心もアゲアゲになってくることはひょっとしたら有るかもしれません。あと、岩盤浴の天然鉱石からは「ホルミシス」という自然の波動が発しておりそれが、遠赤外線のような効能があり、体を深部から温める効果を醸し出しているそうです。さて、岩盤浴の効能、効果書き出すとキリがないくらいですが、綺麗な女性が更に綺麗になる要素満載の岩盤浴、季節の変わり目である春の季節は三寒四温で温度変化の激しい季節ですので、岩盤浴で美しさを更にパワーアップしてみてはいかがでしょうか。(笑)美肌に良い天然温泉との相性も最高!で美人度相乗効果も最高ですよ。☆彡

参考画像、ソーシャルニュース Ceron.jp[セロン]

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

どなたかご存じありませんか?人畜無害な漂白剤。(出来れば天然素材)


営業して3年半が経ちました。そろそろ天井の染みが気になり始めてきました。いつもの低濃度塩素を高圧洗浄機で吹きかけようかと計画している最中なんですが、旧清水湯の時に塩素剤を吹きかけている最中、死にかけているので、どなたか自然素材の天然素材の人畜無害な絶対安心の漂白剤をご存知ないでしょうか?

とにかく綺麗な風呂が好きなんです。

専門業者に聞いても3年間まったく見つからず、当然インターネットでも見つからず、他の方法を考えて特許もとれるのではという掃除のアイデアも実はありますが、安全な漂白剤がこの世の中にあるのならばこれ以上体力的にも楽なものはないんですよね。

誰か知ってる人いないかな~。

本当に困っています。どなたか良い漂白剤ご存知ないでしょうか?世の中に無いのであれば仕方がないのですが、もし海外製でもいいのでとにかく安全、人畜無害な液体の漂白剤をご存知の方がいらっしゃいましたら、是非ご教授願えませんでしょうか。

ちなみにアルミ、ステンレス、メッキの腐食作用の無い漂白剤が必要なんです。

綺麗好き、掃除好きの清水湯3代目より。

現代人は「低体温化」してるらしい。


ずいぶん春めいてきましたが、まだまだ三寒四温、夜も寒い日が続きます。体が冷えるとあらためて感じることが多い気がします。特に昔ながらの日本建築ですと隙間風が多くて寒さに追い打ちをかけてきます。今の清水湯は鉄筋コンクリート作りになって隙間風はなくなりましたが、昔ながらの銭湯の家は一階に大きな釜場があって一年中湯気が立ち込めていて、2階の畳の居間までポカポカ一年を通して床暖房完備の古き良き木造日本家屋でした。本当にあの当時の、ボロいし、立てつけも悪かったし、天井にはネズミが走っていたけど、あの古い清水湯の佇まいは、いつまでも残しておきたかった~と今でも思っています。

黄金の湯はポカポカ芯まで良く温まります。

さて隙間風が無くなった今風の建物になったので、部屋は暖かいかと言うとイマイチ日の当たりが悪い設計で冬場は結構寒いんです。昔なら釜の温度が伝わって自然の床暖房になっていましたが、コンクリートというのは冬は冷たいものですね(悲)でそんな寒々した冬の季節、手に取って読んだ本の中に『現代人は総じて【低体温化】している』というのです。日本人の平均的な体温は36・8度±0・34度と言われていますが、最近では36度台の下、もしくは35度台の人もずいぶん増えているとの事。例えば体温の低下によって引き起こされる疾病として、排泄機能の低下やアレルギー症状の出現、自律神経失調症が引き起こされる体温の目安は35・5度と言われていますし、35度と言うのはがん細胞がもっとも増殖する温度らしいのです。34度では、溺れた方が生命蘇生措置を施して回復するかどうかぎりぎりの体温(低体温症)なんです。現代人が「冷えは万病のもと」として様々な病気や何となく優れないなどの不調をかかえているのには、そのような理由がありそうなんです。

アヒルちゃんも温泉好きかも。

常日頃から、体を温めることも「毎朝歯を磨く」、「ご飯を食べる」ということと同じくらいに心がけていくことをおススメいたします。ですから、僕の家には幸いにも温泉がありますので毎日温泉で冷え対策を行い毎日健康を心がけております。普段も大切な友人には口を酸っぱくして勧めています。「温泉に入りにきなよ。健康には温泉が一番いいよ」(笑)と僕の口癖なんです。さて冷えは万病のもとであるならば、逆もまた真であります。「冷え」の反対は「温か~♨ほんわか~♨」ですよね。銭湯価格の450円で2つの天然温泉に入れるんですからおススメしちゃいますね。「温泉は良いですよ~♨」って。(笑)

※ちなみに平熱とは、午前10時に測った体温のことを言います。午前10時の段階で体温が36・5度を下回っていると低体温症と言うらしいです。

参考文献、「冷え」を取るだけで、女の悩みは全て解決する(温め美人プログラム)石原結實著

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

 

