ブログ

なんだかんだすきよ~ラーメンせい家(武蔵小山温泉グルメ散歩)


とくに最近武蔵小山の名店の閉店ラッシュがつづき土日祝日の飲食店での混雑感が半端無くなっている昨今、土日は奥様に休んでいただきたい若旦那からすると土日祝日の晩御飯をどこでたべるかはかなりのビッグイシューとなっているのです。でもそんな時重宝するのが「せい家」さん。

手前の激混みの築地 銀一貫をこえていくとあるいつも安定の美味しさ太麺の豚骨ラーメン。家族みんな大好きでチェーン店にもかかわらずいつも安定の美味しさそして店員さんのホスピタリティーには満足しています。また餃子、ねぎめしも良コスパ。日曜の深夜はいつも大掃除なのでここのパワー豚骨ラーメンは安くてスタミナ充填最高で美味しいラーメンは銭湯家族にとても重宝されています。

せい家

03-5749-3188

東京都品川区小山3-25-2

11:00~翌2:30
<strong.▼清水湯からのアクセス

月下温泉!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


夜中に月の光を人知れず浴びながら咲き誇る「月下美人」の妖艶な花。昼にはつぼみが閉じてどこか魔界からの入り口のようにもみえるけどどこか高貴な雰囲気がただよう不思議な花月下美人。月の光を蓄えた花弁はしなっとしてどこか女性の曲線と優しさを彷彿させる不思議な花。

 

毎夜、月の不思議な美を満たさせる月光パワーを浴びる武蔵小山温泉月の下美人たち。どこか「月下美人」と「月下温泉美人」は妖艶な美しさが共存しているようです。それが露天風呂の月の下効果なのかもしれませんね。美しい人が多いのも頷けます。

武蔵小山温泉 若旦那談。

美人女将のいる寿司屋@巴寿司(武蔵小山温泉グルメ散歩)


巷で噂の美人なんとかのお店の代表格。武蔵小山の老舗寿司屋であり、美人女将のいる寿司屋「巴寿司」美人でありながら町内会長。完全にねーさんであります。最近、地元の連合長会のイベントごとや祭事ごとがまとまってきたのはあさにこの美人女将の貢献でしょう。あまり地元貢献しない我が道をいく若旦那ですがこの女将の笑顔だけには弱くほいほい手伝いをするパブロフの犬となっております。そもそも美人温泉の武蔵小山温泉。

 

定休日には毎週美を磨きに来てくれるのはさすが美人女将の所以。岩盤浴&温泉でさらに美しさに磨きがかかっています。さて地元屈指の美味&高級ネタの巴寿司さん武蔵小山にお越しの際は是非、寿司よりも女将に会いにきても楽しめる最高寿司店なのでした。いい街には必ずいい寿司屋がある若旦那論そしてそこには必ず器量のいい美人女将がいるのさ。

寿司割烹 巴寿司

050-5594-5583

東京都品川区小山2-6-18

営業時間

昼 11:45~14:00

夜 17:30~22:00

水曜定休

 

▼清水湯からのアクセス

ナチュラルゆらーボーン!(武蔵小山温泉雑談ブログ)


皆様いかがお過ごしでしょうか?くだらないブログを書かせたら日本一の若旦那です。さて世の中には「1/fゆらぎ」(エフぶんのいちゆらぎ)」や木目調の揺らぎ効果や炎のゆらぎに癒されることができるのです。それは心地のいい歌をハミングしたり聞いたりすることで心が満たされ気持ちが良くなるのと一緒で湯面に映る輝く陽光や不規則に揺れ動く湯面に心地よさを視覚的に感じることも同じことなのでしょう。

そして湯あみする行為それ自体がその1/fゆらぎのなかに身を委ねることに等しくまさに1/fゆらぎと自身のカラダが同期する感覚を味わうことができるのです。それは聴覚、視覚のみならず心の揺らぎ効果は例えようのない最高のナチュラルな生まれたての揺らぎ効果温泉なのでしょう。

武蔵小山オンセン若旦那談。

裏道いい店探訪!(武蔵小山温泉グルメ散歩)


毎週通う千葉九十九里波のり街道。ややひなびた見渡す限り海と平らな陸地。時折、玉ねぎ畑か農作業している人々、途中白子の温泉街を超えたあたりあまり通らない道を新鮮な玉ねぎ直売所を探していると見つけてしまった地元民御用達の魚屋さん。そして曜日限定で軒先のガレージを借りて産直品の新鮮野菜を販売しているガレージ野菜販売店。

海沿いの道だけ走っているとつい見逃し気味になってしまうローカル人気店はやはりたまには裏道を通ることをおすすめするべきなのでしょう。武蔵小山も裏道にこそいい店が多い。そんなある種の真理に気が付いた千葉九十九里裏道探訪の旅だったのです。サーファーは知っている海の近くの裏道いい店探しはこれからもつづいていくのでした。

武蔵小山温泉 若旦那談。

千葉九十九里