 

春分の過ごし方☆彡


皆さま、今日は春分の日。昼と夜が同じ時間になる日とされていて、二十四節季(太陽年を日数あるいは太陽の黄道上の視位置によって24等分にしたもの)の第4らしいです(笑)さ て、皆さま。いかががお過ごしですか?朝の冷え込みも緩まって日中の日差しもすごく気持ちが良いですよね(嬉)太陽大好き3代目としては、日照時間が増え るごとに、ブータンの総国民幸福量以上に幸せ度が増えてまいります☆

サラダだけで5回ぐらい大盛りでお替りします。

スイーツも充実。

ところで、清水湯の定休日によく行く、お台場のアクアシティ―にあるシズラ-ってお食事処ご存知でしょうか?都内にも何店舗かありますが、平日定休日の僕たち家族が、武蔵小山以外で食事するときは、たいていお台場に行くことが多いんです。 どちらかというとお台場って陸の孤島という雰囲気があって、平日に行くと本当に空いててすごくのんびり出来て最高なんです。今日は祝日ですが、行くとした ら平日がおススメですね(笑)でシズラーさん、最近メニューを新しくしたらしくて、グリルメニューが充実したのと、全体的になんか美味しくなった気がします。

タコスも食べ放題。

量は少なめで食べないと全部は制覇出来ません。(汗)

また、サラダバー、デザートバー、パスタ、カレーなど、食べきれないほどの種類が食べ放題なんで、エンゲル係数の高い清水湯家族5人は本当にこういう食 べ放題の店は助かります。特に僕のおススメは、カリカリ焼きたてのチーズトースト、タコス、(チリソースは最高です。)カレー(底の方にビーフが沈んでいます)食べ放題のサラダ類、スイーツのイチゴヨーグルトなど、未だに食べてない種類も結構ありますが、何と言っても食べ放題の新鮮野菜は、青虫以上に野菜 好きの僕にとっては、嬉しくてしょうがないですね。(笑)

アイラブ、いちごヨーグルト♡

今、シズラーさんでは、お食事ごとに、会計時に10パーセントの割引クーポンを、もらえるのでお 得です。さー今日は、のんびりとお台場の海岸で家族、恋人、友人などと春の日差しに包まれながら、充実した休日を過ごしてみてはいかがでしょうか?お台場 からは、お車で30分(空いてて)で武蔵小山の清水湯に着きますので、僕の好きなお台場で遊んだあとは、武蔵小山にも足を運んでいただいて、清水湯の天然 温泉で一日の疲れを湯船に流して、明日への活力と心の元気の充電をしてみてはいかがでしょうか。美味しい食事、最高の温泉で充実した一日をお過ごしくださ いませ☆

シズラー(sizzler)お台場店

港区台場1-7-1 アクアシティお台場5階

03-3599-4534

営業時間 平日11時~23時、土日祝日11時~23時
▼清水湯からのアクセス

大きな地図で見る

消費カロリーの算術方法☆温泉版。


皆さま、温泉を温度で分類すると4個に分けられるってご存知でしたでしょうか?まず、冷たい順から25度未満を「冷鉱泉」、25度~34度未満を「低温泉」、34度~42度未満を「温泉」、42度以上を「高温浴」と言います。そして入浴の温度による分類は25度未満を「冷水浴」、25度~34度を「低温浴」、35度~36度を「不感温度浴」、37度~39度を微温浴、40度~41度を「温浴」、42度以上を「高温浴」と言うそうです。水温が38度以上になると心拍数が増加してきて、42度以上の高温浴では、交感神経を緊張させる作用があり、朝起きたときの入浴は心身ともに活動的な状態を作りだします。

温泉は健康の源泉です。

逆に37度~39度の微温浴では、副交感神経が刺激されるため、睡眠前などに良いとされていて睡眠導入剤的な作用をします。さて、お風呂に入ることによってどのくらいの熱量が消費されるかと言いますと、体重1キロ当たり、1分間に0・0606kcalと言われています。例えば60キロの人が20分入浴すると73kcal程度消費する計算になります。

清水湯はだいたい42度前後です。

この入浴による消費カロリーは水温が反映されていないのですが、温度が高くなるほどに消費カロリーが多くなります。42度で20分浸かると220キロカロリー、40度では110キロカロリー、39度では50キロカロリーとなります。一つの目安として【体重1キロ、1分間、0,0606kcal】を覚えて入浴の際のカロリーコントロールに役立ててみては如何でしょうか。

参考文献、大塚吉則著 温泉療法(かなりの分段を引用せていただきました。)

武蔵小山温泉・清水湯、川越太郎

子供の冷えについて。


育ちざかりの子供が3人もいると気になるのが、「とにかく元気で育ってほしい」という事。多少勉強が出来なくても(子供の前では大きな声では言えませんが・・・)気宇壮大、小さなことなど気にせず、また小さな島国日本などの型などにハマらずにとにかく大きな人間になってほしいと思っています。欲を言えば、優しさと心の強さを兼ね備えた、世界で通用する人間になってもらいたいと親馬鹿な想いでいます。

とりあえず子供のイメージ写真・・・

さて、何はともあれ子供の成長の基本は健康であること、その子供も最近は子供たちにも生活習慣病ではないかと言える症例が増えてきていると聞きます。最近読んだ本の中では、【子供の症例として増えてきているものとして、①アレルギー②小児生活習慣病(高血圧、肥満、高脂血症、糖尿病、ガン、腎臓病、胃潰瘍)③近視の増加④骨折の増加、虫歯の増加など。これらは子供の体質の陰性化(冷え)で説明が出来ると言うのです。アレルギーは「冷え」が関係しているとあり、小児生活習慣病も体温低下「冷え」が小児期に始まっていると言うのです。単純に蓄えた栄養は燃焼すべきエネルギーで、本来燃焼すべき糖分、脂肪分が燃焼できずに糖尿病、高脂血症(血液中のコレステロールや中性脂肪)になりそれにより各種成人病(生活習慣病)が誘発されていると考えても間違いはないと思います。

生活習慣の改善に温泉を取り入れてみてはいかがですか。

また、その本には子供たちの低体温化も伝えてますが、それらの原因は運動不足、嗜好品の摂り過ぎ(コーラ、お菓子など)と言っています。】大人の生活習慣病を一緒で、至極通常の生活習慣を見直すだけで本来の健康的な状態を戻すことが可能ですので、運動、栄養、休養をバランスよく摂りつつ、体の基礎代謝を上げていくことが、「冷えは万病の元」から病気にならない一歩になると思います。清水湯の温泉の効能書きに虚弱児童とありますが、温泉入浴も適度な身体的な負荷がかかり、体を温め、適度に心肺機能を高め、汗もかきますので、毒素も出やすく、健康の一助になると思います。手軽に簡単に健康に役立つ清水湯の健康温泉入浴で家族全員健康的な生活を送ってみてはいかがでしょうか。

参考文献、石原結實著 病は冷えから

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。

 

岩盤浴の豆知識☆


清水湯の最近、人気急上昇☆岩盤浴は本当におススメです!実際に体験して初めて分かったのですが、汗の質があきらかに違う事、そして体の温まり方が違う事、それに肌のしっとり感が違う事なんです。これは特にサウナと比べてですが、サウナも遠赤外線とはいえ高温の室内にいるせいか、肌の表面の潤い成分と表面の汗が出ていく感覚が強いので、肌のミズミズしさ感が、イマイチ損なわれる感じがするのですが岩盤浴には、それが一切ないんです。この感覚は更に清水湯の天然温泉につかると更にミズミズしさ感が増すのがよく分かります。(常連のお客様の中には、化粧水の中に入ってるみたいと言っていただける方もいられます。)ですから、岩盤浴、サウナとも汗をかいたあとの温泉美肌相乗効果は非常に高いと言えるのではないでしょうか。

オープン当初の岩盤浴。

さて大人気!岩盤浴のミズミズしが残る、そのサラサラ汗の正体は一体なんなのか、五味クリニック院長で医学博士の五味常明先生の著書、「発汗健康法・岩盤浴の秘密」からお借りしてご説明したいと思います。(岩盤浴でなぜサラサラの汗をかくのか?それは人間の汗をかく仕組みに隠されています。汗は体の温度受容器(温度センサー)が体の温度変化を感じるところから始まり、この温度センサー(皮膚と脳にあります。)皮膚のセンサーは外気温を感じとり、脳は体の深い部分の温度を感じとります。ここで汗の原料は血液という事、そして汗の出方(急激に出るか、じっくり出るか)で汗のしつが変わってきます。汗も小川の流れと同じで網を設置した小川の流れがゆっくりなら小川の汚れも網に引っ掛かりますが、急激な流れでは網を乗り越えて出てしまう、それと同じように汗がゆっくり、じっくり出るならサラサラ汗になり、一気にどっとでる時はベトベト汗になるという事なんです。

天然温泉&岩盤浴で美肌効果倍増!

さらに、この原理を温度センサーに当てはめてみると、温度の急激な変化は皮膚センサーで感じて、濃度の濃いベトベト汗になりますが、じっくり体の深部を温める岩盤浴は脳のセンサーが反応してサラサラ汗をかくと言う仕組みなんですね。)そしてこの汗は、含まれるミネラル分が少ないことから、体の大切なミネラル分を損なうことがなく、大量の汗をじっくりかいても、いつまでも肌がしっとりしているという訳なんですね。乾燥している冬場の季節はもちろんのこと、季節の変わり目の春先、四季を通して岩盤浴を生活の一部にしてみてはいかがでしょうか。清水湯スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

参考文献、五味常明先生著、「発汗健康法・岩盤浴の秘密

武蔵小山温泉・清水湯3代目談。